またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

25
来月末開催のワンダーフェスティバルにて、また限定TFが出るようですなー
今度は何かな、とおもったら…レーザービーク名義のピンクのバンブルビー(;´∀`)
ダークサイド・ムーンでレーザービークが変形したバンブルビー似のロボットがモチーフですね。
また妙なところからネタを持ってきたもんですw

なお今度の限定品は後日サイバトロンサテライトやモールでも売るようで。
先日のヘッドマスターセットみたいな、実質的には店舗限定品の先行販売のようなもんですな。
そんなわけでそんなにドタバタはしなさそうですね~…っとほっこりしつつ今回のネタへ。
トランスフォーマー 最後の騎士王より、スティールベイン(海外版)です。
P1850092.jpg
最後の騎士王海外版ネタ二つ目…といっても日本のものとほぼ一緒ですがw

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1860655.jpgP1860660.jpg
ということで、今回はトランスフォーマー最後の騎士王よりスティールベインの海外版。
日本版は来月の発売ですね。前回のハウンド同様、今作の玩具は海外と日本で仕様はほぼ変わらないとのことなのでちょっとだけ先取り、みたいな感じになりますね。

P1860666.jpgP1860670.jpg
P1860674.jpgP1860678.jpg
ビーストモードでぐるっと。
細身のドラゴン…前脚と翼が一体化してますし、ワイバーンと言ったほうが良いかもしれませんな。
某モンスターハンター的に言えば、ティガレックスとかナルガクルガとかあの系統ですねw

P1860685.jpgP1860681.jpg
ビースト時の頭は手動で口を開閉させることが可能。
口の中にはしっかり舌まで造形されているあたり、芸が細かいですね。

P1860695.jpgP1860698.jpg
そしてこの頭部、ロボットモードでは脚になる…ということもあって、かなり可動範囲が広いです。
まず上下方向ですが、見ての通りほぼ真上向きから地面に口が付くまで、大きく動かせますね。

P1860701.jpgP1860702.jpg
さらに横方向には、付け根と中ほど、頭の根本の三ヶ所から首をひねることでこちらも大きく動かすことが可能です。
横どころか、後ろを振り向けますねw

P1860706.jpgP1860707.jpg
さらに、ロボットモードでのもう一方の脚が変形している尻尾も関節構造がほぼ一緒なので、大きく動かすことが可能。
根元の向きが首と上下反転しているので、上方向への動きは少し苦手ですけどね。

P1860711.jpgP1860715.jpg
左右方向もご覧のとおり、大きく振り回すことが可能ですよ。

P1860720.jpg
前脚と一体化している翼は大きく展開することが可能。
これを左右とも目一杯展開し、後ろ脚だけで立つ形にしてやると…

P1860725.jpgP1860730.jpg
比較的メジャーなスタイルのワイバーンに。
四足状態だとすこしハッタリの効き具合が弱いかな?
…という気もしないではなかったですが、こちらだとなかなかの迫力に。

P1860733.jpg
ビーストモードでは、前述の頭と尻尾以外にも前後の脚も可動します。
ただし前脚に関しては、前後方向の動きはやや苦手。
大きく広げて翼にする、という方向にはよく動いてくれますが…w

P1860747.jpg
あとは、海外版なら程度の多少はあれどれでも…なことではあるんですが、各部の関節…
とくにボールジョイントになっている首・尻尾の付け根、および前後の脚の付け根部分の保持力がだいぶ弱め。
そのままだとビーストモードでもロボットモードでもだいぶストレスが溜まりそうなので、補強しておいたほうがいいですな。

P1860751.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
頭を横回転して前後をひっくり返し、角をたたんだら根元のパーツごと折りたたんで首の中へ。
同じような感じで、尻尾の先端も折り込みます。
折りたたんだ首と尻尾の先端にちょこんと飛び出していたロボ足首を移動し、それぞれをロボ脚部とします。

P1860755.jpg
前脚兼翼の基部をぐるっと尻尾側へ回転。
前脚を折りたたんで根元のボールジョイント部分をちょっと回転、両翼が胴体の上に立っているような状態に。
これとあわせて後ろ脚の根元を目一杯広げつつ、尻尾の根元を90度回転。
ビーストモード時の胴体の左側を通るように尻尾ごと基部を頭側へ回します。
180度回したところでちょうどビースト首の付根と尻尾の付け根が重なるので、ジョイントして固定。
尻尾・首ともひねって、ビーストモード時に腹側だったほうにつま先を向けて立たせてやります。

P1860759.jpg
立たせたらビースト時の腹側を前にし、腹のパーツをまるごと下方へスライド。
ビースト後ろ脚の付け根を閉じ、翼の基部とジョイントして固定します。
あとは後ろ脚の爪を畳んでロボ手首を自由にし、腕全体を下に向けて肩アーマーもいい感じの位置に。
全身各部を微調整して、変形完了ですね。

P1860763.jpgP1860766.jpg
ロボットモード。
ビースト時の尻尾が首のところにグルっと回って来て首と尻尾で両足を形成
…というダイナミックなパーツ移動が非常に楽しい変形っぷりです。
そして出来上がるのがこのいかにもな騎士ロボというのがまた!

P1860774.jpgP1860779.jpg
P1860784.jpgP1860788.jpg
ぐるっとひと回り。
甲冑を着込んだ騎士、と言った佇まいで格好いいですな。
脹脛の後ろから見えている頭と尻尾がビースト時の名残をみせてて、ちょっと面白いです( ´∀`)<ちゃんと隠せよ、と感じる人もいそうですけどね

P1860795.jpgP1860800.jpg
顔周り。
良い面構えしております…(゚∀゚)<イケメン!
どっちかというとアニメ系列にいそうな顔立ちですが、格好いいのでこれはこれで良し。

P1860806.jpg
腕部。
ビーストモードでは後ろ脚だった部分、ほぼそのまんまだったり。
変形のパターンはなんとなくヴォイジャークラス版のグリムロックにも似てますね。

P1860810.jpg
胴体。
騎士風のデザインがいい感じです。
鎧部分のクリーム色は塗装なんですが、ウェザリングとかダメージ表現を意識しているのか全体的にかすれた感じの塗り方に。

P1860814.jpg
背面。
ビースト時の翼が前脚ごと折りたたまれています。
結構大きくて重いので、立たせる際には少しだけバランスに気をつけたほうがいいかも。

P1860818.jpg
翼部分を横から。
翼は軟質パーツなので、癖がついて曲がっていることも…その際は適度に温めてやればかんたんに修正できますけどね。
なお可動部分は固定されていないので、ポーズを付ける際には広げたり向きを変えたりしてやるとハッタリが効いていいですよ。

P1860823.jpg
脚部。
前述の通り片足がビースト時の頭、もう一方が尻尾なので後ろから見るとそれぞれ違うものが出ていますw
正面から見ればほぼ左右対称ですけどね。

P1860826.jpg
付属武器の剣。
表面には複雑なモールドが…これ、斬れるんですかねw

P1860828.jpg
権の鍔のところからは突起が出ており、太もも部分の肉抜き穴にジャストフィット。
説明書には特に指示がないので狙ったものかはわかりませんが、腰に剣を下げているような状態にできますよ。
P1860830.jpg
そして、ビーストモードでは背中に剣を固定することが出来るようになっています。
位置は上の画像のあたりになりますね。

P1860832.jpgP1860833.jpg
剣を取り付けておくと背中のパーツがうまい具合に隠れます。
なので、ビーストモードでは剣をつけた状態を基本にしておいたほうが良さげかもしれませんなw

P1860834.jpg
可動に関して。
可動範囲その物は割と良い方、だと思います。
ただ、ビーストモードのときにもちょっと触れましたが全体的に関節やジョイントのかみ合わせがゆるめ。
なのでそっちのほうが気になるかも…(;´∀`)

P1860838.jpg
まずは腕周り。肩はボールジョイント接続ですね。
肩鎧が大きいので、胴体とか背中の翼にすこし引っかかりやすい感じですな。

P1860844.jpg
具体的には、前後方向が(背中の翼を避けてあげないとダメですが)一応一回転可能。
横方向は、腕をまっすぐ下げた状態だと45度位まで腕を上げるのが限界です。
少し腕を前に回してやるとパーツの干渉が少し避けられるので、水平より30度下くらいまではあがるようになりますな。

P1860847.jpg
上腕部分、肘のすぐ上にはロール軸があります。
ここで腕をひねることが可能ですね。
なお、肩のボールジョイントのところでも結構大きく肩を捻れるので、あわせて使えばさらにいい感じに。

P1860852.jpg
肘はクリック式になっています。
20度強くらいの刻みで、肩に手が当たるくらいまで…角度で言えば130~140度位まで曲げられますね。
かなり深く曲げることが可能になっておりますよ。

P1860856.jpg
手首にはロール軸が設けられており、ひねってやることが可能。
手首がひねれると得物を構えやすくていいですな( ´∀`)

P1860859.jpg
続いて下半身。股関節はボールジョイント接続。
変形の関係上基部が真ん中から分割されていますから、ここがパカっとはずれてしまわないように少しだけ気をつけたほうが良いかも。
具体的には…前方向はほぼ真上近く、肩に足が当たるまで脚を上げられますね。
ただし構造上、完全な真正面ではなくちょっとだけ(15度とかそのくらい?)股が開いてしまいますが。
後方は翼を避ける必要がありますがほぼ水平くらいまでが限界。
開脚方向は直立状態からだと太腿と腰のパーツが干渉するので45度位までしか開きませんが、脚を水平くらいまで上げると干渉が解消されるため、180度近くまでガバッと股を開くことが可能です。

P1860863.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚をひねることが可能。
肩と同じく、こちらも股関節部分のボールジョイントがある程度ひねれます。
太ももとあわせて使うといい感じになりますね。

P1860868.jpg
膝は90度曲がります。
ふくらはぎの後ろからいろいろ出ていますが、特に影響はないですねw
膝の高さも程よいので、立て膝などもしっかり可能ですよ。

P1860869.jpg
足首はボールジョイント接続。
横回転、およびある程度前後左右へ傾けてやることが可能です。
さらに、変形の関係もあって足首の軸自体が大きく前後に曲げ伸ばし出来ますな。
これらを駆使することで、立たせる際の接地性はだいぶ良好になりますよ。
ただこの軸が柔らかめの素材なので、若干微調整が難しいかも。

P1860870.jpg
頭部はボールジョイント接続。
横回転と、多少ですが上下方向へ目線を振ることも可能です。
流石に真上を向いたりは無理ですが、表情付けはだいぶやりやすい方ですな。

P1860872.jpg
胴体は可動部分なし。
変形するときに胴体が中で縦に割れますからなぁ…さすがに可動仕込むのはキツいですね(;´∀`)

P1860877.jpg
その他の可動部分としては、背中の翼ですね。
ビーストモードの時と同様の開閉と、根元のボールジョイントを使ってある程度の向きの変更が可能です。
全開まで広げると結構な迫力になります…が、重心が後方に偏るので立たせる際にはちょっと注意が必要ですな。

P1860881.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
動かせる範囲としてはそこそこいい感じ、なんですが…
ここまで何度か触れていますとおり、関節…特に肩と股関節が緩めなんですよねえ。
少し補強を入れて渋めにしておいたほうが、色々と扱いやすくなりそうです。
あとは胴体の前側と背中の翼の基部パーツの接続、ここも若干外れやすいです。
特に腕周りを動かすときにははずれないように気をつけたほうが良いですね。

P1860886.jpg
以上、トランスフォーマー 最後の騎士王より、スティールベインの海外版でした。
変形時のパーツ移動のダイナミックさと、ロボットモードのいかにも騎士!な格好良さが特にいいですね( ´∀`)
関節のゆるさはまあ…日本版では調整が入っていることに期待しましょうw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 ステルスメガトロン
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 ダークオプティマスプライム
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 ハウンド(AUTOBOT HOUND)
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 バンブルビー
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 ダイノボットスラッシュ
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 オプティマスプライム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマー最後の騎士王

     タグ: トランスフォーマー  海外  最後の騎士王  TheLastKnight  オートボット  スティールベイン 


    Comments:5 

    ぽけ厨  

    流石に塗装の類いも全く変更が今回はないので、全世界向けに大量生産されたものだけにBJの修正が入ってることは期待しにくいですね…まあ、接着剤塗れば済むだけなので気にしすぎることもないですかな( ・∀・)

    海外では公開され、youtubeには違法そのものの動画もゴロゴロしてますが…
    スカリトロンも登場するようなので、同型でも日本で販売してほしいですね〜

    2017/06/25 (Sun) 17:08 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    どの宣材写真もビーストモードでは四足がデフォだったので余り気にした事はなかったのですが
    二足で立たせたワイバーンモードがかなりかっこいいですね
    実質ポーズ変えただけなので第3形態とは言い難いですがこの型のプレイバリューをアピールするには十分有用だと思うのに勿体無い

    玩具自体は日本版と海外版は同じと明言されているので成型色や塗装以外も同じなんですかねぇ
    日本版が第二版としての再生産品であれば関節調整も可能かもしれませんがすると後になってルーズ品が海外版と混ざった時紛らわしくなりそう。関節の緩さは実際触って見なければ実感出来ないですし
    少なくともスカリトロンで関節調整が入れば以後の同型品は安心できるのですが

    2017/06/26 (Mon) 09:47 | EDIT |   

    Fネガ  

    過去にドラゴン型に変形するTFは数あれど面白い変形をしますなスティールベイン
    デザインも中世の騎士をイメージしてるだけあってまさに「古のTF」という感じで騎士王本編でどんな活躍をするのか大変楽しみなキャラクターですな!

    2017/07/03 (Mon) 21:03 | EDIT |   

    pyoro  

     このスティールベイン、ビーストモードで首がすごく柔軟に動いて目線を全方位に合わせることができるので、置物感なしに動物らしいポーズができるのが新鮮で楽しかったです。
     ビーストモードの胴体部分の見た目はあまり整っていないですが、大きな翼と頭部のメタリックブルーと赤い目と舌が目立つので、胴体の方には目が行きにくいようになっているのもいいと思いました。

    2017/07/30 (Sun) 21:01 | EDIT |   

    tagoal  

    ステれす

    >ぽけ厨さん
    結局のところ、日本版でも関節はそのまんまでしたねー…
    そこを修正してしまえばなかなかのものなんですが(;´∀`)
    スカリトロンも日本で出るのが決まりましたが、あちらははたしてどうなっているかw

    >さすりゅ~さん
    二足で立たせたのがワイバーンモードというわけでは…(;´∀`)
    いわゆる「竜」のうち、翼と前脚が兼用のやつが飛竜(ワイバーン)ですな。
    なのであれは変形ではなく、地面を歩く姿勢か空を飛ぶ姿勢か、というだけだったり。
    関節に関しては結局そのまんまでしたね(ヽ´ω`)

    >Fネガさん
    脚をがばー!っと持っていく変形がダイナミックでおもしろいですよねー。
    ロボットモードもかなりのイケメンさんですので、あとはほんと関節がw

    >pyoroさん
    ロボ脚からの変形ということもあって、首と尻尾の関節が多いのでウニョウニョ動いて面白いですよねw
    胴体はたしかにほっそいですが…(;´∀`)

    2017/07/31 (Mon) 17:29 | EDIT |   

    Leave a comment