またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

28
タカラトミーモールで予約受付中のUWリンクスマスター、サイトに漫画が追加されましたねー。
内容は実際に見に行っていただくとして、最後のアレ…!
かなり予想外な感じでの登場ですが、元のものからどう変えてくるのか今から+(0゚・∀・) + ワクテカ +ですなw

と、(Twitterの方ではそのまんま書いてたくせに)適当にぼかしたた話をしつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーGENERATIONS・TITANS RETURNより、スカルスマッシャーです。
P1580739.jpg
前回やったし、せっかくだから?ということでタイタンズリターン2つめです( ´∀`)

2016/07/02 追記
武器について気がついたことがあったので、そのへん画像と説明を追記。
まあ、他の連中にあったんだからないとおかしいよなあ…ってところではありますねw

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1590171.jpgP1590176.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりスカルスマッシャー。
元ネタに当たるヘッドマスターは日本だとスカル、海外だとスカルクランチャー…だったんですが、
例によって商標か何かで引っかかったんでしょう、ちょっと違う名前での登場ですw

P1590179.jpgP1590183.jpg
P1590187.jpgP1590194.jpg
ビーストモードでぐるっと。
メカワニですね。
このベタッと腹ばいになってる平べったい感じがワニ感(何 あっていいですなw

P1590207.jpg
前回のハードヘッド同様、スカルスマッシャーにもタイタンマスターの
搭乗用スペースが設けられています。
それがこの背中の中ほどにある軟質素材製の蓋。ここをパカっと開けると…

P1590210.jpg
こんな感じで搭乗スペースが。
画像では見えませんが、中には座席やコンソールパネルのモールドもしっかり彫られています。
ただここ、すぐ上で書きましたが蓋が軟質素材。これが結構な問題でして…
なまじ柔らかいので曲がって中途半端に閉まったり、押し込みすぎて内側へ入り込んじゃったりと
結構扱いにくいです(;´∀`)ここは別に普通のプラでも良かったんじゃ…という気はしますね。

P1590214.jpg
搭乗スペースに実際にタイタンマスターを乗せるとこんな感じ。
ワニボディのだいぶん奥の方に収まるので、ちょっと外からは見えづらいですね。
蓋も不透明なので、閉じてしまうともう完全に見えない状態に。

P1590219.jpg
ワニの頭部は手動で口を開閉することが可能。
きっちり大口開けますので、いろいろ噛みつかせるのも面白そうですな。

P1590225.jpgP1590228.jpg
P1590237.jpgP1590240.jpg
また、ワニの頭はボールジョイントで接続されており、上下左右に動かせます。
脚も前後回転と前脚はかなり大きく、後ろ脚は若干横に広げたりも出来ますし、後述の尻尾と合わせると
なかなかいい感じでポーズ付けも出来ますね( ´∀`)

P1590243.jpgP1590245.jpg
で、その尻尾ですが、ある程度ですが左右に振ることが可能です。
ただしこの尻尾は変形時取り外すため、割と簡単に取れるような取り付け方になっています。
曲げすぎるとすぐ取れるので、ポーズを付ける際は曲げ過ぎ注意ですw

P1590248.jpg
前足の先、赤紫になっているパーツの上には小さなピンが立っており、
タイタンマスターの足裏の穴に差し込むことで安定して立たせてやることが可能です。
こういうの、内部に乗せる以外にも遊びの幅が広がって良いですな( ´∀`)

P1590259.jpg
さて、ここでパッケージ裏の話。記載されているプロフィールを大雑把&雑に訳すとこんな感じです。
「ディセプティコンたちはパワーアップして戦うため、パートナーのタイタンマスターと合体する!
グラックスは彼と合体したスカルスマッシャーのエネルギーパターンを隠蔽し、オートボットの目に映らないようにするのだ」
タイタンマスターは合体することで相方に特殊能力を付与できる、ということのようですね。
こいつの場合はステルス能力、ということですな。

P1590267.jpgP1590268.jpg
さて、ここでスカルスマッシャー本体は一旦置いてタイタンマスター・グラックスの方へ。
ボディ側は名前が変わっちゃいましたが、こちらは問題なかったようで元ネタそのままですw

P1590279.jpgP1590283.jpg
P1590286.jpgP1590288.jpg
ぐるっとひと回り。
共通規格なので、基本的な体型はどのタイタンマスターも一緒ですな。
とはいえ、色もモールドもみんな(今のところ)別物なので特に混乱を呼ぶようなことはなさ気w

P1590290.jpg
この状態では、肩のところと首の付根がボールジョイントで可動します。
脚は両足一体の状態で股関節と膝が前後に曲げられますね。
左右の脚が独立して動けばアクションフィギュア的には楽しそうですが、こいつの場合
合体した時のこともありますからまーこれはこれで。

P1590294.jpg
頭部モードへトランスフォーム。
といっても腕をきっちり胴体に沿わせ、
脚を前側へ折り曲げてコの字状に丸まるだけではありますがw

P1590298.jpgP1590302.jpg
頭部モード。
顔面周りのフェイスガードとグラックスの手足の色が同じなので、
全体的によりまとまりよく見えている…かもしれませんw

P1590306.jpgP1590309.jpg
P1590314.jpgP1590316.jpg
頭部をぐるっとひと回り。
パッケージ絵だとゴーグル目だったんですが、現物は目の真ん中に金色の部分があるので
サングラスをかけているような感じの顔になっておりますな。

P1590321.jpg
頭部を変形させたところで、スカルスマッシャーの方に戻ってこちらもトランスフォーム。
尻尾を外し、分解して武器にし、後ろ脚を胴体に固定。
その後ワニボディの後ろ側を左右に分割、後方へ伸ばします。
あわせて、ワニの頭を背中の方へグルッと回してやりましょう。

P1590324.jpg
伸ばしたワニボディ後部の先端からつま先パーツを出し、立たせます。
ワニの前脚を左右に伸ばし、その上で根元部分を横へ回転。
前脚が胴体の左右へ位置するようにします。

P1590326.jpg
ワニ前脚の爪を持ち上げ、前脚先端からロボ手首を回して出します。
あとは各部のいちを整えてあげれば胴体の方は変形完了。

P1590472.jpg
最後に、先に変形させておいたグラックスを胴体てっぺんの首部分に
セットしてあげればロボットモードの完成です。

P1590478.jpgP1590484.jpg
完成したロボットモード。
これまたなかなかの良スタイルな感じですな( ´∀`)

P1590490.jpgP1590491.jpg
P1590492.jpgP1590493.jpg
ぐるっとひと回り。
見た感じ、元ネタであるG1版とワニ→ロボットになった際のパーツ配置が大部分同じなんですな。
つまりはだいぶ素直な現代版アップデート、というふうに取ることも出来そうです…
だいぶちっちゃくはなってますけどね。

P1590495.jpg
腕部。
ワニの前脚だった部分ですね。
ワニとしての可動のためか、サイズの割に可動部分が多く
ポーズ付けに便利だったりもしますw

P1590496.jpg
胴体。
ハードヘッド同様、ヘッドオン時のメーターギミックは未搭載。
まあ、今回はその部分にタイタンマスターの搭乗席がありますしね…(;´∀`)

P1590497.jpg
背中。
ワニヘッドですw
ワニヘッドで隠れてしまっていますが、お尻のところには3ミリ軸対応の穴があるので
TF専用スタンドとか魂STAGEとかを使うことも可能ですよ。

P1590498.jpg
脚部。
踵がない…ようにみえて、足の外側の方がそこそこ長く後方へ伸びているので
意外と安定して立ってくれますなw

P1590587.jpg
付属武器その1、銃です。
やや小ぶりなライフル、と言った感じですな。

P1590595.jpg
付属武器その2。ワニの尻尾ですw
G1版でも尻尾は武器になって、あちらは剣のように持っていましたが、
今回は銃のような持ち方に。そのせいか、上の方に何やら銃口っぽいパーツもくっついてますw

P1590596.jpg
以上1つの武器は、合体させてビーストモード時の尻尾になります。
銃が先っちょ部分を構成する形ですね。

※ここから追記
P1600860.jpg
そしてこの尻尾、ひっくり返して上部の銃口部分をもたせれば
合体武器としても使用可能。
上部が大きくえぐれていますが、ここにはタイタンマスターを座らせることが可能です。

P1600864.jpg
ただ、手持ち状態で乗せるとさすがに懲罰席にしか見えないので…w
こんな感じで、ワニの時にひっくり返してつけて銃座にする、とかが
いい感じかもしれませんなw

※ここまで追記

P1590597.jpg
付属カードのイラスト側。
やっぱり顔、と言うか目のデザインが実際のグラックスとちがうよーな…
まあ、よくあることではありますがw

P1590602.jpg
カードのテックスペック側。
合体したことによるスピードの上乗せ具合が目覚ましいですね。
そういえば、元ネタの方のスカルはのろまで慌てん坊って設定でしたっけ…

P1590610.jpg
可動に関して。
ロボットモードのシルエットが比較的シンプルだから
…というわけでもないでしょうけども、
こいつもなかなかいい感じに動いてくれますね( ´∀`)

P1590611.jpg
まず腕周り。
肩はボールジョイント接続です。
形状の都合上前後回転はともかく横方向にはあまり動かないんですが、
肩の基部が上方向へ回るのでそちらでカバーする形になりますね。

P1590612.jpg
具体的には、前後方向に関しては特に引っかかりもなく一回転可能。
横方向はボールジョイントだけだと45度も開くかな?という程度なんですが、
肩の軸自体が真上を向くまで回せるので、これを併用することで
真横まで腕を持っていくことが可能になっています。

P1590613.jpg
ただし、肩の軸を上に上げるとちょっとばかり腕の位置が高くなりすぎるので、
やり過ぎには注意ですねw

P1590614.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れるようになっています。
毎度ながら、ポージングの際にはここで腕が捻れるとだいぶ違いますよね( ´∀`)

P1590615.jpg
肘は90度程度曲げることが可能。
もうちょっと曲がるとよりナイスでしたが、まあこのくらい曲がってくれれば
基本的に不自由はしませんかね。

P1590616.jpg
肘から先、前腕部分にもロール軸が設けられており、
ひねりを入れられるようになっています。おそらくはワニの時の
前足の可動用が主な目的だとは思うんですが、手首が捻れないのでその代わりにもなりますね。

P1590617.jpg
手首は手のひら側へ折り曲げることが可能。
一応真っ直ぐな状態で軽く引っかかるようにはなっているんですが、本当に軽くなので
ちょっとした衝撃で内側へ曲がってしまいやすいのは少し気になるかもしれません。

P1590618.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
ちょっと保持力が弱めな気がしますが、個体差もあるでしょうし
ボールジョイントなのでまあ調整はいかようにでもできますし…w

P1590619.jpg
可動範囲としては、前方向がほぼ水平まで、後ろ方向は水平よりやや上くらいまで、
開脚方向はほぼ真横まで脚を上げられます。
可動範囲は充分、といったところですな( ´∀`)

P1590620.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れるようになっています。
ここもあると嬉しい可動…ですが、なーんかちょっと保持力弱い気が…
ここもまあ個体差あるでしょうし、調整も簡単にできるところなので
そこまで問題というわけではないですが(;´∀`)

P1590621.jpg
膝は90度曲げることが可能。
ですが、すぐ下に変形用の関節があり、そちらのロックを外してやれば
二重関節状態になり、180度曲げる(というか、ワニの時の状態に戻る)ことも可能です。
若干膝の位置が高いので立膝も難しいんですが、この膝下部分のロックを外して
そこで曲げるようにすると立膝はジャストフィットだったり。

P1590622.jpg
足首…はデザイン的に存在しませんがw、つま先は角度調節が可能。
接地にはあんまり影響ないですけどね。
また、可動ではないですが、内側が空洞になっている関係上
片足立ちはすごく苦手になってしまっていますね。

P1590623.jpg
頭部はタイタンマスターの担当なので、頭の人次第。
とは言え基本的にはボールジョイントで、誰を頭にしても
横回転と若干の上下動が可能なのは変わらないですね。

P1590624.jpg
あとはジョイントを浅く差し込んで上下方向への可動幅を増したり、わざと傾けてみたり、と
刺し込み加減の調整でかなりいろいろな方向を向かせられると思いますよ。

P1590625.jpg
胴体は腰を捻れるようになっています。
無いならないでもなんとかなるものの、やはりここが動くと
ポーズを付ける際には便利ですね( ´∀`)

P1590626.jpg
可動としては以上のような感じ。
足裏の接地形状が偏っているのでポーズによっては立たせにくかったりはするものの、
基本的には動かしやすい部類ではないかな、と思いますよ。

P1590630.jpgP1590631.jpg
P1590632.jpgP1590633.jpg
タイタンマスター交換でいろいろ。
今回はタイタンマスター単体販売組のディセプティコン勢と、
第一弾ヴォイジャークラス組から持ってきています。
まーなんというか、けっこうな雑コラ感が…w

P1590682.jpg
以上、トランスフォーマーGENERATIONS・タイタンズリターンよりスカルスマッシャーでした。
多少気になるところもなくはないものの(ワニの背中の蓋とか…)、
トータルとしてはやはりいい感じのリメイクっぷりではないかと思いますよ( ´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ストライプス(AUTOBOT STRIPES)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ブレインストーム(AUTOBOT TESLOR & BRAINSTORM)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ブラスター(TWIN CAST & AUTOBOT BLASTER)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN リワインド(REWIND)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN スカージ(FRACAS & SCOURGE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ブラー(HYPERFIRE & BLURR)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ウィーリー(WHEELIE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS TITANS RETURN ハードヘッド(FUROS & HARDHEAD)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGENERATIONS(TITANS RETURN)

     タグ: トランスフォーマー  海外  GENERATIONS  TITANSRETURN  ディセプティコン  スカル  スカルスマッシャー  タイタンマスター  ヘッドマスター 


    Comments:4 

    さすりゅ~  

    No Title

    ハードヘッドはオンスロートのリカラー故に余り似てないとは言え一度はリメイクされましたが
    スカルはリメイク自体が初めてなので非常に新鮮ですね
    ワニモチーフのTFも余り多くないですし…ワニっぽい車とかワニのマイクロンは出たけど
    オーソドックスにワニ⇔人型ロボってビーストウォーズのメガリゲーター以来な気がする…

    パーツ配置が似ているのでリデコでヘッドマスターJr.のホリブル(ブルホーン)にも出来なくなさそう
    頭部だけリメイクはされたけどやっぱり身体も欲しいですし…

    2016/06/28 (Tue) 21:05 | EDIT |   

    tagoal  

    スカれす

    >さすりゅ~さん
    ワニになるTF、言われてみればあまり思いつかないですね…
    ブルホーンにするには流石にちょっと厚みがきついかもですなw

    2016/07/02 (Sat) 03:07 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    TRスカルスマッシャーの更新お疲れ様です。
    ザ☆ヘッドマスターズから数えて約29年・・・
    当時は欲しくても買えなかったデストロン・ヘッドマスターがこんな形でリメイク商品が出ようとはまさに感動ですなあ
    全身の可動性に加えてタイタンリターンズ独自のギミックも追加されてまさに遊び方が無限大ですな
    単品売りのタイタンマスターでかつての「クロスヘッドオン!」も再現できるし今後のシリーズ展開が楽しみになりますね

    2016/07/02 (Sat) 20:10 | EDIT |   

    tagoal  

    スカれす2

    >Fネガさん
    ほんと、ようやくという感じですなー( ´∀`)
    メーターギミックこそ無いですが、入れかえあそびは健在ですし
    やっぱり楽しいですよ、この人はw

    2016/07/05 (Tue) 16:17 | EDIT |   

    Leave a comment