またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

05
3月になりましたなー…前回の記事でも書きましたがもう年度末ですよ(;´∀`)
たいていこの時期は駆け込みの仕事とかがあって死ぬ目に合うことが多いんですが…
今年は「今のところ」「まだ」そういう流れにはなっていないので、このまま穏やかに過ごせると嬉しいな、と。

そんな感じでフラグを立てつつw、今回のネタへ。
トランスフォーマー マスターピースより、チータスです。
P1790466.jpg
うちでマスターピースやるのはちょっと久々になりますな( ´∀`)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1790494.jpgP1790499.jpg
ということで、今回はトランスフォーマー・マスターピースよりチータス。
ビーストウォーズ系マスターピースの第二弾目、最新作になりますな。

P1790503.jpgP1790508.jpg
P1790512.jpgP1790516.jpg
ビーストモードでぐるっと。チーターですね。
全身の模様は塗装で再現。コンボイ(ゴリラ)と同じく水転写ですかね。
後ろ脚あたりにはある程度ロボットのパーツが見えちゃってますが、まあさすがに100%完全に隠すのは無理ですしねw
(;´∀`)<劇中でもパーツが膨らんだり縮んだり消えたり出てきたりしてますし…

P1790519.jpgP1790520.jpg
ビーストモードを上下から。普段はあえて割愛してるところですが…
お腹のところと尻尾から腰にかけての部分は、ロボットモードでは武器に。
後ろ脚のスネ部分や胸のところには穴があいちゃってますが、この辺もまあさすがに変形玩具としての限界でしょうね(;´∀`)

P1790525.jpgP1790526.jpg
チーター顔。
リアルな顔ではなく、劇中に似せたマンガチックな顔です。
口は手動で開閉可能。ヒゲはテグスで再現…はいいんですが、どうしてもちょっと縒れちゃいますね。

P1790532.jpgP1790536.jpg
そしてこの頭部。
引っ張ることで、←の状態から→の状態へ引き伸ばすことが可能です。
あまり引っ張りすぎると頭が抜けるのでちょっとだけ加減に注意ですなw

P1790539.jpg
で、この首を伸ばした状態では、可動用の関節が開放されて可動域が広がります。
横方向も真横…までは行かないもののかなり曲げることが出来ますし…

P1790542.jpgP1790545.jpg
上下方向にも動かすことが可能に。
表情を付けるのにかなり重宝しますね。

P1790549.jpg
P1790553.jpg
P1790557.jpg
そして、チーターの頭部は通常・驚き・怒りの三種類に付け替えが可能。
上の3枚の画像のうち、一番上のものでいうと←から怒り・通常・驚きです。
そして、それぞれの目玉パーツは同じ形状、かつ真ん中と左右それぞれ視線の向きが異なるので、付け替えることで合計9種類の顔をつくることが可能になっておりますよ。

P1790570.jpg
ビーストモードでの可動ですが、上で触れた首の他には足と尻尾、胴体の一部が動かせるようになっています。
まず前足ですが、肩のところで前後回転、及び胴体内側へ脚を倒すことが可能。
さらに、人間で言う上腕部と肩の境目あたりで前後への可動と外側への脚の開閉。
膝(肘?)関節のすぐ上にはロール軸があってひねりを入れることができ、膝関節部分は前に大きく曲げることが可能です。
さらに、足首部分は曲げ伸ばしと横にひねることができ、接地性もかなりのものですね。

P1790574.jpg
後ろ脚の方は、まず付け根部分で前後回転と開脚・閉脚が可能。
膝のところとその先、さらに足首部分で曲げ伸ばしが可能です。
膝の上にはロール軸もあるので、ここで足をひねることも出来ますな。

P1790579.jpg
尻尾部分は根元と中ほどの部分で上下方向に曲げ伸ばしが可能。
胴体は、中央あたりである程度ですが曲げ伸ばしが可能です。
この胴体部分の曲げ伸ばしの保持力があまりないので、ポーズによってはちょっと気になることもありますね。

P1790584.jpg
また、特に前脚の付け根部分などは顕著なんですが、あまり動かすと中身のロボパーツが見えちゃうこともw
さらに、お腹の下に取り付けてある武器になるパーツ、これも割と外れやすいですね。
この辺を気にしながら動かすとそこそこ可動域に制限はかかるものの、それでも割といい感じに動物的&カートゥーン的な動きをしてやることは可能ですな。

P1790591.jpg
さて、それではロボットモードへ変身。
今回結構ややこしいので長めの説明になっております(;´∀`)
まずお腹の下のパーツと尻尾~腰にかけてのパーツを外し、避けておきます。
この状態で後ろ脚をガバッと開脚、そのまま真後ろまで開脚しきってしまいます。
つま先が真後ろを向くまで開脚させきったら、腰パーツのロックを一旦外して180度回転、その上でもとの場所に再度固定します。
ここなんですが、前後の回転軸を使う…と勘違いされていたり、腰パーツの180度回転を飛ばしていたりする場合がある模様。
そうなると足の向きがおかしくなる(見た目や足首の可動に影響が出る)ので要注意ですね。

P1790596.jpg
腰パーツを固定したら、後ろ脚を後方へピンと伸ばします。
後ろ足首を折り曲げてたたみ、空洞部分へ押し込むとロボの膝パーツがちょこっと出るので完全に引っ張り出します。
併せて、後ろ脚先端にあるロボかかとパーツを引き出し、ブルーの部分に覆いかぶさっているロボ足首を先端側へ移動、ガチッと固定。
ロボ脛パーツを閉じてやれば、ロボ脚部が完成します。
その後、チーターの背中パーツを脚側へめくり、根元をスライドさせてロボの腰アーマーにしてやります。

P1790602.jpg
足と腰ができたら立たせて、チーター時の腹側へ前脚を倒し、付け根のところにあるジョイントで固定します。
さらに前脚同士を曲げて交差させ、ジョイントで左右を接続。
次に背中部分を下向きに開き、中からロボ頭部を引き出し、チーターの頭部とくるっと入れ替え。
胴体内にロボ腕がありますから、チーターの背中パーツを左右に分割しつつ根元を回転させて胴体の左右へ広げます。

P1790613.jpg
左右に出したロボ腕(チーターの背中)は付け根の関節部分を閉じ(小さいのでやりにくいですが…w)て肩をロボの状態に。
さらに、チーター背中のガワを移動してロボ腕が露出するようにします。
胴体内部が空っぽになったところで、ロボ&チーターの頭と胴体を繋ぐ部分を内側へ折り曲げ。
チーターのアゴ部分が、ロボ背中の穴(チーターの胸に空いていた穴ですね)のあたりへハマるように胴体内部へチーター頭を押し込みます。
この頭と胴体を繋いでいるパーツを折り曲げるのがかなりきついです。
壊さないように慎重に、しかししっかりと奥まで曲げてやりましょう。

P1790617.jpg
胴体内にチーターの頭を収めたら、胴体を下の方へ折り曲げていきます。
チーターの背中内部にあったダミーの頭の下に、本来のチーターの頭が収まる格好ですね。
このとき、先程のチーター&ロボ頭と胴体を繋いでいるパーツの畳み具合が半端だと胴体が綺麗にたたまれず、頭が浮いた感じになってしまうので、ここも要注意ですね。
ダミー頭の上にある青いパーツをロボ頭の下にあるジョイントにはめ込んで固定したら、後は手足の位置を整えてあげれば完成です。

P1790657.jpgP1790660.jpg
ロボットモード。
あの細身のチーターの体から、しっかりチータスに…!
ややこしい変形手順を経ただけあって、すごい変わりっぷりですw

P1790665.jpgP1790669.jpg
P1790673.jpgP1790677.jpg
ロボットモードでぐるっと。
見ての通りスタイルもすごく良好、まさにチータスですな(゚∀゚)

P1790690.jpgP1790692.jpg
顔周り。
これまたいい感じの再現具合ですw
ちょっと見づらいですが、ほっぺたの点々模様まできっちり塗装で再現されているあたりは流石の一言。

P1790694.jpg
顔面パーツはクリア成型になっており、集光ギミックが実装されています。
後頭部から光を当てることで、目と口の中が光ってくれますよ。

P1790696.jpgP1790702.jpg
更にこの顔、顔面パーツを交換することが可能。
微笑み顔(←)と、驚き顔(→)が用意されています。
微笑み顔の方は、個人的には微笑みというかニヤリ顔という感じが…w

P1790705.jpg
腕部。
ビースト時は背中部分になっていたところですね。
可動部も多く、ポージングもやりやすい…んですが、肩の前後可動の関節だけ妙にきっついんですよねー…
個体差もあるとは思いますが、あまりきつい場合はシリコンスプレー等注してあげたほうがいいかも。

P1790706.jpg
胴体。
胸のビースト顔は劇中でもビーストモード時と比べると潰れて広がっている&目の色が変わっているので、どう再現するのかと思いきや…さすがにダミーでしたね。
ですが、本来のチーター頭も同じ位置に配置(ダミー顔の下)するあたりはこだわりが感じられますなw
ただ、胴体内にチーター頭を収める際にヒゲを無理やり曲げて押し込むので、ヒゲに癖がついてしまうのはちょっと困ったところでもあったり。

P1790707.jpg
背面。
チーターの前脚が交差してお互いを固定していますが、ここの角度決めは最初はちょっと戸惑うかもですね。
がっちり固定しあって動かなくなるところがあるので、一回わかれば後はOKですけども(;´∀`)

P1790708.jpg
脚部。
チーターの後ろ脚から変形したわけですが、単に伸ばすだけでなくたたんだり引き出したり、と結構複雑。
変形手順の説明でも書きましたが、最初にこの後ろ足の向きを変えるところと腰部分をひっくり返すところが割と間違え&飛ばしやすいようなので注意が必要ですね。

P1790715.jpg
ここで、変形時にチータス本体から切り離したパーツの方へ。
まずはお腹のパーツです。
一旦開いて中から銃身を出し、元通りに閉じてグリップを引き出せば…

P1790716.jpgP1790717.jpg
武器その1、レーザーショットAが完成。
劇中及び当時の玩具でもそうでしたが、チーターの内臓部分が武器になっているということで臓物にメカ部分がくっついているような造形です。
マスターピース版は臓物部分がピンクに塗られ、生のモツっぽさが妙に強調された感じに…w

P1790718.jpg
実際に装備するとこんな感じに。
他のマスターピースTFの武器と同じく、手のひらの凹ジョイントとグリップの凸ジョイントを噛み合わせることでがっちり固定される仕組みです。
なお、持たせる際には前腕の装甲部分を一旦開いてやったほうがやりやすいですね。

P1790719.jpg
なお、手に持たせない場合には、こういう形で首の後にグリップを差し込み、背負うことが可能。
余剰にならないのは良いんですが、なんというか、やはりモツっぽいせいでなんか生肉とか背負ってる感が…(;´∀`)

P1790726.jpg
つづいて、尻尾周りのパーツ。
中身にある銃身部分を途中まで起こし、根元を180度回転した上で倒して銃身を外向きに。
さらにグリップを起こして、銃身とグリップをつなぐように尻尾を折りたたみます。
両サイドのパーツはまず先端→根元と尻尾側へ回転させ、さらに根元を横に開くように回転させて中央のパーツとジョイント、固定。
チーターの背中側だった部分を上にすれば、武器への変形が完了です。

P1790727.jpgP1790728.jpg
で、こちらが完成した武器、レーザーショットB。
劇中ではあまり出番がなかった方ですなw

P1790729.jpg
実際に装備してみるとこんな感じに。
こちらはレーザーショットAとは違い、手のひらに固定はされません。
腕の装甲で押さえてあげれば、それほどぐらついたりはしないですけどね。

P1790730.jpg
このレーザーショットBもレーザーショットAと同じく、手に持たせない場合は背面にマウントが可能。
こちらは腰の後ろに取り付けます。
パッと見だと胴体の可動を妨げそうな装着位置ですが、こう見えて絶妙に隙間が空いているので案外ポージングの邪魔にはならなかったり。

P1790732.jpg
付属カードのイラスト側。
ビーストウォーズのパッケージっぽい感じ、出てますなー( ´∀`)

P1790735.jpg
カードのテックスペック側。
箱の表記もそうですが、わざわざ(ビーストウォーズ)と書いてあるのは…
コンボイのほうはゴリラとトラックで区別をつけないとややこしいからとわかりますが、こっちは単にゴリラに倣った感じですかねー。
となると、今後ビーストウォーズ系のMPは全部(ビーストウォーズ)とつく予感…?

P1790752.jpg
可動に関して。
さすがは最新のマスターピース!という感じで、いい動きっぷりを見せてくれますなw
(;´∀`)<動かすたびに色々きしむ音がするのは少し怖いですが…

P1790757.jpg
まずは腕周りから。肩は前後方向・横方向の二軸式ですね。
また、腕のくっついている方の基部そのものも、変形との兼ね合いもあって横回転及び胴体側へ倒したりまっすぐに立てたり、といろいろ動くようになっています。

P1790763.jpg
具体的には、前後方向は背中のパーツに当たるぶん一回転は無理ですが、大きく前後へ回すことが可能。
ただし上の方で書きましたとおり(個体差でうちのだけ極端に、ということも考えられますが)結構ギチギチなので、動かす際には根元をしっかり持って動かしたほうがいい感じ。
横方向に関しては、肩だけだと真上にはすこし届かない、という程度まで。
肩の根本を倒してやればまっすぐ上まで腕を上げることが可能ですね。

P1790769.jpg
しかしこの肩の根本、胴体側に倒しておくのが良いのかまっすぐ立てるのが基本なのか…
説明書を見る限りでは特に指示はないので立てておくのが基本っぽいですが、胴体側に倒すと腕と胴体の隙間がなくなって見栄え良くなるんですよね。

P1790811.jpg
また、肩の付け根部分の横回転を使うことで、腕を胴体の前に持ってくることが比較的容易。
武器を体の前で両手で構える、というポーズがやりやすいですよ。
さらに、上腕部分にもロール軸があってひねることが可能です。
使いみちは違いますが、どちらもポージングに非常に便利ですな( ´∀`)

P1790813.jpg
肘はかなり深めに曲げることが可能。
角度にして130度強、といったところですね。
また、変形用の関節を使えば二重関節状態となり、180度曲げることも余裕で可能。
ただし、やはり変形用なので見た目の肘の位置とはちょっとずれて変な感じになりがちなので、そこのところは要注意。

P1790814.jpg
手首はひねる事が可能。
さらに、手のひら側には気持ち程度、手の甲側は腕との角度が90度位になるまで曲げ伸ばしが可能です。
前腕のガワがじゃまになる時もありますが、そのときは変形用の関節を使って避けてやれば問題なしですなw

P1790816.jpg
続いて下半身。股関節は前後方向と開脚方向の二軸式ですね。
前方向はほぼ水平まで、後方は背中のチーター脚に当たるので45~60度程度。
ただし、すこし開脚すれば諸々のパーツを避けて一回転可能です。

P1790820.jpg
開脚方向は胴体と足がぶつかるまで、水平より45度位上までいけますね。
開脚方向の関節はもともと変形させる際に180度ひっくり返す部分なので、かなり大きく動かすことが出来ますよ( ´∀`)

P1790824.jpg
膝は90度曲げることが可能。さらに、変形用の関節も併用すればさらに30度位は追加で行けますね。
膝の高さもまあまあ程よい、と言った感じなので、立膝も十分可能です。
また、膝のすぐ上にはロール軸があるので、ここから足をひねることも出来ますよ。

P1790827.jpg
足首は変形機構を使うことで、爪先と踵をそれぞれ曲げ伸ばし可能。
変形用なので、特につま先側は微妙な調整は難しい(というかほぼ無理)ですけどね。
また、つま先に関しては、土踏まず側を軸に横にひねることができます。
ここを使えば、大股開き状態でもしっかり足裏を接地させられますよ。
ただし足首全体を横にひねる事はできないので、ここは膝上のロール軸頼りだったり。

P1790831.jpg
頭部は胴体と首がボールジョイント接続。
その首の後方に、頭が軸関節で上下に首を振れるような状態でくっついている感じです。
胴体と首はボールジョイント接続ではあるものの、完全に密着しているので事実上横回転のみ。
後頭部あたりを軸に上方向を向くことも可能ですが、構造上顎を引くことは出来ないですね。

P1790844.jpg
胴体は、腰をひねれるようになっています。
これまた前述しましたが、腰に武器を付けた状態でもちゃんと動かせる、というのはちょっと嬉しいところですな( ´∀`)

P1790846.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。ほんと良く動いてくれます…(゚∀゚)
ただ個人的にちょっと気になるのが、太腿正面のモールドですね。
上の方で書いたとおり、股関節の可動は二軸式なので太もも部分をひねることができません。
そのため、どういうポーズを取っていても太腿のモールドが常に真正面向きに。
ポーズによっては、そこに微妙に違和感が…(;´∀`)
できれば膝の向きにある程度ついていってくれると、より自然な見た目になるんですけどねー。

P1790933.jpg
以上、トランスフォーマー・マスターピースよりチータスでした。
多少気になるところとか繊細な部分もあるはあるんですが、そこを差し引いても充分ベリーグッドなブツかと。
この調子なら、次以降のビーストウォーズ系マスターピースも期待できそうですね(゚∀゚)!
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー マスターピース アイアンハイド
  • トランスフォーマー マスターピース ホットロディマス
  • トランスフォーマー マスターピース バンブル レッドボディ
  • トランスフォーマー マスターピース ロードレイジ
  • トランスフォーマー マスターピース クランプダウン
  • トランスフォーマー マスターピース ランボル(アジア向け再販版)
  • トランスフォーマー マスターピース トラックス
  • トランスフォーマー マスターピース ブルーストリーク


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーマスターピース(TF)

     タグ: トランスフォーマー  マスターピース  ビーストウォーズ  MP-34  サイバトロン  チータス 


    Comments:3 

    quake  

     チータスって英文字ではこう書くんだ。
     今回初めて知った事でした。

    2017/03/08 (Wed) 00:38 | EDIT |   

    Fネガ  

    まさにCGアニメ版ビーストウォーズのチータスそのものといっていいくらいの完成度ですなー
    まさかこれほどのMPチータスを手に取ることが出来るとは生きててよかった・・・( ノД`)

    2017/03/09 (Thu) 19:21 | EDIT |   

    名無し  

    No Title

    こんばんは、たごーるさん、
    対象年齢15歳以上の
    マスターピースで、
    ビーストウォーズのチータスが、
    出てきましたか。

    このチータスの金型流用品の、
    黒いロボでシャドーパンサーとか、
    白いロボでタイガトロンとか、
    出てくるかな?
    今後の商品展開が気になります。

    2017/04/01 (Sat) 01:45 | EDIT |   

    Leave a comment