またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

21
最近としては珍しく、2日続けて更新。
年末ドタバタする前に、遊べるだけ遊んどこうという魂胆ですw

と、前置きもそこそこに今回のネタへ。
トランスフォーマーレジェンズより、コンボバットです。
P1740155.jpg
たまにはちょっぱやで( ・∀・)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1740197.jpgP1740199.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーレジェンズよりコンボバット。
e-hobby限定品で、つい先日発送が開始されたものになりますね。

P1740204.jpgP1740208.jpg
P1740211.jpgP1740214.jpg
ビーストモードでぐるっとひと回り。メカコウモリですな。
モノとしては、同じレジェンズのワイプ(もしくはGENERATIONSのマインドワイプ)がベースですね。
カラーリングを変更し、付属のパーツがごっそり変更になっています。

P1740218.jpgP1740219.jpg
コウモリの頭部。
口を手動で開閉することが可能です。
口の中までしっかり塗装されているあたりは流石のクオリティ、ですな( ´∀`)

P1740230.jpgP1740225.jpg
胴体の透明部分は手動で開閉可能。
内部はコクピットになっており、ヘッドマスターを乗せることが可能です。

P1740236.jpgP1740240.jpg
で、実際にのせてみるとこんな感じに。
ほとんど隙間なくぴっちりハマるので、一回乗せると降ろす時ちょっと指が痛いですね(;´∀`)

P1740242.jpg
コウモリの翼は変形機構を使うことで折りたたむことも可能。
だいぶコンパクトにまとまりますw

P1740244.jpg
さらに、根元部分…脚とつながっている部分のジョイントを外してやれば、脚部も可動可能に。
ただし、シルエットがコウモリから外れがちになるのであまり…ですね。

P1740266.jpgP1740271.jpg
では、トランステクターの方からは一旦離れて、ヘッドマスターの方へ。
今回のセットにはヘッドマスターが二体付属しますが、まずはヘッドマスターA…コンボバットの方からです。

P1740275.jpgP1740278.jpg
P1740281.jpgP1740284.jpg
ぐるっとひと回り。
モノとしては、海外版のセンチネルプライムに付属したインフィニタス、アレの色変え&塗装変更品になりますね。
ちなみにこのタイプ、来年出るレオプライムのヘッドマスターにも採用されています。
ちょっと変わったコンボイ顔、ということで司令官関係に使いやすいんでしょうなw

P1740287.jpgP1740291.jpg
元になったインフィニタスと。
やはり日本版は細かい塗装がすごいですな…インフィニタスの場合は成型色その物のインパクトが強いのでアレですがw

P1740295.jpgP1740298.jpg
続いてもう一人、ヘッドマスターB。
メガリゲーターのほうです。

P1740301.jpgP1740306.jpg
P1740310.jpgP1740313.jpg
ぐるっとひと回り。
こちらはガルバトロンのヘッドマスター、海外版で言うところのニュークリオンをベースに塗装を変更したものですね。
元ネタに当たるビーストウォーズのメガリゲーターっぽい感じにはなっています。
が、スカルのボディと合体させることを念頭に置いているためかだいぶ濃い目の緑色になってますな。

P1740317.jpgP1740321.jpg
ガルバトロンのヘッドマスターと。
日本版同士ということで違うのは塗り分けくらいなものなんですが、ちゃんと別物に見えるあたり色って大事だなあと…w

P1740682.jpg
ヘッドマスターの可動については他のものと同じ。
頭部と肩がボールジョイントで、股関節が前、膝は前後に90度曲げられます。
基本の作りは同じでもデザインの差か、メガリゲーターのほうはかなり大きく腕を広げられますな。

P1740325.jpg
では、二体まとめて頭部モードへトランスフォーム。
腕を胴体に添えて固定、足を胴の前側へコの字に折り曲げて、
上下をひっくり返せばOKですね。

P1740327.jpgP1740333.jpg
頭部モードその1。
まずはコンボバットの方からです。

P1740335.jpgP1740340.jpg
P1740341.jpgP1740349.jpg
ぐるっとひと回り。
前述のとおり、コンボイ系の顔ではあるんですがマスク形状等ちょっと独特な部分もあったり。
顔面とヘッドマスターの手足の色が揃えてあるので、頭部モードの一体感が高いですな( ´∀`)

P1740352.jpgP1740356.jpg
頭部モードその2。
こちらはメガリゲーターのほうになります。

P1740361.jpgP1740367.jpg
P1740371.jpgP1740375.jpg
ぐるっとひと回り。
ガルバトロンのそれと同じデザインですが、やはり色が違うと結構違って見えますね…!

P1740383.jpg
頭部モードでインフィニタス、ガルバトロンのヘッドマスターと。
4つ並ぶといつも以上にさらし首感すごいですな…(;´∀`)

P1740385.jpg
ここでトランステクターの方に戻って、ロボットモードへトランスフォーム。
翼から武器を取り外して、翼と脚のジョイントを解除し、翼を上へ持って行きます。
あわせて、コウモリの頭を胴体前まで引き下ろしておきます。

P1740386.jpg
翼の先端がコウモリの背中側へ向くように胴体と翼をつなぐアームをひねります。
その上で翼にくっついているロボ足首パーツを90度曲げ、翼を箱型に折り曲げます。
折り曲げたら先端と根元側のパーツを接続。
これでロボ脚ができるので、左右とも変形させたところで上下ひっくり返して立たせます。
さらに、コウモリ時の背中側に小さい羽があるので、この基部を180度回転。
上下をひっくり返しつつコウモリの腹側へ持って行きます。

P1740389.jpg
コウモリ脚部の後ろにある黒いパーツを伸ばし、先端からロボ手首を出してロボ腕部に。
腕ができたら肩と胴をつなぐ軸を水平にし、手を下にむけましょう。
背中の羽を開き、手足の位置を整えたら胴体部分の変形はおわりです。

P1740400.jpg
胴体ができたら、頭部モードのヘッドマスターをヘッドオン。
ヘッドマスターはABどっちでもいいと言えばいいんですが、今回は本来の頭になるコンボバットの方でw
これで変形はすべて完了、となりますね。

P1740403.jpgP1740408.jpg
ロボットモード。
翼がたたまれて脚部になったことで、コウモリ時の横に長いシルエットから一転してスマートな感じに。

P1740413.jpgP1740416.jpg
P1740419.jpgP1740422.jpg
ぐるっとひと回り。
青とグレー主体のカラーリングが格好いいですな。
ですが首から下の形状はワイプそのもの、ということで、やはり背中のちっちゃい羽根がチャームポイントにw

P1740426.jpg
腕部。
ビーストモードでは脚だった部分ですね。
後方に羽根があるのでパッと見はそう感じませんが、腕自体は割とシンプルなデザイン。 

P1740428.jpg
胴体。
元ネタに当たるビーストウォーズ版コンボバットのデザインに合わせて、胸部がグレーとなっています。
黄色いところはコウモリの目をイメージした感じですな。

P1740436.jpg
背面。
ビーストモード時のコウモリの頭はこっちに来ていますね。
コウモリの頭はそのまんま背中にくっついている格好なので、結構目立ちますw

P1740441.jpg
脚部。
コウモリの翼を箱状に畳んで脚にする、という変形が面白い部分ですね。
その代わり膝下が前後に大きめになっているため、多少ポージング時に影響が。

P1740445.jpg
付属武器の刀。
二刀流ということで、二本付属します。
そしてこの刀、TFプライム版のホイルジャックの刀の流用ですね。
また意外なところから引っ張ってくるもんですな…!

P1740446.jpg
なおこの刀、ビーストモードでは翼にくっつけておくようになっています。
ビーストウォーズ版コンボバットは翼の中に刀が隠れていましたから、そのイメージですね( ´∀`)

P1740450.jpgP1740451.jpg
付属武器…と言うかパートナードローンのエイプXアームズ。
モノとしては海外版タイタンマスター単体組のエイプフェイス付属のミニビークル、もしくはレジェンズ版ウィアードウルフ付属のラリゴの色違いですね。
ビーストウォーズのコンボイ繋がりということか、メタルスパワードコンボイ風味のカラーリングが素敵ですな( ´∀`)

P1740452.jpgP1740453.jpg
P1740454.jpgP1740455.jpg
エイプXのビーストモードでぐるっと。メカゴリラですね。
しかしまあ、塗装だけでここまでパワードコンボイっぽくなるとは…w

P1740456.jpg
エイプXアームズのビーストモードでは、背中にヘッドマスター固定用のピンがでています。
そのため、こんな感じで背中にヘッドマスターを乗せてやることが可能。
ただしそれほどしっかり固定されるわけではないので、ちょっと注意した方がいいですな。

P1740460.jpgP1740461.jpg
ビーストモードから腕を胴体に添わせ、うつ伏せにしてから背中のカバーを頭に被せれば変形完了。
エイプXアームズ・ジェットモードです。

P1740462.jpgP1740463.jpg
P1740464.jpgP1740465.jpg
ジェットモードでぐるっとひと回り。
真下から見るとゴリラの顔が丸見えですが、そこは気にしない方向で…w

P1740466.jpg
ジェットモードでは、上部にヘッドマスターを乗せることが可能。
画像のような乗せ方になりますね。
ただしこれ、レジェンズ版特有の強引な乗せ方なので、膝が逆向きに折れ曲がっているという(;´∀`)

P1740467.jpg
ヘッドマスターを座らせているところは、本来はこんな感じで仰向けに寝かせたヘッドマスターを合体させるスペースですからねえ。
固定もされませんし、ちょっと強引ではありますなw

P1740470.jpgP1740471.jpg
ジェットモードからゴリラの腕を180度回転、機首側に向けた上で尾部にあるグリップを出してやるとウエポンモードに。
大型の銃、と言った感じになりますな。

P1740472.jpg
そしてこの状態で頭部モードのヘッドマスターを合体。
ソウルイン状態ですね。
ヘッドマスターの足裏の穴が追加の銃口もしくはターゲットスコープのような感じに。

P1740473.jpg
ウェポンモードでロボットモードのコンボバットに持たせるとこんな感じに。
だいぶ大きな銃ですが、しっかり構えられますよ。

P1740481.jpg
付属マンガその1。別途ついてくる小冊子の方です。こちらはe-hobbyの通販ページで公開された漫画の続きですね。
裏切られ置き去りにされるもどうにか脱出したコンボバットがメガリゲーターと再会、一触即発の状態に。
ですがそこに来襲したストラクサスの刺客に対し共に闘うことになる、という流れですな。
で、その刺客というのが海外Robots In Disguise(プライムの続きじゃなくてカーロボの方)版のブルーティカス。
またマニアックなチョイスを…wそしてラストでは先日発表された新たな限定アイテム、マグナコンボイへ続く…というまた小憎らしい展開になっておりますよ(;´∀`)

P1740663.jpgP1740670.jpg
で、このマンガの中でコンボバットはロボットとビーストの中間のような形態を取ります。
それがこの画像の状態。脚部を展開してコウモリの翼に戻し、左右揃えてブースターのような状態にしています。
(;´∀`)<マンガだと翼に剣をつけなおしていますが割愛。面倒くs(ry
突撃形態ぽい感じの姿ですね。第一印象は「…ガンダムMAモード?」でしたw

P1740677.jpg
そういえば、e-hobbyのコンボバットのページにはキャラクター設定の記載があるわけですが。
そこに、エイプXアームズとの合体、とも読める「第四の形態」の存在が記載されているんですが…
結局エイプXアームズとの合体形態らしいものはマンガにも説明書にも出てこず。
(;´∀`)<いやまあ厳密にはシルエットでそれっぽいのが出てはいるんですけどね
これが代わり、なのか、別にエイプXアームズは関係なくこの形態が「第四の形態」でいいのか…(;´∀`)
そもそもコンボバットの第四形態なのかエイプXアームズの第四形態なのか…w

P1740480.jpg
付属マンガその2。説明書の方です。
こちらの方はwebマンガおよび付属冊子とは直接はつながっておらず、いつものメンツがきぐるみを着て映画を撮ろう、という話。
そのきぐるみがコンボバットとメガリゲーター、トランステクターはワイプからコウモリを借りてきて色を塗ったもの(つまり、このマンガのコンボバットは実際に体がワイプ)ストーリーはweb漫画の内容、というw
そしてレジェンズ世界のフィクションはクリエイターが他の世界で実際に起ったことを受信して作品としているそうで。
ならばこの作中の連中もレジェンズ世界に来るかも…という話をしていたらそれっぽいのが来た?というところでおしまいになっています。
さりげにレジェンズ世界の成り立ちが一つ解説されてますな…w

P1740483.jpg
そして今回のクセモノ、付属のシール。
見ての通り、モノとしては軍団のエンブレムシールです。
4番の白いのはレジェンズ版スカルをメガリゲーターの胴体にする際胸のデストロンエンブレムを消すためのものっぽいですね。
で、これのどこがクセモノかといいますと…このシール、箱に入ってません。
e-hobbyで買い物をすると品物に「お客様各位」として購入ありがとうございます的な内容の紙が同封されるんですが、何故かその紙に挟まって届きます。
で、このシールの存在は説明書にも箱にもどこにも書いてありません…私も先に開けた人から教えてもらうまで、これの存在に全く気が付かず危うく捨ててしまうところでした(;´∀`)<そういう意味でクセモノ
後から急遽追加されたのかもしれませんが、こういうのはわかりやすく入れておいてほしいもんですね('A`)

P1740500.jpg
可動に関して。
首から下はワイプそのものですから、可動面もだいたい同じですな。

P1740501.jpg
まずは腕周り、肩はボールジョイント接続です。
胴から伸びた軸が腕につながるタイプになりますな。
変形の関係上この肩の軸自体も上下に回転できるようになっています。

P1740502.jpg
具体的には、前後方向は一回転可能。
横方向はボールジョイントだけを使っても真横まで、さらに軸の可動まで合わせるとほぼ真上まで腕を上げることが来ますね。

P1740503.jpg
腕を動かしていると背中の羽と上腕後方のコウモリの足の爪先がよくぶつかります。
が、羽根のほうが開閉できるので引っかからないように羽根の方を動かしてあげれば問題なしですw

P1740504.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れるようになっています。
上腕の後側には出っ張りがあり、背中の羽と干渉するので、ここを使って上手いこと避けてやるといい感じですな。

P1740505.jpg
肘は変形の関係で二重関節になっています。
全開まで曲げると、180度曲げられますね。

P1740506.jpg
ただし、変形の固定のため、二重関節の上下それぞれに45度ほど曲がったところできつ目のクリックが設けられています。
これがあるので、全体で90度以上まで曲げようとするとちょっと力を掛けてやらないとダメですね。

P1740507.jpg
手首は小指側に曲げることが可能。
実際は変形用の可動ですが、ここを使うことで剣を腕の先へ突き出すようなポーズをとることが可能です。
ワイプのときはいまいち使いみちのないところでしたが…
コンボバットは得物が剣なのでここの動きが非常に役に立ってくれますな(゚∀゚)

P1740508.jpg
続いて下半身、股関節部分は前後方向・開脚方向の二軸式になっています。
前後方向はほぼ水平くらいまででですが、開脚方向は水平より30度くらい上まで脚を上げることが出来ますよ。
変形の関係で、大きめに可動範囲が撮ってあるがゆえの役得ですな( ´∀`)

P1740509.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻ってやることが可能です。
ただ、変形機構の影響で膝下がふくらはぎ側に太めなので、脚をひねると左右の足が干渉しあう場合が。
そのため、ポーズに多少制限がかかる時がありますね。

P1740510.jpg
膝は90度強、100度に届くかどうかくらいまで曲げることが可能。
ただし、膝下の内側のパーツが股間部分にぶつかるので、少し開脚した状態でないと限界までは曲がりません。
また、膝の位置がかなり高めなので、立膝系のポーズはちょっと無理ですな。

P1740511.jpg
足首は前後に曲げ伸ばしが可能。
前方向は足の甲がすねにくっつくまで、後方も(若干ふくらはぎに引っかかりますが)脚と一直線になるまでいけますね。
ただ、この足首部分は保持力が弱め。多少の差はあれどどの個体も…というかワイプの頃からここは緩めでしたな(;´∀`)
単純なはめ込み式で引っ張ればすぐ外れるパーツなので、取り外した状態で接続部分に瞬間接着剤をごく少量塗布→乾くのを待って取り付け直し、等やって補強を入れてやるとポージングの幅も広がってより遊びやすくなるかと。

P1740512.jpg
頭部はヘッドマスター次第ですが、横回転と多少の上下動が可能ですね。
付属の二体のヘッドマスターの場合は、どちらも軽く顎を引くくらいは可能ですよ。

P1740513.jpg
胴体は腰を捻れるようになっています。
また、背中の羽も開閉可能ですね。
ポージングの際の表情付けに、どっちも役に立ってくれますよ( ´∀`)

P1740514.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
多少干渉しあうぶぶんもあるものの、ポーズ付けはやりやすい方じゃないかと思います。
特に手首の動きは得物とマッチしてますからね、楽しいですよw

P1740530.jpgP1740531.jpg
P1740532.jpgP1740533.jpg
頭部すげ替えいろいろ。
今回は記事中で比較していた、色変えとかパーツ変更のもとになった連中&メガリゲーターです。
形状が一緒でも、さすがにインフィニタスは浮くかな…と思っていましたが…案外…?

P1740534.jpg
ベースになっているワイプと、ビーストモードで。
本体はカラー変更のみですが、コンボバットの方は翼に武器をくっつけるようになっています。

P1740535.jpg
そして、ビーストモードを後ろから見ると付属品の変更により尻尾が消失しているのがわかります。
これらの差により、シルエットにも多少差が出る結果になってますな。

P1740536.jpg
ロボットモードでワイプと。
色だけでなく顔と手持ち武器が異なるので、全体から受ける印象はこれまた結構違う感じに。

P1740537.jpg
首から下の形状は全く一緒なのに、顔と武器でもうしっかり別物ですからねー。
この辺の使い回しが比較的容易なのもヘッドマスターの利点、と言っていいかもですなw

P1740538.jpg
元ネタに当たる、ビーストウォーズのコンボバットと。
まずビーストモード同士ですが…形状は全然別物ですが、色はだいぶ頑張って寄せているのが分かりますねw

P1740539.jpg
ロボットモードで元ネタと。
こちらもまあ、形状としては全然別物ですw
ですが、やはりカラーリングの再現はかなり頑張ってますね。

P1740540.jpg
しかしまあ、よくワイプ→コンボバット、という発想に至ったよなあと…(;´∀`)
コウモリモチーフってくらいしか繋がり無いですからねぇw

P1740541.jpg
最後に、メガリゲーターの方にも胴体を用意。
付属のマンガ(冊子の方)通りスカル…ですが、あえての海外版スカルスマッシャーのほうのボディです。
劇中だとエンブレムがボディになかったですからね。

P1740542.jpgP1740543.jpg
劇中での対峙っぽく…
こうやってみると、やはりメガリゲーターも胴体つけてくれても良かったのになーと思っちゃいますな。
このためだけにスカルを余計に買うのもアレですしねえ(;´∀`)

P1740656.jpg
以上、トランスフォーマーレジェンズよりコンボバットでした。
色変えとパーツ変更の妙をこれでもかと楽しめて、実に良いですな。
まさにナイスバリエーション、ですね(゚∀゚)!
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーレジェンズ ヘッドマスターセット
  • トランスフォーマーレジェンズ コンドル & エイプフェイス
  • トランスフォーマーレジェンズ クロームドーム
  • トランスフォーマーレジェンズ スカル
  • トランスフォーマーレジェンズ ショックウェーブ & キャンサー
  • トランスフォーマーレジェンズ ハードヘッド
  • トランスフォーマーレジェンズ ワスピーター
  • トランスフォーマーレジェンズ ラットル(限定版)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーレジェンズ

     タグ: トランスフォーマー  レジェンズ  LGEX  コンボバット  メガリゲーター  ヘッドマスター  e-hobby  限定  ワイプ 


    Comments:8 

    ぽけ厨  

    お疲れ様です〜
    もう年の瀬か…鳥…結構いますかね。(何がとは言わない

    確かにコウモリ→人型に変わるのはあまりバリエーションはないとはいえコンボバットは驚きでしたねー。

    メガリゲーターの首が付き、スカルと組むとちょうどいい色合いになる…という企画自体は良いと思うのですが、発売月が近いわけでもない製品、しかもヘッドマスターシリーズはどいつもこいつも即完売ばかり…となれば元からスカルを持っていた人しかメガリゲーターは完成できないことになってしまうのはおかしいというより、モノはいいのに惜しいなぁ〜という感想ですね。


    2016/12/21 (Wed) 19:51 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    鳥は鳥でも「鶏」に限定するとだいぶ数を絞れる…筈
    そう言えばTRクラッシュバッシュ付属ドローンはロボチキンというスピーディアに生息する生き物らしいですが…

    コンボバットが旧コンボバットカラーをかなり頑張って再現しているので
    メガリゲーターにもボディがあればちゃんと旧メガリゲーターカラーを再現してくれたんじゃないかと思うと惜しい
    オマケのエイプXアーマーもメタルスパワードコンボイそのものに染められましたし

    ところで結局Webコミックのラストに登場したワイプのボディにナイトビートの頭部を持つ謎のTFは誰だったのでしょうか?

    2016/12/21 (Wed) 20:43 | EDIT |   

    名無しの変態  

    別にいいかなぁ〜とスルーしたコンボバットですが
    こう色々と写真で見ると「かえばよかったなぁ〜・・」と後悔
    メガリゲーター用にスカルだと現状値段がえらい事になっていますが
    海外版のスカルスマッシャーだと買いやすい価格で現状だと売っているので
    何だか余計に後悔

    2016/12/22 (Thu) 03:28 | EDIT |   

    名無し  

    第四の形態はエイプXアームズを機首に見立てたジェット形態の事かと思ってたんですが
    ワイプに付属してた盾がないので再現できないんですよね…
    エイプフェイスとマインドワイプを合体させたものはネットで見かけるんですが…

    2016/12/22 (Thu) 07:20 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    漫画の突撃形態ぽい感じのコマとその前のコマの光る二つの銃身のシルエットを見るに
    第四の形態は突撃形態からヘッドをコックピットに乗せて
    エイプXアームズをウエポンモードで頭の位置(ワイプの尻尾用接続穴)に合体させたものっぽい気がしますね
    高速で飛びながら機首のゴリラ砲で火力を補うって事で設定とも矛盾はないですし

    2016/12/23 (Fri) 06:31 | EDIT |   

    Fネガ  

    レジェンズ・コンボバットの更新お疲れ様ですー
    元のLGワイプのボディと比べてもかなりヒロイックさ増し増しで化けましたねコンボバット
    元ネタのBWコンボバットと比べてもうまくカラーリングをワイプのトランステクターに落とし込んであって別物感がすごいですよw
    海外版センチネルプライム付属のインフィニタスを使ったコンボバットのヘッドマスター頭部も見事の若コンボイらしさを演出してあってなお( ・ㅂ・)bGood!

    2016/12/24 (Sat) 19:04 | EDIT |   

    卯月サクラ  

    コンボバットの更新お疲れさまです(≧∀≦)
    やはり、色と武装がかわるだけで雰囲気ががらりと変わりますね。
    凄く格好良いです♪
    しかし、何度みても、このコウモリからの変形には驚かされますね^^

    そして今年も一年リンクして頂いて、ありがとうございます。
    どうぞ来年も宜しくお願いします^^
    それでは良いお年を~♪

    2016/12/30 (Fri) 23:15 | EDIT |   

    pyoro  

     コンボバットの全体的な配色や、モールドが細かく彫ってあるところとかに共和国ゾイドのような匂いを感じました。蝙蝠モードの顔が精悍でまともに格好いいので、動物型メカとしても満足度が高かったです。

     ホイルジャックの刀が逆手持ちでも違和感がないくらいの長さなのと、ロボットモードで手首を下に傾けられることでポージングの幅が広い。メガリゲーターの頭部がスカルの頭部とは大幅に違うので同じボディでも大幅に印象が変わる。など既存のものが効果的に組み合わせてあるところに出来のいいパズルのような気持ち良さがありました。

    2017/01/15 (Sun) 21:00 | EDIT |   

    Leave a comment