またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

09
改めまして、あけましておめでとうございます
…ってもう年明けから10日近く経っておりますが(;´∀`)
正月休みも終わり、生活のリズムも元に戻ってきたかな?というところで
当ブログの(ほんとうの意味での)今年一発目の更新、ということになりますね。
P1420587.jpg
と、それではさっそく今回のネタへ。
トランスフォーマーのBOTCON2015限定アイテムより、オイルマスターです。
P1420278.jpg
きっと皆さん各所の年始の干支ネタでさんざん猿系…と言うかゴリラをみて
胃もたれ(?)気味だろう、ということでトドメの追いゴリラです(殴

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1420279.jpgP1420284.jpg
ということで、今回は去年のBOTCONの会場限定ボックスセットから、オイルマスターです。
玩具としてはその昔ボツになったダブルプリテンダーのアウターシェルを改めて作成、
キャラクターとしては当ブログの相互リンク先管理人にしてTwitterでの相互フォロワーでもある
某氏が名前の元ネタ、という色んな意味でびっくりな奴ですなw

P1420287.jpgP1420290.jpg
P1420295.jpgP1420296.jpg
ぐるっとひと回り。
オイルマスターはプリテンダーなので、このアーマーを着たゴリラはアウターシェルということになります。
大きさとしてはいわゆるヴォイジャークラス相当、結構ボリューム感のあるゴリラですw

P1420299.jpgP1420306.jpg
アウターシェルの顔周り。ゴリラですねw
オイルマスターのアウターシェルは塗装が割と雑なものが多いようで、私のものも
口周りや鼻の頭などに結構派手にインクが飛んでおります(´・ω・`)

P1420309.jpg
腕部。
アーマーゴリラなので、かなりゴツ目ですなw
なお、この手の軽く握っている人差し指部分は5ミリ穴になっていますから、
後述の付属武器はもちろん、他のTFの武器もある程度持たせることが可能ですよ。

P1420318.jpg
胴体。やっぱりゴリ(ry
腹のところに弾帯状のモールドがあり、左右非対称なのが
特徴的ですな。

P1420321.jpg
背面。
六角形のくぼみ部分には付属の武器がセット可能です。
さらに、(タブル)プリテンダーとしてインナーロボを格納する部分も兼ねていたり。

P1420324.jpg
脚部。
足部分には中の人は入り込んでいないこともあり、棒立ちではなく
軽く腰を落とした感じのポーズになっています。
なお関節等は仕込まれていないので可動はしません。

P1420352.jpg
さてこのオイルマスター、プリテンダーということで中の人こと
インナーロボが内部に格納されています。
格納されているのは主に胴体から背部にかけて。
背中のコンテナ状の部分が開くようになっています。

P1420353.jpg
背面オープン。
フタ部分は開いた状態では固定されないので、つっかえ棒をしていますw
モデルになっているのがダブルプリテンダー(シェル内部に二体のインナーロボを備えたプリテンダー)
ということで、小型とはいえきちんと二体収納されておりますよ。

P1420355.jpgP1420359.jpg
中の人その1、グランドフォーム。
ゴリラの中に収める際には、ボンネットを運転席側に移動させてからになります。
実はこのまんまでも無理やり収められないこともないんですけどね…w

P1420362.jpgP1420365.jpg
P1420370.jpgP1420375.jpg
グランドフォームをぐるっとひと回り。
モノとしては、以前うちでも紹介していますメトロマスターのスワーブ
(TFレジェンズでも出ましたな)のリペイント品になります。
側面の泥はねみたいな模様がなかなかいい感じ。

P1420377.jpg
さて、ここで記事のトップにだしているカード記載のプロフィールについて。
毎度のごとく超適当&大雑把に訳すとこんな感じです。
”「てめえはもう逃げも隠れもできねえぜ!」

20ステラーサイクル前までは、トランステック世界では
ダブルプリテンダーのことは全く語られることもなかった。
それ以降であっても、ダブルプリテンダーの存在はほとんど
神話や寓話の上の存在だと考えられていた。
しかし、オイルマスターはダブルプリテンダーが実際に存在するということの証明である。
そして、ダブルプリテンダーであることは彼の仕事にとって恐ろしく効果的な骨子である。

プリテンダーの仕組みが調査され、明文化されるまでのあいだ、
オイルマスター以上にプリテンダーの各形態をコントロールする能力を示したものはいなかった。
彼は自身のシェルから分離する、文字通りの「ひとりロボットチーム」である。
オイルマスターは彼の獣・航空機・地上ビークルを同時に、そして完璧に同調させて制御できる。
彼はあらゆる賞金を得るために、対象をこの圧倒的な武力を用いて追跡し、捕らえるのだ。
オイルマスターはただ一人の軍隊であり、兵器なのである。

彼の装備には、オニキスの欠片のようなクアルタブレード、
肩アーマーから突き出すあらゆる毒素を噴出する弁、
ならびに5メカノメートル以上の距離に不安定なエネルギーを浴びせかける
ハイ-RAZプリズム信管を備えた手榴弾がある。
それらの武器で充分でない場合、彼のエアリアルフォームは
弾薬を乱射するトライオニックブラスター(オイルマスターは『路地の掃除屋』と呼ぶ)
に変形することが可能なのだ。”

もともとがボツネタなだけに、ダブルプリテンダーという特性自体が
すごく特殊な個性ということになってるようですな…

P1420400.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
車体後部をリアバンパー側を軸に180度回転させて左右に分割し、
ロボ脚部として立たせます。

P1420403.jpg
その後前輪からドアまでの側面部分を横に開き、
胴体とつながっている軸を下側へ90度回転。
ボンネット部分を運転席にかぶさるように移動し、ルーフ部分を押し込んだら
あとは手足の位置を整えて変形完了です。

P1420407.jpgP1420409.jpg
ロボットモード。
形状はスワーブそのものなんですが、顔の色が白くなくなったので
ニヤけ顔の口元がよく目立つようになっていますなw

P1420414.jpgP1420416.jpg
P1420420.jpgP1420423.jpg
ぐるっとひと回り。
スタイルに関してはスワーブと一緒なので特に言うことはないとして、
グレー&メタリックパープルのカラーリングもなかなか似合いますね…w
なお、元ネタに当たるマグニフィカス付属コミックで登場した中の人とは雰囲気くらいは似てるかな、位の感じですなw

P1420426.jpgP1420432.jpg
顔周り。
スワーブそのものですが、前述のとおり口の中と顔面が塗り分けられているので
ニヤッとした笑顔がよりはっきり分かるようになりましたw

P1420435.jpg
腕部。
これまた形状は(ry
車体側面のペイントがちょうど腕のところに来ているので、
スワーブとは違う複雑な模様のある腕に。

P1420439.jpg
胴体。
やっぱりス(ry
胸部の銀(というか、ガンメタル?)の塗装はきっちり綺麗ですね。

P1420442.jpg
背面。
や(ry
ビークル時からちょっと傾けることで、単純にガワを背負っている感じからは
ある程度脱却できてますかな。

P1420446.jpg
脚部。(ry
デザイン自体はいいんですが、足をひねる方向の動きが
ほぼ出来ないのがちょっともったいないところですね。

P1420489.jpgP1420493.jpg
つづいて、中の人その2・エアリアルフォーム。
モノとしてはスワーブの相方・フランカー(日本版で言えばフェイサー)のリペイントになります。

P1420496.jpgP1420497.jpg
P1420502.jpgP1420505.jpg
ビークルモードでぐるっと。
小型のジェット機ですね。モチーフに関しては実在の機体のデザインを
いろいろ混ぜてあるとのことではっきりこれ、とはいえない模様。
しかし、なんだかんだでこいつも結構使いまわされてますなあ…w

P1420511.jpg
ところで(ちょっとここで書くのも唐突ですが)、この(これらの?)オイルマスター、
初出はe-hobby限定だったマグニフィカスの付属マンガに出てきた悪役。
この時に、デザインはボツになったダブルプリテンダーの一体から、名前は前述のとおりの
某氏の名前をもじって「オイルマスター」となりました。
このキャラがTCCコミックに輸入され、更にBOTCON限定アイテムに…という流れですね。
しかしまあなんです、過去に車体番号とかナンバープレートに個人名をもじった内容が書かれることは
時々ありましたが、キャラ名になってなおかつ限定とはいえ立体化までしちゃった、というのは
日本人(に限らないかも)としては初なんでは(ヨケトロンとかも過去にありますが、アレは立体化はしてないし…)?
実に羨ましいことですな( ´∀`)

P1420514.jpgP1420518.jpg
エアリアルフォームのロボットモード。
変形手順の説明をすっ飛ばしましたが、まあ、主翼と機首をたたんで立たせるだけなので…w

P1420522.jpgP1420525.jpg
P1420529.jpgP1420532.jpg
ぐるっとひと回り。
横から見ると、たたまれたパーツが良くわかりますなw

P1420535.jpg
ロボットモードで可動するのは腕の前方向への回転のみ。
まあ、この人いうなればアームズマイクロンの類ですからねえ…
武器モードもありますし、そんなにぐねぐね動かれても、というのはありますw

P1420537.jpgP1420542.jpg
武器モード。
ビークルモードから主翼を立て、機体内部のロボ胴体を後部ブースター側に動かして固定、
機首下のグリップを引き出して変形します。
カードのプロフィールから察するに、最後の切り札みたいな扱いのようですね。

P1420545.jpg
武器モードのエアリアルフォームは他の二体それぞれに装備可能。
グランドフォームにもたせるとこんな感じです。
本来の組み合わせですから、特に違和感もないですなw

P1420548.jpg
そしてゴリラの方にもたせるとこんな感じ。
手のつくりの関係上、親指が引っかかってちょっともたせにくいです(;´∀`)

P1420549.jpg
さらに、グランドフォームのビークルモードにも装備は可能。
天井の上ですが、ここはエアリアルフォームがビークルモードでも取り付けできますね。

P1420550.jpg
武器繋がりで、付属武器その1。剣ですね。
オニキス(黒瑪瑙)のような、とプロフィールにもありましたとおり
つやつや黒々ですw

P1420551.jpg
付属武器その2、銃ですね。
この銃と剣は、海外で展開していたコンストラクトボッツというシリーズで
使われていたものの流用品ですな。
なお、うちのものは整形不良で全体にものすごいバリが…
画像はあらかたそのへん切り取ったあとで撮影したものですが、まだちょっと残ってますね(;´∀`)

P1420552.jpg
2つの武器はゴリラの手に持たせる他、
背中にこんな感じで取り付けることも可能です。

P1420553.jpg
そしてもちろん、グランドフォームもこの2つの武器を装備可能。
ちょっとオーバースケール気味ですが、ハッタリが効いてていいですなw

P1420554.jpgP1420555.jpg
ビークルモードで2つの武器を装備するとこんな感じ。
穴が一個なので、2つ同時は無理ですね。

P1420556.jpgP1420557.jpg
さらに、エアリアルフォームにも装備。
ロボットモードの手は武器を持てるようなものではないので、機首下の
武器モード時のグリップに差し込む形になります。
グランドフォーム以上にオーバースケールになるので、なんかすごいことにw

P1420570.jpg
可動に関して。
エアリアルフォームに関しては上の方で(一言で)済ませているので、ここでは
ゴリラ(アウターシェル)とグランドフォームについて書くことにします。

P1420571.jpg
まずはアウターシェル、ゴリラの方から。
こちらは基本的にソフビ人形だと思ってもらえればおおむねことは足りますね。

P1420572.jpg
具体的に動く部分としては、首と両肩だけ。
中の人がいるので胴体は当然動かないとして、上の方で触れましたとおり
脚部にも特に可動部位は設けられておりません。

P1420573.jpg
具体的な可動範囲ですが、まず腕の方は
肩のところで前後に一回転可能です。
特にまわりに干渉するようなものはないですね。

P1420574.jpg
ただこの肩のところは構造的に個体差が割りとあるらしく、
保持力が全く無くプランプラン状態の個体もそこそこある模様。
幸い、うちのものは割としっかり武器を構えることができるので
そこのところは助かりました。

P1420575.jpg
首に関しては横に一回転可能。
ただし、首自体が若干前向きに傾いているので、
横を向けすぎるとちょっと首を傾げたような感じにも見えますなw

P1420576.jpg
アウターシェル部分の可動は以上。
プリテンダーのガワなので、首が回るというだけでも元祖以上ではありますが…
どうせなので他の部分も動くともっと良かったかも、ですね。

P1420577.jpg
お次はグランドフォームのほう。
といっても、こっちはスワーブと一緒なので
スワーブの記事参照!でも良いんですけどねw

P1420578.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイント接続です。
また、変形の関係で肩の軸そのものが上方向にスイング可動
できるようになっていますな。

P1420579.jpg
具体的には、前後方向には特に干渉もなく一回転可能。
横方向にはボールジョイントだけだと殆ど動きませんが、前述した
軸の上向き可動を使ってやることでほぼ水平まで腕を上げることが可能です。

P1420580.jpg
ただし、上向きに回るのは肩の軸の付け根なので、
腕が頭より上で横を向く格好に。
そのため、適当なところで抑えておいたほうが見た目にはいいですね。

P1420581.jpg
また、構造上腕を胴体側に曲げるのは得意なので、何気に
武器の取り回しなんかはやりやすかったりシます。

P1420582.jpg
肘もボールジョイント接続。
上腕部分にロール軸のたぐいはないので、腕のひねりも
この肘部分で賄うことになりますね。
そして、曲げ伸ばしの方は90度よりちょっとだけ深めに曲げることが可能ですよ。

P1420583.jpg
手首は固定。
ここも、肘のボールジョイントの方で動きをまかなう形になりますな。
ボールジョイントさまさまといったところですな、ここのところはw

P1420586.jpg
続いて下半身。
股関節もまたボールジョイント接続です。
ただ、太もも部分のパーツが腰パーツにほぼ密着しているので、
軸関節みたいな扱いになってしまっていますけどね。

P1420587.jpg
具体的には、前方向が水平よりやや上まで、後方は水平まで、
開脚方向も水平まで脚を上げることが可能です。
ボールジョイントではあるものの前述のとおり腰パーツとの隙間がほぼないので、
ここで足をひねってやることはほぼ不可能。

P1420588.jpg
この「股関節で脚を捻れない」というのが、何気に結構痛かったりします。
太もも部分、と言うか脚部にロール軸のたぐいがないので、
実質「脚をひねる」というアクションがほぼ出来ないんですよねえ(´・ω・`)

P1420589.jpg
膝部分は軸関節。
変形の関係もあってほぼ180度曲げのばしが可能です。
ここもボールジョイントだったら、というかどこかで脚をひねれる構造だったら
一気にポージングの幅が広がったところですが…まあ、スワーブの時点からこうでしたしね(;´∀`)

P1420590.jpg
足首部分は固定です。
デザイン上も動かせそうな場所無いですし、コレはまあしゃーなしですなw

P1420591.jpg
頭部は、上方向にだけ動かすことが可能です。
メトロマスターは首が回る奴と回らない奴が居ますが、スワーブ型は
回らない方なんですよねえ…上向きには動くので、ある程度表情付けはできますけども。

P1420592.jpg
胴体は可動部分なし。
大きさ的にもデザイン的にも、可動を仕込むにはちょっときつ目ではありますなw
手足がよく動くのでこちらである程度ご任せますし、そこまで著しい不便さはないんじゃないかな、と。

P1420593.jpg
可動としては以上のような感じですね。
グランドフォームは良くも悪くもスワーブ型そのものです。
首が回せれば&脚が捻れれば…というところはちょっと残念ですが、
そこ以外は割合扱いやすくはありますね。

P1420600.jpg
グランドフォームのリカラーもとであるスワーブと@ビークル。
結構塗装部分が増えているのがわかりますな。さすがは限定ものですw

P1420601.jpg
ロボットモードでスワーブと。
やはり、顔面の塗り分けが増えている所が大きいですかねw

P1420602.jpg
エアリアルフォームとフランカー@ビークル。
この際なので日本版のフェンサーも並べればよかったかな?と
撮影後に思いましたが…まあ、今回は海外版オンリーということで(;´∀`)

P1420603.jpg
ロボットモードでエアリアルモードとフェンサー。
グランドモードのほうで塗装が増えていたせいかはわかりませんが、
こちらはフェンサーのほうが塗装多めな感じですね。

P1420604.jpg
武器モードでエアリアル&フェンサー。
翼の裏の塗装の有無で、ちょっと感じが違って見えますかね。

P1420605.jpg
可動面に関しては前述のとおり、両者とも全く一緒。
まあ、アウターシェルを除いてしまえば違いは色と塗装だけですしなw

P1420663.jpg
以上、ボットコン2015限定のオイルマスターでした。
ボツ品の復活ネタであり、超久々の新規プリテンダーであり…
と、いろいろと初&復活要素満載で楽しいやつですよ( ´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー TIMELINES スカイワープ(SKYWARP)
  • トランスフォーマー BOTCON2013 ミラージュ(MIRAGE)
  • トランスフォーマー BOTCON2015 ガルバコンボイ(GALVA CONVOY)
  • トランスフォーマー TIMELINES ライオコンボイ(LIO CONVOY)
  • トランスフォーマー TIMELINES ノヴァプライム(NOVA PRIME)
  • トランスフォーマー BOTCON2010 ディセプティコンスライス(DECEPTICON SLICE)
  • トランスフォーマー BOTCON2015 パックラット(MAXIMAL PACKRAT)
  • トランスフォーマー BOTCON2013 ホイスト(HOIST)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーBOTCON・TCC等限定品

     タグ: トランスフォーマー  海外  限定  BOTCON  2015  ディセプティコン  オイルマスター  プリテンダー  スワーブ  リデコ 


    Comments:7 

    |・ω・)<匿名さん  

    No Title

    アウターシェルの頭部アイアンコングっぽいですねぇ。同じゴリラ型だけに。

    2016/01/09 (Sat) 05:45 | EDIT |   

    ぽけ厨  

    No Title

    え…元ネタはあの人…驚きです。

    ロボット二体の搭載ギミックやら新規造形やらでかなり目新しさに溢れたブツですね〜

    限定品なのがなんとも惜しいですが…どっかで売ってはくれませんかのー。

    2016/01/09 (Sat) 08:31 | EDIT |   

    ベリリウム蒲鉾  

    No Title

    グランドフォームのロボットモード、色合い的にビーストメガトロンを思い起こさせますね。
    因みに。今年の干支ネタ、これが来るのではないかと予想していましたが・・・・。

    2016/01/09 (Sat) 08:52 | EDIT |   

    オダワラプライム  

    No Title

    まさかのプリテンダー、しかもダブルプリテンダー、挙句の果てにアウターシェルまるごと完全新規という凄まじい手の凝りようでBOTCON2015一番の注目アイテムでしたね。
    見た目のインパクトとプレイバリユーの高さ的に一般でも行けそうな気がしますが、さすがに日本市場では難しいかな?
    1/12スケールの市場が成熟した今ならプリテンダーと1/12スケールの女の子やライダーやらと一緒に並べるという新しい遊び方もできそうですし、せっかくG1当時にメタルホークみたいな国内新規プリテンダーを出したことですし……でもやっぱり難しいかなぁ。

    2016/01/09 (Sat) 15:44 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    日本のTFコレクターで捩ったらTFっぽい名前になる人ってそうはいないと思う
    加えて某超人さんがゴリラ好き且つ未発売の名無しゴリラダブルプリテンダーが存在してたから名前に選ばれたという殆ど奇跡のマッチングとしか言いようのない経緯もあって
    今後またそんなキャラが出るかどうか…個人的には実在人物ネタは好きなんでもっとやって欲しいのですが
    例えばtagoalさんの場合…ダメだ実写3作目のイゴールの色違いみたいなんしかイメージできん

    コンストラクトボッツの武器の流用は武器に乏しいキャラには嬉しい追加要素になり得るから本家でも是非やって欲しい
    武器がオミットされて何のフォローもなしって流用品には尚更だ

    BotConでスパリンメガザラックをベースにヘッドマスターギミックを独自再現したリデコアイテムが出てから本家でギミック込みでブレインストームのリメイク、そしてヘッドマスターばかりのシリーズであるタイタンズリターンが始まるように
    このオイルマスターを切欠に本家玩具でギミック込みでプリテンダーのリメイクシリーズが始まらないもんか…

    2016/01/09 (Sat) 21:28 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    元ネタと言い、やり方と言い、重度のネタキャラなんですね。

    プリテンダーの復活なんて誰も思わなかっただけにこいつの人気はすさまじかったですね。というか全部彼に話題を持ってかれたと

    ダブルプリテンダーというだけあって中身にメトロマスターが選ばれたのも後続のクラシックプリテンダーらしくあって良いですね。
    後は虫の方か・・・あれは未だ謎に包まれてるけど

    しかしここまで大胆不敵にやってくる辺りボットコン側もいい加減にヤバさを感じたんでしょうね。
    前作のマシンウォーズはマニアにすらそっぽを向かれていましたし・・・まあマンネリ以前の問題だったから仕方ないけど。

    2016/01/11 (Mon) 10:38 | EDIT |   

    tagoal  

    オイルゴリれす

    >匿名さん
    確かにアイアンコングっぽい感じもありますねー。
    ゴリラにメカメカしい兜かぶせるとそうなる、ということなんでしょうけどもw

    >ぽけ厨さん
    ええ、あのひとですw
    元々は世に出ることなく消えていったアイテムということで、
    他にない独特なものになっておりますよ( ´∀`)

    >ベリリウム蒲鉾さん
    紫ですしね、確かにそれっぽくもありますな。
    干支ネタに関してはインパクトの関係であっちを優先しましたw

    >オダワラプライムさん
    正直、これがあったから普段手を出さないBOTCONのボックスを買った、
    といっても過言ではないです…w
    一般に出すとなると、アウターシェルが結構がっしりしてますし
    ちょっとお値段がはっちゃいそうな気はしますね…('A`)

    >さすりゅ~さん
    一応、キャラを決めてから名前はそういえば…みたいな流れだった、
    という感じだったと思いますが、それにしてもほんと奇跡的ですわねw
    今プリテンダーをこの仕様で、となるとさすがにマニア向けがすぎる気はします(;´∀`)

    >名無しさん
    色んな意味で衝撃的なやつではありますねw
    2015ボックスは他の連中もなかなか珍しいヤツらが揃ってますが、
    こいつのインパクトは洒落になりませんしな…(;´∀`)

    2016/01/26 (Tue) 18:47 | EDIT |   

    Leave a comment