またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

30
5月ももう終わりますねー、と前回の記事と同じ事を言いつつ。
そういえば、5月下旬予定だったはずの某青い限定品(マグナコンボイ)、どうなったんでしょうなー…?
とか思っていたら、延期のお知らせが(;´∀`)
6/5予定とそれほど遅くはならないようですが、待ち遠しいですね( -∀-)

と、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーレジェンズより、ゴッドボンバーです。
P1840027.jpg
前回の前フリ(?)も踏まえて、超神なアレももちろんやっておりますよw

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1840188.jpgP1840191.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーレジェンズよりゴッドボンバー。
スーパージンライと合体してゴッドジンライになる、いわゆるグレート合体のさきがけとなったメカですね。
今回はTFレジェンズ版として、割とまさかのリメイクと相成りましたw
で、今回のゴッドボンバーは多段変形かつヘッドマスターでもありますので、まずはヘッドマスターの方から。

P1840195.jpgP1840199.jpg
P1840202.jpgP1840205.jpg
ぐるっとひと回り。
今回のゴッドボンバーは(説明書のプロフィールによると)、超神マスターフォース本編でのデビルZ消滅によって失われていたと思われていたコンポーネントからヘッドマスターとして再生された、とのこと。つまり今回はこのヘッドマスターが本体です。
そして造形的な元ネタは…なんでしょうなw

P1840212.jpg
ヘッドマスターの可動に関しては、例によって他のものと同じ。
肩と頭がボールジョイント、股関節が前側、膝が前後に90度曲げられるようになっておりますよ。

P1840214.jpg
では、頭部モードへトランスフォーム。
腕を胴体に添えて固定、脚を体の前側へコの字に曲げて上下にひっくり返し、背中の顔を前に向ければOKです。
まーアレです、いつものパターンですな( ・∀・)

P1840220.jpgP1840222.jpg
頭部モード。
別パーツのヘルメットをかぶることが前提になっているので、ほぼ顔面ですねw

P1840232.jpgP1840236.jpg
P1840240.jpgP1840243.jpg
ぐるっとひと回り。
顔面の割合が大きいぶん、造形はしっかりしてる感じですね。
上でも書きましたが、ゴッドボンバーはヘルメットをかぶるのが前提の作りになっているので後方のロボット部分はあんまり気にしないでもよさげ。
もちろん他のやつに取り付ける時はアレですけども…(;´∀`)

P1840262.jpgP1840266.jpg
ヘッドマスターの方を一通り見たところで、ゴッドボンバーのビークルモードのほうへ。
パッケージでは「スーパートレーラー」となっていましたが…箱型の戦闘ビークル、といったところでしょうかw
しかし、元ネタの再現度としては結構なもんではありますね。

P1840270.jpgP1840273.jpg
P1840280.jpgP1840284.jpg
ぐるっとひと回り。
アニメ版や旧版より前後が縮んで、より四角くなった気がしないでも…
そのかわり(?)細部のディテールはアップしてますな。特に運転席周りは窓も大きくなり、見晴らしも良さそうです( ´∀`)

P1840299.jpgP1840301.jpg
運転席部分は手動開閉可能。
変形のときにも使うということもあって、前面がまるごとガバッと開きます。

P1840303.jpgP1840307.jpg
そして、運転席部分にはヘッドマスターを搭乗させることが可能。
窓が大きいので、中のヘッドマスターがよく見えるのもいい感じですな。

P1840313.jpgP1840316.jpg
更にこの運転席、最大で3人までヘッドマスターを乗せることが可能。
超神マスターフォースの劇中を考えるなら、秀太とキャブ、ミネルバの3人を乗せてやりたいところですが…
レジェンズでは秀太しかでていませんからねー。そこはちょっと残念ですね(;´∀`)

P1840325.jpgP1840330.jpg
中央のゴッドキャノンは上下に銃口を動かすことが可能。
ただこのゴッドキャノン、買ったままの状態だと基部と銃身パーツの嵌め合いが悪く、斜めに向けるのが非常に困難です。
本来は基部と銃身でかんたんなクリック式関節みたいな構造になっていて、水平・斜め・垂直くらいで軽く固定できる構造みたいなのですが…嵌め合いが悪いせいでクリックになるところ同士が触れ合ってないんですよね…('A`)
基部の赤いパーツ(この画像じゃ見えてませんけども…)を一旦取り外し、銃身と嵌め合いになる部分のバリをきれいに取った上で、ドライヤーを当てるとか熱湯に短時間つける、等した上で形状を整え、銃身にはめ込み直す…
ということをやると(できれば、銃身側のはめ込み穴をすこしだけ削って広げてやるとなおよし)、基部と銃身が綺麗に噛み合って角度調整も出来るようになりますよ。

P1840338.jpgP1840340.jpg
ゴッドキャノンは後方が手動で開閉可能。
中にはヘッドマスターを座らせたり、立たせたり(固定用のピンがあります)することが可能です。
付属マンガでは寝た状態でここから出てきていて、実際寝かせたまま蓋をしめることも出来ますが、説明書的には座らせるのが本来の形みたいですね。座った状態でもちゃんと蓋が閉まるようになっていますしw

P1840343.jpg
その他、天井部分やゴッドキャノン(蓋を閉じた状態)の上にもヘッドマスターを立たせることも可能です。
側面の翼を広げればその上にも立たせられますな。

P1840346.jpg
バンパーの先端部分には、こんな感じのジョイントが隠れています。
これをくるっと前向きにしてやって…

P1840358.jpg
ビークルモードのスーパージンライのコンテナ尾部の隙間に差し込んであげれば、こんな感じで連結形態に。
ちょっと短めかなー?と思えた全長も、こうして連結すればむしろいい感じの収まり具合になってますね。

P1840363.jpg
ただし、このジンライとの連結。
ジョイントを差し込んでいるところが左右のパーツを閉じた隙間なので、どうしても緩みやすい傾向が。
しっかり押さえていないと、割とすぐ取れちゃいますね。
リデコのもとを辿ればジョイントでもなんでなかった部分ですし、しょうがないと言えばそうなんですけども(;´∀`)

P1840375.jpg
さて、ビークルモードをひと通り見たところでトランスフォームその1。
前輪上のところのジョイントを外し、後部の下半分をすぽっと取り外してしまいます。

P1840378.jpg
取り外したパーツはジョイント部分を下、後輪部を後ろにして立てます。
ロボ時のかかとになる部分をぐるっと前に回して上面を開けておきましょう。
左右の翼をおろして水平にし、その下に外したパーツを連結、固定してやります。

P1840385.jpg
バンパー部分を前輪の後ろ側へ回し、運転席の蓋を開けます。
ゴッドキャノンのお尻のところについているヘルメットの上下をひっくり返した上でこちらも蓋を開けてあげれば、基地モードへの変形は完了ですね。

P1840395.jpgP1840400.jpg
基地モード。
旧版にあった爆撃機モードの代わり…ではないでしょうがw、翼をひろげているのでなんとなくそれっぽい風情も…

P1840409.jpgP1840412.jpg
P1840415.jpgP1840420.jpg
ぐるっとひと回り。
後ろ側がちょうど空洞になっており、駐機スペースとかに良さそうな感じ。
ここに程よいサイズのビークルでも置いてあげるとジオラマっぽくて良さそうですね。

P1840427.jpg
この基地モードで司令部的なところは多分ここ。
運転席の外装を倒したところにヘッドマスターを座らせられます。
なにげにビークルモードでも運転席さえ開ければ座れますが、吹きさらしになりますからなぁ(;´∀`)

P1840436.jpg
なおこの基地モード、ヘッドマスターの乗れるスペースがやたら多いのも特徴。
乗せられる仕組みがあるところに全部乗っけるとこんな感じに…合計12体も乗っておりますよw

P1840449.jpg
また、左右にちょこんと伸びている板部分には他の基地モードに慣れるLGヘッドマスター系や、タイタンズリターンのリーダークラス組の基地モードとの連結が可能なジョイントがあります。
一番の相方と言えるスーパージンライの基地モードとはジョイントの向きの関係でいまいち格好良くつながれないのがちょっと残念…といっても問題なのはジンライの方なんですが(;´∀`)<あのタイプはジョイントの向きが変だから…

P1840476.jpg
ビークルモードに再度戻して、トランスフォームその2。
後部のジョイントを押し下げて、翼を広げて後方に回転。
車体上部の青いパーツを後方を軸にちょっと持ち上げ、先端内部からロボ手首を引き出し。
さらに、青いパーツの下部にある一部たためる部分をたたんでしまいます。
この部分がロボ腕になるんですが…手首の取り出しとかはちょっとやりにくいので、いっそこの青いパーツを取り外して(後述の合体用に分離できます)手首を出して、もとに戻したほうが楽かもしれません(;´∀`)

P1840481.jpg
ロボ腕ができたら、根元にある翼ごと外側へ90度回転。
前輪上のガワを開いて後方へ倒し、フロント部分後部にあるヘッドマスター用のジョイントを上に出します。
なおこのジョイントを出すときは、一旦運転席を開けたほうがやりやすい感じ。
その後、フロント部分全体をロボ腕の間に移動。
翼の付け根の赤いパーツを運転席側面にある出っ張りと接続し、固定してやります。

P1840489.jpg
最初に動かした後部のジョイント部分を展開し、ロボ時の足首に。
車体の上下を、前側を軸にガバッと開きます。
車体の下側だった部分が脚、上側が胴体になっていますから、立たせて腕を下、翼を後ろの方へ回転。

P1840493.jpg
あとは首のところにヘッドマスターをヘッドオン。
ゴッドキャノンの後部にくっついているヘルメットを外してかぶせ、ゴッドキャノン自体は左肩にセットしてあげれば変形は完了です。

P1840500.jpgP1840504.jpg
ロボットモード。
旧版は一回バラバラにしての組み直しでしたが、今回はゴッドキャノンとヘッドマスター以外はパーツ分離なし、というあたり時代の流れを感じさせますね( ´∀`)<一部あえて分離してから作業したほうが楽なところはあるけどまあそこはそれ

P1840509.jpgP1840515.jpg
P1840520.jpgP1840524.jpg
ぐるっとひと回り。
前腕部分の空洞が気になる人は気になるかなー、というくらいで、プロポーションはなかなか悪くないんじゃないかと…

P1840529.jpgP1840531.jpg
顔周り。
旧版の雰囲気を残しつつ、なかなかの二枚目顔になっておりますな。
ただし、前述の通りヘルメットをかぶるのが前提のデザインなので脱いでしまうとほぼ顔だけ状態にw

P1840537.jpg
腕部。
後述する合体の関係で、前腕部分は取り外しが可能。
…というか、ちょっと取れやすくて困るくらいですね…(;´∀`)
また、同様の理由で内部は空洞になっています。
そのうえで、指可動と手首回転が仕込まれているあたりは流石ですね。
あともう一つ、どうもこの腕、一箇所組違いと思しき場所があるそうで。
具体的には肩アーマーの中のパーツで、よく見るとパッケージ写真と前後が逆(肉抜き穴がロボット時の正面側に来ている)ようで…一応、上の画像でも肩アーマーの隙間から肉抜き穴が見えていますね。
ただこの部分、結局はどっち向きでも可動等々には何の影響もありません。
おそらくはこのまま、これが仕様ということで通っちゃうんでしょうな(;´∀`)

P1840541.jpg
胴体。
ビークルモードではちょうど車体の中に隠れているところになりますね。
この手のメカだとたいていコクピットは胸に来そうなもんですが、あえて外してあるあたりが面白かったり。

P1840544.jpg
背面。
運転席はこっち側になります。
ヘッドマスターを乗せているとちっこいのを背負っている形に…w
また、後方には大きく翼が突き出ていますが、これが可動面でちょっと厄介だったりして。

P1840553.jpg
脚部。
ビークルモードでは車体の下半分を構成していました。
基地モードの変形でも使いましたが、この脚部は膝のところから分離が可能。
そして、その接続に使われているのがコンバイナーウォーズやユナイトウォリアーズで使われていた合体ジョイントと同じものだったります。

P1840555.jpg
そんなわけで、ゴッドボンバーは脚のみコンバイナーウォーズ&ユナイトウォリアーズの手足担当と合体が可能。
一例として、コンバイナーウォーズのサンストリーカーとアイアンハイドをくっつけています。
足担当二人とそれ以外担当1人、という組合わせ的に、TFビクトリーに出てきたロードシーザーっぽいなーと思いまして。
色だけそれに近いものを持ってきたという…w
なお、このギミックは付属マンガでもバッチリ使われておりまして、そちらではカースアルマダスラスト(グランドガルバトロンから)とトリックダイヤ(メガトロニアから)が両足にくっついておりますよ( ・∀・)<頭にはナイトビートが

P1840557.jpg
付属武器、ゴッドキャノン。肩に担いだ大型砲ですね。
ビークルモードのところでも書きましたが、このゴッドキャノン、基部(根元の赤いパーツ)と銃身との嵌め合いがよくありません。
そのため、買った状態ではまず画像のように斜め上を向いた状態では固定できないのがちょっと困ったところ。
…嵌め合いを修正しても、銃身の下に付いている剣が邪魔なのでほぼ動かせないんですけどね、ホントは(;´∀`)
画像のように持ち上げるには、剣を数センチ引き出してやる必要があったり。

P1840561.jpg
で、上で剣の話をちょっと出しましたが…
このゴッドキャノン、上のような感じでパーツを分解することが可能。
これらを組み立て直すことで、2つの武器にすることができます。

P1840568.jpg
ばらしたパーツを組み直した結果がこんな感じ。
ちょっと簡略化されたゴッドキャノンと、刀になりました。
基本的にこの状態はゴッドボンバー単体のときではなく、スーパージンライと合体させた時に使います。

P1840572.jpg
んが、キャノンは接続部そのままなので当然使えます(むしろじゃまになるものがなくなって取り回しが向上していたりw)し、剣の方も持ち手に凹ジョイントが、ゴッドボンバーの方には凸ジョイントが設けられているためしっかりと握らせることが可能だったり。
剣に至ってはマスターピース系みたいな固定方法を取っていることもあって、ジンライに持たせるよりもよっぽど安定しています(;´∀`)

P1840578.jpg
P1840579.jpg
付属マンガ。
スーパージンライの時同様、今回も6ページと大幅ページ増されていますね。
内容はもちろん、ゴッドボンバーとゴッドジンライの誕生(再生?)編。
秀太たちとより深くコミュニケーションが取れるようにゴッドボンバーをヘッドマスター化した、とか、ゴッドボンバーこそが人と超ロボットをつなぐマスターブレスだった、とか、超神マスターフォースの内容を踏まえるとホロリとさせられる内容に。
そして、夏に発売が決まっているあのデカブツの伏線が…!
あと地味ーに苦労人やってるウルトラマグナス…w

P1840580.jpg
可動に関して。
ゴッドジンライへの合体機構が前提としてある、ということもあってでしょうが、可動面に関してはだいぶ癖がありますね…

P1840581.jpg
まずは腕周り。
肩は前後方向、横方向の二軸式ですね。
横方向に関してはクリック式の関節になっておりますよ。

P1840582.jpg
具体的には、前後方向は特に干渉するものもなく一回転可能。
横方向は20度弱ほどの刻みで、水平より30度位上まで腕を上げることが可能ですね。

P1840583.jpg
…と、可動範囲だけでいえば充分優秀なんですが問題が一つ。
肩の付け根に翼があり、これも変形用に軸回転するんですが…腕の軸より翼の軸のほうが保持力が弱いんですよ。
そのため腕を前後に回すと、こいつも絶対くっついてくるんですよね(;´∀`)
翼の方は一回転できなくても変形等々に支障はないので、どこかで引っかかって止まるような仕組みにしておいてくれたら良かったんだけどなー、という感じですね。

P1840584.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕をひねれるようになっています。
前腕が大きくて体にぶつかるので、ここと肩を使って上手いこと避けてやるといいですね。

P1840585.jpg
肘は90度曲げることが可能。
ここは曲がり幅自体は問題ないですね。
やはり前腕が大きいぶん周りにぶつかりやすいので、そのへんは要注意。

P1840586.jpg
手首は親指がボールジョイント接続でグリグリと動かせます。
残りの指も、付け根だけですが開閉が可能です。
さらに、付け根のところでは回転させることもできますし、変形機構を使えばある程度の曲げ伸ばしも可能。
なにげによく動く手首ですw

P1840587.jpg
続いて下半身。
股関節は前後方向に動くクリック関節と、左右の足それぞれを開閉脚できる軸関節が設けられています。
と書くと扱いやすそうなんですが、ここもちょっと厄介なところが。

P1840588.jpg
まず前後方向に関しては、15度位の刻みで前方はほぼ水平まで、後方は45度位まで脚が上がります。
開脚方向に関しては、30度程度開くのが限界。
無理に開こうとすると腰横のタイヤがぶっ飛びますし、股を大きく開いたポーズというのは取れなくなってしまっていますな。

P1840589.jpg
膝は前述のとおり、コンバイナーウォーズ及びユナイトウォリアーズの合体ジョイント。
さらに、そのジョイントと膝下部分は軸関節でつながっているので二重関節のような状態になっています。
このため立て膝は結構らくらく。
さらに、膝のところはクリック式で横にひねることが可能。
30度刻みですが、ここで脚をひねってやれますね。

P1840590.jpg
足首はつま先・かかとがそれぞれ開閉可能。
さらに、内側に45度位まで折り曲げることが可能です。
これらの可動のため、接地性はなかなかのもの。
…と言っても開脚に制限があるのと太もも部分に回転軸がない関係で「腰を落として踏ん張る」系のポーズがほぼできないため、この接地性をフル活用できる機会はそれほど多くないのがもったいないところです…(´・ω・`)

P1840591.jpg
頭部はヘッドマスター次第。
ですが、首周りが真っ平らかつジョイントがやや深めに設置されているので、縦方向の動きはあまり期待できないですね。
あとは可動とはあまり関係ないですが、ジョイントの噛合があまり強固ではないので若干抜けやすい、かも。

P1840592.jpg
胴体は可動部分なし。
手足の動きでフォローを…と言いたいところですが、脚の付け根部分が(特に開脚方向に)さほど動かないですからねー。
そこのところは、ちょっと難しいかもしれません。

P1840593.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。やはりところどころ気になる部分はありますねー。
動きの面の他にも、前腕のパーツが比較的外れやすい(丸ごと取れるのではなく、接続部が一部外れやすい)ところも。
このへんはちょっとストレスを感じることもあるかもしれません。
接続部分に接着剤等を塗ってキツめに調整してあげれば、問題はだいたい解消するんですが…
その辺の調整作業をするのが前提、というのもなんですしね。

P1840594.jpg
あとは、肩のゴッドキャノンが基部のところで上下動と左右回転ができる、というくらいでしょうか。
とはいっても、上下動の方はこの記事の上の方で書いた調整が必要だったりしますけども(;´∀`)
ここも先程の手の部分同様、もう一息頑張ってほしかったところではありますな。

P1840600.jpgP1840601.jpg
P1840602.jpgP1840603.jpg
ヘッドマスター挿げ替えいろいろ。
上段はレジェンズ版サウンドウェーブとタイタンズリターン版シックスショットのタイタンマスター・リボルバー。
下段はジンライとゴーシューターです。
ヘルメットかぶれる(かぶるのが前提)の人とかぶれない人でやってみましたが…
かぶれるタイプの人は流石に違和感少ないですねw

P1840690.jpg
ゴッドボンバー単体の話がだいたい終わったところで。
前回説明したスーパージンライの再登場です。
クラスで言えばリーダークラス相当の二体なので、並ぶと流石に壮観ですな。

P1840694.jpg
で、この二体が揃ったからにはもちろん超神合体!ということで。
ゴッドジンライへ合体させていきますよ(゚∀゚)

P1840708.jpg
ということで、合体の準備へ。
まずゴッドボンバーのキャノン・脚、頭を取り外し。
武器は上の方で書いたとおり分解して剣とキャノンに再組立します。
脚は脛側を下に寝かせ、ジョイントを上に折り曲げ、足首パーツをひとまとめにしていわゆる下駄パーツのかたちに。

P1840716.jpg
次に前腕部分を展開して取り外し、手首を中へ折りたたんでおきます。
以降の画像ではこの前腕パーツを再度たたんでいますが、実際はジンライへの組み付け時にまた開くのでとりあえずは開きっぱなしでOK。

P1840721.jpg
最後に胴体部分を合体モードに変形。
肩のところのジョイントを外して胴体部を前後に分離、両者をつなぐアームを目いっぱいまで伸ばします。
このとき、腕はクルッと回して上向きにします。

P1840727.jpg
ロボットモードで胴体の前側だったパーツ(腕がくっついてる方)を左右に分割。
へッドマスターを取り付ける部分はビークルモードのときのようにたたんでしまいます。
腕の付け根の赤いパーツを、この胴体パーツに密着するように内側へ90度回転。
さらに、胴体パーツごと外向きに90度回転させます。
次に両腕を上腕のところからひねり、肘部分を曲げて左右の腕を連結。
左右の翼(この時点では運転席側を向いているはず)を外側へ90度折り曲げてやりましょう。

P1840732.jpg
最後に、腕を連結したまま下向きに180度回転。
その後、脚部の残りを上向きに180度回転させます。
とりあえず、これで胴体部分も合体モードに変形。

P1840736.jpg
…ということで、準備完了した状態。
ヘッドマスターに関しては運転席にでも乗せておきましょうw

P1840740.jpg
では、いよいよ合体開始。
スーパージンライのほうは、変形時腕を縮める部分を伸ばし、踵パーツを収納(画像では見えませんけどねw)した状態で始めます。

P1840745.jpg
まずは、下駄パーツを装着。
下駄パーツの赤い部分をジンライの足裏の穴に合わせてはめ込みます。
その際、かかとの上に当たるゴッドボンバーの脚のジョイントはジンライのかかとがあった部分を覆うような形に。

P1840752.jpg
次に腕部。
ジンライの腕の後ろにある板のうち、長い方を一旦開きます。
その状態で、ゴッドボンバーの腕パーツの正面側裏にある5ミリ軸とジンライの前腕正面の穴を接続。
ゴッドボンバーの腕がジンライの腕の伸びた部分を包むように箱状にたたんでいき、肘の後ろのところでジョイントします。
このとき、正面側のヒンジ部分の折り曲げ方がゴッドボンバー時と違うのでちょっとだけ注意。
ゴッドボンバーのパーツを取り付け終わったら、開いていた長い板を再度折り曲げて終了です。

P1840758.jpg
そして胴体部。
翼の根元の赤いパーツと、ジンライの背中パーツ上側にある出っ張り(ビークルモードの時キャブを固定するところ)を接続。
そのままアームをジンライの胴体左右上面にはめ込んでいき、最後に運転席部分を胴体にガチッとハメて固定します。
あとはバンパー部分を下向きに下げ、背中の両腕パーツの下にゴッドボンバーのヘルメットをはめ込み。
翼の間、腕のところに超伝導ライフル(ジンライの長いライフル)、くるぶしのところにパーティカルビームキャノン(ジンライの肩につけてたやつ)、右肩にゴッドキャノンを取り付けてやれば合体は完了ですな。

P1840770.jpgP1840778.jpg
というわけで、合体完了したゴッドジンライです。
リーダークラス相当の二体が合体しただけあって、圧倒的な存在感ですな…!

P1840781.jpgP1840784.jpg
P1840788.jpgP1840793.jpg
ぐるっとひと回り。
元のスーパージンライにパーツを追加した格好なわけですが、それでも良プロポーションを維持…
というか、下手したら余計に体形良くなってないか?ってくらいです。
実に良いですね(゚∀゚)!

P1840798.jpg
顔周り。
といっても、スーパージンライそのまんまなんですけどねw
合体によって胸周りがだいぶ前に突き出たので、下からあおるように見ると顔があまり見えないようになっちゃいましたな。

P1840803.jpg
腕部。
スーパージンライの腕を伸ばして、その上からゴッドボンバーのパーツを被せる…と言うかたちでジンライの手をそのまま利用。
見た目にはほぼベストに近いと言ってもいいくらいですが、合体方式の関係上ゴッドパンチ(ロケットパンチ)出来ないのが…
いやまあ、旧版も出来たわけではない(ゴッドボンバーの腕をまるごとかぶせてるのでそれっぽいことは出来ますが)ですけどさw

P1840807.jpg
胴回り。
前面にゴッドボンバーの運転席部分がドーンとくっついて、ゴツさが大幅アップですね。
運転席部分はほぼビークルモードそのまんまですので、ヘッドマスターたちを乗り込ませることももちろん可能。
ここはやはりヘッドマスターJrたちを…って上でも書きましたが、いまのとこ秀太しかいないんですよなあw

P1840816.jpg
背面。
ゴッドボンバーの手足と翼がこっちに来ていますね。
翼の位置が旧版と比べて高いので、ネット上などではここの変形をオレ変形化して肩の高さくらいまで翼を下げている人ちらほら見ますな。
個人的にはこのスタイルも格好いいじゃない、と思ってますので特にいじる気は無かったり。
あとは、真ん中のゴッドボンバーのヘルメットですが…これがすごく取れやすいんですよねえ(;´∀`)
もういっそ、最初から外してジンライのボディの中にでも片付けておいたほうが良いかも。

P1840826.jpg
脚部。いわゆる下駄を履かせた状態ですな。
独特な形状だったスーパージンライの足首が追加パーツによって一気に正統派デザインに化けるのも面白いところですね。
ただ、やはり合体ロボの定めか足首関節に大きな負荷がかかるので、ジンライの足首のほうは補強をしたほうがより安心かも。
一応、ゴッドボンバーの膝ジョイントのひねれるとこを45度傾けてやるとちょうどジンライの踵に引っかかる形になります
これで、気休め程度ですが支えにはなってくれたりも…w

P1840844.jpg
武器その1、剣。
上の方で書いた、ゴッドキャノンを分解・再組立したものですね。
元ネタ的にはトランスフォーマーVに登場した際に持っていた刀だと思われます。
持ち手がゴッドボンバーに合わせてあるようで、超ユルユルなのが気になりますね…(;´∀`)

P1840848.jpg
武器その2、ゴッドキャノン。
剣とヘルメットを外した状態で装備します。
角度をつけておくことが可能ですが、後ろの翼と干渉することがあるのでちょっと注意。
逆手に取って、翼のモールドに引っ掛けて動かないようにする…なんてことも出来ますけどね。

P1840852.jpg
武器その3、超伝導ライフル。
スーパージンライの手持ち武器だったやつです。
この辺の武器は取り外して手に持たせてやることも出来ますよ。

P1840858.jpg
武器その4、パーチカルビームキャノン。
スーパージンライの肩についていたものですが、ゴッドジンライでは足首に。

P1840871.jpg
ゴッドジンライの可動に関して。
と入っても、基本的にはスーパージンライの関節をそのまま使うので変わりないんですけどね…w

P1840875.jpg
まず腕周り。
肩・上腕・肘・手首とも、使うのはスーパージンライのときと同じところ。
前腕に追加パーツかぶせてるだけですから、当然といえば当然ですがw

P1840879.jpg
ただし、背負物が増えたので周りへの干渉は少し気をつける必要が増えてますね。
また、前腕が伸びた分肘の位置の高さは更に顕著に。
構造上どうしようもないところではありますけども(;´∀`)

P1840884.jpg
また、上の方で触れましたとおり、各種武器はそのまま手に持たせることが可能。
手もスーパージンライの時そのまんまですしね…w
ただし前腕部が太くなっていますから超伝導ライフルはすこし浅く持たせる必要が出てきます。
ゴッドキャノンはそのへんは心配ないですが、持ち手自体が短いので気をつけて持たせないと落っことしてしまいますね。

P1840892.jpg
続いて下半身。
こちらも、股関節・太腿・膝まではスーパージンライそのまんま。
足首はパーツが追加されたことでつま先の上下可動が増えています。
そのかわりにスーパージンライ時のつま先の回転は使えなくなりました。

P1840896.jpg
回転以外は、スーパージンライの足首の可動はほぼそのまま使用可能。横へ曲げたりももちろん出来ます。
ただし、足が伸びたことでスーパージンライ時足首だったところは脛の真ん中らへんになっています。
そのためジンライの足首のところで横に曲げると、骨折したみたいに見える場合も…(;´∀`)
この辺は見栄えを考えながら程々に、ですね。

P1840900.jpg
その他下半身で要注意といえば股関節の前方向への可動。
合体したことで腰の前にパーツが増えたので、脚を上げすぎると干渉する場合があります。
とはいえ、色々パーツが増えて重くなってますからそもそもそんなに脚を上げることも…(;´∀`)

P1840910.jpg
あとはやはり、自重が大幅に増加したことによる関節への負担が気になるところ。
とは言え、腕の方はそんなに重いパーツが増えたわけでもないのでさほど気にしなくても良さそうです。
下半身は、膝と股関節の前後方向の可動に関してはもとからすごくガッチガチの関節なので全く問題ない感じ。
問題になるのは開脚方向と、やはり足首周りですね。

P1840934.jpg
股関節の開脚方向は前後方向に比べると弱め。
そのため合体状態で足を大きく横に広げたまま保持、というのは少々つらいようです。
開脚全開で固定して飾っておく、って状況はほぼないと思うのでそこまで気にしないでも良いような気はしますけどねw

P1840952.jpg
で、一番のネックは(スーパージンライ時の)足首。
特に一番根元の部分ですね。ここに一番負荷がかかる割に、補助になるパーツがほぼありません。
瞬着その他で関節の渋み自体を増やして、ゴッドボンバーのジョイントパーツで抑えて、かつなるべく後方へ重みがかからないようにポーズに気をつけて、いっそ後方からスタンドで支えて…等々、対策はしておいたほうが無難でしょうな。

P1840955.jpg
と、いろいろ心配なところも確かにあるはあるんですが。
そのへんのところを全部ぶっ飛ばすくらいの存在感と格好良さはあると思うのですよこのゴッドジンライ…!
なんだかんだ言いつつ、私としては非常に楽しいやつだと思っていますよ(゚∀゚)

P1840960.jpgP1840961.jpg
以上、トランスフォーマーレジェンズよりゴッドボンバー(と、ゴッドジンライ)でした。
両形態ともちらほら気になる部分はありますが…
それでも、と言えるだけのプレイバリューはあると思います。
特にスーパージンライをお持ちならぜひ!ってなもんですよほんとヽ(゚∀゚)ノ
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーレジェンズ ターゲットマスターホットロディマス
  • トランスフォーマーレジェンズ ターゲットマスターチャー
  • トランスフォーマーレジェンズ スーパージンライ
  • トランスフォーマーレジェンズ ヘッドマスターセット
  • トランスフォーマーレジェンズ コンドル & エイプフェイス
  • トランスフォーマーレジェンズ コンボバット
  • トランスフォーマーレジェンズ クロームドーム
  • トランスフォーマーレジェンズ スカル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーレジェンズ

     タグ: トランスフォーマー  レジェンズ  LG42  サイバトロン  ゴッドボンバー  ゴッドジンライ  超神合体  ヘッドマスター  ゴッドマスター 


    Comments:9 

    はいぜん  

    翼の安全な取り外し方ってありますか?

    いつも拝見させてもらっています。
    僕のゴッドボンバーは皆さんがおっしゃるほどプラプラではなくていいやつ引いたと思いました。ただジンライがいまいちで。。。。ロボットは可動殺してでも立つことを優先させてほしいですね。

    合体させてバックパックを外そうとしたとき肩の接続部にあるツメが折れそうで怖かった・・・
    だれあんなこわい設計したの?!!って思いました。

    あんぜんにはずすにはどうしたらいいかごぞんじですか?

    2017/05/30 (Tue) 13:18 | EDIT |   

    ただのチクタクマン  

    レビュー乙であります・・・
    本当だったら「最強合体みたいでかっこよかった」とか「半年間待ったかいがあった」とかコメントしたかったけどタカトミの商売のしかたに憤りを覚えます・・・
    せめてキャブやミネルバなどを先に売ってからそのような売り方にしていただきたかった・・・僕のように先に買った人のこと愚弄したいのだろうかタカトミは

    すいません管理人さん本当はジンライ、ボンバ-共に一部癖があるもののいいブツだったのに感動が薄れちゃって・・愚痴ばかりになって申し訳ないばかりです

    2017/06/01 (Thu) 14:49 | EDIT |   

    ただのチクタクマン  

    困惑させてまたご迷惑お掛けして重ね重ね誠に申し訳ありません。以後厳重気をつけますのでご容赦ください。
    レジェンズロディマスぽちって頭冷やします・・・。

    2017/06/01 (Thu) 16:22 | EDIT |   

    ぽけ厨  

    高速レビューありがとうございます。

    確かに限定品が出るのは早かったですが、日本限定で大幅リデコと新規製作した以上なんらかの方法で採算とるのはしょうがないところですよねーと。

    プレイバリューも高く、何より合体した時の満足感は素晴らしいので、12月にジンライが買えなかった方も限定品という形で手に取って欲しいものですね。


    2017/06/01 (Thu) 20:11 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    いつも拝見させてもらってます。
    ボンバーのストレス溜まる設計の甘さや仕様はもうちょっとどうにかできなかったのかなと思いました。
    ゴッドジンライにしたときは本当にカッコいいだけにとても勿体ないなぁと・・・。

    セット版の販売決定は流石にタイミングが悪すぎだと思いました。
    これでダメなところを改修されたものが出てくれるなら自分は人柱になった甲斐はあるかな、とは思いますが。

    2017/06/01 (Thu) 20:49 | EDIT |   

    名無しの変態  

    やっとゴッドボンバーきたあああ
    ポロリもあるけど慣れると問題ないし、合体させたらかっこいいって
    数日間喜んでいたら・・直後に
    豪華仕様のモール限定セット販売・・・・・
    ゴッドボンバー販売直後にコレって・・・流石になぁ・・・・悲しい

    2017/06/01 (Thu) 22:29 | EDIT |   

    ただのチクタクマン  

    我人生最大失態、面目無!

    お題の通り申し訳ありませんでした。再三謝罪致します。
    あまり関係ないことばかりコメしてこれ以上お目汚しするのもあれなので、最後にごめんなさい。(今思えば誰かのツイートにあったように甘えがあったのでしょうね)

    うちのゴッドボンバ-は腕がゆるゆるで剣持たせるとだら~んとしてしまうのが唯一の欠点ですね・・・個体差があるのでしょうか?
    ゴッドボンバ-からロボに変形させるのは難しくないですが(某動画でいう変形難易度3くらい)ですがゴッドジンライに合体させるのは説明書の見ずらさもあって難儀しましたね。ここのブログは変形手順が丁寧でこういう時大変助かります!参考させて頂きましたありがとうございます!前記のように合体が解りずらいですが無事合体させた時の満足感ハンパないです。買って良かった!(前のコメで愚痴書いちゃいましたがこの気持ちは本音です!)

    2017/06/11 (Sun) 18:38 | EDIT |   

    pyoro  

     ゴッドジンライの「巨大ロボット」感が凄い。
     単純にサイズが大きいからというのもあるんですが、それに加えて、例えばモールドが細かくて間延びしていないで重量感がある。胸の窓がクリアパーツで、乗っているヘッドマスターを目視できるので、全体の大きさを想像しやすい。無骨なシルエットで頑丈そうな見た目をしている。といった巨大であると感じさせる演出がすごく上手い。なので合体させたときの満足度が特に高かったです。

    あと、5mmジョイントが合体すると大幅に増えるので、全身武器まみれにするのが楽しいですね。

    2017/06/28 (Wed) 19:35 | EDIT |   

    tagoal  

    ゴッドれす

    >はいぜんさん
    合体時の固定は個体差によって結構違いがあるみたいですなー。ある程度工夫で対応できる部分もありますが…
    バックパックの肩のところは、前から後ろに外すような感じでやれば多少はまし、かもしれません(;´∀`)<気休め程度ですが

    >ただのチクタクマンさん
    ここでタカトミの売り方をどうこういっても意味は無いので…ということで。
    関節のゆるさに関してはやはり個体差が結構あるみたいですねー。
    うちのものはその辺はあまり問題のない個体でしたが、プラプラだったという話もチラホラと。
    手順に関しては、参考になっていれば幸いでございます( ´∀`)

    >ぽけ厨さん
    発売時期から言えばそこまで早すぎる発表ということもない、んですがまあ…タイミングまずった感はありますなw
    合体時の存在感と満足感はスゴいですよねー、このおおきさ(゚∀゚)

    >匿名さん
    ちょこちょこと、もうちょっと頑張ってくれれば…なところがあるのは確かに否めないですなー。
    少しいじればだいたい解消しちゃいますしね(;´∀`)
    セット版はこの辺どの位いじってくるか、もちょっと期待かもですね。

    >名無しの変態さん
    ちょっとポロッといきやすいですが、慣れればまあ何とかなる範囲ではありますねw

    >pyoroさん
    でっかいですよねー、実際の大きさとしても見た目から来るインパクト的にもw
    初めて合体させたときにはもうホクホクものでしたよ…!

    2017/07/31 (Mon) 16:48 | EDIT |   

    Leave a comment