またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

25
15万ヒット記念企画、相も変わらず応募募集中でございます。
応募期間は今週いっぱい。まだの方はお早めに!

さて、今回はようやく登場のこいつ。
HMM版のブレードライガーAB バン仕様です。
P1300216.jpg
帰省帰りの疲労で寝落ちし、ようやく完成かと思えばパーツ欠品、さらにはトップコート切れと
今回やたらと時間がかかりました・・・いつもなら一晩で済ませる物を三週間orz


※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


P1300218.jpgP1300222.jpg
というわけで、今回はHMMのブレードライガーABバン仕様、以降略してバンブレードです。
物としては以前紹介したレオン仕様の色換え+α。
限定扱いなんですが、一部新造部品があるからか番号はアイアンコングの次の16番が振られています。
他の限定物は、通し番号はベースになった物と同じなんですけどねぇ。コマンドウルフとか・・・

P1300225.jpgP1300228.jpg
左右から。
ノーマルのブレードライガーからの変更点としては、アタックブースターの追加に加えて
アニメカラーということなのかボディカラーが全体的に濃いめに。
後で比較を載せますが、かなり濃くなってます。特に爪とブレードが・・・
プラスいくつか追加パーツがあるんですがそれはこの後に追々。

P1300233.jpgP1300236.jpg
前後から。
基本的に形状はレオン仕様と一緒。
ただ、微妙に金型の改修でもしたのか、少しだけパーツの合いがよくなっているような気も・・・
多分気のせいですがw

P1300242.jpgP1300246.jpg
上下から。
ボディ自体はシールドライガーと大部分共有しています。
・・・が、アタックブースターのおかげで大分ごつい感じに。

P1300249.jpg
顔周り。
相変わらず精悍でいい顔してます(*´Д`)ハァハァ
HMMのデザインの特徴としてキャノピーに枠がデザインされており、クリアパーツにモールドされていて
パッケージ写真だときちんと塗られている(私は個人的趣味から塗ってないですが)んですが・・・
今回はアニメの姿に準拠と言うことなのか、デザイン画の時点から枠に色が塗られていません。

P1300250.jpg
キャノピーオープン。
中にはバンとフィーネの彩色済み人形が。この二人が新規造形パーツその1です。
ちなみに普通の兵士も付いてきますが、まぁこのキットであえてバンとフィーネを乗せないってのも何ですしw

P1300253.jpg
さらにオープン。
後部座席に人を乗り降りさせる場合はここまで外します。
フィーネ人形が通常兵士より小さめなので、上手く席に収まらないのが残念といえば残念。
普段見えないから良いんですがw

P1300258.jpg
口は手動開閉、鬣も手動で開閉可能です。
鬣可動はトミー版からの伝統ですね。

P1300262.jpg
胸元にはAZ二連装ショックカノン。
毎度お馴染みですが、HMM版では腹の方まで伸びる結構大型の砲門に。
トミー版より強そうですねw

P1300264.jpg
そして胸の奥にはゾイドコアが。
バンブレードのゾイドコアは従来の物と違い、劇中でジークが合体した状態を再現しています。
これが新規パーツのその2。これまた塗装済みです。

P1300265.jpg
そしてジークは通常の物も。これが新規パーツその3です。
軟質素材でできてまして、塗装は細かいんですが可動は特にしない模様。
※2010/1/27追記
と、思ってたんですが。
脚は付け根から丁寧に引っこ抜くと股関節が回せるようになることに気づきました。
別に接着等されてるわけではない模様。
しかし塗料でくっついている可能性が高いので、ひっぱるときは慎重に、慎重に・・・

P1300493.jpgP1300495.jpg
うちのジークはちょっと上向いた状態だったんですが、これでアニメらしい姿勢のジークになりますw
もともと形状的には再現度高いので、足の向きさえちゃんとできればご覧の通りのナイスジークに・・・w

P1300267.jpg
背中周り。
背中にはブースターが装備されているわけですが、HMM版ももちろん・・・

P1300270.jpg
展開することが可能です。
カバーと連動せず、回転可能な軸で接続されているので劇中以上にフレキシブルに動きます。

P1300272.jpg
そしてアタックブースター。
こちらもトミー版をさらにグレードアップして再現されています。

P1300274.jpg
高機動ロケットブースターを展開。
蓋部分と連動して前後移動します。

P1300275.jpg
そして全体を反転して・・・
(このとき、基部も可動して全体が少し上に持ち上がります。地味に芸が細かいですw)

P1300278.jpg
銃身を展開、AZハイデンシティビームキャノンに。
展開時、後方のセンサー部分も連動して展開してくれます。これまた地味に芸が細かいw

P1300283.jpg
もちろんレーザーブレードも展開可能。
HMM版は刃が伸びるので、展開時に十分な長さが確保できています。
写真取り忘れましたが、パルスレーザーガンもきっちり造形されていますよ。

P1300291.jpg
足回り。
足の爪は一本ずつ独立して可動、肩のフェアリングも二段階に展開するようになっています。
おかげで組み立てがしこたま面倒くs(ry

P1300294.jpg
尻尾。
3Dデュアルセンサーになっている、という設定。
このウイング部分の白いところ、製品そのままだと塗られていないので、他の部分はともかくとしても
ここだけは塗っておいた方が良いポイントですね。この白のあるなしで大分雰囲気が変わります。

P1300298.jpg
可動に関して。
大元のベースが最初のHMMであるシールドライガーなこともあり、大型HMMのなかでは可動範囲は狭めな方に入ります。

P1300300.jpg
とは言っても、後発のセイバータイガーなどに比べると負ける、というレベルですからね・・・
動物メカとしては相当に動くほうかと。
ただ、パーツが細かい分外れやすいので、ある程度は接着しておくのが無難ですね。
一応、接着剤不要と謳われてはいますがw

P1300302.jpg
HMMシリーズの説明書には、膨大な量の組み立て説明と共にやたら詳細な設定資料まで付いてくるのは
HMM経験者には有名。解説読んでるだけでも結構楽しいですw
設定としてはHMMオリジナルな物で、最近のアニメ由来の物に関してはアニメとバトルストーリーのすりあわせを
行おうとしている物が多いです。

P1300304.jpg
このバンライガーも例外ではなく、形状はブレードライガー・アーリータイプ(トミー版のキットを普通に
組んだ状態。鬣と尻尾を組み替えて量産型仕様にすることが可能、という仕組みがトミー版にはあります)
そのものでありながら、ジークによる強制進化により誕生した唯一のブレードライガー、ということに。
つまりHMMの世界では、シールドライガーの後継機であるブレードライガーと、バンのシールドライガーが進化した
ブレードライガーという二種類の「ブレードライガー」が存在することに・・・

P1300307.jpg
バンのシールドライガーが何でまたブレードライガーの姿に進化したか、という理由付けとしては、
以前共和国基地で修理を受けた際に、ブレードライガーの開発スタッフがバンのシールドライガーの活躍に目をつけ、
ゾイドコアをブレードライガー開発データベースにリンクさせて戦闘データを解析していたんだそうで。
そのときにコアが記憶していた開発データを基に進化した結果、ブレードライガーの姿になった、ということです。
上手いことこじつk・・・すりあわせたもんですねw
無印アニメの世界だとブレードライガーは世界にバンの物一体だけですし、バトルストーリーだと普通に
シールドライガーの発展機で複数機存在しますから、別に考えればこの辺気にしなくても良いんですがw

P1300318.jpg

トミー版と比較。
大分シャープな造形にアレンジされていますね。
特にかなり小顔になっています。

P1300321.jpg
HMMブレードライガー勢揃い。
ノーマルブレードに比べて、大分色が濃くなっているのが分かります。
特に爪とブレードの色の変化が顕著ですね。
レオン仕様は赤なのでその辺比べるべくもないですがw

P1300324.jpg
以上、HMMブレードライガーAB バン仕様でした。
HMMとしては古めの物がベースなので、それに伴う不満点はありますが・・・
それでもやはり相当な出来だと思います。
一番の問題は組み立ての大変さとパーツポロリなんですけどね(;´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS HMM-015 アイアンコング
  • ZOIDS HMM-014 バスタートータス
  • ZOIDS HMM-013 ガンスナイパー
  • ZOIDS HMM-012 モルガAA&モルガキャリア その2(モルガAA)
  • ZOIDS HMM-012 モルガAA&モルガキャリア その1(モルガキャリア)
  • ZOIDS HMM-001 シールドライガー
  • ZOIDS HMM-002L コマンドウルフ アーバイン仕様
  • ZOIDS HMM-011 カノントータス


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSHMM

     タグ: ゾイド  HMM  コトブキヤ 


    Comments:8 

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2010/01/25 (Mon) 03:11 | EDIT |   

    リアーキ  

    No Title

    やっと届いて完成・・・お疲れ様です!そして、完成おめでとうございます。
    確かに設定の擦り合わせは無茶も感じますが、アニメ世代のバン好きにはバンライガーのスペシャル感が演出されて中々・・・。実際、幾多もの戦闘経験に、ジークによる眠れる力の引き出し、ゾイドイブの光を浴びての活性化と。底上げと経験値の蓄積が半端じゃなかったなと思う今日この頃。
    つまり、バンライガーの血統が後のレオン機で、工場生まれのもやs・・・ゲフンゲフン、シティーボーイがブラックインパクト機と言う訳ですね!わかりま(ry
    トミー版のレビューでジークのかませとか言ったけど、手に取ると細部のディテールやギミックの芸の細かさが伝わって楽しいキットです。とかいいつつ、他きっとの余りポリキャップを加工して、ノーマル仕様にも出来るようにしているんですけどね(汗)
    某所でナオミガンスナ以降にバリエ(←はグレートサーベル)と新規が1つづつとの情報がありましたが、ちっさいフィギュアを手に取るとバンやフィーネがアニメで乗ったプテラスやレブラプターを希望したい気分です。アーバインのフィギュアも別キットに乗せてコマンドウルフを拗ねさせたい(笑)

    2010/01/25 (Mon) 10:59 | EDIT |   

    鉄人00  

    No Title

    これはまたビビッドに生まれ変わりましたねw
    少し浮いたように感じられるくらいがアニメらしくてちょうどいいかと。
    ジークの合体を表現してるのも面白いですし、良いファンサービスです。
    欠品はご愁傷様ですが、起こってもおかしくない枚数なんですよね…w

    2010/01/25 (Mon) 22:25 | EDIT |   

    raiger  

    No Title

    こんばんわraigerです。
    見かけの出来は本家に雲泥の差をつけるぐらいにスゴイですね...  ただパーツポロリするぐらいならもう少し多めにして、シールで補うのもよい気がしますが。
    スパロボ参戦だとアニメ設定が採用されそうですけど、精神コマンドは3人分になるのかそれだと結構強そうだが。  

    2010/01/26 (Tue) 01:39 | EDIT |   

    tagoal  

    バンブレれす

    >匿名さん
    乙ありです。
    バンブーブレードに空目・・・言われると思いましたw
    ていうか、自分自身書いてて何度か読み間違えました・・・(;´∀`)
    ブレードは伸びますし取り付け部分も伸縮するので、トミー版であったパーツ干渉はスッキリ無くなってますね。
    シールドライガー、せっかくですから完成させてあげてください(´・ω・`)
    >リアーキさん
    乙ありでございます( ´∀`)ゞ
    HMM版の設定だと、バンブレードの特別製ッぷりがさらに増してる感じはありますねw
    なるほど、BIの弱さは量産機の系譜だから・・・侘びしすぎですw
    グレートサーベル以降の新規、何でしょうね。サイクスという噂もありますが・・・
    せっかくなので飛行系、そして最近帝国ばっかりなので共和国系をお願いしたいとこですねw
    >鉄人00さん
    くっきりはっきりな色遣いになっております・・が、見慣れてくるとノーマルが薄すぎるように見えてくるのがw
    欠品はほんと悶絶させられました・・・大小合わせて40枚以上のランナー有りますから
    たまには抜けることもあるさ、ってことでw
    >raigerさん
    顔が小さく、全体的にスマートになったおかげで相当にシャープな印象になってますよね。
    パーツポロリはまぁ、接着しちゃえば済むことなので・・・
    ガンプラみたいには行かないですよ、バンダイの技術力は異常ですからw
    スパロボに出たなら・・・精神コマンド2人分にジークはマジンパワー系扱いじゃないですかね?

    2010/01/26 (Tue) 02:16 | EDIT |   

    ライン  

    No Title

    ジークのフィギュアはあんな体制が普通でしたか。
    私のジークは足が付け根からまがっていて片足だけ前項姿勢をとっていたので気になっていました。
    おかげで全く自立しません。
    お湯につけて温めれば直せる、というのは本当でしょうか?

    2010/01/27 (Wed) 02:42 | EDIT |   

    tagoal  

    Re:

    >ラインさん
    ソフビとか今回のジークみたいな軟質素材なら、お湯(熱い風呂くらいのの温度)
    に浸けて熱で柔らかくなったところを曲げれば形状を直せる可能性はありますよ。
    ただジークの場合、私も後で気づいて先ほど記事に追記したんですが、
    丁寧に引っ張れば脚が股関節から抜けますw
    塗料で固まっているのでゆ~~~っくり丁寧に引っ張る必要はありますが・・・
    そのうえで、脚の軸が歪んでいればお湯に浸けてゆがみを直してあげればばっちりかと。
    一回抜けば股関節が回るようになるので、自立は楽々ですよw

    2010/01/27 (Wed) 23:37 | EDIT |   

    ライン  

    No Title

    返信ありがとうございます。
    おかげさまで自立させることができるようになりました。
    足を抜くときがひやひやしましたけどw

    2010/01/28 (Thu) 03:36 | EDIT |   

    Leave a comment