またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

14
ここ数日、雨やら台風やらのせいか一気にひんやりしてきた気がします…
過ごしやすくなって良いんですが、季節の変わり目は体調も崩れやすいですからなぁ。
健康にも気をつけていきたいところです(;´∀`)

と、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンより、クロームドームです。
P1650087.jpg
これでタイタンズリターンのデラックスクラスは第2弾まで一通り完走、ですな( ´∀`)

※2016/09/19 追記
コンバイナーウォーズ版デッドエンド型との関係はあるのかどうか?についておまけを追記
後から思いついた話ですが、最初から書いておければよかったなあと(;´∀`)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1660402.jpgP1660407.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりクロームドーム。
日本ではサイバトロン側ヘッドマスターのリーダー格、海外展開においてはリーダーではなくいち戦士ですが
最近のIDW版コミックではいろいろとおいしい役回りが多い…とそんな印象ですなw

P1660410.jpgP1660415.jpg
P1660422.jpgP1660426.jpg
ビークルモードでぐるっと。ゴツ目の自動車ですな。
元ネタに当たるG1版の雰囲気をよく再現しているんではないかと思います( ´∀`)
ただ、なんでまたタイヤがクリアパーツ?ってのはありますが(;´∀`)<窓のところと同じ金型なんでしょうけどね

P1660443.jpg
運転席近辺。
他のタイタンズリターン系デラックスクラスと同様、
ここを開いて中にタイタンマスターを搭乗させることが可能です。

P1660445.jpg
で、実際に運転席を開くとこんな感じに。
内部中央に座席があるのがわかりますな。

P1660448.jpg
実際に載せた状態。
このシリーズでは、たいてい搭乗部分にはタイタンマスターを固定する仕組み
(大体の場合、踵の出っ張りを引っ掛ける場所)が
あるんですが、クロームドームの運転席にはないようで。
まあ、上から完全に蓋されるのでずれたり落っこちたりする心配は無いんですけどね。

P1660453.jpg
タイタンマスターが乗った状態で運転席を閉じた状態。
窓のところからうっすらですが中のタイタンマスターが透けて見えてますな。

P1660455.jpg
ところで余談ですが、この運転席のフタ部分は
一旦側面パーツを開いてやって下から指を入れ、押し上げるようにすると開けやすいです。
見ようによってはドアを開いたように見えなくも…?

P1660476.jpg
さて、ではここで毎度のごとくパッケージ裏の話。
プロフィールを適当かつ雑に訳すとこんな感じです。
「オートボットたちはパワーアップして戦うため、パートナーのタイタンマスターと合体する!
スタイラーはクロームドームにムネモサージェリー…すなわち他のロボットの記憶にアクセスし、
改変する力を与えるのだ」

※ここでいうムネモサージェリー(Mnemosurgery)とはTFのアメコミ版内での専門用語(たぶん)。
Mnemo(ギリシャ神話の記憶を司る神・ムネモシュネ由来っぽい接頭辞?)+Surgery(手術)で、
記憶操作手術くらいの意味ですな。劇中でも実際そういうことを指しています。

記憶操作能力ということで、IDW版クロームドームの設定をベースにした形になっておりますな。

P1660481.jpgP1660485.jpg
さてここでクロームドーム本体からは一回はなれて、タイタンマスター・スタイラーの方へ。
日本で言うところのクロームになりますな。
商標等々の問題でタイタンマスターもいろいろ名前が変わっていますが、スタイラーに関しては頭に
「オートボット」をつけることでなんとかなったようですねw

P1660490.jpgP1660496.jpg
P1660501.jpgP1660506.jpg
ぐるっとひと回り。
背負っている顔以外塗装がないので、実に赤いですw
なお、ボディと手足はブラーやブレインストームなんかと同タイプ。

P1660512.jpg
可動に関しては、毎度のことながら他のタイタンマスターと一緒ですね。
肩のところがボールジョイントで前方向に腕を回転でき、更に多少は横に広げることが可能。
脚の方は股関節が前方向、膝が前後にそれぞれ90度ずつ曲げることが可能です。

P1660519.jpg
頭部モードへトランスフォーム。
これまた他のタイタンマスターと同じく、
腕を胴に添わせて固定、脚を胴体の前へコの字に曲げて上下をひっくり返し、背中の顔を前にすればOKです。

P1660523.jpgP1660525.jpg
頭部モード。
ゴーグル目にマスク顔、と顔面そのものはシンプル。
ですが、ヘルメット部分の形状は割と複雑だったり。

P1660533.jpgP1660535.jpg
P1660542.jpgP1660546.jpg
ぐるっとひと回り。
前後にやや長めなのは毎度のことなのでしょうがないとして。
顔のデザインは旧玩具やザ・リバースではなく、IDW版に寄せた感じっぽいですね。
IDW版は目が黄色なので、完全に同じというわけでもないですけども…

P1660556.jpg
クロームドーム本体の方に戻って、ロボットモードへトランスフォーム。
車体側面のパーツを、前輪側にある軸のところで横に広げ、前に移動。
このパーツの先端から手首を出し、ロボ腕とします。
あわせて運転席部分の窓と天井部分を開き、リア部分
にある凹ジョイントにフロントガラス下側の凸ジョイントを差し込んで固定。

P1660564.jpg
後輪部分を左右に分割、それぞれを底面側から外にパカっと開きます。
そのままリア側を軸にガワを180度回転させ、先端にあるつま先を曲げ、その上で後輪部分を元通りに
閉じれば、ロボ脚部の完成ですね。

P1660570.jpg
脚部ができたら立たせて、腰のところを180度回転。
ボンネット部分を後方へ倒して折り曲げ、タイタンマスターの座席を覆い隠すような感じで固定。
残ったフロントの底面パーツも180度折り曲げて胴体にジョイントし、ロボットの胸にします。
これで胴体部分の変形は終わり。

P1660577.jpg
最後に、首のところに頭部モードのスタイラーを
ヘッドオンし、各部の位置を整えてあげれば変形は完了ですね。

P1660586.jpgP1660591.jpg
ロボットモード。
これまた良スタイル…!
全体的に変形もかっちりしてますし、実に良いですな(゚∀゚)

P1660597.jpgP1660600.jpg
P1660604.jpgP1660608.jpg
ロボでぐるっと。よくよく見てみると分かりますが、
このクロームドームの体は下半身の一部パーツ(と、変形)はブラーやブレインストームと同じ。
上半身および全体の変形方式はコンバイナーウォーズのデッドエンド型によく似た作りですね。
ただし、似てはいますがパーツは別物(腰と太もものパーツ除く)なので、設計を参考にした発展型といったところでしょうか( ´∀`)

P1660614.jpg
腕部。
ここの作りは、ほぼCW版デッドエンド型ですなw
形状は全パーツ違うので全く流用ではない(つまりリデコではない)んですが、パーツ構成が踏襲されている感じになっておりますよ。

P1660623.jpg
胴体。
元ネタたるG1版はビークルのボンネット部分が
胸部を構成していましたが、今回はビークル時には
ボンネット下に隠れているダミー…と言うか専用パーツに。
その結果、かなりスタイルの良いボディをシンプルな変形で実現していますね。

P1660634.jpg
背面。
ビークルのボンネットはこちらに来ています。
内部にある搭乗席=空洞を上手いこと隠しつつ、
斜めに固定することでただパーツを背負うだけという
状態を解消、さらにシルエットをシュッとさせる、と
なにげにいろいろ上手いこと考えてある配置なんじゃないかなー、と( ´∀`)

P1660639.jpg
脚部。
太ももから膝まではブラー及びブレインストームと同じパーツですね。
膝から下は独自パーツです。
リデコというより、一部パーツ流用といったほうがしっくり来ますな。

P1660646.jpg
付属武器その1、小さい方の銃。
ブラー&ブレインストーム付属のものと同じものになります。
クロームドームといえばライフル二丁持ち、
ということでこれともう一つの銃で一応二丁持ちには
なっていますが、ちょっと小さいかなーといった感じ。

P1660653.jpg
付属武器その2、大きい方の銃。
タイタンマスターの搭乗部分があるので、
平べったくて大きいですw
三ヶ所に軸が出ているので持ち方に困りますが、
説明書通りだと画像のように縦長になるように持つようになっておりますね。

P1660655.jpg
2つの銃はもちろんビークルモードでも装備可能。
説明書にはこのように両サイドの5ミリ穴に差しこむようになっていますが…

P1660656.jpg
大きい方の銃の平らな面に2つ穴があいており、
これがビークル天井の2つの突起にぴったりフィットするようにできています。
ここに大きい方の銃をセットし、左右どちらかの軸に小さい方の銃をくっつけることで、
G1版でやっていたビークルモードの天井に銃を二丁横並びで装備、という形を擬似的にですが再現することが出来ますよ。

P1660661.jpgP1660662.jpg
さらに、2つの銃はこのように合体させることで小型ビークルにすることも可能。
ビークルというか、銃座というか…ですけどもw

P1660663.jpg
実際にタイタンマスターを乗せるとこういう感じに。
タイタンマスターのふくらはぎ部分にある穴に、搭乗席にある凸ジョイントをはめ込んで固定します。
先にタイタンマスターを乗せてから、小さい銃をセットしたほうがやりやすいですね。

P1660666.jpg
このビークル状態でも、もちろん車の方に合体可能。
説明書通りだとこんな感じで横にくっつける方式ですが…

P1660665.jpg
先ほど書いた大きい方の銃の底面を車の天井につける
方法、これは二丁合体状態でももちろん使えます。
ということで、実際に乗せると画像のとおりです。
こっちのほうがバランスはいいですな、正直w

P1660670.jpg
付属カードのイラスト側。
頭部のデザインがだいぶ違いますなー…(;´∀`)
ザ・リバース版を基本に他のバージョンをいろいろ混ぜたような感じになってますね。

P1660674.jpg
カードのテックスペック側。
海外版設定ということもあってか、知性に秀でている感じですね。

P1660690.jpg
可動に関して。
構造的には似ている奴がいる、といっても
パーツそのものはほぼ全部新規、ということで
可動範囲自体は独自のものになりますな。

P1660691.jpg
まずは腕周り。
肩はボールジョイント接続ですね。
胴から伸びた軸が腕に刺さっているタイプですが、
この軸も変形の関係もあって上下に回すことが可能ですな。

P1660692.jpg
具体的な可動範囲としては、前後方向は一回転可能、
横方向は真横より少し上くらいまで腕が上がりますね。
軸の回転を使わずとも、割と十分な可動範囲を持っていたりします。

P1660693.jpg
ここで更に軸の回転を併用すれば、水平より45~60度位上まで腕を持ち上げられます。
また、ある程度前に腕を持ち上げている必要がありますが、胴体の前側にも
30度位は曲げられるようになっていますね。

P1660694.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕をひねることが可能です。
肩のボールジョイント部分でもある程度はひねりを
入れられるので、合わせて使うことでより自然に腕を動かせますな。

P1660695.jpg
肘は90度まで曲げることが可能。
もっと曲がってくれるとより嬉しいところですが…
やはり、贅沢言うならレベルの話になりますねw

P1660696.jpg
手首は変形の関係で手のひら側に曲げることが可能。
ポージングにおいてはあまり使うことはないかと思いますけどもね(;´∀`)

P1660697.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイントですね。
太ももパーツはブラー&ブレインストームと同じもの。
ですが、腰パーツのほうが違うので可動範囲的には全く同じとは行かないですね。

P1660698.jpg
具体的には、前方がほぼ水平まで、後方が水平よりも
ほんの少し上まで、開脚方向も水平より気持ち程度上まで脚を上げることが可能です。
腰回りには引っかかるものもないので、楽々動かせますな( ´∀`)

P1660699.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れるようになっています。
さすがに、ここはブラーやブレインストームとまるっきり一緒ですねw

P1660700.jpg
ただし、ビークルの運転席部分がくっついているため
ふくらはぎに当たる部分がやや後方に張り出しており、つま先をハの字に開くとふくらはぎ同士が干渉する場合が。
少し脚を開けばすぐ避けられるんですが、ポーズによっては気になることもあるかもしれません。

P1660701.jpg
膝は90度とちょっと曲げることが可能。
膝の位置が高いので立膝などはできませんが、立って
ポージングするぶんには十分動いてくれる方ですな( ´∀`)

P1660702.jpg
足首は、変形機構を使うことで爪先部分を伸ばしてやることが可能。
クリックがあるので細かい調整は無理ですが、
ポーズを付けて立たせる際には地味~に役に立つことも…

P1660703.jpg
頭部はタイタンマスター次第ですが、横回転と
多少の上下動が可能であることは共通。
スタイラーの場合はほんのちょっぴり顎をひいたり、
20度位上を向いたりできますよ。

P1660704.jpg
胴体は腰を捻れるようになっています。
変形の都合からきているものものですが、
アクションフィギュア的にも胴が捻れるとポーズの幅が広がっていいですね( ´∀`)

P1660705.jpg
可動範囲は以上のような感じ。
多少引っかかったりするところもあるものの、
基本的には動かしやすいやつだと思いますよ。

P1660720.jpgP1660721.jpg
P1660722.jpgP1660723.jpg
頭すげ替えいろいろ。
今回は折角揃ったことだし、ということで、
ブレインストームにハイブロウ、ハードヘッドを持ってきています。ブラーはついでで…w
ある意味、本家本元クロスヘッドオンの再現と言えますな( ´∀`)

P1660724.jpg
ヘッドマスター組4体がせっかく揃ったので(二回目)ひとまとめに@ビークルモード。
やはり、みんな揃うと壮観ですな…
しかし、こうやって並べてみると日本でクロームドームがリーダーにされたのも何となく分かる気が…色的にw

P1660725.jpg
ロボットモードでヘッドマスターたち。
並べてみると、ブレインストームとクロームドームの
太ももから膝にかけてが同じ形をしているのが分かりますね。

P1660726.jpg
しかしまあ、この4人組がまさか30年以上あとにもなって新たに揃う日がこようとは…
これまでにも名前を引き継いだやつは時々出てきては
いたものの、姿まで引き継いで一気に全員、とは良い時代になったものです( ・∀・)

P1660829.jpg
以上、トランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりクロームドームでした。
他のメンバーに負けず劣らず、スタイルや動き、パーツや機構の使い方等色々と実にグッド&面白いやつだと思いますよ(゚∀゚)!




※おまけ 結局のところデッドエンド型との関係はどうなのさ、という話

てなわけで、ここからはあとから追加したおまけになります。
記事中でも少々触れましたが…
このクロームドームの上半身の作り(と、全体の変形のパターン)はコンバイナーウォーズ版のデッドエンド型によく似ています。
発売前(いまでも?)、ファンの間ではリデコ?という話もありました。
で、実際は?ということで、百聞は一見にしかず。並べて比べてみましょう、というところですw

P1670374.jpg
まずは全身。
下半身はもう明らかに違うのでおいといて、上半身ですね。
腕のパーツ構成や変形、胸部パーツがビークル時ボンネット裏に隠れていて変形時に胸のところに倒してくること、ボンネットは背中に(フロント部を上にして)背負うこと、など、確かに似ているんですが…
さしあたって、この画像の時点ですでに胸パーツと胴体のつながり方が違うのが分かりますなw
(;´∀`)<合体ジョイントの有無があるので当然といえば当然ですが…

P1670378.jpg
両者の上半身を真横から。
ボンネットの背負い方もだいぶ違いますな。
腕パーツも、モールドはもちろんとしてパーツ分割が全くの別物。
ビークルの外装をそのまま使っていたり、肘が腕の前側によっていたり、手首を折り込んで腕に収納して変形したり、という点は似ているんですけどね。

P1670382.jpg
胴体を上から。
胴体と各パーツのつながり方がわかるかと思います。
パーツの配置自体は似ていますが、構造的に共通している点としては胴から出て腕につながる軸が上下に回るようになっている、くらい。
その軸の形状も全く異なってますな。

…ということで、CWデッドエンド型とTRクロームドームは構造が似ているだけでリデコ関係ではない、と言って良いんじゃないかと。
ただし、記事本体の方にも書きましたが、構造自体は確かに似ています。
なので、関係があるとすれば設計(コンセプト、といったほうがいいかも…)を踏襲した発展型、とかそんなところでしょうね。

以上、CWデッドエンド型とTRクロームドーム型との関係は結局どうなのさ、という話でした。
ブラー&ブレインストーム型との関係?あれはまあ、太腿と膝が一緒なだけですしね…
あれだけをもってリデコというのもやっぱりアレなので、一部パーツ流用、くらいなもんでしょうw
(;´∀`)<下半身の変形自体はデッドエンド型とブラー型はもともとそっくりなのでどっちとも…
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN キックバック(KICKBACK)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ノー(GNAW)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN サウンドウェーブ(SOUNDBLASTER & SOUNDWAVE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN アルファトライオン(AUTOBOT SOVEREIGN & ALPHA TRION)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ハイブロウ(XORT & HIGHBROW)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ウルフワイアー(MONXO & WOLFWIRE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN マインドワイプ(VORATH & MINDWIPE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ストライプス(AUTOBOT STRIPES)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGENERATIONS(TITANS RETURN)

     タグ: トランスフォーマー  海外  GENERATIONS  TITANSRETURN  オートボット  クロームドーム  ヘッドマスター  タイタンマスター 


    Comments:8 

    ぽけ厨  

    お疲れ様です…もう秋が近づいてますね

    クロームドーム、CG画の時はデッドエンドの超大幅リデコか!?と思いましたが、実際はブラー型の超(×2ぐらいの)大幅リデコだったという…これだからTFはヤメラレナイ

    日本でも11月発売ですが…ウルフ以外のwave2が3人まとめてミニビークルセットで出てしまうという…財布辛い

    2016/09/14 (Wed) 14:47 | EDIT |   

    オダワラプライム  

    毎度のことながらG1パケ絵ポーズ再現ご苦労様ですw
    当初CWデッドエンド型ベースで出るという噂(というか開発中のリーク画像からの推測?)がありましたが、まぁ確かにそう判断されたのも無理のない話かなぁと思ったり。
    国内版はアニメ準拠かつ玩具準拠のマスクになるので私はそちら待ちですが、銃2丁用&ヘッドだけ組のボディ用に確保するという手もアリでしょうね

    2016/09/14 (Wed) 17:18 | EDIT |   

    Fネガ  

    TRクロームドームの更新お疲れ様です。
    タイタンリターンズwave2ではこのクロームドームが飛び抜けて人気が高いアイテムになってるようですな
    それだけ長い間リメイクを望まれながら字なかなか実現には至らず今日まで来た反動というべきか・・・
    とはいえようやくサイバトロン・ヘッドマスターズが4体勢揃いした画像は何とも感無量ですなあ

    2016/09/14 (Wed) 19:20 | EDIT |   

    ヌエベ  

    当初はなんだCWデッドエンドのリデコかと言う微妙な言われようでしたが、実はブラーのリデコですと言うこれまた言われないと分からない仕事ぶりですね。
    もっともCWデッドエンドにヘッドマスター様のコクピットとヘッドオン機構を増設しようと思うだけでも凄いと思うけど。

    IDW版はへっこんだような顔つきでしたがTR版はジム見たいですね。
    国内版はアニメ同様のツインアイになってますが、これが初になるんでしょうね。

    2016/09/14 (Wed) 22:08 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    CW手足ロボをベースにTRヘッドマスターが出せればそれはそれで夢が広がりそうですが
    現状それが出来たのはスクランブル合体戦士ではないウルトラマグナス→パワーマスターオプティマスだけなんですよね
    個人的にはマインドワイプがスクランブル合体戦士手足で、サンストリーカーがヘッドマスターでも出せたらいいなと思っているのですが

    今回フューチャービークルモチーフが多い分逆に数少ない車輪で走る自動車TFになりましたね
    後に頭部リデコでゲッタウェイ(ライトフット)に流用されるらしいですが
    今後タイタンズリターンにおける「よく流用される自動車TF枠(ちょっと前だとバンブルビーゴールドバグとか)」になるんだろうか…

    2016/09/14 (Wed) 22:54 | EDIT |   

    keitai70  

    更新お疲れ様です。
    クロームドームいいですね!
    これまでに何度かリメイクは出てきましたがいずれもヘッドマスターギミックはなかったので今回の完全な形でのリメイクは嬉しかったです。
    玩具本体の出来もデッドエンド型のリデコとは思えないような完成度でプロモーションもかっこよく仕上がっていると思います。

    僕は国内版を予約したので今から楽しみです。

    2016/09/18 (Sun) 10:33 | EDIT |   

    apron  

    今更ですが、ビークル天井の二つの溝の横幅がちょうど5mmなので、

    同じ銃が二丁あればG1版と同じ装備方法ができます。

    こういう小技が仕込まれているのはうれしいですね。

    2016/10/30 (Sun) 14:31 | EDIT |   

    tagoal  

    つるっぱg(違 れす

    >ぽけ厨さん
    これはもはやリデコというレベルではない気も…(;´∀`)
    デッドエンドは記事に書いたとおり、ブラーも結局同じなのは腰と太ももくらいなものですしね。
    日本版はミニビークル付きなぶんややお高めですが、遊びの幅は広いから…ということで一つw

    >オダワラプライムさん
    再現というか、なんとなく真似てみた位な感じではありますw
    デッドエンド型とは結局のところ「変形方法の考え方がだいたい同じ」というくらいではあるものの、画像だけ見るとまあ…ってなところではありますね。

    >Fネガさん
    海外では現在進行形でコミック内の主要クラスキャラの一人、日本ではアニメ主人公クラス、ということで人気キャラですからねー。
    正直、2016年にもなってヘッドマスターが新たに揃う、なんて想像すら(;´∀`)

    >ヌエベさん
    上でも書きましたが、ここまで来るとリデコというのは当てはまらない気がします。
    だって残ってるパーツが数個ですし…w
    海外版も日本版も大元はG1玩具の顔のはずなんですが、解釈次第で違ってくるだなあ、ってなもんですよねw

    >さすりゅ~さん
    サンストリーカーのヘッドマスター化は色々と痛々しいですしなあ…(;´∀`)
    自動車といえどまあ結構独特なシルエットではあるので、そこまで流用はされないんじゃないかと…
    といいつつ、ブレイクアウェイの時点で結構な力技感はありますがw

    >keitai70さん
    今回ちゃんとヘッドマスター(タイタンマスターですがまあ細かいことは…)として出てくれたのは嬉しいとこですな( ´∀`)
    んでもって、実際にデッドエンド型のリデコでは「ない」とです…(;´∀`)<似てるだけ

    >apronさん
    小技というか、偶然な気もしますが…(;´∀`)
    それにしても、グリップ部分でもくっつけられるのはいいですなw

    2016/12/13 (Tue) 11:45 | EDIT |   

    Leave a comment