またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

26
XBOX360が死の赤ランプから復帰。
これで心おきなくゲーム版ROTFに臨めますw
まだ出てませんけど・・・w

ところで、5万ヒットプレゼントの件ですが。
スナールとマッドフラップの当選者のお二人には先ほど商品を発送しました。
問題なければ土曜日の午前中に着くはずです。
そしてコマンドストライカーとマルダーの当選者のお二人からまだ連絡がありません・・・
コメントでもメールフォームでも、お早めに連絡を~・・・(´・ω・`)

と、業務連絡はここまで。
今日はゾイドのご紹介。
新ゾイドシリーズの限定版、シールドライガーDCS-Jです。
P1000837.jpg
ちょっとゾイドのカテゴリわけを変更。限定版ゾイドを細かく分けるように変えてみました。
・・・結果的にはあんまり変わってない気も・・・w

※画像をクリックすると、拡大画像が見られます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください(;´∀`)

P1150798.jpg
ということで、今回はシールドライガーDCS-J。
新ゾイド期に、シールドライガーの特殊仕様機ということで限定発売されたものです。

P1150799.jpg
後から。
ものとしては、成形色変更された黒いシールドライガー+ビームキャノンユニット、という
色変えとカスタマイズパーツのセット。後の妄想戦記シリーズに通じる仕様です。
・・・ぶっちゃけた話、旧ゾイドのシールドライガーMk-2の色換えとも言いますw

P1150801.jpg
左から。
背中のキャノンが目を引きますね。
新ゾイド期の呼称では、シールドライガー+ビームキャノンユニットの組み合わせは
シールドライガーDCS(ダブルキャノンスペシャル)と呼ばれます。

P1150803.jpg
右から。
また、新ゾイド期の黒のカラーバリエーション機には「~ジェット」
(黒玉から。ジェットブラックとか言いますよね)とつける習わしがあります。
ストームソーダージェットとかジェノブレイカージェットというのもその流れから来ているネーミング。

P1150806.jpg
正面から。
上記の二点を併せて、本機はシールドライガーDCS-J(ダブルキャノンスペシャル-ジェット)
という名前になっています。長いですねw

P1150807.jpg
後から。
名前の由来は上記のような感じですが、設定としては、共和国軍は
格闘戦と速度に優れたノーマル機と速度に劣る砲撃支援用のDCS、二種類のシールドライガーを
組み合わせて運用してきました。
ところが長引く戦争による物資の不足もあり、上層部はDCSの出力を上げることで
ノーマルとDCS両方の特性を持ったシールドライガーを開発します。

P1150811.jpg
上から。
上記の結果漆黒のシールドライガー、DCS-Jが完成しましたが、やはり無理があったのか
機体バランスが悪く、操縦が異常に難しいじゃじゃ馬に。
乗りこなせるものが殆どいない、と言う事態になってしまいます。

P1150812.jpg
下から。
結局、誰も乗れない機体なんて作ってもしょうがないと言うことで生産は7機でストップ。
共和国軍で最もライガーの扱いに優れたパイロットに託されることとなります。
その7人は「レオマスター」の称号を持ち、後の物語でも大きく活躍していくこととなります。
・・・って設定の話しかしてない(;´∀`)
まぁ、機体自体はまんまシールドライガーなのでw

P1150818.jpg
顔アップ。
顔自体は普通のシールドライガーと何ら変わらない形状です。

P1150820.jpg
ハッチオープン。
パイロットはグレー。
・・・せっかくレオマスターなんて特殊な設定のある機体なんだから、色違いとかにしてくれたら
面白かったかもしれませんねw

P1150821.jpg
鬣の上下は展開し、Eシールド発動状態を再現可能です。

P1150824.jpg
胸元には対ゾイド3連衝撃砲。
このタイプの定番武装ですね。

P1150825.jpg
背中のビームキャノンユニット。
体長の大部分を占めるボリュームです。
これが経年劣化してくるとキャノンの基部のキャップがへたれて射角を保てなく
なっちゃうんですよね(´・ω・`)
腰のエネルギーユニットとはスプリングで連結。
エネルギーパイプに見立てているわけですね。

P1150827.jpg
ビームキャノンは元来展開式ミサイルポッドが装備されていた部分に付いています。
そのため、胴体左右に展開可能。
それを見越してか、キャノン自体も角度変更が可能だったりします。

P1150829.jpg
腰のエネルギーユニット。
ノーマルタイプで胴体に畳み込まれていたミサイルポッドはこちらに移動しています。
・・・キャノン横によけてから撃たないと絶対キャノンに当たりますよね、これw

P1150832.jpg
背中。
ここはノーマルと同じなので・・・

P1150837.jpg
収納されているAMD2連装20mmビーム砲もそのままです。
キャノンが邪魔で引き出すのはちょっと面倒ですけどw

P1150838.jpg
尻尾。
先端には対ゾイド30mm2連装ビーム。
ここもノーマルと共通ですね。

さて、恒例の動画です。

高画質版はこちら。
口を開閉しつつ歩行します。
これまでに紹介したライガー系ゾイドの歩行よりかなりゆっくりした動作ですね。
というのも、ブレードライガー以降のライガー系動力ユニットはより高速で歩行するように
調整されていますが、DSC-Jは従来通りものを使用しているためにゆっくりなんです。

P1150844.jpg
以上、シールドライガーDCS-Jでした。
さすがに手に入りにくくなってしまったタイプですが、黒いライガーってのも結構いいと思いません?
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS RZ-052 ガンブラスター
  • ZOIDS RZ-010 プテラス
  • ZOIDS EZ-004 レッドホーン
  • ZOIDS RZ-073 ワイツウルフ
  • ZOIDS EZ-076 ブラストルタイガー
  • ZOIDS EZ-021 デスザウラー
  • ZOIDS RZ-071 ライガーゼロフェニックス その2(フェニックス&ライガーゼロフェニックス)
  • ZOIDS RZ-071 ライガーゼロフェニックス その1(ライガーゼロ)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDS新ゾイド

     タグ: ゾイド   


    Comments:5 

    キュウ  

    だから箱は叩けばry)
    動きが遅くてライガーっぽくないのがorz
    大型の宿命ですね。

    2009/06/26 (Fri) 09:34 | EDIT |   

    リヒター  

    当時のコロコロに「見つけたら、即ゲットだぜ!」と書いてあったんですけど、アニメの影響でわざわざこいつを買うやつはいなかったですね…。というかすぐにブレードライガーがでますし。

    2009/06/26 (Fri) 17:04 | EDIT |   

    raiger  

    こんばんわraigerです。黒いライガーって言うと他にはダンクーガのランドライガーくらいかなぁってブレードライガーがいましたなぁ。レオマスターってことは他にもゴジュラスマスターでもいそうな気が...

    2009/06/27 (Sat) 00:09 | EDIT |   

    アングラー  

    今までROM専でしたが

     初カキコです。この黒ライガーは一応動力部がノーマルライガーとは違い若干速度が上がってる(当時の商品仕入れ用のカタログより)そうですが、自分も買ったけどまぁ微妙な差ですね w
     

    2009/06/27 (Sat) 16:16 | EDIT |   

    tagoal  

    黒獅子れす

    >キュウさん
    私の拳では箱は甦ってくれませんでしたorz
    動きが遅いのはまぁ安全性とかその辺もあるんでしょうけどね。
    もうちょっときびきび歩けぇぇ!と言いたい気もしますw
    >リヒターさん
    そもそもアニメ関連ゾイドではないですからね・・・w
    しかしプレミアの付いてしまった今となっては、たしかに
    見つけたら即ゲットしておいた方が良かったなーと(;´∀`)
    >raigerさん
    一応、フューザーズ版エナジーライガーも・・・w
    設定としてはっきり存在するのはレオマスターだけですが、
    特定のゾイドのエキスパートを○○マスター、なんてのはありそうですねw
    >アングラーさん
    はじめましてm(__)m
    速度違ったんですか( ̄□ ̄;)?!
    とあわててシールドライガー引っ張り出してきて比べてみたんですが・・・
    正直分かりませんでした(;´∀`)
    動力部も大分劣化してるでしょうし、微妙な差ならもう誤差の範囲で(マテ

    2009/06/27 (Sat) 23:43 | EDIT |   

    Leave a comment