またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

18
多分昨日か一昨日のことかと思いますが、当ブログの訪問者数
(左上のカウンターの上の方)が400万Hitを達成しました( ´∀`)
いつもながら、ご愛顧ありがとうございます。
ひきつづきまったりとやっていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

と、それでは今回のネタへ。
ZA(ZOIDS AGRESSIVE)の第二弾、ハヤテライガーです。

予約をすっかり忘れていたんですが、先日たまたまアキバへ行った際に
うまいことゲット出来ました( ´∀`)特典はないですが…w

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1540850.jpgP1540851.jpg
ということで、今回はZAの第二弾アイテムであるハヤテライガー。
第一弾だったムラサメライガーのエヴォルト形態その1、スピード重視の姿ですね。
ムラサメの別形態ということで、基本の骨組み部分は共通のパーツ(色違い)になっている模様。
いわゆるリデコ品ということになりますな。
( ´∀`)<装甲と武器が全然違うのであまりそれっぽくは見えませんけどね

P1540852.jpgP1540853.jpg
P1540854.jpgP1540855.jpg
ぐるっとひと回り。
ハヤテライガーのエッジの効いたツンツンした姿をよく再現できているんではないかと思います。
対象年齢が高いぶんそのトンガリ具合は容赦なく、手に刺さってちょっといじりにくいくらいです(;´∀`)

P1540856.jpgP1540857.jpg
上下から。
背中側はもう全然別物ですが、お腹側を見るとムラサメと同系統だな…
というのがわかりますねw

P1540870.jpg
顔周り。
鋭く伸びたたてがみが特徴的ですね。
触ってるとここがまたチクチクと手に刺さってですね…w

P1540871.jpg
口は手動で開閉可能。
ここはムラサメと同じですな。

P1540872.jpgP1540873.jpg
顔の周りのたてがみのうち、顎の下と側頭部のものは手動にて可動します。
まず顎の下はこんな感じで、後方に倒したり起こしたり、が可能です。

P1540874.jpgP1540875.jpg
側頭部のものは上側に閉じることが可能。
前脚を大きく動かしたい時なんかに便利です。

P1540876.jpgP1540877.jpg
コクピット部分ももちろん開閉できます。
コクピット内部もある程度造形されていますが、中にルージくんは不在。
通常のゾイドよりもだいぶ小さいので人形の流用ができないのがちょっともったいないところですなw

P1540890.jpgP1540891.jpg
前脚。
それぞれに刀が据え付けられています。
右に装備されているのがムラサメディバイダー、左のものがムラサメナイフです。

P1540893.jpgP1540892.jpg
ムラサメディバイダー・ムラサメナイフとも、根本のところで回転と曲げ伸ばしが可能。
劇中同様に、横方向へ伸ばすことが出来ますよ。

P1540894.jpgP1540895.jpg
さらに、肩のところにあるサブHYTフィン(金色のパーツ)は手動で引き出し、展開状態にすることが可能。
…なんですが、なかなか引き出しにくいですwしかも1本ずつ引っぱり出さないといけないので結構面倒…
説明書にもあるんですが、ピンセットか何かを使って引き出したほうが無難そうです(;´∀`)

P1540896.jpgP1540897.jpg
前脚かかと部分にはムラサメライガーと同型のパイルバンカーが。
こちらも手動で射出状態にすることが出来ますよ。

P1540898.jpg
後ろ脚。
前脚もそうですが、フレーム部分のパーツはムラサメライガーと
同じものの色違いになっていますな。

P1540899.jpgP1540900.jpg
そして、後ろ脚の付け根部分にもサブHYTフィンが。
こちらも手動で引き出すことが可能です。
前脚のフィンよりちょっとだけ大きいので、気持ち程度引き出しやすい…かもしれませんw

P1540910.jpg
しっぽ。
ムラサメライガーから先端の形状が大きく変わっています。
しっぽ本体はムラサメの時と変わらずベンダブル仕様で、
手で適当に曲げてお尻のところに差し込む形になりますね。

P1540911.jpg
胴体。
ここはムラサメライガーと同じパーツのようです。
ムラサメブレードのレールの代わりに装甲板が取り付けられておりますよ。

P1540912.jpg
胴体のお腹がわ。
可動のため3ブロックに分かれていますが、そのうち真ん中のものの
底面パーツは取り外しが可能。

P1540913.jpg
その取り外し可能な部分を外し、スタンド用の穴が空いたパーツに
交換することが出来ます。…ムラサメの時も思ったんですが、
ここって全然目立たない場所ですし、交換パーツにしないで穴開けちゃってても
別に良かった気もしないではないですね…w

P1540930.jpg
ハヤテブースター。
ムラサメブレードに変わりハヤテライガーの背中に装備される装備で、
ここからHYT粒子なるものを放出することで時速420kmでの装甲を可能とする…
という設定です。タカラトミー版とはだいぶ形が違いますが、
アニメの設定にはこっちのほうが近いですね。

P1540931.jpg
そしてこのブースター、根元のところが多軸の関節になっており、
可動の妨げにならないよう、また稼動状態の再現のために色々と動かすことが可能です。
画像のように一旦後方へ下げて…

P1540932.jpgP1540933.jpg
ブースター自体を背中から浮かせれば、ブースター本体を左右・前後に
ある程度ですが傾けることが可能です。
横回転こそしませんが、結構いろんな方向に動いてくれますよ。

P1540934.jpgP1540935.jpg
そして、上でもちょっと触れましたがブースターは本体及びスタビライザーを展開、
稼動状態を再現することが可能です。かなりガバッ!と大きく展開できますね。
スタビライザーのうち内側の二本はパッと見展開できなさそうですが、ブースター本体を
少し横倒しにすることで(アニメでもそういう描写になってるっぽいですね)展開が可能になります。

P1540950.jpgP1540951.jpg
展開できる部分を全部開くとこんな感じに。
最大稼動状態、といった趣ですな。
素の状態よりさらにトゲトゲしておりますw

P1550011.jpgP1550010.jpg
続いて可動の話…のまえに、関節の引き出し機構について。
ムラサメライガーと同様、ハヤテライガーもボディの各所を引き延ばすことで可動範囲が広がるようになっています。
具体的には、前後の足の付根と胴体の各パーツの節、首の付根です。
上の画像向かって左が引き出し前、右が引き出し後ですね。関節を引き出すとどうしても見た目に影響が出ますから、
ここは適宜必要な部分を引っ張りだすのが無難ですな。

P1550012.jpg
では改めて可動の話に。
基本的にはムラサメライガーと同じ構造なので、
可動範囲もあちらに準じる感じですね。

P1550013.jpg
まずは脚部、前脚から。
付け根部分がヒンジとボールジョイントの複合、その先のキャップ部分は
軸関節で前後に曲げ伸ばし可能、爪の部分はボールジョイントで
曲げ伸ばし&ひねりが可能、となっています。

P1550014.jpg
まず付け根部分ですが、引き伸ばしなしの状態では前後方向への回転が可能。
この状態では横方向にはほぼ開きませんが、引き出し部分を引っ張りだすと
最大で45度~60度程度脚を開けるようになり、さらに引き出し関節の根元部分が前後に回るため、
左右にひねりを入れられるようになります。引き出し関節の効果は大きいですなw

P1550015.jpg
キャップの部分は、前後方向に曲げ伸ばし可能です。
前方向に全開まで曲げると足裏が真正面に見えるくらい、
後ろ方向は肩を動かさずにパイルバンカーを真後ろに向けられるくらいまではいけますね。

P1550016.jpg
ツメ部分は上下に45~60度位の範囲で曲げ伸ばしが可能。
横にひねることもできますので、接地性は非常に高いですね。
かがんだり伏せたりもお手のものですな( ´∀`)

P1550017.jpg
続いて後脚。
基本的な構造は前脚と一緒で、根元とキャップ部分、爪のところが動きます。
まず根元部分は前脚と同じく、縮めた状態ではほぼ前後回転のみ。
引き出せる部分を引っ張り出せば、ハの字に開いたりひねったりが可能になります。

P1550018.jpg
キャップ部分は前脚と同じく、前後に曲げられます。
ただし、後ろ脚のほうが曲げられる部分は一箇所多いですね。
接地時の微調整なんかにも便利ですね。

P1550019.jpg
ツメの部分は前脚と完全に一緒。
ここは前脚と後ろ脚で共通のパーツですからねw

P1550020.jpg
次に頭部、ここは頭と首がボールジョイント接続、
さらにその首の根元が引き出し式になっており、押し込まれていると固定、
引き出されていると横方向にある程度動く、という構造です。

P1550021.jpg
ボールジョイント部分ではある程度上下左右に首を振ることが可能。
それにプラスして、首の根元の左右可動を使う、という形になりますね。
そして、ここを動かすときはハヤテブースターとたてがみ周りのパーツが干渉しやすいので要注意。
特にブースターのスタビライザー部分とか、すごく薄いパーツですから
折っちゃったりしたらあとが大変です(;´∀`)

P1550022.jpg
胴体は引き出し部分を押し込んだままでは固定ですが、引っ張りだしてやれば
胸のところで左右、腰は上下に曲げ伸ばし可能です。
うちの個体はここの腰の所の保持力がちょっと弱く、引き出した状態で宙に浮かせると
下にヘナっと曲がってしまいますね…(;´∀`)構造的に補強も難しいですし、どうしたものか

P1550023.jpg
しっぽは前述のとおりベンダブル仕様でグネグネ曲げられますが、
その他にも付け根の取り付け部分が上下に大きく動くようになっています。
本体をぐねっと曲げて根元を動かして、で色々と表情付けができそうですな( ´∀`)

P1550024.jpg
可動としては以上のような感じ。
たてがみや肩の出っ張りが他の場所に干渉しやすいですが、
たてがみに関してはかなり豪快に動かせるのでムラサメライガーよりは楽に避けられる感じ。
あとは、上の方でも書きましたが、たてがみとかツメとかのとんがってる部分が
もうほんとにすごくとんがっているので、弄っているとことあるごとに手にチクチクチクチクと…(;´∀`)

P1550110.jpg
タカラトミー版のムラサメライガーと。
72分の1と100分の1、ということで大きさも結構違いますw

P1550111.jpg
タカラトミー版とは前述したハヤテブースターの形状の違いや
各部のトンガリ具合の差が結構顕著ですね。
繰り返しになりますが、ほんとZA版は触ってるとチクチクするんですよ…(;´∀`)

P1550112.jpg
ZA第一弾のムラサメライガーと。
脚のあたりなんかを見ると、同じ構造してるなーというのが
見て取れますな。

P1550113.jpg
可動範囲は前述のとおり概ね同じなんですが、
ムラサメのほうが関節の保持力は強い…と言っても個体差もあるので一概にはいえませんが。
特に引き出し関節のヒンジ部分が全体的にゆるめな傾向にあるようです。
まあ、ハヤテの方も普通に飾っておける程度の保持力はありますし、
そこまで気にすることもないかなー?といったところですねw

P1550258.jpg
以上、ZAのハヤテライガーでした。
シャープな造形と可動で、いじって楽しいハヤテライガーですね。
ちょっと手が痛いのが難ですが…ってしつこいですが(;´∀`)
残る一つのエヴォルト、ムゲンライガーももう発売が決まっていますから、
3体揃う時が楽しみですな(゚∀゚)
amazon
    
関連記事一覧
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA004 ブレードライガーAB
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA003 ムゲンライガー
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA001 ムラサメライガー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSZA

     タグ: ゾイド  ZA  ジェネシス  ZA002  ハヤテライガー  ムラサメライガー  コトブキヤ 


    Comments:2 

    pyoro  

    No Title

     タカラトミー版は買ってなかったので、ハヤテライガーの立体物は初めて手にしたんですが、ムラサメライガーと比べると全体的にボリューム(情報量)が増えて、配色では青い部分が赤く、黄色の部分が濃くなったことでライオンならではの迫力、威厳が強調されているのがストレートにかっこいいと思いました。
     パイロットのルージ君の成長とともにパワーアップした。という話の展開とよくマッチしたデザインですよね。



     難点としては、手が痒いとか首が引っかかるとかもあるんですが、「走っているように見えるポーズが難しい」というのが大きいと思いました。ネコ科の動物は走るときは爪を閉じていてしかも踵をつけずに動いているので、フィギュアではつま先部分が上に動いて爪が開閉しないと「走っているようなポーズ」にあまり見えないのですが、それをやるとパーツ数が大幅に増えるし、強度の問題も出るでしょうから難しいなぁと。今回のハヤテライガーはムラサメライガーからスピードを強化したという描かれ方をしていたので、リデコ元のムラサメライガーよりも走るポーズが難しいことの「惜しさ」が増えてしまった感がありました。

     ただ、「地面を踏みしめる」とか「相手に飛び掛かる」みたいなポーズはとても迫力があって格好よくできるので全体的には満足していて、「パワーを強化した形態」であるところのムゲンライガーはそういった長所をさらに生かせそうなデザインをしているので、次を楽しみにしています。

    2016/05/21 (Sat) 15:56 | EDIT |   

    tagoal  

    ハヤテれす

    >pyoroさん
    ハヤテはムラサメから一気にトゲトゲして鋭い感じが増しますからねー。
    パワーアップ感ありますよねw
    走るポーズは確かに…まあ大きさもありますし、難しいところだとは思います( ´∀`)

    2016/07/02 (Sat) 02:26 | EDIT |   

    Leave a comment