またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

11
今回はリンク先追加のお知らせから。
ドクターレオンとおやじの秘密研究所さんを相互リンク先に追加しました。
親子で運営されているブログですね。リンクの話はだいぶ前に受けていたんですが、こっちが身動き取れず…(;´∀`)
ということで、遅くなって申し訳なかったですが、改めましてよろしくお願いしますm(_ _)m

と、それではネタの方へ。
トランスフォーマーレジェンズより、ターゲットマスターホットロディマスです。
P1900464.jpg
前回から、番号を遡り気味に…w

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1910002.jpgP1910008.jpg
と、いうことで。今回はトランスフォーマーレジェンズより、ターゲットマスターホットロディマスです。
去年、元になったタイタンズリターン版ホットロッドを紹介済みですね。
しっかし、名前長いですなー…以降は適当に略してホットロディマスとかロディマスでw

P1910012.jpgP1910017.jpg
P1910020.jpgP1910023.jpg
ビークルモードでぐるっとひと回り。フューチャーデザインなスポーツカーです。
海外版からボンネット部分のパーツが変更になっており、エンジンが露出したデザインに。
また、ボンネットのファイアパターンがクリアになっておりますよ。

P1910030.jpgP1910034.jpg
運転席部分は手動でキャノピーを開閉可能。
内部には、もちろんヘッドマスターを乗せられます。
ザ・ムービー再現的な意味で、MPウルトラマグナスに付属のダニエル人形を乗っけるのもイイかもですね。

P1910044.jpgP1910050.jpg
ヘッドマスターを実際に運転席に乗せるとこんな感じに。
海外版より窓の透明度が高く、ヘッドマスターも色がはっきりしているので、中に乗っているのがよく見えるようになっていますな。

P1910056.jpg
さらに、ヘッドマスターは運転席後方にあるピンを使うことでボディの上に立たせることも可能。
ちゃんと中に乗れよ、という気もしますがまあそこはそれw

P1910061.jpg
余談ですが、このホットロディマスのビークルモード。
車体底面と地面との隙間がかなりギリギリだったりします。
変形時のパーツの組み合わせが地味だと地面に擦ってしまったりするので、ちょっと気をつけたほうが良いかも。
いや、まあ私がちょっと適当に変形させてたら地面にガリッとやってヒエエエエってなっただけなんですが…(;´∀`)

P1910099.jpgP1910102.jpg
ここでトランステクター部分は一旦置いて、ヘッドマスターの方へ。
例によって、レジェンズ版ではこちらが本人(?)ということになりますかね。

P1910108.jpgP1910114.jpg
P1910119.jpgP1910123.jpg
ぐるっとひと回り。
背中の顔は後で触れるとして、前の方は顔・胴体ともホットロディマス風のカラーリングになっています。
モールド的には海外版と一緒、つまりはホットロディマスというよりターゲットマスターのファイアーボルトっぽいデザインなのでロディマスそのものとまではいきませんけどね。

P1910128.jpg
ヘッドマスターの可動については、他のものと基本同じ。共通規格ですしね。
肩と首がボールジョイント接続で、脚は左右一体。
股関節部分が前に、膝が前後にそれぞれ90度ずつ曲げられます。

P1910133.jpg
さて、それではトランスフォーム。
腕を胴に沿わせて固定し、脚を体の前側へコの字に折り曲げ、上下ひっくり返して背中の顔を前にすればOKです。

P1910150.jpgP1910155.jpg
頭部モード。
形状的には海外版と一緒(のはず)ですが…
塗装部分が増えて、よりそれらしい感じに。

P1910156.jpgP1910163.jpg
P1910170.jpgP1910173.jpg
ぐるっとひと回り。
ヘッドマスターの常として後頭部が四角いのはまあしょうがないとして…w
耳の丸い部分や(目立たないですが)トサカ、ひさしも塗り分けられており、かなりいい感じ。
ただ、よくよく見てみると下唇のところに小さい突起が…
当初塗料のダマかなあとか思っていたんですが、聞くところによると結構な多数(もしかしたら全部?)に発生している成形不良だそうで。パッと見では気にならないくらいのサイズなのでほっといても良いんですが、こだわる場合は削っちゃったりした方がいいかもしれないですね。

P1910175.jpgP1910176.jpg
海外版ホットロッドの頭の人、ファイアードライブと。
形状は一緒ですが、色分けがかなり増えているのが…
というか、ファイアードライブは胴体側グレー一色ですからねえw

P1910177.jpg
頭部モードでファイアードライブと。
こちらもかなり色分けが増えているのがわかるかと思います。
海外版は顔面はともかく、メットも特に塗装ないですからねー。

P1910180.jpg
ここでトランステクターの方に戻って、トランスフォーム。
リアウイングから運転席後部の天井部分にかけてのぶぶんを持ち上げ、根元から180度回転。
そのまま運転席の上にかぶせるように折り曲げます。
併せて、両サイドのエキゾーストパイプを途中で分離。
フロントタイヤのあたりから、側面パーツを横に広げてやりましょう。

P1910185.jpg
車体後部を左右に分割し、車体底面部分のパーツと後輪周りを、車体尾部を軸に180度回転させます。
伸ばした後部の先端にロボ足首があるので曲げてやり、その後後輪部分を内側へ折り込み、ふくらはぎ部分に。
これで脚部ができるので、腰の所から180度回転させ、その上で立たせてやります。

P1910188.jpg
立たせたら、横に広げた側面部分の先端からロボ手首を出し、中程にあるロックを外してロボ腕を完成。
ボンネットのエンジン部分を半回転して内部に隠し、その上でボンネット全体を折り曲げ、胴体正面=ビークル時の底面側に固定します。
あとは各部を微調整してあげれば、胴体部分の変形は完了。

P1910195.jpg
最後に、頭部モードのヘッドマスターをヘッドオンしてやれば変形は終了ですね。

P1910210.jpgP1910214.jpg
ロボットモード。
ビークル時のボンネット=ロボ時の胸部の形状が変更になったので、海外版から胴体部のシルエットが少し変わって見えるようになっていますな。

P1910218.jpgP1910222.jpg
P1910228.jpgP1910233.jpg
ぐるっとひと回り。腕がちょっとゴツ目なのは海外版から変わらずですね。
また、パーツの形状変更にともなって、海外版では一部を折り曲げて内側に入れ込んでいた胸部の変形が変更。
その影響で、真横から見ると胸に大きめの空洞が空いてしまっています。
ここは、ちょっと気になる部分ではありますね。

P1910238.jpg
腕部。
肩のとんがったところや前腕のエキゾーストパイプなど、元ネタであろうG1版の意匠は割ときっちり拾ってきている感じ。
上でも書きましたが、体に対して結構ゴツ目なので、そこは若干好みの分かれる部分かもしれません。

P1910244.jpg
胴体。ここが海外版と最も違いのある部分になりますね。
元ネタのように、ビークル時に露出しているエンジン部をロボット時に隠すようになっているあたりは芸コマ。
あえてエンジン部分を隠さずに出しっぱなしにするのも悪くないですけどね。
また、ファイアパターンがクリアになっているのはこれまでのロディマス系ではなかった表現ですね。
内部が銀色になっているのと全体に施されたモールドにより、光のあたり具合によってキラキラときれいに光って見えるので個人的にはこの処理は結構好きですな。
両側面の空洞はまあ、それはそれとして(;´∀`)

P1910246.jpg
背面。
ビークル時の後部を反転させて被せることで、ロディマス特有の背中のウイングの再現と運転席の目隠しを両立させているあたりはさすがですな。

P1910254.jpg
脚部。
変形時にふくらはぎ部分が空洞になるところを、後輪部分で塞ぐのは上手いですね。
ポーズを付けるときにはこのふくらはぎをあえて開いてやることで、膝を深く曲げる…ということも可能だったりしますよ。

P1910275.jpgP1910280.jpg
付属の武器…というか、ターゲットマスターのファイアーボルト。
特典やら何やらで、名前はよく使われる印象がありますなー…w

P1910285.jpgP1910291.jpg
P1910296.jpgP1910301.jpg
ぐるっとひと回り。
前回紹介したリコイルもそうでしたが、割とがっちりした感じのデザインになってますね。
こういう方向のデザイン、個人的にはだいぶ好みですなー。
もうちょっと関節増やせばこれ単体で売ってくれても…は言いすぎでしょうかw

P1910306.jpg
そして可動の方は、肩と膝がボールジョイント、股関節部分は前後に回転可能となっています。
変形の都合で腰も回りますが…
お尻のところに武器モード時のグリップがある関係で、腰を捻りたい時は背中の銃身をちょっと避けてやる必要がありますね。

P1910317.jpg
さて、それでは武器モードへトランスフォーム。
膝から下を前後ひっくり返し、背中の銃身をちょっと持ち上げて腰も半回転。
銃身を完全に持ち上げて固定し、頭部を覆い隠したら、足を曲げて背中の凹みと踵の出っ張りを合わせます。
あとは腕を胴体に添わせてやれば変形完了。手順自体はリコイルと全く一緒ですな。

P1910321.jpgP1910326.jpg
武器モード。二連装の銃になりました。
基本構造が一緒なのでリコイルともにていますが、こちらは銃身がやや短め。
銃身の裏には5ミリ穴があるので、他の武器と合体させることも可能ですね。

P1910329.jpg
そして実際に装備させてみるとこんな感じに。
やや大ぶりではありますが、いい感じです( ´∀`)
そういえば、今回は変形!ヘンケイ!版サイクロナスのように腕に直接くっつけられるギミックは仕込まれていないようですな。

P1910330.jpg
ビークルモードで装備するとこんな感じに。
元ネタ及び海外版と同じ場所ではありますが、前見えにくそうですよねー…
まあ、ボンネットにでっかい武器を載せるのはこのロディマスに限ったことではないのでアレですがw

P1910331.jpg
ヘッドマスターとターゲットマスター。
やはりターゲットマスターのほうがだいぶでっかいですねー。
ヘッドマスターのほうがG1当時からトランステクター含めてぐっとミニサイズになり、ターゲットマスターの方は昔のものとあんまりサイズが変わらなかった(ちょっと小さくなってますが)結果のこの身長差、ですね。

P1910335.jpg
説明書裏のマンガ。まさかのキスぷれから、シャオの登場ですw
ということでマンガのロディマスはキスぷれを経由したG1世界出身ということに。
公式サイトで公開中の前日談マンガでミュータント化して行方不明になったG1ターゲットマスターの捜索にレジェンズ世界へ来ています。
そしてヘッドマスターだらけのレジェンズ世界に溶け込むため、ということでヘッドマスター化し、シャオがキスプレイヤーから新型のマスターフォース、となったことで超魂パワー使いに。
色んな所から上手いこと設定引っ張ってきたなー、という感じですなw

P1910360.jpg
可動に関して。
胸部パーツの形状は変わったものの、実際に可動する部分は海外版から形状は変わっていないので…
可動面では、概ね海外版を踏襲した感じになっておりますな。

P1910361.jpg
まずは腕周り、肩はボールジョイント接続です。
実のところ横方向への可動はボールジョイントだけだとそれほどではないんですが…
変形の関係で肩の軸自体も上方向に回るので、併用することでカバーできるようになってますね。

P1910362.jpg
具体的には、前後方向は背中のウイングがじゃまになるため、まっすぐ一回転はできないかなあという感じ。
もちろん腕を横に広げれば回しきれますし、普通にポーズを付ける分には問題ないですな。
横方向はボールジョイントだけだと45度くらいまで腕を上げるのが限界。
ですが、前述の軸の回転を加えることで水平よりやや下くらいまでは腕を上げられます。
肩と頭がぶつかるので、完全に真横には出来ないですけどね。

P1910363.jpg
肘のすぐ上、上腕との境目部分にはロール軸が設けられており、ひねれるようになっています。
肩のボールジョイント部分でも少しだけひねりを入れられるので、併せて使えばより良い感じになりますよ。

P1910364.jpg
肘は90度曲げることが可能。
変形の都合で、肘を完全に伸ばしきってしまうとロックされてしまうので、そこはちょっと気をつけたほうが良いかもですな。

P1910365.jpg
手首は、変形機構を使えば手のひら側に曲げることが可能。
曲がる向きが向きなので、ポージングにはそれほど使えないですけども(;´∀`)

P1910366.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイント接続です。
個体差もあると思いますが、どうも保持力が弱めなようなので、接着剤だとかパーマネントマットバーニッシュだとかで少しきつめにしてあげるとより使いやすくなるんじゃないかと。

P1910367.jpg
具体的な可動範囲としては、前後方向・開脚方向とも、ほぼ水平まで脚をあげられるようになっています。
腰回りには特に引っかかるようなものもないですから、だいぶ動かしやすい形ではありますな。

P1910368.jpg
太もも部分にはロール軸があり、ひねれるようになっています。
股関節のボールジョイント部分もひねれるので、併せて使うことでより良い感じにポージングできそうですね。

P1910369.jpg
膝は90度曲げることが可能。
膝の位置が少し高いので、立膝などは少し難しいですね。
なお、上の方でもちょっと書きましたが、ふくらはぎ部分を変形前の状態に戻せば180度膝が曲がるようになります。
ポーズによってはあえてここをを開いてやると、よりダイナミックにイケるかもしれませんw

P1910370.jpg
足首は、若干ですが前後に曲げ伸ばしが可能。
派手なポーズはつけられませんが、立たせる際の微調整には地味ーに使えるかもしれません。
足裏がやや斜めにカットされているので、軽く開脚して立たせるとよく映えますよ。

P1910371.jpg
頭部はヘッドマスター次第ですが、横回転とほんのちょっとだけ上下動が可能。
といっても、頭周りの形状の関係で上下の動きはほぼ殺されていますが…
微妙~~に動いてるかな?くらいの感じになりますね。

P1910372.jpg
胴体は腰をひねれるようになっています。
変形の都合もあっての可動ではありますが、やはり人形のフィギュア(ここではあえてこう表現しましょう)は腰が回るとポーズが付けやすくなりますね。

P1910373.jpg
可動範囲としては、以上のような感じ。
股関節の緩さがちょっと気になるかな?というところはありますが…
概ね遊びやすい方ではないかなーと思いますよ。

P1910375.jpgP1910376.jpg
P1910377.jpgP1910378.jpg
頭すげ替えいろいろ。
チャーとスウィープス、ジンライとヘッドマスターセットのフライホイールをくっつけてみました。
上二人はなんかシュールですが、下二人はまあ、割と…w

P1910380.jpg
海外版のホットロッドと、ビークルモードで。
ボンネットの形状の違いもありますし、色も赤の色合いがかなり違います。なにげにキャノピーの塗り分けも違ってますね。
海外版が旧玩具より、レジェンズ版がアニメより…と言った感じですかね。

P1910381.jpg
武器装備&ヘッドマスター搭乗状態で海外版と。
海外版の方も中にタイタンマスター乗せてるんですが、キャノピーの色が濃いのであんまり見えないですね…(;´∀`)

P1910382.jpg
ロボットモードで海外版と。
やはり胴体部分の形状の違いが目を引きますね。
私個人としては、お腹のところを凹ませて腹筋及び胸筋っぽくなった海外版も、クリア成型でキラキラしてるレジェンズ版も、どっちも捨てがたいですなあ…(゚∀゚)

P1910383.jpg
胴体以外は基本同じ形状、ということで、もちろん武器の交換も可能。
レジェンズ版も、この二丁の銃も付属してたらよかったんですが…
ボンネットの形が変わってますから、ビークルモードでは余ってしまいますけどね。
(2017/10/11追記)
ボンネットにはつけられないですが、左右前輪後ろの穴は健在ですからこっちにつければ海外版武器も余らないですな。
海外版紹介したときにはつけてみせてたと言うのに、すっかり忘れておりました(;´∀`)<失礼しましたー

P1910425.jpgP1910431.jpg
以上、トランスフォーマーレジェンズよりターゲットマスターホットロディマスでした。
すでに海外では次のシリーズでホットロッドからロディマスプライムになるなんかすんごいのが発表されてますが…
まあアレはアレ、これはこれで。方向性結構違いますしね。
こっちはこっちで遊び甲斐はありますし、十分にナイスなブツだと思いますよ(゚∀゚)!
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーレジェンズ ターゲットマスターチャー
  • トランスフォーマーレジェンズ ゴッドボンバー
  • トランスフォーマーレジェンズ スーパージンライ
  • トランスフォーマーレジェンズ ヘッドマスターセット
  • トランスフォーマーレジェンズ コンドル & エイプフェイス
  • トランスフォーマーレジェンズ コンボバット
  • トランスフォーマーレジェンズ クロームドーム
  • トランスフォーマーレジェンズ スカル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーレジェンズ

     タグ: トランスフォーマー  レジェンズ  LG45  サイバトロン  ターゲットマスター  ホットロディマス 


    Comments:4 

    名無しの変態  

    二丁拳銃はあった方がやっぱ良いですよねぇ
    自分は部品取り用に購入していたアドベンチャーのスタスクの銃を5ミリジョイントをプラ棒で延長して
    でっち上げましたが・・満足
    二丁拳銃は海外版もですがビークル時は前輪部に5ミリジョイントあるので
    見栄えはイマイチですが余剰にはならない感じですね。
    普通の品質で発売されていれば、変形も簡単でいじりやすくビークル、ロボット時のスタイリングも
    良いので満足度の高い完成品玩具になったと思うのですが・・
    ピン打っているところはやたら白化多いし、お股はゆるゆる(個体差で脇もゆるゆる)
    お顔は下唇にイボあるし・・各部調節、自分で修復しないとアカン感じの品質って・・
    一昔前か新規参入の非正規メーカーかな?って印象の品質はどうにかならんかなぁ〜と思います。

    2017/10/11 (Wed) 03:43 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    LGでターゲットマスターが新造されたTFは海外版で付属していた武器が削除されるというプライムAMを想起させる仕様ですが
    ロディマスは武器なしでも両腕のエキゾーストパイプが内蔵火器になっていると思えば余り気にならなくもないかも

    海外版のリーク段階でサイクロナスへのパーシャルが想定されていると言われていましたが
    今回は胸パーツの新造、下半身の塗装変更によってサイクロナスっぽさをかなり落とす事に成功していますね
    結局TR中にサイクロナスが出る事はありませんでしたが、もしサイクロナス用パーツが既に完成しているのであれば
    LGでナイトスティックを新造した上で発売して欲しいものです
    ヘイワイヤー以降のサイバトロンターゲットマスターみたく本体がリメイクされてないとは言えターゲットマスターだけ新造して適当な日本未発売型に付属させるよりかは当時のパートナー同士が揃ってる方がいいし…

    2017/10/11 (Wed) 10:06 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    肩と股関節のBJがゆるいのは本当に惜しいですよね…
    最近の品質で複雑な変形になると精度が出ずにカッチリしないのが自分が購入したものが多かったので、シンプルな変形でビークル/ロボットどちらも満足度が高くてよかっただけにその点が非常に惜しいですね。

    あと、やっぱりターゲットマスター以外に武器も付けてほしいところですよね。

    2017/10/15 (Sun) 18:23 | EDIT |   

    Fネガ  

    海外のTR版ホッドロッドからタイタンマスターや本体も含めてかなり色味が増えてかなりロディマスらしさが増して満足な仕上がりになりましたねLGホットロディマス
    そして相棒のターゲットマスターのファイアーボルトがまさかあのキャラのマスターフォースとは今回で一番の驚きでしたな

    2017/10/15 (Sun) 21:54 | EDIT |   

    Leave a comment