またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

17
先ほど気づいたんですが、うちのゾイド記事がもうすぐ100個目ですね。
暗黒ゾイドあたりで再レビューとかしているので100ゾイド目、というわけではないんですが。
いやぁ、結構続けられるもんですねぇw
というのも、ひとえに見に来てくださっている皆様のおかげですが。
今後ともよろしくお願いしますm(__)m

というわけで、ということではありませんが今回もゾイド。久々に連発です。
海外版のグラビティーザウラーを紹介します。
P1130161.jpg
写真撮り終わってから今日は順番的にTFだったことを思い出したとかそんなことはないですよ。ええ。
・・・すいません、ぶっちゃけ順番間違えましたorz

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください・・・(;´∀`)

P1130162.jpg
ということで今回はグラビティーザウラー。
・・・ほんとは次回用のネタだったんですが(;´∀`)
海外版ですが、かつて国内でもテスト販売されたことがあります。
さらにその後、パッケージを変えてゾイドフューザーズ版として正式販売。アニメにも出てきます。
モチーフはスコミムスということです。微妙にマイナーな・・・w

P1130163.jpg
後ろから。
このグラビティーザウラーは、グラビティホイールといわれる独特の
動力ユニットが使われています。これがなかなか面白い仕組みです。仕組みなんかは後述。
ちなみに、以前紹介したグラビティープテラも同じユニットを使用しています。
ただこのユニット、発祥自体はゾイドそのもの同じか古いくらいという・・・
ゾイドが生まれたばかりの頃、トミーが出していた類似の玩具「変幻機械獣スタリアス」という
シリーズに使われていた動力ユニットとほぼ同じ物だったりw

P1130164.jpgP1130165.jpg
左右から。
二足歩行の恐竜型としては珍しく、頭の位置がかなり低いです。
また、前述の動力ユニットの形状の関係で背中から腰にかけて丸い盛り上がりが。
スコミムスはスピノサウルス系の恐竜ではありますが、ここまで背中丸かったですっけ・・・

P1130166.jpg
正面から。
やっぱり頭の位置がかなり低めですね・・・

P1130168.jpg
後ろから。
尻尾は上下に多少可動します。
何気に尻尾を引きずっていない、完全二足歩行タイプだったり。

P1130170.jpg
上から。
背中のミサイルランチャーがやたらと目立ちますw

P1130171.jpg
下から。
足の作りなんかは、他の二足歩行系ゾイドと大差ないですね。

P1130172.jpg
頭部周り。
他に例のない独特の形状です。

P1130173.jpg
ハッチオープン。
このグラビティーザウラー、ステッカーを見る限りガイロス帝国所属ということになるようです。
なので兵士も水色。
・・・パワーマンティス&マンモスといい、変わり種系はほとんど帝国所属なのは気のせいでしょうかw

P1130175.jpg
背中の武装周り。
一番上のミサイルランチャーからは、スプリングでミサイルが発射可能です。
ミサイルがやたら大きくはみ出してるのは、TFと同じくアメリカの玩具の安全基準に合わせるため。
スプリングでミサイルを発射するギミック自体、ゾイドでは比較的珍しかったりします。
他はアイアンコングとTFゾイドの面々くらいじゃないでしょうかね。

P1130177.jpg
グラビティーユニット周り。
このユニット、仕組み的にはフライホイールを回して、その回転力を利用している感じですね。
ユニット部分だけを抜き出して力一杯ユニットを回すと、ジャイロ効果によって
ユニットが垂直に立った状態からなかなか傾けられない、という理科の実験みたいなこともできますw
さらにこのジャイロ効果によって、なかなか転ばないという副次的効果が・・・

P1130176.jpg
ユニットを回すために、こんなラックが付いてきます。

P1130178.jpg
このラックをこんな感じに差し込んで、力一杯引き抜くと内部のフライホイールが回転。
スイッチをONにするとホイールが軸に繋がって動力が伝わり、歩き出すという仕組みです。

実際の動きはこんな感じです。

高画質版はこちら
最後の方でもう息切れしてますね・・・
そう、このグラビティーユニットの問題点はパワーが長続きしないという点です。
要はフライホイールの回転の遠心力を動力に変換する仕組みなので、パワーを出すにはホイールの
半径を大きくすれば良いんですが、このサイズのゾイドの胴体に収まるサイズでは若干パワー不足という・・・・
ゼンマイに取って代われなかったのもその辺の問題が関係しているんでしょうね。

P1130182.jpg
以上、グラビティーザウラーでした。
動力の仕組み自体はすごく面白いので、一度(文字通り)手に取ってみると結構楽しめますよw
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS #023 Atak Kat(海外版ヘルキャット)
  • ZOIDS #111 Battle Couger(海外版バトルクーガー)
  • ZOIDS BZ#104 Ray Saurer(レイザウラー)
  • ZOIDS #030 Gun Sniper(海外版ガンスナイパー)
  • ZOIDS #042 Command wolf(海外版コマンドウルフ)
  • ZOIDS #000 Black Rhimos(海外版ブラックライモス)
  • ZOIDS BZ#108 FIRE PHOENIX(ファイアーフェニックス)
  • ZOIDS BZ#102 POWER MANTIS(パワーマンティス)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDS海外ゾイド(新ゾイド期)

     タグ: ゾイド  海外   


    Comments:4 

    キュウ  

    難題

    学校帰りに行く中古店で割と見ます。
    このラック、ベイブレードやブルトップと言う奴と同じでしょうかね?
    後で知りましたが「丸焼き姫」の愛機も同じ仕様でしたんですね。

    2009/05/18 (Mon) 15:22 | EDIT |   

    鉄人00  

    ジャイロ効果でGを軽減…か?

    うちにはランスタッグしかいないのですよ、グラビティ。
    しかし、あの高重心を動かすには正しい選択ですよねw
    組み立てる前に動かしたときが一番楽しかったのは禁句。
    あとは騒音問題が…このサイズでこの音は…
    まあ、ザウラーもいろんな意味で珍しい機体なので、そのうち…w

    2009/05/18 (Mon) 16:11 | EDIT |   

    raiger  

    こんばんわraigerです。このグラビティホイールは戦隊でも搭載が試みられた品ですね。グラビティホイールをうまく小型とかできれば、歩行やギミック発動に使えそうだったんだけど。    

    2009/05/18 (Mon) 23:45 | EDIT |   

    tagoal  

    >キュウさん
    基本的にグラビティ系は人気無いですからね・・・(´・ω・`)
    ラックに関しては、ブルトップは分からないですがベイブレードとは別物です。
    ギザギザの大きさが違うので互換性はないんですよね・・・
    ランスタッグも同じグラビティホイール採用ゾイドですね。
    現状最後のグラビティゾイドです。
    >鉄人00さん
    組み立てる前にグラビティユニットだけ持って全力でホイール回して、
    傾かなさっぷりをたのしむのは組み立て時の作法ですw
    中味では金属板が高速回転してますからね、音も結構大きいのが難ですよね・・・
    実際触ってみると結構面白いので、ランスタッグに続くグラビティゾイド2号に是非w
    >raigerさん
    ダイレンジャーのときに、フライホイール駆動で走るギミックが搭載されてたのが
    あったような・・・。
    フライホイールで大きいトルクを発生させるには仕組み上巨大化させる以外に
    ないので、玩具に搭載するには条件が厳しいのが残念ポイントですよね・・・

    2009/05/19 (Tue) 04:10 | EDIT |   

    Leave a comment