またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

11
イツキさんの水芥と相互リンクさせていただくことになりました。
(先ほど連絡させていただいたばかりなので予定、ということで)
聖闘士聖衣神話や武装神姫がメイン・・・といいつつ、古いトイやTFなども紹介されているブログです。
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

あと私信なんですが、イツキさん、返事のメールの差出人は見なかったことにしていただけると・・・(;´∀`)

さて今回はゾイドです。
海外版のコマンドウルフ、名前もそのままCommand wolfを紹介します。
P1110581_20090511074148.jpg
何回目だよコマンドウルフ、という感じではありますが・・・(;´∀`)
いいんです、好きなんですよコマンドウルフw

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください(;´∀`)

P1120960.jpg
ということで、今回は海外版コマンドウルフ。
モノとしては、国内で発売されたRZ-042 コマンドウルフAC(アタックカスタム)と同じ仕様です。
違うのはパッケージだけです。多分。
海外・・・というか、アメリカで最初に放映されたゾイドのアニメは2作目のスラッシュゼロ
だったため、あちらで"Command wolf"といえばこの姿が一般的。

P1120961.jpg
後ろ側から。
このバージョンの他のコマンドウルフとの違いは、武装の違いはもちろんですが
装甲がメタリックブルーで塗装済み、という点。
おかげで見ての通りツヤツヤのテッカテカですw

P1120963.jpg
左から。
本体の形状自体は他のコマンドウルフと全く同じ。
・・・違ったらそれはそれで困りますがw

P1120964.jpg
右から。
装甲が塗装済みのおかげで、装甲と各パーツの取り付けが若干硬いので
組み立ての際は力の入れすぎでめきょっといっちゃわないように注意が必要です(マテ

P1120965.jpg
正面から。
キャノピーの透明度が高めなので、パイロットが比較的見えやすいですね。

P1120966.jpg
後ろから。
背中のキャノンと後ろ脚のブースターのおかげで大分印象が変わっています。

P1120970.jpg
上から。
キャノンの大きさが際だっていますね。
このキャノンと背中の装甲の接続部だけは本当に気を付けないとめきょっと行きます。
中古のコマンドウルフで、破損率が一番高い部分です。
かくいう私も一体・・・orz

P1120972.jpg
下から。
腹回りはいつものコマンドウルフですね。

P1120977.jpg
頭部のアップ。
過去のコマンドウルフ記事(主にこの辺)で解説したので説明は省略w

P1120978.jpg
キャノピーオープン。
グレーの共和国兵士ですね。
アニメでは主人公の仲間の一人、バラッドの最初の乗機だったわけですが、さすがに
オリジナルの人形を作る気は無かったようです。

P1120979.jpg
歩行速度の切り替えギミックを兼ねた首の上下機構。
このへんは他のコマンドウルフと全く同じです。

P1120980.jpg
低速歩行モード。
頭を下げて(´・ω・`)ショボーン状態にしてみようかとも思いましたが、背負いモノがいかついせいか
あまりショボーン感がでなかったのでカットw

P1120982.jpg
背中のアップ。
背負っているのはAZ連装250mmロングレンジキャノン。
後ろ脚のアシスタンスブースターと併せ、もともとはアタックユニットとして別売りされていた物でした。
元々付いていたビークルは、パーツ自体は付いているので、ノーマルな形にもできますよ。

P1120983.jpg
腰回り。
腰の排気管のような物はスモークディスチャージャー、煙幕装置です。
これは元々のコマンドウルフの装備。
後ろ脚には追加装備のアシスタンスブースター。
追加、とはいうものの、海外版はこの装備がデフォルトではありますけどね・・・w
しかしこんなとこにブースターつけると噴射方向が一定しなさそうなんですが(;´∀`)
本当に加速の足しになるんでしょうか・・・w

では、毎度恒例の動画です。

高画質版はこちら
ブルーコマンドの時よりは、高速モードと低速モードのスピードの差が出てるんじゃないでしょうか。
高画質版でよーく見ると、首元で減速用の重りが回っているのが見えるかも・・・?

P1120988.jpg
以上、海外版コマンドウルフでした。
コマンドウルフすべてレビューできるのはいつの日か・・・(マテ
そもそも、全種類持っているわけではないんですけどねw
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS #111 Battle Couger(海外版バトルクーガー)
  • ZOIDS BZ#104 Ray Saurer(レイザウラー)
  • ZOIDS #030 Gun Sniper(海外版ガンスナイパー)
  • ZOIDS #105 Gravity Saurer(海外版グラビティーザウラー)
  • ZOIDS #000 Black Rhimos(海外版ブラックライモス)
  • ZOIDS BZ#108 FIRE PHOENIX(ファイアーフェニックス)
  • ZOIDS BZ#102 POWER MANTIS(パワーマンティス)
  • ZOIDS BZ#101 POWER MAMMOTH(パワーマンモス)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDS海外ゾイド(新ゾイド期)

     タグ: ゾイド  海外   


    Comments:4 

    キュウ  

    ゾイドもTF並みにリカラー多いんですかな。

    2009/05/11 (Mon) 14:35 | EDIT |   

    とっとこ  

    海外版

    ゾイドに海外版があるとは、知らなかったです( ̄∀ ̄)いつの間に、海外進出していたのでしょう。
    あと、海外版のコマンドウルフもいいですね(o^∀^o)

    2009/05/11 (Mon) 23:06 | EDIT |   

    鉄人00  

    こっちからすると白かアーバインのコマ犬が印象的ですね。
    しかしこのテカテカ具合が素敵過ぎますw

    2009/05/12 (Tue) 01:06 | EDIT |   

    tagoal  

    犬れす

    >キュウさん
    ゾイドは色違い多いですw
    出る度に何かしら違いますから・・・
    復刻しないんですよ。仕様変更して再販はやってもw
    TFというよりはガンダムのMS的な意味での色違い・武装違いですね。
    ○○専用機、とか○○戦仕様、とか。
    ただ、コマンドウルフはその中でも群を抜いて多いんですけどね。
    >とっとこさん
    実は20年以上前、旧ゾイド時代から海外での展開は幾度となく行われていました。
    ロボストラクスやZOIDS2、テクノゾイドなどいろいろ名称も変わってますけどね。
    ZOIDS2に関してはうちでもいくつか紹介していますので、よろしければ
    ご覧下さいませませ。
    >鉄人00さん
    私もこのツヤテカ具合は気に入ってますw
    色に関しては本来は白が元祖ですからね、国内では。
    そしてアニメで露出の多いアーバイン機と、
    この二種が国内での知名度は一番でしょうね。
    ちなみにアーバイン機は今度コトブキヤからHMM版の発売が決定して
    おりますのですよ。
    出次第紹介するつもりだったりしますが・・・またコマ犬シリーズが増えますねw

    2009/05/12 (Tue) 08:20 | EDIT |   

    Leave a comment