またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

16
またちょっとブログのデザインを弄りました。
例によってピクセル単位でちょこっとずらしただけなんですけどねw
これまた例によってWindows系の主要ブラウザでは表示確認済みですが、異常があれば教えていただけると助かります。

さて、今回のネタですが・・・
久しぶりかつ唐突に、リアル頭身のガンプラです。
先日発売された、HGAW版のガンダムXを紹介します。
P1360309.jpg
発見→衝動的に購入→他の作りかけ&積みプラモそっちのけで一気に作成→現在に至ります(;´∀`)
ものの勢いとは恐ろしいモノです(マテ

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください・・・(;´∀`)

P1360310.jpgP1360312.jpg
ということで、今回はHGAWのガンダムX。
本当に衝動的に買って衝動的に組み上げてしまいました・・・w
HGクラスで宇宙世紀系以外のMSが出るのって久々ですし、ついふらふらっといってしまいました(;´∀`)

P1360316.jpgP1360319.jpg
前後から。
流石の最新作、劇中や設定に比べて足が長い気はしますが、再現度高いです。
ちなみに今回は、
・組み立て自体は素のまま
・サテライトキャノンのリフレクター部用のホログラムシール以外、シールは塗装で代替
・上記プラス数カ所に追加の部分塗装をした上で墨入れ、艶消しを吹いて仕上げ
といった形でつくっています。
個人的趣味でシールはできるだけ使わないようにしましたが、追加で塗った部分はほんのちょっとです(後述。
シールを使ってそのまま組んでも、色分け自体は9割方再現できますね。

P1360321.jpgP1360323.jpg
左右から。
パーツ構成も相変わらずよく考えられてまして、合わせ目も極力目立たないようになってますね。
今回組み立てていて合わせ目を消した方が良いかな?と思ったのは、下腕の内側、ふくらはぎ、
サテライトキャノンの砲身くらいでした。

P1360325.jpg
顔周り。
目ととさかのカメラ部分はシールがありますが、個人的趣味により塗装でまかなってます。
最近はヘルメット部分が一体成形なので、面倒くさい頭部の継ぎ目消しをしなくて良いのはほんと助かりますw
あ、アンテナは安全対策で丸められてましたので、少し削ってます。

P1360326.jpg
胴回り。
ここは、胸部のブレストバルカンの銃身と、肩(というか首の横)の出っ張り部分の青紫部分を追加塗装してます。
また、胸部中央のマイクロウェーブ受信部分はクリア成形で、内部にはホログラムシールを貼るようになっています。
最初裏から銀を塗ろうと思っていたんですが、手間が省けましたw

P1360327.jpg
武器その1、シールドバスターライフル。
こいつは照準のグリーンと黒のラインを塗装。
ただし、黒のラインはシールがあるので別にそちらで問題ないかと。

P1360329.jpg
このライフル、写真のように銃身を縮めて照準を畳むことができます。
この上さらにグリップを取り外して・・・

P1360331.jpg
バックパックにぶら下げるような形で搭載することが可能。
クリップつけっぱなしでも問題はないんですが、ちと格好悪いですw

P1360333.jpg
そしてもう一つ、シールドバスターライフルのシールドモード。
設定上は変形して盾になるわけですが、サイズ的にきつかったのかライフルモードとシールドモードは別になっています。
おかげで、ライフルとシールドモードで二丁拳銃状態も可能に。片方盾ですけどねw

P1360335.jpg
サテライトキャノンの尾部に搭載されている大型ビームソード。
こいつは持ち手部分が白一色でしたので、箱絵を参考にグレーを足しています。
ビーム刃パーツはちょっと柔らかめの素材ですが、これがよく光を集めるようでなかなか綺麗です。

P1360338.jpg
そして左肩側にはショルダーバルカン。
陸戦用の後付け装備だそうですが・・・覚えてませんでしたw
X見たのはもう何年も前なので、結構うやむやになってるところがあります(;´∀`)

P1360348.jpg
そして最後にガンダムXの代名詞、サテライトキャノン。
バックパックとアームで接続されてまして、ある程度(というかかなり広範囲に)角度が変更できます。
砲身は差し替え無しで構えられるんですが、リフレクターの鏡面部分を前方へ向ける際、
一度リフレクター部分を取り外さないとといけないのがちょっと残念かも。
また、劇中の輝きを再現するため、リフレクターにはホログラムシールを貼るようになっています。
これが良い感じに輝いてくれるんですよ(*´Д`)

P1360350.jpg
また、キャノンとリフレクターの向きを変えてホバリングモードも再現可能です。

なお、今回はサテライトキャノンに関しては側面の一部グレーになっているところ、
リフレクターは小さいスラスター状のモールドの所を追加塗装。
シールのない部分を追加塗装しているのは胴体とビームソード、上記2点の5カ所だけです。
他の塗装部位はシールで再現可能、というかシール使った方が手軽で綺麗ですw

P1360352.jpg
可動に関して。
可動に関してはさすがバンダイ驚異のメカニズム、すばらしくよく動きますね。
まず、腕は肩がボールジョイント+肩の基部が前後にスイング可能です。

P1360355.jpg
肘も150度程度は曲がるため、手首の動きと合わせると、写真のようにビームソードの柄に自然に手が届きます。
ガンダム系でこれができるのは地味に嬉しいですね。

P1360357.jpg
脚は股関節がボールジョイント、また股関節自体もスイング可能です。
膝は120度近くは曲げられますね。二重関節っぽい構造になっています。
足首も構造がちょっと変わっていて動かし方に少しクセがありますが、
前後左右に大きく動かせるため接地性は抜群です。

P1360359.jpg
ただ、デザイン上膝上と膝下のバランスが悪い(膝下が長い)ため、立て膝はムリでした。
普通に立つ分には、かなり無理な姿勢でも踏ん張ってくれるんですが・・・

P1360361.jpg
そして首はボールジョイントの二重構造。
・・・なんですが、普通のボールジョイントとあまり差はないようなw

P1360363.jpg
最後に、腰が回転可能な上にほんのちょっとですが反ったり屈んだりできるようになっていますね。
微妙な動きではありますが、結構差が出ます。

P1360368.jpg
全体的には相当な出来だと思うんですが、最近のガンプラには結構付いてきている(と思う)
換え手首の類が一切無いのはちょっと残念ですね。
GXは手首のボールジョイントの受けがちょっと特殊で、他の物の流用はちょっと面倒そうなので、
平手の1つ位ついているともっとポージングの幅が広がったんですが・・・

P1360370.jpg
それにしても、この色の再現度の高さは恐るべしです。
組み立てただけで8割方、シールを貼れば9割くらいは劇中カラー再現できてますもんね。
バンダイの色プラ技術はほんと凄いですよ(;´∀`)

P1360385.jpg
以上、HGAWガンダムXでした。
不満点がないわけではないですが、「ガンダムXのプラモデル」としては現時点での決定版といって良いんではないでしょうか。
色分けがほんと上手いことなされているので、ただ組んだだけ、とか、墨入れだけ、とかでも相当良い感じにでき上がると思いますよ。
amazon
    
関連記事一覧


管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

web拍手


 Category:ガンプラHGAW

 タグ: ガンプラ  HGAW 


Comments:9 

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/04/16 (Fri) 05:42 | EDIT |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/04/16 (Fri) 07:15 | EDIT |   

NT  

No Title

Xが出ると言うだけでもなかり嬉しいワタシです(マイナーガンダム好きw
とか言いつつ発売日だった昨日はやたら寒くて雨も降っていたので、
お店も見ずに帰宅していまいましたがw
放送当時の1/144をちまちま塗っていたのを思い返せば、
この細かく色分けされたキットは素晴らしいですね~。

2010/04/16 (Fri) 12:12 | EDIT |   

ナベイチ  

No Title

Xは時期が悪かったんだ・・ただ・・それだけなんだ・・(´;ω;`)ブワッ
ガンプラはBB戦士以外ほとんど情報がわからなかったんですが
Xが出るとは・・バンダイも通ですね!(何様
となるとレオパルドやエアマスターとかも自然と気になってくるわけでして・・
敵ガンダムも含めてあのイロモノをもう一度みたいですねぇ・・!
ショルダーバルカンの存在に「あ、オリジナルか」とふつーに思いましたw
ホログラムイイ仕事しすぎる・・(*´д`*)ハァ…

2010/04/17 (Sat) 21:46 | EDIT |   

Ichi  

No Title

 はじめまして。いつも楽しく閲覧させていただいてます。
 ショルダーバルカンは……ええ、劇中で出てましたね。一瞬だけ。あっという間に破壊されて以降は使われていなかったはずです(笑)
 当時は1/100キットオリジナル武装と見せかけて、劇中でも一度だけ登場、なんてことがありましたね。
 やっぱりGXが出てくるとなると、1/144キットにすらならなかったアシュタロンハーミットクラブまで出してくれるかが気になりますね(それってほぼ全部出すのと同義のような)

2010/04/18 (Sun) 00:46 | EDIT |   

氷河  

No Title

特急レビューお疲れ様です!!
ホロシールいい感じですね♪あ~欲しくなってきたあぁぁ!!
積みを消化せねば…ぐふぅ

2010/04/18 (Sun) 01:04 | EDIT |   

アルフェス  

No Title

ブログで見て、即効で購入に向かいました・w・
今のHGは間接の部分が全然変わっていますね。
昔のポリはめがいい感じに隠れるパーツに感心しまして。
ホログラムはきれいですが、これ、貼りついているパーツのモールド溝をきれいに浮き出させたらだめですね。
影が出来てしまってホログラムの機能が0になりまして;w;
ただの銀シールを張った感じになっちゃいました。

2010/04/18 (Sun) 02:20 | EDIT |   

キュウ  

No Title

そう全てはテレ朝騒動のせいで(多分それ以外も)
Xは個人的一番大好きなガンダム作品でした。
最近スパロボZをやってましたがバルカンはスパロボにすらでませんでしたね。

2010/04/18 (Sun) 14:55 | EDIT |   

tagoal  

GXれす

>匿名さん
割合的にはリアル頭身ガンプラは200回に1回というレアケースなので見落としもやむ無しかとw
手首はダブルオー系と共通ですか…丁度ダブルオーありますし、試してみますかねぇ。
あとは是非積まないでなるべく早く作ってあげてくださいw
>NTさん
私もGXのHG化と聞いたときには「うおおお?!」と思わず奇声をw
ほんと、旧キットからすれば異常なまでの進化ですよ。
長生きはするものです(マテ
>ナベイチさん
いつか出る、とは思っていましたが、とうとう来ましたよXw
正直アナザー系では最後になると思っていたので真っ先に来たのは驚きでしたね。
わざわざHGAWなんてブランド立ち上げたんですから、AW系モビルスーツが今後続々発売されると信じておりますよ・・・!
>Ichiさん
はじめましていらっしゃいませm(__)m
ショルダーバルカンは一瞬でしたか・・・覚えてないわけですねw
HGAWは何処まで出してくれるのか・・・最低でもガンダム系とベルディゴくらいは、
と思いたいとこなんですけどねw
>氷河さん
何だか変にスイッチ入って一気にやってしまいましたw
ホロシールは良い感じにキラキラして良いですよ~。
リフレクターの方にちゃんとモールド入ってるので塗装派にも安心ですw
さぁ、買っちゃうのです・・・そしてもろともに積みの消化を・・・!
>アルフェスさん
買いに行かれましたか・・・計画通り!(マテ
関節はぱっと見ではポリパーツほとんど分かりませんもんね。進歩の度合いが半端無いですw
モールドを浮き出させるのは確かにほどほどにしておいた方が良いみたいですね。
あんまり尖った物でガリガリやるとシールも傷みますし・・・
うちの場合はあて布をしてごしごしこすってみましたw
>キュウさん
そう、時間帯移動さえなきゃもうちょっと善戦できてたと思うのですよ・・・
ショルダーバルカン、スパロボにもなかったですね、そういえばw

2010/04/21 (Wed) 02:37 | EDIT |   

Leave a comment