またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

16
そろそろ、年末年始の予定なんかもたてないと…な時期になってきましたね。
特に帰省の予定、交通機関の予約等々は早めにやっておきませんとな。むしろもう遅いくらい?
あとはこのブログ的に、来年の年始ネタなんか残ってるかなーとかも…来年は酉年かー…

と、鬼が笑うとはいうけど考えてはおかんとねーとか思いつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーアドベンチャー・マイクロンの章より、スタースクリームです。
P1710676.jpg
先日の海外版のときにやったので、プライム版等々との比較は今回あえて省略。

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1710754.jpgP1710757.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーアドベンチャー・マイクロンの章よりスタースクリーム。
先日海外版は紹介済みですね。
このスタースクリームと同時発売のゴッドオプティマスはいつものアドベンチャー系列玩具とはとちょっと違うタイミングでの発売でしたが、きっと11/13からのアニマックスでのTFアドベンチャーの放送再開に合わせたんでしょうなw

P1710760.jpgP1710766.jpg
P1710770.jpgP1710775.jpg
ビークルモードでぐるっと。戦闘機ですね。
海外版のときも書きましたが、機体の薄さがすごいですな…!
ランディングギアのたぐいが内蔵されていないのはちょっと残念なところですが、この薄さは流石の一言です( ´∀`)

P1710780.jpg
ところでこのスタースクリームですが…
TFアドベンチャー本編にもしっかり出演予定。
活躍が期待されるところです…
ただ、ハイパーサージスタースクリームの声を聴く限り声優さんはプライムのときとは違う、ような気がしますね。

P1710786.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
翼にくっついている武器を取り外し、翼を後方へ回転します。
さらに、その下にあるロボ腕と機体とのジョイントを外し、横に広げてやります。

P1710790.jpg
ロボ腕を広げたら、その付け根の赤いパーツと機体中央部のジョイントを解除。
機首側へ移動して、コクピット後部付け根あたりで固定します。
併せて、翼の基部と胴体もジョイントを外し、翼が腕と干渉しないように翼の基部を回しながら機首側へ移動。
このとき、機首もビークル時の底面側へ折り曲げて、この主翼基部と胴体で挟むようにして固定します。

P1710792.jpg
機体後部を左右に分割、それぞれを伸ばして先端を折り曲げ、ロボ脚に。
足ができたら立たせてやり、ロボ腕の先端を伸ばして手首を出します。
あとは各部の位置を調節し、最初に外した武器を腕にくっつけてあげれば変形完了ですね。

P1710798.jpgP1710802.jpg
ロボットモード。
海外版のときも書きましたが、プライムの時からガラッと雰囲気が変わりましたな(;´∀`)
G1版を彷彿とさせるスタイルに大幅イメチェンを果たしておりますよw

P1710805.jpgP1710808.jpg
P1710811.jpgP1710814.jpg
ロボットモードでぐるっとひと回り。
当然ながら体型自体は海外版のそれと変わりません。
日本版では色が増えたことでよりG1風味が増した感じになっていますね。あくまで風味、ですがw
そしてやっぱり、肩アーマーと背中の翼の配置の関係で、G1でも特にザ・ムービー版の戴冠式のときの格好が思い出されますなw

P1710817.jpgP1710820.jpg
顔周り。
画風はアドベンチャー系ですが、こちらもG1風味がだいぶ強まった感じに。
ニヤケ顔じゃないのがプライム系スタスクとしては珍しい、かもですね。
そして、日本版になって顎の出っ張り部分にグレー塗装が追加されておりますな。

P1710823.jpgP1710826.jpg
腕部。
説明書上では武器付きがデフォルト、のような説明でしたのでまずは武器あり状態で。
海外版では肩の上側は水色でしたが、ここがグレーに変わってちょっと渋めな感じになりましたね。

P1710829.jpgP1710832.jpg
武器なし状態の腕部。
腕の穴は5ミリ径相当なので、付属の銃以外の武器もセット可能です。
武器系のマイクロンをくっつけてみるのも面白いかもしれませんなw

P1710834.jpg
胴体。
こちらも海外版からちょこちょこ色が増えています。
特に胸元に濃いグレーが追加されているのが目立ちますかね。
しかしこのグレー、顔や肩、膝なんかに使われているわけですが。
もしかしたらプライム版の名残をイメージしてる部分もあるのかもですね。
なんとなくプライム版のボディカラーっぽいグレーな気がしますし…w

P1710838.jpg
背面。
海外版を紹介した際に「背中の翼の定位置がわからない」と書いていたんですが…
どうも、画像くらいの角度で止めるのが正解ということになるみたいですね。

P1710842.jpg
というのも、今回の日本版では画像の赤丸のところの突起がストッパーになって翼の回転を止めるようになっています。
ただしそんなにがっちり止めているわけではなく、力を入れるとこの突起を乗り越えちゃいますが…w
また、個体によっては翼の回転部分に少しぐらつきがあり、その分の余裕で引っかかりが機能しなくなったりもしているようです。
ですがまあ、説明書の方もこのストッパーのところで止めるような感じで指示されていますし、ここで止めるのが正解…と思っていいんでしょうね。
( ´∀`)<なお、海外版でも翼の回転部分を押さえながら翼を回すとこのストッパー部分で引っかかって止まることを確認済みです

P1710846.jpg
脚部。
膝の色が変わったのが海外版からの変更点ですな。
ふくらはぎ部分が変形の関係で空洞なのが気になる人は気になる、かもしれないですな。

P1710853.jpg
付属武器の銃。
ビークルモードでは翼の先にくっついているものですね。
前腕部分にくっつけているのはプライム時代の腕ミサイルの名残、かも。

P1710857.jpg
(日本版の)説明書等には特に説明はないですが、銃は手持ちすることも可能。
大きさ的にも、手持ちでも特に違和感はないですな( ´∀`)

P1710890.jpg
可動に関して。
細かい調整を除けば海外版と差はありません…と言いたいところですが、一箇所だけなんだか違うところが。

P1710891.jpg
まず腕周り。
肩は前後方向・横方向の二軸式ですね。
肩アーマーが前後に回るようになっており、その内部で腕が横方向の可動軸によってくっついている…という仕組みです。

P1710892.jpg
前後方向の回転軸は、背中の翼があるので一回転は無理。
腕が翼にぶつからない範囲、斜め後方から前方に関しては引っかかりなく回転できます。
横方向は真横よりちょっと上まで腕を上げられます。
もちろん、腕を横に伸ばした状態なら翼に腕はぶつからないので、肩を前後に一回転できるようになりますよ。

P1710893.jpg
但し、武器を付けた状態だと微妙に肩アーマーと武器が干渉するので、横方向の限界までは腕が上がらなくなりますな。
とはいっても、ほぼ水平まではいけますが…w
また、構造上胴体中央側にも腕を曲げることが可能。
45度位まで腕を寄せられるので、柄の長い武器なら両手持ちもできそうです。

P1710894.jpg
肘はボールジョイント接続です。
90度よりやや深め、100~120度くらいまで曲げることが出来ますね。
また、腕にロール軸が設けられていないため、ここで腕のひねりもカバーする形になりますな。

P1710895.jpg
手首は変形機構の関係で小指側に曲げてやることが可能。
付属武器ではあまり使いみちのない動きですが、剣系の武器があれば切っ先を相手に向けるようなポーズを取ることが出来ますね。

P1710896.jpg
続いて下半身、股関節はボールジョイントです。
具体的な可動範囲としては、前方向がほぼ水平まで、後方も同じくらい。
開脚方向は45度くらいまでがいっぱいのようです。
で、実は上の方で書いた「なんだか違うところ」というのがこの開脚方向の動き。

P1710989.jpg
上の画像は問題の股関節部分を実際に海外版と比べてみたところ。
こんな感じでアドベンチャー版は太腿パーツ上側の切欠きが海外版より浅くなっていまして。
この影響で、開脚方向の可動幅が狭めになっているようなんです。
海外版は完全に真横まで開脚できる(日本で売ってるトイザらス限定の「海外版」の方は未確認)ので、この部分だけ可動範囲が明らかに違っているということになりますな…

P1710897.jpg
海外版との違いから可動の話に戻りまして。
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れるようになっています。
股関節のボールジョイントでもある程度ひねりることができるので、あわせて使うといいですな。

P1710898.jpg
膝は90度強曲げることが可能です。
加えて、変形時に使う膝内側のアームと膝部分のジョイントを外してやれば重関節的に膝を大きく曲げることも可能。
ただし、膝ではないところから曲がる格好になるので、あまり派手に使うと見た目的に変なことに(;´∀`)

P1710899.jpg
足首は前後に曲げ伸ばしが可能です。
脚と一直線の状態から、直立時より少しつま先を上げた状態まで曲げ伸ばしが可能です。
曲げすぎるとちょっと前に重心がよりすぎるのと、くるぶし部分のガワが地面すれすれまで来ている関係上、曲げ具合次第では立たせにくくなることがあるのでそこのところはちょっと要注意ですね。

P1710900.jpg
頭部は横方向に回すことが可能。
襟と顎が干渉するので一回転はできません。
45~60度くらいまで横を向くのが限界ですね。
もうちょっと横まで向けると良かったかな~、というところですな。

P1710901.jpg
胴体部分は可動なし。
デザイン的には腰とか捻れそうにも見えますが、背中の主翼パーツが腰から伸びてますからねー…
手足の動きで上手いことカバーしてやるといい感じに見えますねw

P1710902.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
ほかには、変形機構を使って背中の翼を開閉することが出来ますね。
これはポーズに合わせて定位置から開いたりしてやると動きが出ていいかもしれません。
トータルとしては、もう一息!というところもなくはないですが、基本的に扱いやすいやつではあると思います( ´∀`)

P1710950.jpg
海外版とビークルモードで。
同じように見えて、結構色が違いますな。
色が増えたぶん、日本版が若干派手目ですね。

P1710951.jpg
海外版とロボットモードで。
こちらも色が増えているのがわかりますね。
成型色も、よくよく見ると若干色味が違っていたり。
海外版の方はすこ~し赤がワインレッド寄り、太腿や上腕も青っぽいですね。

P1710952.jpg
色以外の違いとしては、上の方に書いた股関節部分の可動の差が特に目立ちますな。
色々確認してみたところ、うちのスタスクの股関節だけがこうなっているわけでもないようですから仕様ではあるようで。
しかし、そのまんまでいいのになんでまた今回に限って…(;´∀`)

P1710953.jpg
以上、トランスフォーマーアドベンチャー・マイクロンの章よりスタースクリームでした。
海外版との違い等、気になるところもなくはないですが…
それでもやっぱり、扱いやすくていい感じのブツだと思いますよ( ´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 ラチェット
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 ビスク
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 ネメシスプライム
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 ジェフリープライム
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 ウインドブレード
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 スコルポノック
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 オーバーロード
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンの章 ボルケーノ&グリムロック火山アーマー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーアドベンチャー

     タグ: トランスフォーマー  アドベンチャー  マイクロンの章  TAV62  トイザらス  限定  ディセプティコン  スタースクリーム 


    Comments:5 

    名無しの変態  

    股関節が海外版と若干違う感じになっているのはビックリ
    ネット通販系だとどこもかしこもプレミア価格でビックリ
    欲しくなって近くのヤマダに在庫あれば嬉しいなぁ程度の気持ちで行ったら
    在庫があったので即購入、レジェンズ系より取扱店も多いので実店舗で探した方が
    いいかもしれないブツですねぇ
    首の可動が横にしか動かないのは残念だったので改造してボールジョイントにしました。
    何気に顔パーツも一体成型で裏が、がっつり肉抜きされているのはちと
    萎える(改造はそのおかげで楽でしたが)

    2016/11/18 (Fri) 05:14 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    日本ザらス限定版と日本版を購入した友人によれば股関節の改修は日本ザらスで流通した時から既にされていたとか…
    後に出る中身はザらス限定版と同じであろう海外通常版とそのリカラーのスカイワープではどうなっているのか気になりますね。この手の改修箇所は元に戻せない事が多いので日本版と同じ仕様である可能性が高いですが
    しかし何故ここにきて股関節を改修したのやら…海外の初版ってそんな足のボールジョイント外れやすかったんですかね?
    個人的にはパラロン(スカベンジャー)の股関節が外れやすかった事が気になりましたが

    2016/11/18 (Fri) 10:23 | EDIT |   

    ぽけ厨  

    一週間遅れになりましたが買って来ました〜

    海外版を持ってないと分からないとはいえ、国内版の方が可動範囲が狭まっているのは珍しい話ですね。強度が足りなかったのか、はたまた別の問題があるのか…

    最近のアドベンチャーの例にもれず、これもとても良い出来ですね。個人的には単品売りマイクロンが劇中の多くのキャラのように前腕部の深いジョイントにつけられるのがポイント高いです。

    2016/11/20 (Sun) 14:01 | EDIT |   

    Fネガ  

    マイクロンの章スタースクリームのレビューお疲れ様ですー
    海外トイザらスで先行で発売されていたスタースクリームと比べるとTAV版スタースクリームは細かいモールドまで塗り分けがされていて一段といいですなー
    しかし地元ではTAVの入荷が一段と少なめになってこのスタースクリームがプレ値でしか手に入らない状況なのが唯一の難点ですかねえ・・・

    2016/11/20 (Sun) 20:10 | EDIT |   

    tagoal  

    stskれすJP

    >名無しの変態さん
    股関節はほんと、私も気がついたときはびっくりでした(;´∀`)
    さすがの人気キャラ、ということでしょうなー…>プレミア

    >さすりゅ~さん
    日本版の海外版(何 の時点で股関節はいまのになっていた、と言うのは私も後に確認しました。
    元の海外版、別に脚外れやすいとかなかったですけどねー…
    さて、スカイワープとかはどうなるやらですなw

    >ぽけ厨さん
    股関節部分はほんと謎ですよね~。
    緩めなのは海外版はどれもそうですし、破損したとかも聞いたことはないんですが…
    腕の穴は色々応用がきいていいですよな( ´∀`)

    >Fネガさん
    数が少なめな上人気キャラですからねえ…
    ある程度はしょうがないとは言え、買いにくいのはちときついですな(;´∀`)

    2016/12/15 (Thu) 17:40 | EDIT |   

    Leave a comment