またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

29
今月はゾイド待望の新シリーズ、リヴァースセンチュリー開始の月。
第一弾は紆余曲折の結果復刻組のキングゴジュラス・ギルベイダーの2つのみとなりました。
新作が軒並み延期したのは残念ですが、早速入手したのでまずはギルベイダーを。

ギル箱
キングゴジュラスの方は作った後の置き場が確保できずにまだ手つかず・・・w

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくりお待ちを…(;´∀`)


ギル1
というわけでギルベイダーです。
旧ゾイドのギル・ベイダーとの違いは、電池ボックスの蓋がねじ止め式に変わったくらいでしょうか?
後は名前の「・」がなくなったくらい。
新ゾイド時のヘルディガンナー以来、暗黒軍系ゾイドの名前の「・」は何故か消えていたので
これもその流れなんでしょう。
でも旧バトストの直系の続きなのに、表記変えるのはありなのか・・・

ギル右
右から。ワイバーン型なのに足が四本、というツッコミはこの際なしの方向でw
そういうことを言い出したらきりがなくなっちゃいますからね、ゾイドの場合。

ギル左
左から。
このギルベイダー、全ゾイドでも屈指の大型アイテムなので置き場探しも一苦労。
占有面積はキングゴジュラス以上です。下手したら全ゾイド中最大?

ギル前
正面から。
ニードルガン・プラズマ粒子砲、Gカノンと、何気に砲門だらけです。
さらに翼と背中にはゾイド八つ裂き光輪ことビームスマッシャーも。
さすがはラスボス的ゾイド、装備が無茶です。
キングゴジュラスはさらに輪をかけて無茶なわけですがw

ギル後
後ろから。
しっぽには切断翼を装備。設定上はすれ違いざまに相手をこれで切り裂くわけですが・・・
旧キットではこいつがもろく、簡単に折れて涙した人も少なくありません(´;ω;`)
GRZ版ではどうか・・・怖くて試せませんw

ギル上
上から。
飛行ゾイドの例に漏れず、翼がとにかく巨大です。場所取るのも主にこのせい。

ギル下
下から。
腹部分はさほどディテールは細かくありません。
冒頭でも言いましたが、電池蓋がねじ止め式になったのが最大の変更点。
それにしても、これだけ大きいのに単三1本で歩くというのがすごい。

ギルギル
ゾイドジェネシスのギルドラゴンと。成形色と角の形状以外は同一ですが・・・
ギルドラゴンの方も悪くはないんですが、やっぱ黒が良いですね。悪役っぽくて。
ちなみに、ジェネシス劇中にベイダーの方も一瞬出てます。

以上、ギルベイダーでした。とにかくでかいです。
しかし、リヴァースセンチュリーは初っぱなに1つくらい新規も入れて欲しかったなぁ。
ゾイドグラフィックスで展開してるストーリーの登場ゾイドがなかなか発売されないのはもどかしいです・・・
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS HRZ-008 バリゲーターTS
  • ZOIDS GRZ-009 ヴァルガ
  • ZOIDS HRZ-006 エクスグランチュラ
  • ZOIDS GRZ-007 ジークドーベル
  • ZOIDS HRZ-005 ドスゴドス
  • ZOIDS GRZ-003 ヘルディガンナー
  • ZOIDS GRZ-004 ダークネシオス
  • ZOIDS HRZ-001 キングゴジュラス


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSリヴァースセンチュリー

     タグ: ゾイド  リヴァースセンチュリー 


    Comments:1 

    |・ω・)<匿名さん  

    かっこいいが強すぎ

    ビームスラッシャーという火力に恵まれ、空から爆撃するだけで戦場を蹂躙出来るチートゾイドの一角。
    かっこいいと言えばかっこいいが、あまりの強さ故素直に褒められない悔しさがある。平成バトストに再登場出来なかった事を考えるに、製作陣が持て余す程強く、黒歴史化する他無かったか。

    航空爆撃機という頭一つ抜けた特性を持つのだから、もう少し、いやかなり弱体化しても尚猛威は震えた様に思う。

    2015/05/16 (Sat) 17:27 | EDIT |   

    Leave a comment