またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

20
気がつけば3月も終盤戦に…!
以前心配していた年度末の駆け込みのお仕事も(たぶん)なさそうですし、今年は比較的心穏やかな年度末を過ごせそうな予感です。
まだ10日くらいあるので、油断はできませんけどね…(;´∀`)

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマー ムービー ザ ベストより、アイアンハイドです。
P1790310.jpg
できれば今月分のMBが出ちゃう前に先月末ぶん紹介したいところですが…
たぶん(ヾノ・∀・`)ムリ


※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1800798.jpgP1800811.jpg
ということで、今回はトランスフォーマー ムービー・ザ・ベストよりアイアンハイド。
2月末に出た第二弾のうちの一つですな。

P1800817.jpgP1800821.jpg
P1800825.jpgP1800827.jpg
ビークルモードでぐるっと。
実写版アイアンハイドということで、ビークルモードはGMCトップキックがモデルになっていますな。
底面からは微妙にパーツが飛び出しているものの、車体その物の再現度はなかなかのものですね( ´∀`)

P1800835.jpg
ところで今回のアイアンハイドですが、ベースになっているのはオートボットアライアンス版。
海外版で言えばHUNT FOR THE DECEPTICONS版、ダークサイド・ムーンのときは半透明なスキャンシリーズ版なんてのもありましたな。
よって大きさはデラックスクラス相当、とちょっと小さめ。

P1800876.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
後輪と前輪の上辺りにあるジョイントを外し、前輪内側にある関節部分を軸にボディ上半分をガバッと前方へ90度折り曲げ。
車体後部を左右に分割し、側面パーツのうち真ん中あたりのものを前側が下を向くようにに、後部よりのものを後が下を向くようにそれぞれ回転。さらに最後尾部分を上に跳ね上げ、後輪周りを足首として引き出し、後輪自体は足首の裏側へ畳み込みます。
これで脚部ができるので、立たせてやります。


P1800887.jpg
立たせてやったら、両側面に残っているドア部分を車体上部=ロボ背面側へ回転、左右をジョイント。
車体上部パーツのうち運転席から後ろを左右に分割、サイドミラーのあたりから横に広げ、根元をぐっと前の方へ倒します。
横に広げたパーツの荷台部分を畳み、180度横回転させて前後をひっくり返し、右側内部のパーツを畳んでガトリングにしたら、肘から先の向きを整えてロボの両腕に。


P1800893.jpg
腕の変形ができたら、その付け根を持ってフロントからボンネット部分をぐいっと左右に分割。
ここの開き具合が半端だと綺麗に変形できないので要注意ですね。
開いたボンネットの中から、腹パーツを手前側に。ついで頭パーツを、フロントガラスを後方に倒しながら引き出します。
頭を出し切ったら、前輪をボンネットの中に畳みます。
腹パーツをボディ正面やや下に持っていって胸部に密着させたら、左右のボンネットをV字状にして固定。
前輪からジョイントが飛び出しているのでそれを腹パーツの奥、グレーの土台部分にある凹みにはめ込み、同時にフロントバンパーを腹パーツから出ている凸ジョイントにはめ込むことでカチッと固定されるようになっています。
あとは各部の位置を整えてあげれば完成ですね。

P1800916.jpgP1800917.jpg
ロボットモード。結構変形がややこしいですよねーこの人…(;´∀`)
大きさは控えめながらも、アイアンハイドとしてはあとの方に出たアイテムということもあって形状的な意味での再現度もなかなかなもんですな( ´∀`)

P1800920.jpgP1800923.jpg
P1800932.jpgP1800934.jpg
ぐるっとひと回り。
体形の再現度は前述のとおり、なかなかのもの。
ただ左腕にくっついている武器が映画劇中とは異なる(後述)ので、そこは気になる人もいるかもですね。

P1800937.jpgP1800938.jpg
顔周り。
形状的にはマスク装着状態の顔ですね。
ですが、擬似的にマスクオフ状態を再現したかったのかマスク周りがガッツリ銀色で塗装されています。

P1800940.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミックも生きています。
ですが、パーツの色がかなり濃いのと集光窓がかなり狭いこと、頭の後ろに板があること…
などが影響して、あまり機能はしていないですな(;´∀`)

P1800951.jpg
左腕。
劇中とは違う板状の武器が装備されていますが、これはゲーム版の武器ですね。

P1800957.jpg
右腕。
こちらはしっかり劇中武器装備。ちょっと小さめですが。
まあ、武器というよりも腕自体がすこし体に対して小さめ、ではあるんですけどね。

P1800965.jpg
胴体。
V字に割れたビークル前部の配置がお見事ですね。
ただ、このせいで胴体周りの変形がちょっと難しくなっているわけですが(;´∀`)

P1800985.jpg
背面。
ドア部分で隙間やら何やらをうまいこと隠してますね。
なおこの背中のドア、胴体との接続パーツが組み間違っていてうまく変形できない個体があったようで。
確認してみたところ、うちのものはそうではなかったので良かったような、話のタネ的にはもったいなかったような…w

P1800989.jpg
脚部。
ビークルの後部からの変形ですが、ここもビークル時の外装の配置が地味にややこしかったりもします。
造形自体は見ての通り、いい感じですけどね。

P1810006.jpg
武器その1、右腕のガトリング。
特にギミック等はありません。

P1810011.jpg
武器その2、左腕の武器。説明書では「スコープ」となっていますね。
前述のとおり、こちらは映画劇中ではなくゲームの方で使った武器になります。
で、これ何よ?という話になるわけですが…

P1810016.jpgP1810023.jpg
こんなふうに分離・変形して独立したドローンになります。
昔のバージョンではキャノンドローン、との記載もあったので、砲撃支援用…ということでいいんでしょうなw

P1810028.jpg
分離したスコープとアイアンハイドの比率はこんな感じ。
結構大きめのメカになりますね。

P1810030.jpg
また、スコープはビークルモードの荷台に立たせることも可能。
前脚部分を荷台の穴に引っ掛けて、微妙に固定する感じです。

P1810110.jpg
可動に関して。
ちょっと構造が独特、ということもあって、ちょっと可動には癖がある感じですね。

P1810111.jpg
まずは腕周り。
肩はボールジョイント接続ですね。
ただし、肩の軸自体が大きく斜め前に傾いているので動く方向にある程度制限が。
変形機構を使って軸の根元の角度自体を変えられるので、適宜動かしてやればいいだけではあるんですが…w

P1810112.jpg
具体的には、前後方向は一回転可能なものの軸の傾きの関係で手前側に45度ほど傾いた回転に。
横方向も水平まで腕は上がるものの、そのままでは腕は横ではなく斜め前に上がる格好になります。

P1810113.jpg
ですが、前述したとおり変形機構を利用することで腕が生えている軸自体を後方に傾けられます。
これを使えば肩の回転軸を体に対して垂直にすることも可能ですよ。
ちょっと腕の位置が後ろに下がっちゃいますけどね。

P1810114.jpg
上腕部にはロール軸があり、腕をひねれるようになっています。
変形のときにも使う部分ですね。
腕には大きな得物がついていますから、じゃまにならないよう避けるという意味でも大事な可動ですな。

P1810115.jpg
肘は90度曲げることが可能。
曲がり幅的には十分な感じですが、肘の位置がえらく肩よりなんですよねこいつ…
そのため、角度によっては曲げているのに曲げた感じがあまりしない、なんてこともw

P1810116.jpg
手首は横にひねることが可能。
手には5ミリの穴が開いているので、武器をもたせることも可能…手持ち武器今回付属してませんけどね(;´∀`)
また、武器のガワから突き出ているビークル時の煙突は3ミリ径なので、Cジョイントの武器を取り付けることもできます。
Cジョイント武器もここ数年出てませんけどもw

P1810117.jpg
続いて下半身。
股関節は前後方向・開脚方向の二軸式ですね。
前方はともかくとして、後方は背中のパーツがあるのでそれほど動かせないようになっていたり。

P1810118.jpg
具体的には、前方がほぼ水平まで、後方は気持ち程度。
開脚方向は水平よりやや下くらいまで脚が上げられます。
後方に脚が振り上げられないのはすこし気になる時もありますが、そこまで極端に致命的ということはないですかねー。

P1810119.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚をひねれるようになっています。
太もも部分のガワがあるので一回転は無理ですが、ポージングに必要な程度のひねりは十分確保できていますよ。

P1810120.jpg
膝は90度位まで曲げることが可能。
ただし、太ももやスネ横のガワがお互い干渉しまくるのでそれぞれうまいこと避けてやる必要がありますね。
さらに、膝の位置がやたらと高いので膝立ちなどはもう完全に無理です。

P1810121.jpg
足首は前後方向に大きく、横方向には気持ち程度ですが曲げ伸ばしが可能。
この可動のおかげで接地性はなかなかに優秀です。
足首自体大きいので、片足立ちも比較的やりやすいですしね。

P1810122.jpg
頭部はボールジョイント接続。
ですが見ての通り頭のすぐ横に胸部パーツがせり上がってきているので、あまり横は向けません。
そのかわり、上方向への可動が優秀で、ほぼ真上まで向けたりしますが…w
そして胴体は可動なし。変形機構を使えば上体そらし的な動きもできなくはないですが…お腹に大穴あきますからねw

P1810123.jpg
可動としては以上のような感じ。
各部分とも動く範囲は充分なんですが、位置が独特だったり傾いていたり…と、そのへんで癖を感じますね。
パーツポロリなどはしないので、癖さえつかめば十分遊べるやつではありますがw

P1810130.jpg
オートボットアライアンス版と、ビークルモードで。
向かって左が今回のもの、右がオートボットアライアンス版です。
成型色が若干変わっている他、ホイールとかウインカーとか塗装も細々と増えているのがわかりますな。

P1810131.jpg
ロボットモードでオートボットアライアンス版と。
こうやって見ると、特に手足の色がガラッと変わってますね。
だいぶイメージ変わって見えますなー…w

P1810132.jpg
塗装がだいぶ増えましたし、もともと形状的にはいい出来なので更にいい感じの仕上がりになってますね。
デラックスクラスなので大きさ的には小さめなんですが、それっぽさでいえば実写系アイアンハイドの玩具では屈指の出来ではないかと思いますよ。

P1810190.jpg
以上、トランスフォーマー ムービー・ザ・ベストよりアイアンハイドでした。
出来自体は実にグッドなブツですな(゚∀゚)
ただ、記事中でちょっと触れました背中パーツの組間違いがそこそこあるようなので、それを引いちゃうと悲しいことに(ドライバーとニッパーで割と楽に修正はできるようですが)…
それがなければ、個人的おすすめ度はかなり高いんですけどねー。
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト オプティマスプライム
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト バンブルビー
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト メガトロン
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト ショックウェーブ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーMOVIE THE BEST

     タグ: トランスフォーマー  実写版  MOVIE_THE_BEST  ムービー  ベスト  MB-04  オードボット  アイアンハイド  リカラー 


    Comments:5 

    ぽけ厨  

    ありゃ、別に背中のパネルは全個体おかしい訳ではないんですねー…
    数日前に申し出たら交換の文字は一言もなく「じゃあ返金しますわ」とのことだったので…orz

    不具合こそありましたが、前作のムービーアドバンスト時にでたオプ、ビーに続き、HFTDシリーズの傑作が復刻となったのは非常に喜ばしいですね〜
    個人的には頭と武器(と背中のパネル)をHFTD版から移植してやると1番重厚感ある色合い(と扱いやすさ)になって楽しめるかなーと。

    2017/03/20 (Mon) 22:05 | EDIT |   

    Riku  

    No Title

    レビューお疲れ様です。
    個人的にはDOTM期に出たメックテック版、アレの二重関節の膝を段々に曲げて少し身長を縮めた方が劇中に近いような気がしてます。いくらHFTD期のものとはいえ、扱いにくいのではオモチャ好きとしては腑に落ちない気持ちです…。

    2017/03/20 (Mon) 23:15 | EDIT |   

    ボルケニオン愛してる  

    個人的には再現度よりも楽しいおもちゃかどうか、って基準なのもあるけど今期買ったものの中ではワースト枠かな…
    肩とか腕とか扱いにくいし…

    2017/03/22 (Wed) 01:07 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    実写1作目から3作目で死ぬまでのそこそこ長い期間活躍したオートボットだったので
    前作の日本オリジナル過去製品再販企画の時からアイアンハイドというキャラのラインナップ自体は望まれてたと思うのですが
    この型を採用した事に関しては評価が分かれてしまいましたね
    かく言う自分もAA版は当時購入したのですがあんま遊んでないし…

    過去のアイアンハイドを再販するなら3作目の型がよかったという声も多いですが
    個人的には2作目の頃流行った1作目のボディに2作目で新造された頭部と武器を移植した奴を公式で出したらどうなるだろうとも思いますね
    古い新しい似てる似てないを抜きに自分が歴代実写アイアンハイド玩具で一番好きだったのはリーコンアイアンハイドなのですが

    2017/03/22 (Wed) 22:53 | EDIT |   

    Fネガ  

    MBアイアンハイドのレビューお疲れ様ですー
    オートボットアライアンス時に発売されたアイアンハイドより今回のアイアンハイドはより塗装が増えていて良いですな
    ビークル形態時でもタイヤのホイールに銀塗装が加わっててより実車の迫力がいい感じで増してます!

    2017/03/25 (Sat) 22:29 | EDIT |   

    Leave a comment