またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

08
いつのまにやら脱線祭りも終了し、通常の流れに。
ただ、今後は脱線ネタ(というのももう変ですね、カテゴリ分けましたし)の頻度を上げようと考えております。
これまで十数回に一回だったのを5~6回に1回くらいにしようかな~と・・・
主にネタ切れ防止のたm(ry

さて、今回は前回の予告通りのゾイドです。
HMMシリーズの最新作、アイアンコングを紹介します。
P1260216.jpg
週末で仕上げるつもりが、予想以上にかかっちゃいました・・・
なお、既にガッデムさんの所でも紹介されていますので、よろしければ併せてどうぞ。
しかし、今回ちょっと写真撮りすぎです(;´∀`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください(;´∀`)

P1260217.jpgP1260219.jpg
ということで、今回はHMMアイアンコング。
購入時にあまりの箱の大きさに悶絶した人も多いであろう、HMM史上最大のアイテムです。
その箱の大きさたるや、同時期に発売されたPGダブルオーガンダムの箱と良い勝負w

P1260220.jpg
箱が巨大なら中身もビッグ。というわけで、いろんな玩具と並べてみましたw
BB戦士代表の馬岱ガンダム、TFからEZ版バンブルビー、ゾイドからHMMガンスナイパー、ついでにジョーカーメモリw
トミー版を持っていればだいたいの大きさは見当付くことは付くんですが、改めて組み上げてみるとその大きさに脱帽です(;´∀`)

P1260222.jpgP1260225.jpg
前後から。
今回のHMMアイアンコングは、ぱっと見た感じでは実はそこまでデザインのアレンジはされていません。
細かいところのディテールアップだけ、のようにみえますね。
ミサイルランチャーがトミー版の肩に直接装備からバックパックに連結される形へ変更されているあたりが、構造上の大きな変化でしょうかね。

P1260231.jpgP1260234.jpg
左右から。
胴体内から動力ボックスが無くなったので、お腹がシェイプアップ。
胴体の前後幅は薄くなっています。
あ、ちなみにですが今回も部分塗装+艶消しにて仕上げています。
といっても今回は各部のシリンダーとパイロット塗っただけですけどね。
金・銀の部分以外はほぼ成形色です。

P1260237.jpgP1260239.jpg
上下から。
ここで特筆すべきは手の指と足の裏でしょうね。
手にはちゃんと親指が追加。
足の裏は指が独立して造形されるようになったので、大幅にディテールアップしています。

P1260249.jpg
顔周り。
一見した感じでは、トミー版からのイメージの変化はほとんど無いかと。
クリアパーツの透明度が結構高めなので、コクピットの中や額のカメラが透けて見えていますね。

P1260251.jpg
ハッチオープン。
トミー版同様、複座式になっています。
この写真だと分からないですが、左右のコクピットでそれぞれコンソールの形状が異なっており、ちゃんと操縦士用とオペレーター用に分けられているんですよ。実に芸コマですw

P1260253.jpgP1260255.jpg
そして今回のHMM化で一番の物議を醸し出した部分、口の開閉ギミックと歯。
私も最初の発表の時は正直「なんじゃこりゃ?」と思ったんですが・・・
実際の物は、閉じた状態だとほとんど歯が見えません。そして意外と口の開閉も違和感がない感じです。
ちなみに口の中は舌まで造形(それも別パーツで)されています。

P1260258.jpgP1260260.jpg
そして首の構造自体もなかなか斬新。
写真のように大きく上下動(主に上)できるだけでなく、首の根っこ自体が前後に大きくスライドします。
もちろん回転もしますので、顔を向けられる方向は見た目をはるかに上回る広範囲に。

P1260261.jpg
胸元。
装甲は肩の関節と連動しており、腕の開閉で深呼吸しているかのように大胸筋(に相当する部分)が動きます。
これのおかげで、腕が体の正面に回せるようになっています。

P1260264.jpg
さらに、手動で胸部装甲と腹部装甲を展開。
内部構造が見えるようになっています。

P1260269.jpg
開いた胸を正面から。
肋骨状のフレームが見て取れますね。
ちょっとナマモノ風味が強いので、見ようによってはちょっとグロいかも。

P1260270.jpg
胸部中央のパーツを引っこ抜くことで、ゾイドコアが出現。
ただこのパーツ、非っっ常に取り出しづらいです。
小型の時はそうでもないんですが、大型のHMMのゾイドコアは総じて取り出しづらい気がしますね(;´Д`)
引っこ抜いた衝撃で胴体が分解することが多々あるジェノザウラー・ジェノブレイカーから比べればかなり進歩していますけど・・・

P1260271.jpgP1260272.jpg
肩。
両肩の赤い部分はミサイルポッド。
手動でカバーを開閉可能です。
塗装しなくても色分けがきっちりできているのはナイス・・・なんですが、今回の膨大なパーツ数のおかげで
若干「勘弁して・・・」な気分になったのは内緒w

P1260276.jpg
腕。
トミー版のデザインをベースにディテールアップした感じですが、この腕の構造がかなり複雑。
肘の曲げ伸ばしによって装甲スライド・シリンダー伸縮、フレーム連動と高精度な動きが見られますが、
問題はやっぱりそれを全部組み立てさせられることですかね(マテ

P1260278.jpg
いろいろ連動ギミックも仕込まれていますが、可動範囲自体はかなり広めです。
肘がもう少し深く曲がれば、という気もしないでもないですが、90度強は曲がるので必要十分ではあります。

P1260281.jpg
手の指は5本とも独立可動。
全関節曲げられます。これがすばらしいディテールアップと組み立ての手間の大幅な増大を実現(マテ
人差し指以降の大きさ・長さが同じですが、アイアンコングの場合腕は四本脚の前脚の役割もありますので・・・
人間と同じ形状である必要はないですね。

P1260284.jpg
アンチゾイド6連装ミサイルランチャー。
トミー版ではスプリングで本当にミサイルが飛ばせましたが、今回はオミットです。

P1260285.jpg
かわりに(?)ランチャーのマガジン部は取り外しが可能になっています。

P1260286.jpg
外したマガジン。
ちゃんとミサイルが造形されているあたり芸コマですね。
ここ、弾倉外さないと絶対見えない場所なのに・・・
相変わらずこだわりすぎなくらいこだわってます。

P1260287.jpg
ミサイルランチャーは右肩のランチャーマウントラッチを展開することで固定可能(といっても乗っけてるだけですが)。
トミー版のように肩に装備した状態を再現することができます。

P1260290.jpg
背面にはTVM地対地二連装戦術ミサイル。
トミー版同様土台から回転させることが可能ですが、動力はないので当然手動。

P1260283.jpg
脚。
足の指も五指独立可動。
さすがに、根本からの可動のみですが・・・
短めの足ですが、一応膝も90度程度は曲がります。
足首は前後左右に大きく可動するので、結構踏ん張りが効きますね。

P1260292.jpg
可動範囲はここまでに書いたとおり。
過去に出たアイアンコングの可動モデルの中で、最高クラスの可動範囲を誇ります。

P1260298.jpg
足が短くて重心が低くなることもあり、手をつかずに完全に足だけで立ち上がることも可能。
立ち上がるとかなりの迫力ですw

P1260300.jpg
伏せ気味に。
肩アーマーとコングの肩は独立して稼働するので、ランチャーラッチに固定したままでも
腕自体は可動させることは可能です。

P1260302.jpg
ドラミング。
これができるアイアンコングはHMMが多分初めてですね。売りの一つとして宣伝されてましたしw
ゴリラなんだからドラミングできなきゃ、という感じで、非常に高ポイントです。
本当はドラミングさせる際には足の親指を専用パーツに付け替えるんですが、この写真では付け替えをしていません。
見ての通り、付け替え無しでも立てますしね・・・w

P1260308.jpg
口の開閉と歯も、表情付けにはなかなか有効。
こうなってくると、逆にない方が寂しく感じてくるから不思議ですw

P1260311.jpg
実にすばらしい出来ではあるんですが、これまでのHMM(特に大型)通じての「パーツがぽろっと取れやすい」点は
相変わらずなのが残念ポイントですね。
特に腹部装甲がよく取れます。肩も、動かしているとすっぽ抜けるときがありますね。
後はアレです、パーツが多くて組み立てが大変(;´∀`)
たしか1140パーツでしたかね・・・作る側に相当の根気を要求してきますw

P1260312.jpg
トミー版と。
・・・といっても、通常のアイアンコングは未組み立てだったので、取りあえずアイアンコングMK-2量産型と。
Mk-2なので色と追加装備は無視することとして(マテ、形状自体はやはり今回は大きなアレンジはされていないですね。
その代わり細部のディテールアップが凄いです。

P1260325.jpg
以上、HMM版アイアンコングでした。
パーツポロリが気になるので接着剤推奨ですが、精密なディテールと大きな可動が楽しめる、
HMM最新作の名に恥じない良作だと思います。
4桁オーバーのパーツ数にめげない根気をお持ちなら、是非オススメですw

amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS HMM-016L ブレードライガーAB バン仕様
  • ZOIDS HMM-014 バスタートータス
  • ZOIDS HMM-013 ガンスナイパー
  • ZOIDS HMM-012 モルガAA&モルガキャリア その2(モルガAA)
  • ZOIDS HMM-012 モルガAA&モルガキャリア その1(モルガキャリア)
  • ZOIDS HMM-001 シールドライガー
  • ZOIDS HMM-002L コマンドウルフ アーバイン仕様
  • ZOIDS HMM-011 カノントータス


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSHMM

     タグ: ゾイド  HMM  コトブキヤ 


    Comments:18 

    生存者  

    No Title

    昔カッコイイナーと思って結局買わなかったアイアンコング・・・
    いまだ憧れに似たものを感じますw男らしいんですものッ!
    ロケットランチャーとかミサイルとかかっこよすぎる!
    しかもほぼ塗装しないでこの再現度とは・・価格設定は伊達じゃありませんな・・
    PGみたいなもんだと思えば・・だいじょうぶっ?

    2009/12/08 (Tue) 07:12 | EDIT |   

    鉄人00  

    No Title

    さて便乗便乗…
    流石に苦労するだけあって、通常コング以上の大迫力ですねw
    可動もまさしく最強、ドラミングは感動ものです。
    しかし値段と手間…とても手を出せそうにないww
    それでも欲しいと思わせる出来が流石すぎてもぅ…

    2009/12/08 (Tue) 18:16 | EDIT |   

    キュウ  

    ゴリラ!!ゴリラ!!ゴリラ!!

    おお!かっこいいゴリラ!!ですな。
    武装もとってもゴリ!いえ男らしいや。
    そういやアイアンコングの宿敵はゴジュラスなんですね。なんと言うビースト!じゃあザバットの宿敵はバリゲーターなんですねw
    ところでゴリラの学名ってゴリラゴリラゴリラでしたね。
    これはゴリラゴリラアイアンなんですかね~?(待て)

    2009/12/08 (Tue) 18:20 | EDIT |   

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2009/12/08 (Tue) 19:12 | EDIT |   

    れっど あらあと  

    No Title

    おお、アイアンコングだ!
    口の開閉は、思った以上に違和感ないですね。
    トミー版コングのイメージを損ない良いアレンジだと思います。
    ドラミングができるのはいいですね。
    やはり組むのが大変そうだなあ。造ってみたいが手が出せない・・・

    2009/12/08 (Tue) 21:18 | EDIT |   

    赤帽子  

    No Title

    組み立てお疲れ様です。
    いやしかしディテールなんかも相変わらずですね。
    無駄に凝っててバカみたい(褒め言葉)
    しかも指まで可動ってのが凄いですね。
    カッコイイけど高額&デカイので買えない!(爆)
    これもそのうちシュバルツ機とかPK仕様とか出そうですねェ。

    2009/12/08 (Tue) 22:06 | EDIT |   

    キャベツ  

    No Title

    今見た所相当な強行軍だったようで…ホントお疲れ様ですw
    やっぱり当時から洗練されてたデザインだけあってさらにスゴイ事になってますねえ。
    この口の生々しさはやっぱりアリだと思いますよ。
    ただやっぱり4桁オーバーのパーツ数にめげない根気はちょっとハードルが高すぎますねw
    PGの例えがまさにそれだとしか言えないですw

    2009/12/08 (Tue) 22:29 | EDIT |   

    ライン  

    No Title

    お疲れ様です
    口は違和感無いんですね。
    デフォルトで歯が見えているのかと思っていました。
    それにしてもPG00並みの箱で1140パーツとはww
    ジェノブレで既に厳しかった私には途中でリタイアしたくなるかもしれないです。
    ジェノブレって総パーツ数いくらだったのだろう……
    強化パーツ付きの赤コングもいずれでるのだろうか。
    値段を想像するのも嫌なくらい高値で出そうですね。
    高値だとデス様やゴジュみたいな大型が控えてるので、何が来るかは楽しみです。
    個人的にはライガーゼロを早く出してほしいですけど。

    2009/12/09 (Wed) 01:56 | EDIT |   

    リアーキ  

    No Title

    うほっ! いいゴリラ
    ディテール、可動も中々いい感じですね。ドラミング可というのも大きいポイントですよね。ゴリラらしいし、デスザウラー戦でシュバルツ機もしてましたし。でも部品数が・・・
    お疲れさまでしたーッ!
    価格的に厳しいですが、PKかシュバルツ機が出たら購入してみます。それまでに余裕ができればノーマルも。部品数?ジェノ系の段階で私の中の感覚は何処かが崩壊しました(汗)

    2009/12/09 (Wed) 13:04 | EDIT |   

    ナベイチ  

    No Title

    ゾイドに対するブキヤの愛は狂いまくってますね♪(褒め言葉
    ガンスナイパーとの対比が無ければ「実はたいして大きくないんでしょ」と判断していたのに・・
    くやしい・・・でも(ビクンビクン
    写真が出たときは不安だった歯も良いアクセントだと思いますよ。
    一応生き物だものね。
    私にはわかる、きっとこれは挫折するんだと・・・w

    2009/12/09 (Wed) 19:20 | EDIT |   

    tagoal  

    ゴリレス

    >生存者さん
    コングは良いですよー・・・大きいですけどw
    やりすぎな位のパーツ分割で、塗装の必要がほぼゼロなのはほんと脱帽モノです。
    金銀の部分も、成形色が地味だったのでパーツごと塗り替えただけですしね。
    PGみたいなモノっていうかもうそのものと認識しても良いかと思いますw
    >鉄人00さん
    ナイス便乗なLBコングでしたw
    口の開閉は私も心配なところだったんですが・・・予想以上に良い感じで安心でした。
    手間はもう、ブキヤなので恒例といえば恒例なんですが、今回は特に根気が試されましたよ(´・ω・`)
    >キュウさん
    ナイスゴリラでしょう?
    マッチョぶりも何ともいえませんw
    確かにライバル機はゴジュラスですが・・・イメージはキングコング対ゴj(ry
    >匿名さん
    口の開閉は本当に違和感ないですよ。
    実際触ってみないと分からないところでしたね・・・
    大丈夫、BB戦士30体一気に作ると思えば十分いけますよ(マテ
    >れっど あらあとさん
    やはり皆さん口が気になっていたようですね・・・
    まぁ、私自身もそうでしたけど。
    なに、作る手間は根気さえ何とかなれば!なれば・・・orz
    >赤帽子さん
    ほんと、どっかおかしいですよねブキヤの人は(褒めてます
    高いですが、高いなりの出来ではありますよ。
    ただ、当分はバリエーションはいいかも・・・ちょっと心が折れます(;´∀`)
    >キャベツさん
    邪魔が結構入りましたからね、この週末は・・・
    組み立てだけに集中できればもうちょっと早く上がったんですが(´・ω・`)
    パーツ数は4桁だと思えばしんどいですが、BB戦士3~40個一気組み立てだと思えば・・・
    だめですねorz
    >ラインさん
    歯は、閉じていれば影になるのでほぼ気になりません。
    というか、慣れてくると歯があった方がよくなってきますよwいやほんと。
    パーツ数はジェノブレをぶっちぎってますが、組み立てやすさ自体はコングの方がよくなっていますよ。
    ちなみにジェノブレは800くらいだったはず・・・
    コングがでたことで大型への期待もふくらみますが、正直出るとしても次は来年末くらいでいいかなーとw
    このレベルが年に何個も出たらいろいろと保ちません(;´∀`)
    >リアーキさん
    アレンジもおとなしめに見えて良い感じの変更ですしね。
    よりゴリラらしい動きができるようになってますよ。
    本当出来は良いので、余裕ができたら是非オススメですよ。
    しかしブキヤゾイドはホント、パーツ数の感覚をぶっ壊してくれますよね・・・w
    >ナベイチさん
    担当者はほんとおかしいです(褒めてます
    単体だと大きさが感じにくいかなーと思って比較を載っけてみたんですが、
    正解でしたねwほんとでかいんですよ・・・
    歯は本当に実際見てみないと分からなかった良さですよ。
    組む前は基本閉じっぱなしかな~と思っていたんですが、現状ちょっと開いた状態が一番気に入っています。
    でもほんと、このパーツ数は心折られますよ・・・w

    2009/12/10 (Thu) 01:14 | EDIT |   

    raiger  

    よーし、この調子、デット...

    こんばんわraigerです。
    この分だと、りペッて、デットリーコングにでもできそうですが....
     パーツ数増えてせいで、値上げ・複雑化してオウゥ..という本家デッとリーコングな展開があるから無しですね。 比較画像のアイアンコング見てると、以下にすばらしくかつ後で弄くると劣化というあれな結果がわかる気がします 

    2009/12/10 (Thu) 01:22 | EDIT |   

    tagoal  

    ゴリレス2

    >raigerさん
    デッドリーコングはアイアンコングを流用しちゃまずかったんですよね・・・
    ゴリラ型ってのが共通しているだけで、まるっきり体型違いますから(;´∀`)
    アニメと見比べないとデドコンも悪くはないんですが・・・あまりにも似てなさ過ぎでした。
    でもまぁ、このHMM版なら取り替えられる部分も多いのでそれなりに似せられるかも?

    2009/12/10 (Thu) 01:26 | EDIT |   

    館あるじ  

    No Title

    やっぱりアイアンコング完成すると良いですね~
    自分もただいまキット組み立て中なので、
    ガンバッテ組み立てたいと思います。
    (パーツ数が多いのでかなり根気がいりますが・・・)
    追記、
    ブログの方、リンクに貼らして頂きました。

    2009/12/12 (Sat) 11:22 | EDIT |   

    tagoal  

    ゴリレス3

    >館あるじさん
    苦労したかいはあるアイテムだと思いますよ~
    もうホント(;´∀`)
    こちらからもリンクのほう張り返させていただきました。
    コングの制作、頑張ってくくださいね~

    2009/12/13 (Sun) 02:09 | EDIT |   

    館あるじ  

    No Title

    >tagoalさん
    リンクのほう貼って頂きありがとうございます。
    コングの組み立ては、
    腕、脚からが本番と言う事なので
    これからガンバッテ キットのほうを
    組んでいきたいとおもいます。

    2009/12/13 (Sun) 07:52 | EDIT |   

    ななしけもの  

    No Title

    http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=7528194
    デザイン担当の人がピクシブで公開してました
    常連ランカーのまるかた氏だったんでビックリ

    2009/12/14 (Mon) 10:44 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    No Title

    腕が関節がすぐ緩むのは頂けないが、それに目を瞑れば素晴らしすぎる出来。
    歯も草食獣と言った感じで、悪くない。組むのがやたらに手間がかかる分、全体的な完成度は本家以上に素晴らしく、まさにハイエンドマスターモデルと言った所。

    場所を選ばずオールマイティーに戦える高性能傑作機という設定はコトブキヤ独特のアレンジが加えられた。元はストレスに弱い為に夢を見る機構を内蔵し、常に防衛戦を意識させるというのは面白い設定。ただ、オリジナルに長く親しんだものからすれば邪道だった様で、非難囂々の設定らしい。

    2015/05/18 (Mon) 10:30 | EDIT |   

    Leave a comment