またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2010年10月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

28
PCのモニタが突然死したので、急遽同じくらいの新しいモニタに買い替え。
同じくらいとは言っても前のやつから何年もたったモデルなので、発色のよさが全然違いますな…
だいぶ明るさ落としたんですが、まだちょっと眩しいくらいです(;´∀`)前のが暗かっただけとも言う

さて、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマー ユナイトウォリアーズのデバスターより、スカベンジャーです。
P1380670.jpg
再販が決まったということで、2年ちょっとぶりの5体目ですww

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P2010006.jpgP2010009.jpg
ということで、今回はトランスフォーマー ユナイトウォリアーズよりデバスター…の5体目、スカベンジャーです。
長らくほったらかしてましたが、せっかくなので再開ですw

P2010012.jpgP2010015.jpg
P2010019.jpgP2010022.jpg
ビークルモードでぐるっと。パワーショベルですね。
明るい黃緑と紫、という結構派手な色ですが、実際にこういう色の重機もたまに見ますのよねー…w

P2010034.jpg
ビークルモードでは転がし走行ができ、さらにアーム部分は曲げ伸ばしが可能。
先端のショベル部分は動かせませんが、まあいっかなーと。

P2010037.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
ショベルのアーム部分を畳んで固定し、クローラー部分をちょっと左右に開いてロックを解除。
後部側を軸に車体を90度立ててやったら、車体の両側面を底面側へ90度回転してやります。
更に運転席部分を中央側へ倒し、側面パーツの途中部分から軸をぐいっと真横へ。これで腕部分が胴体から離れます。

P2010040.jpg
腕部分の先端から手首を出しつつ、クローラーの基部をぐるっと車体側へ回転。
車体とジョイントし、固定します。
その後クローラー部分を真下に向けて…



P2010043.jpg
クローラーを引っ張って伸ばし、先端部分を前後に割って脚部を完成。
胴体部分の銀の部分を一回開けて、ロボ頭部を出したら元通りにクローズ。
あとは各部を調節して、変形完了です。

P2010049.jpgP2010052.jpg
ロボットモード。
ちょっとぬぼーっとした感じがかえって元ネタの雰囲気出てて良い感じ、ですね(゚∀゚)

P2010055.jpgP2010058.jpg
P2010061.jpgP2010064.jpg
ぐるっとひと回り。
前回(二年前ですがw)紹介したボーンクラッシャーと似た感じの下半身ですね。
合体したときにどちらも腕になるから、でしょうか。

P2010067.jpgP2010070.jpg
顔周り。
いろいろと四角いですwこれはこれでいい味出てますけどねー。
他のメンバーもそうですが、目は塗装なので集光ギミックなどはなし。

P2010074.jpg
腕部。
ビークル時は車体の側面だった部分です。
関節部はシンプルなボールジョイントですが、それゆえに動かしやすくもあったり。

P2010079.jpg
胴体周り。
そのまんまだとま四角だったビークルの車体をうまくたたむことで、いい感じにくびれが出来てますね。

P2010084.jpg
背面。
パワーショベルのアーム部分はこちらに。
そのまんま畳んであるだけなので、結構な存在感。

P2010087.jpg
下半身。
脚部はクローラー部分で構成されており、こう見えて可動範囲はなかなかに優秀。
それはいいんですが、下半身まるまる紫なのでなんというかこう…江頭…w

P2010090.jpg
付属武器その1。
小型の銃ですな。これは日本版で追加されたものですね。

P2010091.jpg
なおこの武器、ビークルモードではこんな感じで後方に取り付けが可能。
G1版の玩具でもこのへんに銃がつけられましたね。向きは違ったと思いますが…

P2010093.jpg
付属武器その2。ミサイルポッドです。
このパーツが変形して、デバスターになったときの手首に。
なお、ビークルモードではスカベンジャー自身には搭載されず、ロングハウルの荷台に積まれるようになっておりますよ。

P2010097.jpg
可動に関して。
ボーンクラッシャーとわりと似た構造、ということで、こいつの可動もなかなか。

P2010106.jpg
まずは腕周り。
肩はボールジョイントですね。前後に一回転でき、横方向は水平よりちょっと上くらいまで腕を上げられます。
ただ個体差もあると思いますがそれほど保持力が強いわけではないので、ミサイルポッドをもたせるときには重さに負けるときもちらほら。

P2010109.jpg
肘部分もボールジョイントですね。
腕には他に捻れる部分はないので、主にこの肘部分で腕のひねりを賄う格好になりますな。
曲げ伸ばしの方は、真っすぐから90度位まで曲げることが出来ますよ。

P2010118.jpg
手首は基本的に固定。
変形機構を使えば小指側に曲げることも一応出来ますが、あくまでも変形用なので保持力はほぼなし。

P2010121.jpg
続いて下半身。
股関節もボールジョイントですね。
多少腰パーツにぶつかりますが、ちょっと避けてやるだけで前後方向とも脚が胴体にぶつかるまで…
ほとんど真上近くまで上げてやることが可能。
開脚方向は、180度よりやや足りないくらいまでなら広げられますな。

P2010125.jpg
太ももと膝の境目の部分にはロール軸が設けられており、脚をひねることが可能。
股関節のボールジョイント部分はひねる方向の余裕はあまりないので、ここで主にひねりを担当します。

P2010130.jpg
膝は90度曲げることが可能。
少し高い位置にあるので、立膝はちょっと厳しいですな。

P2010133.jpg
足首は、変形機構を使うことでつま先・かかとを曲げ伸ばしすることが可能。
ただしこちらもあくまで変形用ということで、ロボット時の定位置にくるところでワンクリックあります。
そのため、あまり細かい調節はできないですね。

P2010136.jpg
また、足首は内側に90度曲げることが可能。
股を広げて立たせる際の設置性が非常に優秀ですな。
踏ん張って立っている感じが出しやすいですし、単純にたたせやすくもあります( ´∀`)

P2010139.jpg
頭部もボールジョイント接続。
横方向に一回転と、ある程度ですが上下にも視線を振れますね。
ちょうどいい感じに顎が引けるので、立ち姿が決まりやすい…かも。

P2010143.jpg
胴体は可動部分なし。
変形の機構上しょうがないところではありますね。
他の部分がよく動きますから、そっちでうまいことフォローしてあげましょう。

P2010147.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
基本的に素直な動きで扱いやすいほうじゃないかなーと思います( ´∀`)

P2010150.jpg
以上、トランスフォーマー ユナイトウォリアーズよりデバスター…
の構成メンバーの(うちでの紹介順としては)5人目、スカベンジャーでした。
こいつも他の連中同様、単体でも十分イケてるやつですな( ´∀`)
さて、のこるはあと1体と合体状態…再販されるまでにはなんとか…w
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ デバスター(その4 ボーンクラッシャー)
  • トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ デバスター(その3 ロングハウル)
  • トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ デバスター(その2 スクラッパー)
  • トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ デバスター(その1 ミックスマスター)
  • トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ グランドスカージ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーユナイトウォリアーズ

     タグ: トランスフォーマー  ユナイトウォリアーズ  UW-04  デバスター  スカベンジャー  デストロン 


    Comments:1 

    江戸川  

    あ、よく見るとカーロボのリデコなんですね、

    2018/09/04 (Tue) 18:36 | EDIT |   

    Leave a comment