またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

04
昨日の話ですが、トランスフォーマーアドベンチャーの新シーズンはじまりましたねー。
「マイクロンの章」と銘打たれてはいるものの要は27話なので、
ノリとしてはもうそのままこのまえからの続き、ってな感じでしたな。
しかし弱体化してすっかり面倒くさいロートル扱いのオプティマス、復権までどれだけかかるのか…w

と、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンより、リワインドです。
P1580315.jpg
再開記念でアドベンチャーものでも良かったんじゃね?
…と気がついたのは撮影全部終わってからでした…(;´∀`)<マ、イッカ

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1600877.jpgP1600881.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりリワインド。
元ネタに当たるG1版はそこまで極端に目立つ、とまではいかなかった…と思います
(ちょこちょこ出てきてはいましたが…)が、現行のIDW版コミックでは
クロームドームの相方として(だけではないですが…)たびたびスポットを浴びるキャラとなっておりますな。
そして今回はトリプルチェンジャーとしての玩具化となっておりますよ。

P1600890.jpgP1600892.jpg
P1600894.jpgP1600897.jpg
形態その1、デバイスモードでぐるっと。タブレット端末のようですね。
ディスプレイの壁紙がG1版を彷彿させるカセットテープ柄なのが心憎い…
というか、これのせいで購入当初デバイスモードはカセットプレイヤーだと思ってました、私w
(;´∀`)<よく見たら上下にスマホでよく見るアイコンが…w

P1600905.jpg
そして、タブレットモードの端っこにはこんな感じで
一つ穴が開いています。これは一般的なイヤホンジャックと同じ形状になってまして…

P1600906.jpg
こんな感じで、実際にイヤホンが刺さります。
こうすると、ますますカセットプレイヤーっぽい感じになりますなw

P1600912.jpgP1600913.jpg
なお、このデバイスモードの状態では同シリーズのブラスター(と、まだ発売されていませんが
サウンドウェーブ)の内部に格納することが可能となっています。
同時発売だったストライプスや、先行してコンバイナーウォーズ名義で出ていたバズソーも同様ですね。

P1600918.jpg
さて、まずは一発目のトランスフォーム。
側面の一方のパーツ内に収まっている武器を一旦取り出し、
両側面のシルバーのパーツを横に開きます。

P1600925.jpg
横に開いたシルバーのパーツを中ほどからたたみ、
その根元の黒いパーツごと上向きに回転。
そのうえで、カセット模様の上のところにかぶさるようにシルバーのパーツを倒します。

P1600931.jpg
シルバーのパーツを倒したら、きれいに真ん中まで閉じて
本体側面にあるジョイントで固定。
さらに、左右のシルバーパーツの真中部分を挟んで止めるような感じで
取り外しておいた武器の尾部をはめ込んであげれば変形は完了です。


P1600934.jpgP1600937.jpg
ビークルモード。小型の戦車ですね。
ほぼ真四角のタブレットから、ちゃんとそれっぽく変形しております( ´∀`)

P1600940.jpgP1600944.jpg
P1600947.jpgP1600951.jpg
ビークルモードでぐるっと。
もとがタブレット端末なので、だいぶん四角いですな。
ですが、こんなナリでも底面に車輪があるので転がし走行はできますし、
砲身もある程度ですが上下に可動したりと色々遊べるようになっておりますよw


P1600955.jpg
ビークルモードの天井部分にはジョイントがあり、ここをタイタンマスターの
足裏の穴に差し込むことで安定して上に立たせることが可能です。
…ラウドマウスじゃなくてナイトビートを例に持ってくればよかったですかね、
日本版的に考えて…(;´∀`)

P1600958.jpg
と、ここでパッケージ裏の話。
書いてある内容を雑に訳しますと…
「ブラスターとともに出撃する小型戦車」
…以上です(;´∀`)<ほんとにこんだけしか書いてないんです


P1600965.jpg
では、トランスフォームその2。
ビークルモードから武器を再び取り外し、砲台基部になっていた
シルバーのパーツを上向きに回転。そのうえで根元の黒いパーツごと左右に倒し、
天井部分が上になるようにひねってやります。

P1600968.jpg
ビークルの前側を下に、底面を前にして車体を立て、左右に広げた砲台基部を
根元の黒いパーツごと左右に開き90度回転。
あわせて、車体の前側の外装を左右に開き、先頭部分を軸に半回転します。

P1600972.jpg
半回転した外装の先端を折り曲げ、クローラー部分が前を向くようにひねります。
車体底面中央、ロボ胸部になる部分を一回開き、中からロボ頭部を出して再度閉じたら
あとは手足の位置を整えて出来上がり。

P1600978.jpgP1600983.jpg
ロボットモード。
ちょっとゴツ目の、なかなかに強そうなリワインドですw

P1600988.jpgP1600994.jpg
P1600998.jpgP1600999.jpg
ロボットモードでぐるっと。
コミックに出てきている姿からするといささかいかついですが、
体型自体は割と整った感じでいいですね( ´∀`)

P1610015.jpgP1610016.jpg
顔周り。
左こめかみにレーザーポインター的なものがあるので、何気に左右非対称。
デザイン的にはコミック版(もしくは、色は違いますが旧玩具版)に近い感じの顔になってますな。

P1610018.jpgP1610019.jpg
腕部。
こちらも左右非対称ですね。構造的には揃えることもできたような気はしますが…
右腕の方は武器収納の関係で裏側(ロボットだと見えませんけどね)が空洞、
左手は逆に裏側が詰まっているので、プラの量(つまりは重量バランス)を合わせた、
とかでしょうかねw

P1610020.jpg
胴体。
胸部の模様は印刷で表現されていますな。
できればモールドが良かったかなーという気もしますが…
まーあれでしょうね、フレンジーとかランブルとか出す時に
印刷変えるだけで済むようにとかそんなとこでしょなw

P1610021.jpg
背面。
デバイスモードの面影が若干残ってますね。
ちなみにこのでバイスモードのディスプレイ面はシールで再現されてまして。
説明書にはシールの貼り方まで指示されているんですが、実際は
シールは購入時点で貼付済み。どうも途中まではユーザーに貼らせる仕様だったことが伺えますなw

P1610030.jpg
脚部。
ビークルモードでクローラーだった部分で主に構成されています。
かかとに当たる部分が薄いので、脚をハの字にして
重心をやや前に寄せたほうが安定して立たせられますね。

P1610043.jpg
付属武器。
ビークルの時に使った、砲身部分になります。
画像のように右腕側面に取り付けるのが説明書の指示ですが、
直接手にもたせてもOKですね。というか、説明書の中でも
手に持たせたり腕にくっつけたり割とまちまちですw

P1610049.jpg
付属カードのイラスト側。
かなり玩具に忠実なイラストになっております…胸の左右下側に
転がし走行用の車輪もついてますねw

P1610051.jpg
カードのテックスペック側。
小型のキャラなので全体的に能力は低めですが、知能はずば抜けてますね。
おもいっきり頭脳労働タイプですなw

P1610056.jpg
可動に関して。
大きさ的にはコマンダークラスとかメトロマスターとかあのへんくらいのサイズですが、
思いのほか良く動いてくれますよ、これが( ´∀`)

P1610059.jpg
まずは腕周り。
肩はボールジョイント接続ですね。
構造上腕を横に広げることは殆どできませんが、変形用の
縦方向の回転軸を使うことでそのへんはカバーできるようになっています。

P1610063.jpg
具体的には、前後方向は一回転可能、
横方向は変形用の関節を使うことで
真横よりやや下くらいまで腕を上げることが可能です。

P1610067.jpg
上腕部分、というか肩と肘の間にはロール軸があり、腕をひねることが可能です。
変形の際にも使う部分ですが、重宝しますね。
また、肩のボールジョイント部分も多少ひねることができるようになっているので
あわせて使うとなお良い感じになりますな。

P1610076.jpg
肘は90度曲げ伸ばしが可能。
肘と言っても肩からすぐのところなので、ポージング用としては
多少癖がある形になりますかね。

P1610084.jpg
手首は固定。
とはいえ、肘と上腕のひねりがありますから
そこまで極端な不便はない、んじゃないかなーと(;´∀`)

P1610089.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
このサイズとしては標準的な作りですなw

P1610094.jpg
具体的には、前方向が水平より少し上くらいまで、
後方はほぼ水平まで、開脚方向もほぼ水平まで脚を上げられます。

P1610099.jpg
ただし、太もも上部の形状の関係でところどころ腰パーツと引っかかるので、
微妙な調整をしたい際には気になる部分も出てくるかも。

P1610110.jpg
膝はボールジョイント接続。
変形の関係もあって、180度近くまで曲げることが可能です。
また、ボールジョイントなのでここから脚をひねることも可能。
脚にロール軸は設けられていないので、重宝しますね。

P1610116.jpg
足首は爪先部分を曲げ伸ばし可能。
といっても、直立用に曲げた状態と、脛と一色線の状態のほぼ二択ですが…w
基本的には、曲げたまんまで特に問題はないと思います。

P1610119.jpg
頭部は横回転のみ可能。
ですが、首の基部が特に固定されていないため、
上下30~40度位の範囲で上や下を向けますよ。

P1610122.jpg
胴体は可動部分なし。
腰辺りは頑張れば回転軸を仕込めないこともなさそうですが…
大きさ的に、ちょっときついですかねw

P1610129.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
肘の位置がちょっと特殊なのでそこのところはやや癖があるものの、
全体的には扱いやすい方ですな。

P1610137.jpg
以上、トランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりリワインドでした。
単体でも十分イケるとはおもいますが、ギミック的にブラスターと絡めたり
アメコミ的にクロームドームと一緒にしたり(TR版クロームドームはもう少し先ですが…w)、
いろいろと遊びでのあるやつだと思いますよ( ´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN マインドワイプ(VORATH & MINDWIPE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ストライプス(AUTOBOT STRIPES)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ブレインストーム(AUTOBOT TESLOR & BRAINSTORM)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ブラスター(TWIN CAST & AUTOBOT BLASTER)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN スカージ(FRACAS & SCOURGE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ブラー(HYPERFIRE & BLURR)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ウィーリー(WHEELIE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN スカルスマッシャー(GRAX & SKULLSMASHER)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGENERATIONS(TITANS RETURN)

     タグ: トランスフォーマー  海外  GENERATIONS  TITANSRETURN  オートボット  リワインド 


    Comments:5 

    さすりゅ~  

    No Title

    ジェネレーションズでリメイクされた時は相方はブラスター一択でしたが
    今回は表向きはブラスターと絡める事を前提にしながらも少し後にクロームドームも発売する事でIDWコミックでのカップリングも再現出来るという中々気の利いたラインナップですね
    一方でリカラーで出せる筈のイジェクトを差し置いて頭部リデコのランブルを出す事で
    リワインド・ランブルのリカラーでイジェクト・フレンジーが揃うのだろうか…とユーザーに無駄な不安も煽ってきましたが

    デヴァイスモードはパッと見カセットプレーヤーのようですがタイタンズリターンミニカセッツリメイクは全員デヴァイスモードはタブレットでなくてはならないのか
    あくまでカセットテープ風の壁紙というのが芸が細かいと言うか残念と言うか…
    日本版ではアプリのアイコンが大幅に追加された図面に変更する事でより"タブレットの壁紙"感を出すようですし

    個人的にはリワインド・イジェクトをビークルに変形させるならオートボットだしユナイテッドのランブル・フレンジーは戦車に変形してた事から自動車がいいと思ってたので
    リワインドのビークルモードが戦車なのは少し残念です
    これもまた胸をモールドでなくプリントで済ませたのと同じようにランブル・フレンジーに流用する事を見据えてのことなんだろうか

    2016/07/05 (Tue) 01:16 | EDIT |   

    tagoal  

    リワれす

    >さすりゅ~さん
    デバイスモードはいまどきカセットになっても、というのはあるでしょうな。
    それでもカセット風の名残を残してくれたぶん、考えてくれてるなーという気はしますな…
    (;´∀`).oO(あと、毎回というわけではないんですが、できればもう少し簡潔にお願いしたく…見る人も疲れてしまいますしね)

    2016/07/05 (Tue) 16:06 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~
    コンバイナーウォーズのバズソーに続いてTRシリーズのリワインドでようやくこの型の新作が発売されましたな
    かつてはカセットモードに変形したリワインドが今回は現代風にタブレット端末へと変形してさらにTCCのサブスクリプション2.0のリワインドを意識してか第3形態で戦車モードになるのがまた面白いと思います。
    この調子で同型のイジェクトもぜひリリースしてほしい所ですね

    2016/07/05 (Tue) 19:56 | EDIT |   

    ベリリウム蒲鉾  

    No Title

    こっちのデザインも好きなのですが。先日見たレジェンズ版の画像だとバイザーではなく目になっていたり、タブレット形態でアプリが増えていたり雰囲気に差が出ていますね。
    「マイクロンの章」はネット配信で楽しむことにします。

    2016/07/08 (Fri) 14:40 | EDIT |   

    tagoal  

    リワれす2

    >Fネガさん
    小さいながらも三段変形で、画面の壁紙とは言えカセット風味なのは
    ちょっと面白いですよな( ´∀`)

    >ベリリウム蒲鉾さん
    レジェンズ版はアニメ版に寄せたデザインの顔っぽく塗装してますよねー。
    ラナマック&ラナバウトの時もそうでしたが、よくこのせまーい部分に目をかけるもんだと…(;´∀`)

    2016/09/09 (Fri) 15:45 | EDIT |   

    Leave a comment