またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

11
11月11日、ポッキーの日ですなー。
普段あまりお菓子は食べないんですが、こう言われるとなんとなくポッキー食べたくなってきますな…w

と、チョロさを発揮しつつ今回のネタへ。
ZA(ZOIDS AGRESSIVE)の第4弾、ブレードライガーABです。
P1710216.jpg
諸々の事情(主に仕事)でなかなか買いに行けなかったところ、先週末ようやくゲットできました(;´∀`)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1710381.jpgP1710385.jpg
ということで、今回はZA第4弾・ブレードライガーAB。
ムラサメライガー・ハヤテライガー・ムゲンライガーとゾイドジェネシスのゾイドから一転、バトスト及び無印アニメからの登場になりました。

P1710388.jpgP1710391.jpg
P1710394.jpgP1710399.jpg
まずは素のブレードライガーの状態で、ぐるっとひと回り。
全体的に若干アレンジの入ったデザインになっています。
特に、頭部上の後方に大きく伸びるたてがみパーツ(うさ耳、と言われることもあるところ)の形状および頭へのくっつき方が変わっていまして。
やや縦長かつ少し上方向へ伸びた後後方へ折れ曲がって伸びる、というデザインになっておりますよ。

P1710402.jpgP1710405.jpg
上下から。
ムラサメ系列よりもメカニカルな感じのブロック感のあるデザインになっています。
とは言え実は骨組み的なところは設計を流用しているようで、ムラサメ系列同様に引き出し式の関節が仕込まれておりますよ。

P1710408.jpgP1710410.jpg
頭部周り。
前述のとおり、たてがみが少し縦方向に広がり気味な感じになっているのが特徴的ですね。
口部分は手動で開閉することが可能となっておりますよ。

P1710415.jpgP1710417.jpg
さらに、たてがみパーツの内上下の中央部、および顔の両サイドの部分も手動で動かすことが可能。
左右のパーツはポージングの際足と頭の干渉を避ける意味でも非常に有用ですね。

P1710428.jpgP1710429.jpg
コクピットのキャノピーも手動開閉が可能。
中身はきちんと複座になっておりますが、バン&フィーネもしくは共和国パイロットは搭乗していません。
適当なサイズの人形を見つけてきてくっつけてやる(狭いので座らせるのはちょっと無理)のもいいかもですな。

P1710436.jpg
前足部分。
元デザインのとおり、キャップがはまっているあたりに可動軸が設けられており曲げ伸ばしすることが可能です。

P1710438.jpgP1710441.jpg
また、肩の所にあるコンプレッションリフジェネレイター部分は手動で展開状態にすることも可能。
コンプレッションリフジェネレイターと脚はヒンジでつながっており、一旦後ろ側へ引き伸ばしてからヒンジを曲げて定位置へ持っていく感じです。

P1710447.jpg
後ろ脚。
前脚と同じく、キャップのあるところで曲げ伸ばしができるようになっています。
曲がる部分は前脚より一箇所多いですね。
初期共和国ゾイドの影響がまだ強めに残っている頃の機体なので、装甲は少なめで脚部フレームそのまま、な感じもありますな。

P1710448.jpgP1710453.jpg
後ろ足の付け根のコンプレッションリフジェネレイターも、前脚同様に展開することが可能。
手順も前脚と同じく、一端後ろに引き伸ばしてから曲げる、という形になります。

P1710456.jpg
尻尾。
ムラサメ系列と同じく、尻尾本体はベンダブル仕様となっておりぐねぐねと曲げることが可能です。
個人的には、元ネタのキットと同じく軽く波打たせるくらいが好みですなw
尻尾と胴体の接続部分は上下にある程度振れるようになっているので、パーツに付加をかけずに(ある程度ですが)表情をつけることも出来ますね。

P1710458.jpg
背面。
頭のすぐ後ろには装甲板がありますが、ここを開くと…

P1710461.jpg
中にブースターがあり、展開状態を再現可能。
本家のように連動ギミックこそありませんが、その分展開する角度には融通がききますね( ´∀`)

P1710468.jpg
背面。
ブレードライガーの代名詞、レーザーブレードが見えますね。
未使用時はこんな感じで背中の上にたたんでおきます。

P1710474.jpg
ブレードはもちろん展開可能。
横に広げる際には前脚のコンプレッションリフジェネレイター部分がじゃまになる場合もありますが、そのときは適宜開いて避けてやるといいでしょう( ・∀・)

P1710477.jpg
さらに、ブレードの切っ先を前に向けることも可能です。
収納状態で前に向けてパルスレーザーガン使用状態にするもよし、展開時に前を向けて最終回の突撃を再現して遊ぶもよし、ですw

P1710486.jpg
胴体を下から。
前部に据え付けられている二連装ショックカノンは一見中央部につながっているようにみえますが、可動するアームが中央部に伸びているだけ。
可動の邪魔にはなりませんが、少し気をつけないと「胴体からパイプが外れてるーΣ(゚д゚lll)ガーン」となることも。

P1710490.jpg
胴体中央部ロックの底面パーツは、ディスプレイスタンド用の穴が空いたものと交換が可能。
ここは普段そうそう見える場所でもないので、別に穴空きパーツを常時つけっぱなしにしてもさほど不便はないような気はしますw

P1710500.jpgP1710501.jpg
付属品のアタックブースターを装着し、ブレードライガーABに。
今回の製品としてはこちらがフル装備状態、ということになりますな。

P1710502.jpgP1710503.jpg
P1710504.jpgP1710505.jpg
ブレードライガーABの状態で一回り。
だいぶハッタリの効いた姿になりましたなw
アタックブースターが胴体に対してだいぶ大きめということもあり、迫力は十分でしょう( ´∀`)

P1710510.jpg
アタックブースターはこんな感じでブレードと同じ支柱部分に取り付けます。
この際に、ブレードの根元のキャップを外さないといけません。
元ネタとの再現になっているわけですが、ZAは小さいぶんキャップもかなり小さくてなくす危険が…(;´∀`)

P1710511.jpg
ブースターの接続部分を横から見るとこんな感じ。
がっちりアームにはまるのでポロッと取れたりする心配は皆無ですが、かなりガッチリくっつくため取り外す際にちょっとヒヤヒヤしますw

P1710520.jpgP1710523.jpg
アタックブースターの上部は手動で展開可能。
中身にはばっちりブースターが仕込まれておりますよ。
そして内蔵ブースターの先天部分も展開可能です。

P1710532.jpg
ブースターをグルッと回して前に向け、先端を引き伸ばしてやればハイデンシティビームキャノンに。
たてがみに少し当たるので、その場合はアームをちょっと広げてやるのもいいですね。

P1710535.jpg
ブースターが追加でくっついたかたちになるブレードですが、もちろんそのまま展開状態にしてやることも出来ます。
さすがに、ブースターの向き次第では脚に引っかかってしまいますけどね(;´∀`)

P1710539.jpg
特典のフライングベースR。
コトブキヤの直営店で購入すると先着でもらえます。
正直、まだ残ってるとは思ってませんでした…w

P1710542.jpg
フライングベースを組み立てるとこんな感じに。
以前、D-スタイル版のブレードライガーについてきたものとそっくりですw

P1710545.jpg
ベースにブレードライガーを適当に乗っけるとこうなります。
アームの曲がっている部分はそのままだと保持力弱め。
関節部分のネジを増し締めしてきつくしてやると、いい感じにディスプレイできますな。

P1710548.jpgP1710551.jpg
可動に関して…のまえに、全身の引き出し機構について。
デザインこそ違えど基本の構造はムラサメ系列とほぼ同じようで、胴体の中ほどと腰周辺、格脚の付け根部分を引き出すことで可動範囲を大きく広げることができるようになっています。
首のところは下方向に曲げて伸ばすようになっているようで、ここだけムラサメ系とは少し違うみたいですね。
引き出し部分は可動範囲が広がる代わりに見栄えが良くなくなり保持力も下がるので、必要な部分を都度伸ばしてあげるといい感じになりますな。

P1710560.jpg
では、改めて可動の話。
上述の通り、ムラサメ系と同じ構造の部分も多いので触っていてにた印象を受ける部分も多いですね。
ガワが完全に別物になっていますから、全く同じではないですけども…

P1710561.jpg
まずは脚部、前脚から。
付け根部分はボールジョイントで、そこと前脚の接続部分がヒンジによる引き出関節になっています。
そこから先はキャップのある部分が前後方向の軸関節、爪の部分はボールジョイント接続で、曲げ伸ばしとひねりを入れられるようになっておりますよ。

P1710562.jpg
前脚の付け根部分は、引き伸ばしていない状態では前後方向への回転が可能です。
引き出し部分を引っ張りだすことで、最大で45度くらいまで程度脚を開けるようになります。
加えて、引き出し関節の根元部分が前後に回る用に出来ているため、ひねりを入れられますね。
肩の出っ張り(コンプレッションリフジェネレイター部分)を動かせるので、ムラサメ系よりも大きくひねることが出来ますな。

P1710563.jpg
キャップの部分は前後に曲げ伸ばし可能です。
3箇所それぞれ動かせますが、合わせるとかなり深く曲げ伸ばしも可能。。
前方向に目一杯曲げると足裏が真正面に見えるくらい、後ろ方向も肩を動かさず足首を真後ろに向けられるくらいまではいけますね。

P1710564.jpg
爪は上下45~60度くらいの範囲で曲げ伸ばしができます。
横にも捻れるため、設置性は良好です。
立たせる際には爪をきっちり接地させてやると見た目に安定感が出ますね。
結構忘れやすいですが(;´∀`)

P1710565.jpg
続いて後脚。
作り自体は前脚と同じ系統で、根元とキャップ部分、爪のところが動かせるようになっています。
根元部分は前脚同様、縮めた状態ではほぼ前後回転のみ。
引き出すことで、ハの字に開いたりひねったりが可能になりますよ。

P1710566.jpg
キャップ部分も前脚と同じく、前後に曲げ伸ばしが可能。
前脚より一箇所曲げられる部分が多いので、更に大きく曲げ伸ばし可能ですね。

P1710567.jpg
爪部分は前脚と同じ可動範囲。
パーツ自体も同じものだったりしますw

P1710568.jpg
次に頭部。
頭と首の境目部分は、首をかしげる方向に捻ったり上下左右に曲げたりが可能。
首と胴の境目は、少し首を下げるような形で引っ張り出すことが可能です。

P1710569.jpg
頭部は動かす際たてがみが周りと干渉しまくりますが、そこは可動部分を使って
上手いこと避けてやるといい感じですね。
一番大きいうさ耳部分が動かないので、ブレードやアタックブースターを前に向けるときにはちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。

P1710570.jpg
胴体は引き出し部分を押し込んだままでは動く部分なし。
ですが、引き出し関節を開放すると胸のところで左右、腰は上下に曲げ伸ばし可能になります。
ここにひねりが入ると更によかったかなあ、という感じはありますが、これでも結構いい感じに動いてはくれますよ。

P1710571.jpg
尻尾は前述の通りベンダブル仕様で、中身は針金なのでどこからでも自由に曲げることが可能。
更に根元部分から上下に振ってやることも可能です。
自由度はすごく高いですが、やはり中身が中身なので曲げ過ぎ伸ばし過ぎには気をつけたいところですな。

P1710572.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
元のデザインの関係もありますが、ムラサメ系列から可動範囲は若干アップしてるかなーと言った所。
背中のブレードはムラサメ系のほうがずっとフレキシブルに動かせましたが、これはもともとのギミックが別物ですからねw

P1710573.jpg
また、構造的にはそこまで劇的に変わったわけでもないんですが、全体的な印象として扱いやすさが向上している感じ。
というのも、これまた元のデザインの関係ではあるんですが…トゲトゲが少ないので、触っていて手が痛くないんですよねw
ムラサメ系は凄くシャープで格好いいんですが、触ってると手にチクチク刺さって微妙に痛かったので…w

P1710574.jpg
そのほか遊ぶ際に気をつけた方が良さそうなところと言えば…
破損防止のためかと思いますが、脚の付け根と首と胴の境目部分は無理に動かそうとすると関節がすっぽ抜けます。
それはいいんですが、特に脚の付け根部分…関節自体が折りたたみ式なので、はめ込み直すのがやや面倒です(;´∀`)
なるべく関節が外れないよう、気をつけたほうが楽ですな。

P1710580.jpg
本家タカラトミー版のブレードライガー+アタックブースターと。
72分の1と100分の1なので大きさが違うのはもちろんのこと、各パーツのバランスが結構違います。
ZA版のほうがだいぶ小顔ですね。
そして、うさ耳…頭頂部左右のたてがみの角度にだいぶ違いがあるのがよくわかりますな。

P1710581.jpg
さらにHMM版のブレードライガーABも加えて。
スタイルは三者三様、と言った感じですね。今回のものは本家とHMMの間くらいな感じ。

P1710585.jpgP1710586.jpg
以上、ZA版ブレードライガーABでした。
ライガー系4つ目、ということでだいぶこなれてきて、遊びやすく仕上がってるのがいいですね。
今月にはジェノブレイカーも出ますし、一緒に遊ぶのもまた楽しみですな(゚∀゚)!
amazon
    
関連記事一覧
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA003 ムゲンライガー
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA002 ハヤテライガー
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA001 ムラサメライガー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSZA

     タグ: ゾイド  ZA  ZA004  ヘリック共和国  ブレードライガー  アタックブースター  コトブキヤ 


    Comments:0 


    Leave a comment