またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

16
金曜日ですなー。
そして今度の休みは連休ですね(゚∀゚)<人によっては次の祝日までつなげて…
今回は特に何か予定があるわけではないんですが。
休みというだけで何となく嬉しくなってくるものです…ですよね?

さて、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーレジェンズより、スカルです。
P1620021.jpg
唐突にちょっと前のものに遡り、ですw

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1660862.jpgP1660866.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーレジェンズよりスカル。
日本版ヘッドマスター組第一弾の一つですね。
発売からはもう結構経っていますが…
先日、e-hobby限定のコンボバットについてくるメガリゲーターの胴体としても漫画に登場。
そのため、そっち方面での需要もありそうな感じですねw

P1660873.jpgP1660878.jpg
P1660881.jpgP1660885.jpg
ビーストモードでぐるっと。メカワニですね。
うちでは以前海外版を紹介済みですが、あれとはマーキングや各部塗り分けなどが若干違っています。
海外版は旧玩具の再現、こちらはアニメ(ザ☆ヘッドマスターズの方)イメージっぽくまとまっておりますよ。

P1660900.jpgP1660903.jpg
ワニの背面はハッチがあり、手動で開閉可能。
ここにはヘッドマスターをのせることが可能です。
ここの蓋、海外版と同様軟質素材なのできれいに開け閉めしにくいのがちょっと面倒なところですな。
特に閉める方がなかなか…なれるまでは押し込みすぎて内側にはいり込んだり、とかは良くありますw

P1660907.jpg
ヘッドマスターを実際に乗せるとこんな感じ。
内部には座席があるので、そこに座らせている格好です。

P1660910.jpg
ヘッドマスターを乗せた上で蓋を締めた状態。
蓋は一応一部透明になっているんですが、色が濃いので中の人はほぼ見えません(;´∀`)

P1660913.jpgP1660914.jpg
ワニの口は手動で開閉可能。
元ネタに当たるG1版スカルの場合、ヘッドマスターはこの中に座っていましたなw

P1660917.jpgP1660921.jpg
P1660930.jpgP1660935.jpg
ワニの首はボールジョイント接続なので、上下左右にある程度曲げたり、ひねることが可能です。
それほど大きく動くわけではないですが、結構動いてる感は出せますね。

P1660939.jpgP1660942.jpg
尻尾の方も、左右に振ることが可能。
角度で言えば30度ちょっと…といったところですかね。
こちらはロボットモード時取り外して武器にする関係上、あまり無理に曲げると外れちゃいます。
なのでそこだけ注意ですなw

P1660951.jpg
前脚にはヘッドマスター用の小さいピンが。
このピンを足の裏に差し込むことで、安定して立たせてやれるわけですね。

P1660954.jpg
そのほか、ワニ状態での可動する部分といえば前後の足。
前脚は前後回転と折り曲がっているところ(肘相当?)での曲げ伸ばし、赤紫パーツのところからのひねりが可能。
後ろ脚は付け根のところがボールジョイントなので、そこで前後回転と多少の開閉が可能ですね。
後ろ脚はロボットモード時に固定する部分があるので、そこに引っかからないようちょっとだけ注意が必要です。

P1660968.jpgP1660971.jpg
ここでトランステクター側からは一旦離れて、ヘッドマスターの方へ。
レジェンズ版のヘッドマスターは特に名前を持たない…というか、こっちが「スカル」自身という扱いですな。

P1660976.jpgP1660980.jpg
P1660983.jpgP1660986.jpg
ぐるっとひと回り。
レジェンズ版のヘッドマスターは、背中の大きい方の顔だけでなく、単体モード時の顔やその他の部分もしっかり塗装されているのが特徴ですな。
おかげで細かいディテールもだいぶわかりやすく…( ´∀`)

P1660991.jpg
ヘッドマスター単体での可動は、他のヘッドマスターや海外版タイタンマスターと同様。
肩のところと首の付根がボールジョイントで可動し、脚は両足一体の状態で股関節が前側、膝部分が前後に曲げられます。

P1660995.jpg
海外版のスカルスマッシャー付属のタイタンマスター、グラックスと。
基本のデザインは一緒ですが、顔の塗装が違うので別人度はだいぶ高いですな。

P1660999.jpg
グラックスとセットで背面から。
背負っている顔のデザインが全く違うため、後ろから見ると同じボディには見えませんなw

P1670003.jpg
ヘッドマスターを頭部モードへトランスフォーム。
腕を胴に添わせて脚を胴体前側にコの字にたたみ、上下をひっくり返したら背中の顔を正面にして完了です。

P1670012.jpgP1670014.jpg
頭部モード。
アニメ版よりの、赤いゴーグル目の顔になっておりますな。

P1670022.jpgP1670026.jpg
P1670030.jpgP1670035.jpg
ぐるっとひと回り。
手足が黒で顔部分のヘルメットも黒、ということで、全体的に統一感が強く感じられますねw

P1670040.jpg
頭部モードのグラックスと。
顔面だけでなく、全体的にもう完全に別物ですねw

P1670044.jpg
トランステクターの方へ戻って、ロボットモードへトランスフォーム。
尻尾を外して分解し、武器にしたら、後ろ脚を胴体に固定。
その後ワニの胴体後ろ側を左右に分割。
尻尾の根元だったところを軸に、パチっと固定されるまで後方へ回します。
あわせて、ワニの頭をグルッと背中の方へ。

P1670050.jpg
伸ばしたワニの胴体後部の先端からつま先パーツを出し、立たせます。
ワニの前脚を左右に伸ばし、さらに根元部分を横へ回転。
前脚を胴体の左右へもっていきます。

P1670054.jpg
ワニ前脚の爪を持ち上げ、前脚先端からロボ手首を回して出します。
これでひとまず胴体の変形は完了。

P1670057.jpg
最後に、頭部モードのヘッドマスターを首のところにヘッドオン。
あとは各部の位置を整えてやれば出来上がりですね。

P1670063.jpgP1670069.jpg
ロボットモード。
海外版の時にも書きましたが、なかなかいいスタイルしてらっしゃいますなw

P1670075.jpgP1670079.jpg
P1670086.jpgP1670089.jpg
ぐるっとひと回り。
脚の後側、特にかかとのところが空洞になっているので、姿勢によってはやや立たせにくいことがありますね。
それ以外は、全体的にスッキリまとまってていい感じではないかと思います( ´∀`)

P1670093.jpg
腕部。ワニの前脚だった部分ですね。
ワニの前脚としてのの可動部分もあるので、動くところが多いのが特徴ですな。
また、ワニのツメはあえてビースト時の位置に戻すことでメリケンサックの用な感じにもできますよw

P1670097.jpg
胴体。
後ほど海外版とも並べてみますが、胸や腰といった白い部分が真っ白に。
さらに、胸の真ん中にはデストロンのエンブレムが付いたのが大きな違いになりますかね。
緑と赤紫の部分の成型色は(多分)ほぼ一緒なんですが、白っぽいところが純白になったことでだいぶビビッドな感じに…

P1670104.jpg
背面。
ワニの頭で見えませんが、お尻のところには各種スタンドに対応する3ミリ穴が。
TF専用スタンドや某魂STAGEを使ってディスプレイできますなw

P1670114.jpg
脚部。
上の方でもちょっと触れましたが、膝下部分は後方が空洞。
特に踵部分がごっそり無いので、姿勢によっては後ろにひっくり返ってしまいます。
この点は、ちょっと要注意ポイントですな。

P1670117.jpgP1670119.jpg
付属武器…のまえに、パートナードローンのバトラ。
バードタイプということで「バード」からもじったんだとは思いますが、
個人的にはバトラと言われるとこう…バトルモスラが…(;´∀`)

P1670124.jpgP1670128.jpg
P1670131.jpgP1670135.jpg
バトラのバードモードをぐるっと。
鳥というか、ドラゴン系っぽくも見えるんですよねー、ワイバーンとかそんな系の。
なお、脚と翼はボールジョイントで前後左右に可動、首も上下に動かすことができますよ。

P1670140.jpg
バトラの胴体の後側、パーツが後方へ伸びている部分にはヘッドマスターを乗せてやることが可能です。
ちょっと前かがみにして、手を翼の根元に持って行ってやると自然な乗りっぷりを演出してやれますよw

P1670153.jpg
そして、バトラのもう一つの形態へトランスフォーム。
先ほどヘッドマスターを立たせていたパーツに、今度は
背中を添わせるような感じで、バトラの胴体の凹みにヘッドマスターの頭をはめ込みます。
その状態でヘッドマスターの腕を前に出し、翼でヘッドマスターの体を包むように閉じます。
背中側のパーツとヘッドマスターの脚の先、翼をジョイントしたら、バトラの脚をぐるっと回転。
鳥の頭を尻尾として後方に向ければ完成ですね。

P1670157.jpgP1670161.jpg
バトラの恐竜モード。
付属漫画では、この形態は胴体内に収納するヘッドマスターを拘束するものとされています。
劇中ではクロームドームが取り込まれ、結局最後までそのまんまにw

P1670164.jpgP1670167.jpg
P1670171.jpgP1670174.jpg
ぐるっとひと回り。
ヘッドマスターの脚を下顎に見立て、腕をそのまんま使うというダイナミックなパーツ配置が面白いですね。
ちなみに、海外版ではこのビークルの当初の相方はクラッシュバッシュ。
下顎になるのを見越して、脚に歯のモールドが彫られていたりしますよw

P1670179.jpg
恐竜モードでの可動ですが…
脚が鳥モードの時と同じく前後回転&ある程度横に開けます。
他には尻尾の上下、あとは胴体内のヘッドマスターの手と、口の開閉ができるくらいですね。
小さい割にそこそこ動いて、ちょっと可愛いですよw

P1670186.jpgP1670189.jpg
ベースになったクラッシュバッシュ(のミニビークル)と。
形状そのものは全く一緒で、色と相方が違うだけですね。
もちろん相方の交換も可能ですw

P1670193.jpg
鳥モードで翼を閉じ、頭を底面部分に密着するまで回転。
脚を胴体から出ているジョイントにはめ込んで固定し、底面に有るグリップを出してやれば武器モードに。
翼部分の固定がちょっと甘いですが、大きめの銃として持たせることができますよ。

P1670198.jpg
付属武器の銃。
尻尾の先に収まっていたものですね。
大きさ的にも、一番手頃な武器ですな。

P1670201.jpg
付属武器その2(3?)、尻尾。
元ネタでは剣として持っていましたが、こちらでは大きめの銃かもしくは槍、と言った感じに。

P1670203.jpg
銃と尻尾はくっつけたままの状態でも武器として持てます。
というか、パッケージイラストではこの状態で装備していますなw

P1670204.jpg
更にこの尻尾、上下をひっくり返すと空洞がありまして。
ここにはヘッドマスターを搭乗させることが出来ますよ。

P1670207.jpg
実際に乗せるとこんな感じ。
尻尾の上面にある銃身っぽいパーツを立てて、そこをもたせています。
付属漫画ではこの状態が小型ビークルあつかいのようで、ウィアードウルフが乗って飛行していましたなw

P1670210.jpg
また、この上下ひっくり返した状態ではこんな感じで逆手に持ってやることも出来ます。
むしろ、こっちのほうが見た目にはスッキリしているかもですねw

P1670214.jpg
さらに、ワニモードの時に尻尾を上下ひっくり返して装着してやれば、砲台に早変わり。
いろいろと使いみち豊富ですw

P1670222.jpg
付属漫画。
話的にはハードヘッド付属のものからの続きにあたりますね。
サイバトロンヘッドマスターとアクサロン社が提携したのをうけて、テラクラッ社もデストロンヘッドマスターと提携。
デストロンテラクラッ社となり、ブラックマーケットでマシンを売るためトランステクターを作って暴れる…というお話ですね。
結局、寝坊助のスカルは子守唄で即寝て撤退、となりましたがw

P1670250.jpg
可動に関して。
ボディの作りは海外版のスカルスマッシャーと一緒ですからね。
基本的にはあちら準拠、ということになりますな。

P1670251.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント接続です。
形状都合で前後回転はともかく横方向にはあまり動かせないんですが、
肩の基部が変形機構兼用で上方向へ回るので、その動きでフォローできるようになっていますよ。

P1670252.jpg
具体的な可動範囲としては、前後方向は一回転可能、
横方向はボールジョイントだけでは45度開かどうか、というくらい。
これに肩の軸の回転を合わせることで、真横まで腕を上げられます。

P1670253.jpg
ただし、軸を上に回し過ぎると肩が頭にぶつかります。
また、腕の位置がやや高過ぎるくらいまで持ち上がるので使い方には要注意、ですね。

P1670254.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れるようになっています。
スカルの場合は更にもう一箇所ロール軸が腕にあるので、併用することで可動のは場は大きく広がりますな( ´∀`)

P1670255.jpg
肘は90度曲げることが可能。
贅沢を言えば、もっと曲がってくれれば嬉しいところではありますが…
そこまで不自由がある、ということはないですね。

P1670256.jpg
肘と前腕部分の境目にも、ロール軸が設けられています。
手首の回転軸の代わりにもなりますし、肘の曲がる方向をいろいろ変えられますのでかなり便利です(゚∀゚)

P1670257.jpg
手首は手のひら側へ折り曲げる事が可能です。
一応軽くクリック感はあるんですが、あまり保持力が強いわけではないようです。
そのため、尻尾をもたせる時なんかはちょっと気をつけたほうがいいかもしれませんな。

P1670258.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続ですね。
腰の周りにはアーマー等はないので、比較的動かしやすい方ではないかと思います。

P1670259.jpg
具体的な可動範囲としては、前方向がほぼ水平まで、後ろ方向は水平よりやや上くらいまで。
開脚方向はほぼ真横まで脚を上げることが可能、といったところですね。
ポージングするにあたっては十分、ですねw

P1670260.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れるようになっています。
また、股関節のところでも多少ですが脚はひねれます。
この二箇所を合わせて使うことで、より良い感じにポーズを付けられますよ。

P1670261.jpg
膝は90度曲げることが可能です。
ここでさらに変形の際に固定した膝と膝下パーツの間のロックを外してやることで二重関節状態になり、180度曲げられる(というか、ワニの時の状態に戻る)ようにすることも可能です。
若干膝の位置が高いので立膝も難しいんですが…
この膝下部分のロックを外した部分で接地させるようにすると曲げるようにすると、いい感じだったりしますw

P1670262.jpg
頭部はヘッドマスター次第。
横回転と若干の上下動が可能ですね。
スカルの場合胴体と頭の隙間がほぼないので、上下方向の可動はあまり期待しないほうがいいかも。

P1670263.jpg
胴体は腰を捻れるようになっています。
無いならないでもなんとかなるところではありますが、ここが動くとポーズはつけやすいですねw

P1670264.jpg
可動としては以上のような感じ。
踵がない部分が多いので、ポーズ次第では後ろにコケてしまうのがちょっと気になりますが…
基本的には動かしやすい部類だと思いますよ。

P1670270.jpg
海外版とワニモード(と、バトラとヘッドマスター)で。
パッと見だとあまり差は大きくないですが、ちょこちょこ違いが見て取れますな。
前述のとおり、レジェンズ版はアニメ(ヘッドマスターズの方)、海外版は旧版玩具に寄せた感じになっておりますよ。

P1670271.jpg
ロボットモードで海外版と。
これまた前述のとおり、白い部分の色味と顔の違いが大きいですね。
海外版はちょっとくすんだ感じ、レジェンズ版ははっきりくっきり、といったところですな。

P1670272.jpg
今回のシリーズは海外版と日本版でかなり大きく違いがあるので、
ここまで違うとどっちかでいいやー、となりにくくなっちゃうのが悩ましいとこですな…(;´∀`)

P1670300.jpgP1670301.jpg
P1670302.jpgP1670303.jpg
頭すげ替えいろいろ。
今回はなんちゃってメガリゲーターということでガルバトロン。
ほかは海外版ディセプティコンヘッドマスター組で揃えてみました。
ウルフワイアーの頭担当、モンゾとの組み合わせが何となく気に入っていたりしますw

P1670340.jpgP1670349.jpg
以上、トランスフォーマーレジェンズよりスカルでした。
海外版同様、多少気になるところ(ワニの蓋とかロボット時のかかととか)もあるにはあります。
ですが、なんだかんだでいじって楽しいやつだと思いますよ(゚∀゚)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーレジェンズ ヘッドマスターセット
  • トランスフォーマーレジェンズ コンドル & エイプフェイス
  • トランスフォーマーレジェンズ コンボバット
  • トランスフォーマーレジェンズ クロームドーム
  • トランスフォーマーレジェンズ ショックウェーブ & キャンサー
  • トランスフォーマーレジェンズ ハードヘッド
  • トランスフォーマーレジェンズ ワスピーター
  • トランスフォーマーレジェンズ ラットル(限定版)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーレジェンズ

     タグ: トランスフォーマー  レジェンズ  LG22  デストロン  スカル  スカルクランチャー  スカルスマッシャー  リデコ 


    Comments:8 

    さすりゅ~  

    並べてみると海外版頭部はG1玩具とも海外コミックとも取れないデザインなので日本版を選ぶ人も多いと思いますが
    スカルのトランステクターがメガリゲーターのボディに出張っているのと同時にスカルも一緒に並べたい時の予備ボディとして日本版と海外版の両方を所持するのもアリですね
    どの組み合わせにせよ頭部は1個余っちゃうんだけども

    2016/09/16 (Fri) 10:47 | EDIT |   

    DD  

    尻尾の銃座ですが銃の上に斜めにデザインされてる短い丸の径が握り手と同じ径なので
    尻尾に銃を上下逆につけると尻尾単体で直置きした時に銃口が真っ直ぐ前を向くようになります。
    その状態だとヘッドマスターの前に伸ばした手が銃の後部の位置に綺麗に来るので
    考えてデザインされてるように思うんだけど説明書に載ってないんだよな。

    2016/09/16 (Fri) 15:24 | EDIT |   

    通りすがり  

    スルーする予定だったんですがコンボバットのせいで…
    メガリゲーターのビースト時の目の色、白が明るすぎるという理由で海外版を選びました。
    頭は国内版の方が好きなんですがさすがに両方買うのはしんどい。

    踵は気になるところですね。うちのは股関節が緩いのが重なって倒れる倒れる。
    ワニ足を内側に折り込んで踵にするとかすれば良かったのにとつくづく思います。

    2016/09/17 (Sat) 00:10 | EDIT |   

    通行人  

    パートナードローンのバトラの名称ですが、
    執事の意味合いの「バトラー」から来てる可能性も?
    ヘドマス拘束での強制従属形態でもありますし

    2016/09/17 (Sat) 06:22 | EDIT |   

    閲覧者K  

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    バトラはウイングの先端内側と恐竜ヘッドの首筋の溝を合わせることでヘッドマスターなしでもかみ合って固定されます。あの位置からして主に武器モードで使うジョイントだと思います。ビースト時にもそこを使えば顎開いてても重さで下にパカパカしません。

    2016/09/18 (Sun) 06:07 | EDIT |   

    Fネガ  

    レジェンズ・スカルの方も一部で高騰してしまうくらいかなり売れてるみたいですね
    日本独自のアニメ準拠のヘッドと海外版のスカルスマッシャーと比べてもカラーリングがかなり明るめに見えるのでアニメ「ザ☆ヘッドマスターズ」を見ていた世代の人にはたまらないアイテムになっているのかもしれないですな

    2016/09/18 (Sun) 20:06 | EDIT |   

    pyoro  

     ビーストモードで首を柔軟に動かせたり、ロボットモードで肘下が回るので爪を開いたときに向きを変えられたりと、気の利いた可動をするので凄く遊びやすかったです。

     ワニの頭のクリアパーツは色が暗くて眼が目立たなくなったものの、舌の質感の不気味さ、小型のLEDを口の中に突っ込んでおくと眼がよく光って見えるなど、ここをクリアパーツにしたことで日本版独自の魅力が出ていると思いました。

     自分はビーストウォーズからTFに入ったので、リカラーでリアルな配色のものも欲しいと思ったんですが、メガリゲーターが頭部だけということになったのは少し残念です。

    2016/10/15 (Sat) 12:41 | EDIT |   

    tagoal  

    来たわに!(ヤメレ れす

    >さすりゅ~さん
    目の真ん中のところまで黒く塗られていれば玩具版寄りっぽく見えるんですけどねー。
    金色部分が多いのですごく独特にw
    メガリゲーターのボディは…悩ましいとこですなあ。

    >オダワラプライムさん
    再現というか、なんとなく真似てみた位な感じではありますw
    デッドエンド型とは結局のところ「変形方法の考え方がだいたい同じ」というくらいではあるものの、画像だけ見るとまあ…ってなところではありますね。

    >DDさん
    おお、たしかに…!
    ただちょっと安定感に欠けるようなので、作ったはいいけどやっぱ秘密にしとくか…みたいな感じになったのかもですね。

    >通りすがりさん
    コンボバットは罪作りですなあw
    踵はほんと、もうちょこっと出っ張りなりパーツなりがあれば…!

    >通行人さん
    それもありそう、ですが正直今回のシリーズでそんなにひねったネーミングはしてない気もします…w

    >閲覧者Kさん
    その頭部パーツと翼の固定は恐竜モードではちゃんと説明書にも書かれていますよ。
    そして武器モードでは使わずに頭を腕に沿わすのも…(;´∀`)

    >Fネガさん
    でき自体悪くないですし、他の使いみちもでてきましたしなあ…w
    人気も出ようというものですね。

    >pyoroさん
    どっちのモードでもよく動きますよねーこの人。
    LEDで目を光らすのは面白そうですなw
    メガリゲーターに関しては、胴体付きで別に売っても良かったのにねえ、ってなもんではありますね。

    2016/12/13 (Tue) 12:07 | EDIT |   

    Leave a comment