またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

27
もう5月も終りが見えてきましたねー。
そして来月早々におもちゃショーが開催ですな。そして限定品販売も例によってあるそうで。
今回はヘッドマスター方式のブラックコンボイ…また壮烈な争奪戦の予感ですね…!
私も時間の都合はつきそうなので、頑張って入手を試みたいと思います( ´∀`)

さて、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーレジェンズより、スーパージンライです。
P1740740.jpg
相方になるアレもすでに手元にありますが、まずこちらから行かないとどうにもならんかなとw

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1830594.jpgP1830597.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーレジェンズよりスーパージンライ。
だいぶ前に出たものですが、今月合体相手のゴッドボンバーが出る!ということでまずはこの人から、ということですw
まずは先に、ヘッドマスターのジンライから。

P1830601.jpgP1830604.jpg
P1830607.jpgP1830612.jpg
ぐるっとひと回り。
ゴッドマスターのときのジンライの色をかなりしっかり再現できてますね。
それにしても、顔周りの塗り分けとかほんとすごいですよなあ…!

P1830616.jpg
ジンライの可動はほかのレジェンズ系ヘッドマスターやタイタンズリターンのタイタンマスターといっしょ。
上半身は首と肩がボールジョイント接続、下半身は股関節が前、膝が前後に90度曲げられる構造ですな。

P1830624.jpg
海外版…というかもう「元になった」と表現したほうが良さそうなタイタンズリターン版パワーマスターオプティマスのタイタンマスター、エイペックスと。
同じデザインなのはわかりますが、色で思いっきり化けてますなー…w

P1830628.jpg
背面側。
顔が違うので、こっちから見るとリデコもの感はほぼないですな。

P1830632.jpg
頭部モードへ。
腕をどうに添わせて固定、脚を体の前へコの字になるように曲げればOKですな。

P1830633.jpgP1830639.jpg
頭部モード。
コンボイ顔…この場合はジンライ顔ですなw

P1830644.jpgP1830647.jpg
P1830652.jpgP1830654.jpg
ぐるっとひと回り。
ジンライ自身の色の関係で、なんか顔面の後ろに人がいる感がかなり強めですが…まあそこは気にしない方向で(;´∀`)<どうせヘルメット被っちゃいますしー

P1830659.jpg
エイペックスと頭部モードで。
顔のデザインが全然違いますからあまり比べても…なんですがw
エイペックスの顔のほうがやや面長、と言うかジンライがやや丸顔ですな。

P1830680.jpgP1830685.jpg
頭の人をざっと見たところで、本体…トランステクターの方へ。荷台付きの武装トラックですな。
モノとしてはもとを辿ればウルトラマグナスで、リデコでパワーマスターオプティマス→ジンライと巡り巡ってこの形に。

P1830688.jpgP1830692.jpg
P1830700.jpgP1830705.jpg
ぐるっとひと回り。
前述の通りウルトラマグナスのリデコ(したやつをさらにリデコ)ではあるんですが、キャブも荷台も形状が変わっているので
もうほぼ別物状態。
とはいえウルトラマグナスだったときの影響はないわけでもなく、荷台のコンテナ前側に大きく穴が開いているのがちょっと気になると言えば気になるかも。
とはいえ、大体の場合キャブ部分で穴のあいてるところは隠れてあまり良く見えない、んではあるんですけどねw

P1830710.jpg
キャブ部分は画像のように前側が観音開きになり、中にヘッドマスターを座らせることが可能。
ロボットモードのヘルメット部分が椅子として使われています( ´∀`)

P1830711.jpg
キャブ内の椅子だけでなく、天井部分にはヘッドマスターを立たせるためのピンが出ています。
これを使えば天井に立たせてやれますね。
ちなみにこのピンはロボットモードでは顔のすぐ横になるので、大型ロボの肩に立つ人、という絵面をやるのにも使えます。

P1830712.jpg
さらに、荷台の前側や後部タイヤの上のところなどにもヘッドマスター用のピンが。
全部使うと結構な人数を立たせることが可能ですよ。

P1830713.jpgP1830714.jpg
荷台後部は手動で開閉が可能。内部には別のTFを乗せることも可能です。
ただ、それほど中は広くないのでデラックスクラスのカーロボがぎりぎり入るかな?というところ。
大きさの比率的には今のレジェンドクラスくらいのやつがちょうどいいでしょうね。
レジェンズのもので言えばウィーリーくらい。

P1830721.jpgP1830722.jpg
武器はもちろん取り外せるので、こんな感じの普通の?トレーラーにも出来ますね。
武器なしでもちょっといかつい感じではありますけどもw

P1830725.jpg
キャブと荷台の連結部分は左右に曲げられるようになっています。
走らせやすさにだいぶちがいがでますからねー、このサイズだと…
そして変形時にはがっちり固定できるようになっているのもまた芸コマ。

P1830734.jpg
さて、それではトランスフォームその1。
武器を取り払って、キャブをコンテナ側へ押し込んで固定。
前輪下から支柱を出してやりつつ、コンテナ側面の外装を後方へがばっと開きます。

P1830738.jpg
更に荷台後部を左右に分割、後部から側面のガワパーツを後輪の後ろあたりを軸に倒します。
さらに左右に広げて、タイヤが上を向くようにパーツを横倒し。
関節(ロボットモードの膝になるところ)を軽く曲げ、側面の外装はスロープ状になるように折り曲げて地面に接地させます。

P1830742.jpg
荷台後輪の裏側にあるロボ足首パーツを、かかとの赤いパーツが正面に見えるくらいまで引き出し。
荷台上面の根本、コンテナの最前面に当たるところを横に180度回転、その上で荷台の上面を柱のように上向きに立てます。
立てた荷台上面の裏にあるロボの手と、荷台後輪のとこをにある5ミリ穴に武器をそれぞれセットし、各部の位置を微調整すれば基地モードの完成ですね。

P1830746.jpgP1830753.jpg
基地モード。
荷台を基地として展開し、キャブ部分は固定…という格好ですね。
旧スーパージンライの荷台が変形する基地に似てる…ようなそうでもないような。

P1830757.jpgP1830761.jpg
P1830764.jpgP1830767.jpg
基地モードでぐるっと。
後ろから見ると手で銃持ってるのがちょっと哀愁を誘いますな…w
ここが隠れれば建物っぽさは増しそうではあります。

P1830771.jpg
基地の前方、中央部分にはこんな感じでヘッドマスターを座らせることが可能。
かっちり固定されるわけではないですけどね。
イメージとしてはここが司令部的なところ、でしょうか。

P1830775.jpg
中央の他にも、ヘッドマスターを立たせたり座らせたり出来る場所は多数存在。
ビークルモードのときよりもちょっと増えますね。
たくさんヘッドマスターを持ってきてセットしてやると、より基地遊びを楽しむことができますな( ´∀`)

P1830800.jpg
一旦ビークルモードに戻して、トランスフォームその2。
荷台側面のガワを後方へ開き、天井部分を左右に分割して横へ180度回転。
天井部分前側のガワを後方へたたみ、ついで後方のガワを前方へ畳みつつ、天井パーツの後方を前側へ押し縮めます。
これでロボ腕部が変形終了。

P1830801.jpg
残った荷台の後部を左右に分割。
後輪の内側から、ロボ足首パーツを一度思いっきり引き出します。
かかとパーツを出し、つま先パーツを根元から半回転したところで、荷台の後部外装の固定を外して前側へぱたっと倒します。

P1830802.jpg
後部パーツを倒したら、荷台の底面パーツを軸にして側面パーツ折りたたみ。
コの字を描くように、箱型に折り曲げて固定します。
その後、つま先パーツを折り曲げてコンテナのハッチ=ロボットのスネ部分に合わせます。
これで脚が完成するので、股関節部分から回転させて足を下に向け、立たせます。

P1830803.jpg
キャブ部分を荷台側へ押し込んで固定、その上でキャブの前側を天井らへんを軸に回転。
上下がひっくり返ったところで、キャブを両腕の間に収まるように持ってきます。
このとき、一回前面を開いて首の基部とヘルメットパーツを外へ出し、前面は閉じ直し。
キャブを胴体部分にはめ込んだら、前に出ている胸部パーツの左右を前に倒します。
その上で、胸部パーツ全体をキャブの前を押さえるように閉じて固定すれば胴体部分の変形は終わり。

P1830804.jpg
ボディの変形が終わったところで、頭部モードに変形したジンライをヘッドオン。
ヘルメットを被せて、肩に武器を付けてあげれば変形は完了ですね。

P1830810.jpgP1830811.jpg
ロボットモード。
旧スーパージンライと違ってキャブ部分のロボットへの変形はないものの、実にいい感じの今風アレンジとなっておりますよ…!

P1830812.jpgP1830813.jpg
P1830814.jpgP1830815.jpg
ぐるっとひと回り。
足回りのデザインがなかなかに独特です…ちょっと好き嫌い別れるかもですが、個人的には当時の足首のないデザインをこう解釈してきたか!と感心していたり。

P1830820.jpgP1830821.jpg
顔周り。
ヘッドマスターではあるものの、顔全体をマスクで覆ってしまうので誰を頭にしてもそこまで大きくは変わらないという(;´∀`)
構造上目がどうしても奥まってしまうので、目の大きい人を中に入れると比較的中の人の存在感がよく出ますね。
もしくはもういっそ目のところにプラ板でも…w

P1830822.jpg
腕部。
スーパージンライにリデコされるにあたって、大部分が作り直されたところですな。
前腕部分に5ミリ穴がありますが、ここはゴッドでボンバーなあの人とのアレ用。
また、前腕の後ろ側にはビークル時の荷台の天井パーツがたたまれていますが、これは完全に腕には密着しないでちょっと斜めの状態で固定されるようになっています。無理やり押し込んで壊さないようにしましょうw

P1830823.jpg
胴体。
胸部には「アイアコーンエンジン」として旧スーパージンライのアイアコーンによく似たディテールが。
付属マンガでの表現的に、ゴッドマスターが変身したものではないにせよアイアコーンと同等のもの、と思って良いようですね。

P1830824.jpg
背面。
キャブと荷台の接続部分、ということで、リデコ元に当たるパワーマスターオプティマスおよびウルトラマグナスとの繋がりが一番良くわかる部位ですな。

P1830825.jpg
脚部。やはりこの独特なデザインが一番目を引きますね。
もともとのスーパージンライは足首もつま先もほぼ無いようなデザインですが、それをこういう解釈にしたのは個人的にはうまくやったもんだなーと。
ただ、複雑になりすぎたのか踵とか変形時曲げ伸ばしたりする部分の保持力に若干不安がありますね。
とりあえず踵はネジ止めなので、そこを増し締めしてやるだけでもだいぶ安定感に違いが出てきますよ。

P1830830.jpg
付属武器その1と2。左右の肩につくキャノンです。
元ネタに合わせるなら、パーチカル・ビームキャノンということになりますね。
基本は真上向きにつけますが、その時々で銃口を任意の方向に向けるのもあり。

P1830831.jpgP1830832.jpg
付属武器その3と4。手持ちのライフルですね。
元ネタ的には超伝導ライフル、ということに。

P1830833.jpg
各付属武器にはヘッドマスターを搭乗させることが可能。
パーチカルビームキャノンに関しては、こんな感じで直接乗ることが可能です。
たしかG1版でも同じことができたはず。

P1830834.jpg
超伝導ライフルに関しては、二丁を上部のジョイントで連結するとヘッドマスター用の搭乗スペースが。
画像のような感じで載せられるようになっていますよ。

P1840149.jpg
P1840151.jpg
付属マンガ。今回は大物だからか、普段2ページのところ6ページもありますなw
内容はジンライ登場編。超神マスターフォースのアニメのOPのサビにて
「ゲットオン ゴッドオン ヘッドオン 超神マスターフォース」
…と歌われているんですが、この歌詞で唯一本編に出てこなかった「ゲットオン」を新たな3つ目のマスター能力として持ってきて、さらに4つ目の超魂パワーまで誕生するという荒業を…よく思いついたなそんなもん、と最初に読んだときには吹きましたw

P1830850.jpg
可動に関して。
独特な形状から来る癖も多少ありますが、可動範囲その物はなかなか…!

P1830851.jpg
まずは腕周り。肩はクリック式の前後回転と、横方向の軸回転の二軸式ですね。
肩の側面の板が開くようになっているので、肩アーマーの位置は変わらず腕を横に開く、ということが可能になっています。

P1830852.jpg
具体的には、前後方向は20度弱くらいの刻みで一回転が可能。
横方向はほぼ水平まで腕を上げられますね。
パーチカルビームキャノンがついていると肩横の板の開閉出来る範囲が狭まってしまいますが、その状態でも横方向への腕の可動にほぼ影響がないあたりは流石です。

P1830853.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕をひねれるようになっています。
前腕から肩の後ろまでビークル時のガワが伸びていますが、前述した通り斜めになって固定されてるため腕をひねっても肩にパーツがあまり干渉しません。ここも上手いこと考えてるなあ、という感じ。

P1830854.jpg
肘は90度曲がります。
若干ですがクリック感がありますね。刻みは20度弱くらい。
保持力もしっかりしていて良いんですが、若干前腕が長いので肘を曲げた時に効果が出にくい場合もありますな。
前腕が長いのは変形機構的に考えてもある程度はしょうがないところではありますが…

P1830855.jpg
手首は横にひねることが可能。
リデコ元のパワーマスターオプティマス及びウルトラマグナスは指を開閉できるタイプでしたが、ジンライは握りこぶしに穴が開いているタイプに変更。
指可動による表情付けはできなくなったものの、武器を持ったときの安定感と手首のコンパクト感はこちらのほうが上ですね。

P1830856.jpg
続いて下半身。
股関節は前後方向・開脚方向の二軸式です。
どちらの方向も、クリック式になっていますね。

P1830857.jpg
具体的には、前後方向が20度弱ほどの刻みで前はほぼ水平まで、後方は45度くらいまで脚を上げることが可能。
開脚方向も20度弱くらいの刻みで、水平より少し上まで脚を上げられます。
前後方向に関してはちょっと硬すぎるくらいで保持力は十二分なんですが、開脚方向のクリックはあまり硬くないですね。
スーパージンライの時は特に問題ないですが、ゴッド…なアレにするとポーズによっては自重に負けてしまうことも。

P1830858.jpg
太腿にはロール軸があり、脚をひねれるようになっています。
ポージングの際には非常に重要な部分…ですが、スーパージンライは脹脛部分が大きく後方に突き出ています。
このため、結構大きく股を開いていないと左右の足が干渉してうまくひねれない、ということも時々。

P1830859.jpg
膝もクリック式。
ここもまた20度にちょっと足りないくらいの刻みで、90度よりやや足りないくらいまで曲げることが可能です。
ここを曲げる際、膝下部分を構成している外装と芯になっている部分との接続がやや外れやすいので要注意。
外装と芯になっている部分は三箇所のジョイントで接続されているので、その受け部分(外装側)にうすーく瞬間接着剤を塗り、完全に乾くのを待って接続する、というのを一回やっておくと接続部の渋みが増して少し扱いやすくなりますよ。

P1830860.jpg
足首は変形の関係もあり、脚との接続部で前後に曲げ伸ばし、踵も別途曲げ伸ばしが可能。
爪先部分も、左右に捻ってやることが出来ます。さらに、足首全体も内側にある程度倒すことが出来ます。
このため、見た目の割にかなり接地性は良好ですね。ただし各関節の補強はしておかないと重さに負けることも…
特に踵部分はネジを増し締めして保持力をあげるとそうでないとでは立たせる時にストレス度合いが格段に変わってきますよ。

P1830861.jpg
頭部は横回転のみ。
ヘッドマスターは完全に内部に収まるので、接続部のボールジョイントは使用できません。
ヘルメットの向きを微妙に変えることで上を向いている風にもできなくはないですが、中の人の目が隠れてしまうのでやり過ぎには注意。

P1830862.jpg
胴体は可動部分なし。
ちょうど動きそうな部分から変形しますしね、しょうがないと言えばしょうがないという…(;´∀`)

P1830863.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
可動範囲自体は悪くないですが、やはり足首が自重を支えられるか、というところに色々かかってきますね(;´∀`)
上でも数回触れましたが、とりあえず踵パーツの根元のネジを少し増し締めしておくだけでもだいぶ変わります。
ただし、締めすぎるとパーツ割れちゃいますからそのへんの加減は程々に…w

P1830880.jpgP1830881.jpg
P1830882.jpgP1830883.jpg
ヘッドマスター挿げ替え例。
上段左からエイペックス、レジェンズのゴーシューター。
下段はヘッドマスターセットのハードヘッドとブレインストームなんですが…
メットオン状態だと見えているのは目だけなので、ほとんどわかんないですなw

P1830884.jpgP1830885.jpg
P1830886.jpgP1830887.jpg
メットオフするとこんな感じ。
こうするとそれぞれどれがどれだかわかりますが、さすがにボディがでかいのでなんだか頭身がおかしいことに(;´∀`)

P1830900.jpg
リデコ元のパワーマスターオプティマスと、ビークルモードで。
色も違いますが、なによりキャブの形状がガラッと変わっていますからねえ。
ほとんど別物のように見えます( ´∀`)

P1830901.jpg
基地モードでパワーマスターオプティマスと。
こちらも結構違っているのがわかりますね。
中央部分のパーツの形状がぜんぜん違うのが特に大きいですな。

P1830902.jpg
両者とも基地モードでの連結機能は健在ですから、同型同士での連結ももちろんOK。
なんとなく、量産型感が…w

P1830903.jpg
パワーマスターオプティマスと、ロボットモードで。
これまたかなり別物感が!
実際、形状が変わっていない部分のほうが少ないくらいですからねー。

P1830904.jpg
手足の形状が変わったことで、身長まで変わっていますし…
ここまでガッツリ変わると、見比べ甲斐もあるというものですなw

P1840014.jpg
以上、トランスフォーマーレジェンズよりスーパージンライでした。
こいつ単体でもなかなかなものですが、今月出たアイツと組み合わせれば更にどん!と(゚∀゚)
ひと粒で二度三度と美味しいやつですなw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーレジェンズ ターゲットマスターホットロディマス
  • トランスフォーマーレジェンズ ターゲットマスターチャー
  • トランスフォーマーレジェンズ ゴッドボンバー
  • トランスフォーマーレジェンズ ヘッドマスターセット
  • トランスフォーマーレジェンズ コンドル & エイプフェイス
  • トランスフォーマーレジェンズ コンボバット
  • トランスフォーマーレジェンズ クロームドーム
  • トランスフォーマーレジェンズ スカル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーレジェンズ

     タグ: トランスフォーマー  レジェンズ  LG35  サイバトロン  スーパージンライ  ヘッドマスター  ゴッドマスター 


    Comments:3 

    ぽけ厨  

    思えば去年のおもちゃショーのトークステージで「ジンライにジョイントっぽいのあるけどゴッドボンバー出るのかな?」的な発言がありましたが、1年足らずで見事に伏線を回収したわけで。

    コンバイナーウォーズでスクランブル合体は記憶に新しいですが、やはりデカイロボット×ロボットのパワーアップ合体はそうしょっちゅう出るものではないので、色々遊び倒したいですね。

    2017/05/27 (Sat) 22:08 | EDIT |   

    Fネガ  

    去年の年末に発売されたLGスーパージンライから5か月・・・
    ようやく今月LGゴッドボンバーが発売されたことで再びこのスーパージンライが注目を集めてますな
    TR版のパワーマスター・オプティマスから国内版のジンライではここまでの大胆な改修がなされていてシルエットもより当時のスーパージンライに近づいてすごくカッコ良いアイテムに仕上がっていると思います!

    2017/05/28 (Sun) 23:35 | EDIT |   

    tagoal  

    ジンライれす

    >ぽけ厨さん
    やってくれましたよねー伏線回収…!
    いわゆるグレート合体のご先祖的な大型合体、今になって堪能できるのは嬉しいことですな(゚∀゚)

    >Fネガさん
    てっきりゴッドボンバーと一緒に再販するかと思ったらしませんでしたからなー…
    その代わり?セット版が出ますがw
    つま先形状をわざわざ特殊な形にしたり、ほんとこだわってきてますよなあ( ´∀`)

    2017/07/31 (Mon) 16:19 | EDIT |   

    Leave a comment