またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

12
相互リンク先の一撃必殺!豆板醤さんが移転されたので、リンク先を変更しております。
使用されていたレンタルサーバーが障害を起こして数ヶ月(!)復旧のめども立たないため
やむにやまれず…ということだそうで。なんというか、災難でしたなあ(;´Д`)
そして改めて、よろしくお願い致しますm(_ _)m

さて、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンより、ハイブロウです。
P1650091.jpg
そういえば、うちも使っているレンタルサーバーがそろそろいっぱいになるので
何か対策を考えないと…(;´∀`)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1650968.jpgP1650972.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりハイブロウ。
海外展開では彼がオートボット側ヘッドマスターのリーダー格なので、ある意味真打…なんでしょうかw
G1アニメの流れをくんだ姿としては、それこそG1版以来の登場になりますな( ´∀`)<実写系とかKRE-Oにはいましたけども

P1650976.jpgP1650980.jpg
P1650983.jpgP1650986.jpg
ビークルモードでぐるっと。ヘリコプターですね。
開発者の蓮井さんがTwitterで明かされた話によれば、ハイブロウはスカージの金型流用が
決まっていたので、しわ寄せが来ないように後追いではなく同時進行で開発を行った、とのこと。
つまりは設計の共有、いわば兄弟機のような存在になってるわけですねハイブロウとスカージ。
とはいえ、こうやってハイブロウだけを見ているとスカージとの共通点はほっとんど見えませんけどね(;´∀`)

P1660002.jpg
ビークルモードの翼の部分には、ロボット時手持ち武器になる機銃が取り付けられているわけですが。
説明書の指示通りににとりつけると、こんな感じのくっつき方になります。
これを取り外し、左右入れ替えた上で通常取り付けに使う丸棒ではなく、もう一本突き出ている
四角い棒状の部分を取り付け穴に差し込むことで…

P1660003.jpg
こんな感じで、機銃についている車輪を接地させることが可能。
機体本体のランディングギアともいい感じで合っていますな。
ただし…

P1660004.jpgP1660005.jpg
機銃の向きが90度傾くので、銃口が横向きにw
ただこの車輪部分、この時くらいしか使い途もなさそうなので(後述のミニビークルモードでは
むしろ邪魔っぽい)、説明書にはない取り付け方ではありますが隠しワザ的な感じでくっつけてあるのかなー…
と。通常が飛行状態、車輪を立てて着陸状態、と見立てるのも良いかもしれませんな( ´∀`)

P1660012.jpg
コクピット部分は手動にて開閉が可能。
若干開けにくいですが、そのときはキャノピー全体を横から少し押してやると
ロックが外れて開けやすくなりますな。

P1660014.jpg
キャノピーを開けてみるとこんな感じ。
ある程度ですが、操縦席のモールドもありますね。

P1660016.jpg
タイタンマスターを実際に乗せるとこんな感じに。
タイタンマスターのかかとの所にある出っ張りをはめ込んで固定する形ですね。

P1660020.jpg
搭乗状態でキャノピー閉じ。
こういう、パイロットが乗ってます!な感じの遊びができるのも
ヘッドマスター系ならでは、ですな( ´∀`)

P1660023.jpg
ローターのブレードは手動で回すことが可能。
ただし、画像の通り左右ぶつかってしまうので、あまりブンブン回転させる
というわけにも行かないのはちょっともったいないところですね。
あと、元ネタにあたるG1版ではローターが3枚羽根だったところ2枚羽根になっておりますな。

P1660032.jpg
さて、それではパッケージ裏の話。
例によって大雑把に訳すとこんな感じです。
「オートボットたちはパワーアップして戦うため、パートナーのタイタンマスターと合体する!
ゾートはハイブロウに重力フィールドを操る力を与えるのだ」
重力操作…これまたえらい強そうな特殊能力が追加されてますなw

P1660035.jpgP1660040.jpg
ここでハイブロウ本体は一旦置いて、相方のタイタンマスター・ゾート(Xort)のほうへ。
Xortの読み…というかカタカナ表記はゾートとかソートとかクソートとかいろいろ考えられますが、
元ネタのG1版ヘッドマスターがGort(ゴート、日本名だとゴーターですっけな)なので
それになるべく寄せる方向で…ということでうちでは「ゾート」を採用しております( ´∀`)

P1660044.jpgP1660047.jpg
P1660051.jpgP1660054.jpg
ぐるっとひと回り。
色の関係もあって、背中の顔の自己主張が強いですね…w
タイタンマスター自身の顔のほうもちゃんと?塗装入っているあたりはいい感じですな。

P1660059.jpg
タイタンマスター単体での可動は、例によって他のやつと同じ。
肩のところがボールジョイントで前方向への回転とある程度横に開くことができ、
股関節が前方向、膝が前後に90度曲げられ、首もボールジョイントで横回転と
ある程度傾けることが可能、といったところですね。

P1660062.jpg
では、頭部モードへトランスフォーム。
腕を胴に添えて固定、脚を体の前へコの字に折り曲げ、上下ひっくり返して
背中の顔を正面に持ってくれば完了です。

P1660066.jpgP1660070.jpg
頭部モード。
ゴーグル目の、なかなかに凛々しいお顔ですなw

P1660083.jpgP1660089.jpg
P1660091.jpgP1660099.jpg
ぐるっとひと回り。
前後にやや長めになるのはこのシリーズの宿命としておいておくとして、顔のデザイン自体は
マーベルコミックス版とかザ・リバース版を元にしている感じですかね。
旧玩具版準拠だと目が二つ目になりますし…( ´∀`)

P1660123.jpg
頭ができたところで本体に戻って、ロボットモードへトランスフォーム。
機首を機体の天面側へ180度回転、あわせて機体左右のパーツを
横に広げ、機体中央とつながっているアームが真横を向くくらいまで
機首のあった側へ移動。先端からロボ手首を出し、ロボ腕とします。

P1660127.jpg
機体後部を左右に分割、中に収まっていたロボのひざ上部分を後方へ伸ばし、
尾翼部分内部に収納されていたかかとパーツを展開。
尾翼部分をつま先として機体底面側に向くよう、ひねってやり、ロボ脚部を形成します。

P1660132.jpg
ロボt脚部ができたら、両足がつながっている中央の棒状パーツを機体内に押し込みます。
最後に、機体底面中央…ロボの胸に当たる部分の
グレーのパーツをちょこっと引き出してあげれば胴体の変形は完了。

P1660139.jpg
最後に、頭部モードのゾートを首のところにヘッドオン。
あとは手足やローターの位置を整えてあげれば出来上がりですね。

P1660145.jpgP1660151.jpg
ロボットモード。このスタイルの良さ、いいですな…!
しかしほんと、こうやって単体で見るとスカージとの共通部分なんてほっとんどわかりませんよねえ…
並べて比べてみると、それなりに「ああ、ここか!」ってなるんですがw

P1660157.jpgP1660161.jpg
P1660166.jpgP1660172.jpg
ぐるっとひと回り。
上の繰り返しになりますが、ほんとスタイルいいですよな(*´∀`*)
ローターが特に固定されないのと、ふくらはぎ部分が空洞なあたりは
ちょっと気になるかな~?という感じではありますが…

P1660179.jpg
腕部。
ビークル時のローターの基部と機体側面のパーツですね。
実はここ、肩の軸と肘(の上の上腕の捻れるところまで)、手首が
スカージと同じものだったりします。…特に肘のところなんて、大部分隠れていますし
言われないとまず気が付かないんじゃないかとw

P1660185.jpg
胴体。
胸の四角いパーツは、説明書の変形手順上では特に何も記載がありません。
ですが、説明書の絵をよく見るとしれっとロボット時は引き出され、ビークル時は収納されているというw
アニメでのデザイン的にも、ロボットモードでは引き出しておくのが正解でしょうね。

P1660190.jpg
背面。
前述のとおり、ローターは特に固定されません。
元ネタのやつではブレードをひとまとめに出来たんですけどねー…
この記事では基本V字に見えるようにしていますが、これは見栄えのほか
単に背中の機首部分にひっかけておくとプラプラしないから、というだけでもあったり(;´∀`)

P1660193.jpg
脚部。
膝から上、太もも部分がスカージと同じものになっています。
あとは踵パーツがスカージのつま先と同じものですね。
使いまわされてるのを感じさせない、上手い流用法だなあと思います。

P1660202.jpg
付属武器の銃2丁。
ビークルモードでは翼にくっつけていたものですね。

P1660203.jpgP1660204.jpg
二丁の銃は左右を合体させることで、こんな形のミニビークルになります。
この真ん中のくぼみの中に小さい突起があり、ここにタイタンマスターの足裏の穴を刺すことで
安定して座らせることができる…という寸法ですな。

P1660205.jpg
実際に座らせてみるとこんな感じに。
2つを合体させてはじめて座席になる、というこの仕掛けは
はじめに見た時感心させられましたな( ´∀`)

P1660206.jpg
なおこのミニビークルそのままだと車輪が後方にしかないぶんまっすぐは立てないので、
こんな感じでビークルモードの機首横にくっつける形で使うことになります。
…なんというか、懲罰席っぽいですね…(;´∀`)

P1660217.jpg
付属カードのイラスト側。
このイラストだとローターは地面に垂直になっていますが、
この状態は維持が大変なので再現は諦めましたw

P1660218.jpg
カードのテックスペック側。
合体によるパワーの増加は極端に大きい方ではないようですな。
その分、特殊能力の追加があるわけですけども…

P1660270.jpg
可動に関して。
関節部分がだいたい共通、ということで、たしかにスカージと
似たような感じの動き具合かなー…という印象を受けますな。

P1660276.jpg
まずは腕周り、肩はボールジョイント接続です。
胴から出た軸を腕の方ので受けるタイプですが、この受け部分が割と深いのと
肩が大きく上に突き出しているデザインの関係で、真横に腕を上げる際に
若干制限が掛かる感じになりますね。

P1660280.jpg
具体的には、前後方向は一回転が可能。
後方には特に引っかかるものもないので、スムーズに腕を回せますね。
また、ボールジョイントなので腕全体を前後にひねることも可能です。

P1660286.jpg
横方向への腕の動きですが、ボールジョイント部分だけだと45度位が限界。
肩の軸が上下に回転できますので、ここを併用すると、水平より少し下くらいまでは
腕を上げられますね。肩が頭におもいっきりぶつかるので、頭の向きも多少影響します。
頭を上手いこと避けたり、いっそ引っこ抜いたりすればw、水平より少し上まではいけますね。

P1660290.jpg
また、腕を真横でなく横や後ろに向けた状態でも肩の軸は上下に動きますから、
組み合わせることでいろいろとポーズを付けることも可能ですね( ´∀`)

P1660298.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れるようになっています。
パッと見た感じでは捻れる部分は肩パーツに隠れていて見えないですが、
腕を内側から見るとちゃんと捻れるような作りになっているのがわかりますよ。

P1660300.jpg
肘はおよそ90度曲げることが可能です。
もっと曲がれば更にいい感じだったとは思いますが、
まあ贅沢を言うなら…レベルの話ですねw

P1660305.jpg
手首は手のひら側及び手の甲側へ曲げ伸ばしすることが可能。
一応まっすぐ伸ばした状態で手の甲側へは簡単に曲がらないように引っかかりがありますが、
逆はないので気になるようなら回転部分を渋く調整してやったほうがいいかもしれません。
とはいえ、武器の重さに負けない程度の保持力はちゃんと確保されている感じではありますがw

P1660311.jpg
続いて下半身、股関節は前後・開脚方向の二軸式になっています。
開脚方向脚を動かすとカチカチとクリック感がありますが、そこまでガチガチなものではないので
クリックはないものとして扱っても普通にイケる感じではありますね。

P1660318.jpg
具体的には、前方がほぼ水平まで、後方は水平よりやや下くらい、
開脚方向はほぼ水平まで脚を上げられます。
個体差もあると思いますが、保持力はちょっと強すぎるくらいで非常にかっちりしてますなw

P1660322.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れるようになっています。
脚部はここだけでひねりを賄う形になるので、ポージングの際には
重要度の高い部分になりますな。

P1660331.jpg
膝は変形の関係もあって大きく曲げ伸ばしすることが可能。
150度位はイケる感じですかね…
ふくらはぎ部分が空洞なのは見た目上はマイナスな感じですが、
こういう可動面で見るとむしろ役立っていたりするのが難しいところですねw

P1660339.jpg
足首は踵のみ曲げ伸ばしが可能。
つま先のほうが固定なのがちょっと残念ですかね。
ですが、踵だけでも曲げ伸ばしによってヒールのように扱うことで
だいぶ無茶なポーズでもしれっと自立してくれたりしますから便利ではあります。

P1660342.jpg
頭部はタイタンマスター次第、ですね。
横回転とある程度の上下動、ということになるんですが、ハイブロウの首は
ジョイントが出っ張り気味なので顎と胴体のクリアランスが大きく、それにともなって
他の胴体と比べて上下方向への可動範囲がだいぶん広くなっています。
そのかわり、顎を引かないとちょっと頭が浮いて見えがちなんですけどもね…(;´∀`)

P1660346.jpg
胴体は可動部分なし。
変形の際に体の真ん中に棒をぶっ刺しますからねー…
横回転なんかはちょっとさせづらかったんでしょうねえ。

P1660352.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
肩まわりの癖はやはりスカージと似たような感じですが、
下半身…特に膝や足首に関しては結構な違いがありますね。
ともあれ、可動範囲的にはなかなかに良い感じの動きっぷりではないかと思いますよw

P1660360.jpgP1660361.jpg
P1660362.jpgP1660363.jpg
頭のすげ替えいろいろ。
上段向かって左側からスカージとタイタンマスター単体組からエイプフェイス、
下段向かって左からこれまた単体組のラウドマウスとナイトビートをつけてみた状態です。
こいつも割と誰とでも合う感じ、ですな( ´∀`)

P1660364.jpg
機構の共有、開発上の兄弟関係にあるスカージと。
ビークルモードではちょうど前後ひっくり返ったような形、
スカージの機首側になっている部分の機構がハイブロウの機体後部を
構成するような関係になっておりますよ。

P1660365.jpg
ロボットモードでスカージと。
上の方で書きましたとおり、肩の軸と上腕株から肘にかけて、
手首と太もも~膝、変形時に使う胴体中央のバー、あとはスカージのつま先と
ハイブロウの踵…あたりが共通部品として見える部分ですね。

P1660366.jpg
開発も同時進行、どっちかがどっちかの元ということもない…ということで、
もはやリデコとは違うものだろう、ということで
今回の記事には「リデコ」のタグをあえてつけませんでした。
しかし、同じ機構からよくもここまで別物に仕上がるもんだなあ
…と、つくづく感心させられますねえこの二体は( ´∀`)

P1660378.jpg
以上、トランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりハイブロウでした。
単体での出来ももちろんとても良いものですが、せっかくですのでスカージも揃えて
見比べてみるのもまた一興、ですよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ノー(GNAW)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN サウンドウェーブ(SOUNDBLASTER & SOUNDWAVE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN アルファトライオン(AUTOBOT SOVEREIGN & ALPHA TRION)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN クロームドーム(AUTOBOT STYLOR & CHROMEDOME)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ウルフワイアー(MONXO & WOLFWIRE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN マインドワイプ(VORATH & MINDWIPE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ストライプス(AUTOBOT STRIPES)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ブレインストーム(AUTOBOT TESLOR & BRAINSTORM)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGENERATIONS(TITANS RETURN)

     タグ: トランスフォーマー  海外  GENERATIONS  TITANSRETURN  オートボット  ハイブロウ  スカージ  ヘッドマスター  タイタンマスター 


    Comments:5 

    ぽけ厨  

    お疲れ様です


    はあー。最初にスカージのリデコに当たるらしい、という話を聞いた時はしばらく信じられませんでしたが…
    これはすごい。日本国内限定ものではムービーアドバンストシリーズあたりから驚くようなリデコがたくさん現れていますが、かつては手抜き、不遇、のように呼ばれたリデコも今となっては立派に魅力を発揮していて楽しみですね。

    2016/09/12 (Mon) 14:51 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    まずスカージとハイブロウを一部機構&パーツ共用で出そうという発想自体常人には出来ないですね
    開発段階で何にリデコするか予め決めていればホント何をベースにしても何でも出せそうな気がします
    逆に後になって○○をリデコで出そう!となるとどれだけ新造パーツが多くてもやっぱリデコか…って物になってしまうのだろうか

    ゾートはタイタンマスターながら頭部もリデコされているので一見フレイカスのリデコには見えませんね
    G1ゴートと比べると首から下はフレイカスのリカラー故に胸のデザインが異なるので欲を言えばツインキャスト→サウンドブラスターのように胸もリデコして欲しかったですが
    ホントハイパーファイヤーとテスラーも頭部だけでもリデコされていれば…

    2016/09/12 (Mon) 17:58 | EDIT |   

    Fネガ  

    TRハイブロウの更新お疲れ様ですー
    TRシリーズでは初のツインロータータイプのヘリコプターに変形するハイブロウですがTRスカージと一部パーツが共通してるというのには驚かされますね(たぶん言われないと気が付かない程に・・・)
    ハイブロウの2丁の銃は組み合わさることでタイタンマスターが登場可能なミニビークルになるというギミックの発想がとても面白いですな

    2016/09/14 (Wed) 19:04 | EDIT |   

    ヌエベ  

    どこからが本当でどこまでが嘘なの?と言うくらいの見事なリデコぶりですね。
    ここまで分からないとわざわざばらさなくてもいいんじゃないかと。
    ヘタするとふ~ん(棒)になりそうだし・・・まあ、それぐらいに極めてしまったと言う事になりますね。

    実写版がローター2枚だけ共通のロマン派のデザインだった上に他三人が何か違うけどそれらしくあった(おまけに非正規フォロー付きだし)から彼はこれ出るまでそうとうに不遇だったでしょうね。

    2016/09/14 (Wed) 21:52 | EDIT |   

    tagoal  

    知識人(直訳)れす

    >ぽけ厨さん
    実際の所、同時開発なのでリデコ(redecorate、再装飾)と言うにはちょっと違う関係ではありますね。
    後付でいじったわけではないのできっちりしっかり別物ですなw

    >さすりゅ~さん
    たしかに、スカージとハイブロウを共通機構にしよう、って発想自体がどういうことなの…という感じではありますw
    後付だとやはりどうしてももとからある部分との温度差というか、違いが出ちゃいますからねえ。

    >Fネガさん
    実際に触ってみるとアレ?っとなるくらいには独特の変形方法ではあるのでいずれは気づく、かもですが…
    パッと見ただけではほんと分かりませんからねえw
    武器のギミックはほんと、よく考えられているなあと( ´∀`)

    >ヌエベさん
    極めたというか、今回のものは普通のリデコとは方法が違いますからねえ。
    そもそもリデコという言葉が適切なのか、というレベルで…w
    不遇かどうかは…名前が使われる頻度が高め、ってことでむしろ…(;´∀`)

    2016/12/13 (Tue) 11:27 | EDIT |   

    Leave a comment