またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

24
今週末はTFの新作発売日ですね。というか、もう2月の終りが近いってことですねw
ということは3月すなわち年度末がすぐそこに…('A`)<繁忙期クルー…

年度末の駆け込み仕事、少ないと良いなあ…と多分叶わぬ願いを持ちつつ、今回のネタへ。
トランスフォーマー ムービー・ザ・ベストより、オプティマスプライムです。
P1760622.jpg
MB第一弾の紹介、ギリギリ第二弾の発売前に終えられました(;´∀`)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1780883.jpgP1780886.jpg
ということで、今回はトランスフォーマー ムービー・ザ・ベストよりオプティマスプライム。
実写化10周年記念の復刻シリーズ第一弾、その1つ目です。
番号さかのぼりで紹介してきたので、うちでは最後になっちゃいましたがw

P1780889.jpgP1780893.jpg
P1780895.jpgP1780900.jpg
ビークルモードでぐるっと。
このオプティマスは、モノとしてはロストエイジのときに出たクラシックオプティマスプライムがベースになっています。
そのため、アニメ版の初代コンボイを彷彿とさせる(ただし、モデルになった車種は違いますが…)四角いタイプのトレーラーキャブになっていますね。

P1780907.jpg
ところで今回のこのオプティマス、見ての通りビークルモードの外装は汚し塗装風になっております。
この塗装、なんとなく見覚えが…と思ったら、実はラスティverの汚し塗装と一致します(あとで比べてみます)。
下地の色がぜんぜん違う&どうも部分的な流用っぽいので、パッと見ではそれと気づきづらいようになっているのがまた心憎いですなw

P1780944.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
キャブ後部の煙突を畳んでパネルを開き、つづけてフロント部分中央のパネルをオープン。
フロントのパネルは天井の中央部分ごとグルッと後方へ回転させていきます。
あわせて、天井の両サイド部分を上に持ち上げ、前面のフロントウインドウより下の部分を下方へ開きます。

P1780947.jpg
天井の中央部分を後方へ6~7割程度回転させた状態で、外装側面部分を天井側を軸に上に回転。
ここは天井両サイドの部分が周りのパーツに引っかからないよう気をつけつつ、左右片方ずつやると無難ですね。
その後天井中央部分を完全に回転させ、キャブ内にあるロボ胴体の芯部分に固定。ここでロボ頭部が出てきます。
中央パーツを固定したら、最初に開いた後方パネルを閉じ、中央パーツと噛み合わせ。
さらに、首の周りを覆うようにフロントグリル周りのパーツを移動、両側面の(裏返った)ドア部分にある凹みに固定します。

P1780950.jpg
胴体パーツが固定できたら、天井の左右部分を伸ばし、先端にあるロボ手首を回転してロボ腕を完成。
さらに、肩のところに二本出ている出っ張りのうち後方のものを畳んでしまいます。
その後、車体の後部を中央で分割。
連結器部分とその下のパーツを回転し、ロボ足首にします。
あとは膝パーツを立てレバロボ脚部が完成。
出来た脚を90度下に向け、各部分の位置をを整えれば変形完了ですね。

P1780955.jpgP1780960.jpg
ロボットモード。
しかしまあ、なんど見てもこの箱型のビークルから人形への変形は見事なもんですなあ(*´∀`*)

P1780965.jpgP1780969.jpg
P1780974.jpgP1780977.jpg
ぐるっとひと回り。
スタイル自体はクラシックオプティマスそのもの、ということでやはり良好。
今回は全体的に渋めのカラーリングに…ある意味、ロストエイジ劇中のボロボロだった時に一番近いかもしれませんなw

P1780983.jpgP1780989.jpg
顔周り。
今回のオプティマスはラスティverやネメシスプライムのときに使われたマスクオン版の顔になってますね。
目はクリアパーツ製ですが、塗装されているので集光ギミックは殺されてしまっています。

P1790003.jpg
腕部。
クラシックオプティマス型特有の、ちょっと独特な作りの腕ですね。
肘のところが軽く曲がっている状態前提な感じの形状なので、真っ直ぐ伸ばすとちょっと気になるかもしれませんな。


P1790007.jpg
胴体。
あの四角いキャブからよくもまあ…となりますよねーこの変わりようw
胸部の窓の下にファイアパターンが塗装されていますが、これもラスティverと共通する部分になりますね。

P1790014.jpg
背面。
中央に連結器っぽい部分がありますが、ここはロボットモードのときしか露出しない部分。
要はダミーパーツなわけですが、雰囲気は出てますなw
また、お尻のところにはディスプレイスタンド用の穴が。
ちょうどこいつらくらいの世代から装備されるようになりましたよね、このスタンド用の穴。

P1790016.jpg
脚部。
ネメシスプライムのときのような艶消し処理はされていませんが、成型色その物が渋めになっているのでこれはこれで悪くない感じ。
造形自体はもう言うまでもなく優秀ですからね( ´∀`)

P1790023.jpg
付属武器の銃。
これまでのクラシックオプティマスの銃と同じもの…ということで、スプリングでミサイルを発射するギミックも健在です。
形状は変わらないものの、今回は成型色がミサイルまで含めて真っ黒に。
ダークサイド・ムーン版のメガトロンに持たせられる出っ張りもしっかり残ってますから、あえてメガトロンに持たせて遊ぶのもまた一興ですね。

P1790024.jpgP1790025.jpg
武器はビークルモードでも装備は可能。
説明書では天井の上にくっつけるようになっていますが、後部に後ろ向きに取り付けることも可能ですよ。

P1790040.jpg
可動に関して。
といっても、形状が変わったわけではないので基本的に他のクラシックオプティマス型と全く変わらないんですけどね…w

P1790041.jpg
まずは腕周り、肩は前後・横方向の二軸式ですね。
前後方向には一回転でき、横方向は水平よりだいたい20度位下までは腕を上げられますな。

P1790042.jpg
また、肩の横方向への関節には一応クリックが入っています。
クリック幅が大きいですし、クリックからクリックの間の保持力も普通にしっかりしていて、半端なところで止めても充分保持可能…
という状態なので、もうほぼ無いものとして扱っても問題ないくらいではありますがw

P1790043.jpg
上腕部分にはロール軸が設けられており、腕をひねれるようになっています。
ちょっと固めなので、腕をひねる際は肩をしっかり押さえておかないと腕の向きによっては肩のほうが先に回ってしまうことも。

P1790044.jpg
肘はかなり大きく曲げ伸ばしが可能。
まっすぐの状態から、130度度以上曲げることが可能です。。
ただ、前述の通り肘周りの形状がちょっと独特で軽く曲がった状態がデフォルトっぽい造形になっていますから、完全に真っ直ぐにすると違和感を感じるかも。

P1790045.jpg
手首にはロール軸があり、ここも捻れるようになっています。
変形時にも使っている部分ですね。実は手首ひねらなくても変形できないこともない(パーツの収まりが悪くなりますけどね)んですが…
ともあれ、手首が動くと武器の取り回し等に重宝しますから、やはりあると嬉しい可動部分ですね( ´∀`)

P1790046.jpg
つづいて下半身、股関節は前後及び開脚方向の二軸式ですね。
見た感じでは開脚方向の軸にはクリック感がありそうなんですが…実際には全くクリック感はなし。
まあ、保持力はしっかりしていますので別に問題はないんですけどねw

P1790047.jpg
実際の可動範囲としては、前後方向・開脚方向ともにほぼ水平まで脚を上げられます。
開脚時には太もも上部のタイヤパーツをガバッと倒して、胴体との干渉を避けられるようになっています。
また、前後方向に関しては、ちょっと開脚してやると水平よりも上まで脚をあげられるようになりますよ。

P1790048.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れるようになっています。
脚のひねりはここだけで賄うので、重要な部分ですね。
クラシックオプティマス型はどれも割とそうなんですが、ここはかなりキツめになっているので、念のためシリコンスプレー等吹いてすこし緩めてやったほうが無難かもしれません。

P1790049.jpg
膝は90度よりもうすこし、100度位までは曲がりますね。
すこし膝の位置は高いものの、立膝もなんとか可能。
また、ちょっと引っかかりはありますが逆方向にもすこし曲げることが可能です…ポージング時にはまず使うことはなさそうですがw

P1790050.jpg
足首は前後左右への曲げ伸ばしが可能。
具体的には、前に45度位、後ろに40度くらい、内向きには20度程度、外向きに若干…といったところですね。
横方向なんかはもうちょっと曲がってくれるとなおよかったですが、まあ贅沢言うなら…なレベルの話ですw

P1790051.jpg
頭部はボールジョイント接続で、上下左右に動かすことが可能。
ただし喉仏に当たる部分に出っ張りがあり、そこで頭部が固定されてしまうので、顎を引いた状態では左右への可動がほぼ死んでしまいます。
一回顎を上げて横を向かせてやる、という手順が必要になりますね。

P1790052.jpg
また、この首パーツは根元から前後に可動します。
これにより、頭の位置も前後に移動可能。
この手のロボットフィギュアの鬼門である「出っ張った胸部越しに見下ろす」というポーズが取れる、と言うのは大きいですね。
また、先述した首の左右回転もちょっと首を前に傾けてアゴを上げてやれば見た目上顎を上げないで横を向いている風にもしてやることが可能ですよ。

P1790053.jpg
胴体は腰をひねることが可能です。
ただし、腰の回転軸が単純な円形ではないので、一回転は出来ません。
ちょうど人間が捻れるくらいの範囲では動かせるので、ポーズを付ける際にはむしろやりやすいかもしれません。

P1790054.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
気になるのは肘の形状くらいで、可動範囲その物はだいぶ優秀と言っていいでしょう。
多少硬い部分はありますが、ポーズはつけやすいと思いますよ( ´∀`)

P1790070.jpg
同型…のなかでも、特に似ていると思われるラスティverと。
まずはビークル正面です。ラスティverのこげ茶色の塗装と、今回のものの汚し塗装が一致しているのが分かりますな。

P1790071.jpgP1790072.jpg
ビークルの左右から。
タイヤや車体後部のサビ風塗装はないものの、キャブの方はある程度塗装が引き継がれていますね。
見た感じでは、ラスティverの塗装のうち、キャブ部分の塗装…
おそらく重ね塗りの一番上の部分が今回のものに流用されている、んではないかと。

P1790073.jpg
ロボットモードでラスティverと。
当然ながら、スタイルは一緒ですねw
こちらのモードでもサビを表現した塗装は引き継がれていないものの、胸部のファイアパターンは同一であることが確認できますな。

P1790074.jpgP1790075.jpg
左右から。
こちらもやはりサビ風の塗装の有無くらいのちがいになりますね。

P1790076.jpg
今回サビ風になっていない下半身や腕部分に関しては、どうやら通常のロストエイジ・ムービーアドバンスド版の塗装パターンがベースになっているような感じですね。
つまり、ラスティ版+通常版でさらに色を変更…という色々あわせ技な状態といえますな。

P1790080.jpg
我が家にあるクラシックオプティマス型をまとめて。
画像の←から、エボリューション2パック版、ラスティver、今回のもの、通常のムービーアドバンスド版、ネメシスプライムです。
こうしてみると案外カラフル…そして、結構ガッツリ汚れてますね今回版w

P1790081.jpg
ロボットモードでクラシックオプティマス型。
今改めて見ると2パック版と通常版はかなり鮮やかな色してますなー…
今回版がやたら渋い色使い、というのもありますがw

P1790082.jpg
しかしまあ、この型も結構な数出ましたねえ…
うちにあるのは日本で出たものだけですが、海外版も含めればここからまだだいぶ増えますしね。
(;´∀`)<日本国内でも非売品だと金のクラシックオプティマスとかありましたね…流石にアレは当たりませんでしたw
今後も出ないとは限りませんし、さあどこまで増えるやらw

P1790083.jpg
以上、トランスフォーマー ムービー・ザ・ベストよりオプティマスプライムでした。
もともと出来の良さに定評のあるクラシックオプティマス型ですが、そこからさらド━(゚Д゚)━ンと色もいい感じに。
現時点でのこのタイプの決定版、と言ってしまってもいいんじゃないかと思いますよ(゚∀゚)!
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト レーザービーク
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト アイアンハイド
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト バンブルビー
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト メガトロン
  • トランスフォーマー ムービー ザ ベスト ショックウェーブ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーMOVIE THE BEST

     タグ: トランスフォーマー  実写版  MOVIE_THE_BEST  ムービー  ベスト  MB-01  ダークサイド・ムーン  オートボット  オプティマスプライム  リカラー 


    Comments:3 

    ベリリウム蒲鉾  

    こうして見てくると劇中の状態を再現したラスティ―ヴァージョン、ウルトラマグナスに見えてきますね。特にロボットモードが。

    2017/02/26 (Sun) 13:11 | EDIT |   

    Fネガ  

    MBオプティマスプライムのレビューお疲れ様ですー
    このロストエイジ・クラシックオプティマスプライム型もかなりのカラバリが増えてきましたなあ・・・
    今回のMBオプもビークルモードのビークル全体に施された赤サビ再現が本当に細やかな部分まで再現されてあって良いですよねえ
    そしてロボモードに変形すると赤サビ再現がロボモードだと目立たなくなるのも実に( ´∀`)bグッ!ですな

    2017/03/04 (Sat) 21:29 | EDIT |   

    tagoal  

    オプれす

    >ベリリウム蒲鉾さん
    結構白いですからねー、ラスティバージョンw
    白コンボイ=ウルトラマグナス、な時期を経験しているとどうしても考えてしまいますよね( ´∀`)

    >Fネガさん
    出来がいいのと大きさがちょうどいいのとでここぞとばかりに出しまくってますよねえこの型w
    ボディを裏返す変形をうまく使って、変形すると綺麗になるのは技あり、ですよなあ。

    2017/03/15 (Wed) 16:58 | EDIT |   

    Leave a comment