またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

25
週末が見えてきましたなー。
この週末をこえると、いよいよ2015年の最終週ですね。
年始の準備もそろそろ本腰を入れないと、ですなw
P1400938.jpg
さて、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマー・マスターピースより、ランボル(アジア向け再販版)です。
P1310903.jpg
リデコ品のクランプダウンがもうすぐ届く&とりあえずクリスマスなので、
ということで赤いやつを…w

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1400743.jpgP1400746.jpg
ということで、今回はTFマスターピース版のランボル。
MP-10でのコンボイリニューアルからのカーロボ勢第一弾ですね。
これ自体の発売はもう数年前ですが、今回のものは
今年になって出たアジア向け再販版になります。

P1400749.jpgP1400753.jpg
P1400759.jpgP1400762.jpg
ビークルモードでぐるっと。
もはや説明不要な感じの、ランボルギーニ・カウンタックですね。
この上下にうす~い車体、よくここからロボットになるもんだなあ…と
いま見ても思ってしまいますな( ´∀`)

P1400765.jpg
さてこのランボル、前述のとおり
今年になってからハズブロアジアのほうで再販されたものだったりします。
初版時はMPに手を出してなかったので、再販で初めて手にできました…(;´∀`)
再販品なので仕様はほぼ一緒ですが、海外版MPにハズブロがおまけでつけてくる
コインだけは新しい物に変わってますね(これは後ほど)。

P1400773.jpgP1400778.jpg
付属のテックスペックカード。
初版のものと全く同じ…はずです。
しかし、一応海外流通品のはずなんですが、翻訳とか一切してないですねー。
日本での外国語表記みたいに、あちらでは日本語表記がクール扱いなのは一応知っては居ますが…
海外ユーザーもこれに何が書いてあるのか、調べるの大変そうですね(;´∀`)

P1400782.jpgP1400785.jpg
で、こちらが今回の再販版のみに付属する特典のコイン…のスリーブ。
ランボルの胸部を模した感じのデザインですね。
一応先着順のおまけということだそうで、箱のなかとかには
おさまっておらず別途ついてくる形ですね。
なお、一応なんとか箱のなかにも収められるサイズではありますw

P1400786.jpg
ではスリーブオープン。
赤い部分を開いて…

P1400787.jpg
両サイドを横に開くとこんな感じでコインが入っています。
コインに対してスリーブがかなりでっかいのがお分かりいただけるかと…w
もう、このスリーブまで含めてのアイテムになってますね。

P1400796.jpg
なお、コインの下側はこんな感じ。
うまいこと凹凸を引っ掛けてやれば、ディスプレイ台みたいな感じで
飾ることも出来そうではありますね。

P1400801.jpg
コイン本体に寄ってみたり。
ランボルの顔が刻印されています。
なおこのコイン、ブリスターに入った上で厚紙の中に挟まっているんですが
この厚紙が接着されているので、スリーブから取り出すには厚紙を破らないと無理そうで…
さすがに勿体ないので取り出せずにいます(;´∀`)<まあ、この状態のほうが観賞用としては良いですがw

P1400804.jpg
ちなみにこのコイン、コインと言うには結構でっかくてですね…
比較のため、10円玉を持ってきてみました。
見ての通り、結構なビッグサイズですw

P1400814.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
前輪を内側へ回転させ、その後ボンネット部分とフロントガラスの間のジョイントを外して
ボンネットを車体底面側へぐるっと折り込みます。
合わせて、車体側面のドア部分をぐるっと前側へ回転。さらに運転席部分をルーフごと前側へ持って行きます。

P1400818.jpg
リアウイングを真ん中から開き、車体後部をまるごと左右に分割。
先ほど前に持って行ったドアとの境目の部分を90度回転しつつ、リアフェンダーまわりを
リアウイングが前の方に行くように180度回転。あわせて、運転席内に収まっていた
ロボ足首から車体後部のガワを、リアバンパーあたりを軸に180度後方へ回転させて伸ばし、
かかと部分を開いてロボ足首を完成、立たせます。

P1400822.jpg
車体後部のガワを伸ばしたら、車体底面に合った黒いパーツを一部開きつつ
先ほど伸ばしたガワの空洞部分にフタをするような感じで180度回転。
ガワにジョイントして固定し、ロボ足首との隙間を塞ぐような形でリアランプ部分とも合体。
リアウイングは元通り閉じて、腰前のパーツを下に下げれば下半身は完成です。

P1400827.jpg
次に、ボンネットを折り曲げた時に出てきたロボ頭部の頭頂部を閉じます。
そしてビークル時前方、この時点では上向きになっているドア部分を引っ張って伸ばし、
ドアパーツを開いて中からロボ手首を出します。
手を下にむけて回し、肘の向きが正面向きになるようひねってやった後、
ルーフ部分の両サイドの窓を内側へ折り込み、背中へ固定。
あとは各部の位置を整えてあげれば完成ですね。

P1400831.jpgP1400837.jpg
ロボットモード。
まさにコレこそG1ランボル!と言い切っちゃってもいいくらいの
見事なランボル具合(何 ですなw

P1400841.jpgP1400846.jpg
P1400849.jpgP1400853.jpg
ぐるっとひと回り。
なんというかこう、非常に「らしい」プロポーションしてますよねー( ´∀`)

P1400857.jpgP1400859.jpg
顔周り。
変形時、頭頂部を分けて後方に倒ししておくのは当時びっくりさせられたもんです(;´∀`)
顔立ちは非常にいい感じなんですが、すこしヘルメットのひさし部分が深いので
ポーズをつけていると目が隠れがちになってしまいますね。

P1400874.jpg
腕部。
ビークル時はドアの下の方になってますね。
ここも巧みにに折りたたむことでロボパーツを隠し、車体を構成してますな。

P1400880.jpg
胴体。
胸のボンネットとど真ん中のサイバトロンエンブレムが凄い存在感ですw
なおこの胴体、真横から見るとお腹のあたりが空洞なんですが
そのへんうまいこと腕やこの横広の胸で覆い隠してる感じになってますね。

P1400886.jpg
背面。
運転席及びルーフ部分がここに来ていますね。
サイドの窓部分をたたむことで、ガワ感がかなり軽減されています。

P1400890.jpg
脚部。
程よいゴツさの格好いい脚部ですな。
膝から下を、ビークルの外装とシャーシを箱型に組むことで
太ももを含んだ容積を大きく増している変形はこれまたお見事。

P1400894.jpg
付属武器その1、ロケットランチャー。
肩に直接取り付けます。
説明書上は左肩と指示されていますが、右肩にも装着は可能ですよ。

P1400898.jpg
武器その2、フレアーガン。
手のひらの溝にグリップの出っ張りを差し込んで固定し、更に指で握る…
という方式でもたせるんですが、グリップの前後幅がひろいためか
指をきっちり閉じてしまうと溝のほうが外れてしまうという(;´∀`)

P1400904.jpg
武器その3、パイルバンカー。
劇中では穴掘りに使ってましたね。
手首を引っ込めて、そこに取り付けるようになっています。
なお、国内での発売当時はアマゾン限定で別の形のパイルバンカーも
付属しましたが、今回はさすがにそちらは無し。

P1400905.jpg
武器のうち、ミサイルランチャーとフレアーガンに関しては
2つを組み合わせてビークルの天井に取り付けることも可能です。
取り付け軸が可動するので、ちょっと取り付けには慣れが要りますな(;´∀`)

P1400908.jpg
可動に関して。
デザイン状の制約なんかで多少制限のかかるところもなくはないですが、
そうは言ってもさすがのマスターピース、よく動きます( ´∀`)

P1400914.jpg
まずは腕周り、肩は前後方向・横方向の二軸式。
関節部分を隠すものがないので見栄えの面もあるかもしれませんが、
かっちりとした作りになってますね。

P1400931.jpg
具体的な可動範囲としては、前後方向は特に邪魔するものも無く一回転可能。
横方向も、水平よりやや上くらいまで腕を上げることが可能です。
このくらい動いてくれれば充分、ですな。

P1400938.jpg
上腕部分にはロール軸が設けられており、腕をひねれるようになっています。
ちょうど肩アーマーと上腕の境目のところで動くようになっているので
軸関節の部分が目立たないのもいいですね。

P1400942.jpg
肘は90度曲げ伸ばしが可能です。
一見二重関節っぽくも見えますが、片方は変形用ですね。
そちらを使うと、腕が逆に曲がりますw

P1400949.jpg
手首は、横回転と親指を除く指が一体となって開閉可能。
物をつかむことも可能です。
こういう可動指は握力に不安が出る場合が多いですが、TFマスターピースの場合
自前の武器は手のひらに専用ジョイントがあるので大丈夫。

P1400953.jpg
ただし、このランボルの場合はフレアーガンのところで書きましたとおり、
指をきっちり閉じるとジョイントのほうが外れてしまうという(ノ∀`)アチャーな状態にw
程々に閉じればきちんと持てますし、指の保持力はなかなかに強いので
いっそジョイントを無視して指だけでも一応握ることは可能です(;´∀`)

P1400957.jpg
続いて下半身。
股関節は前後・開脚方向の二軸式関節です。
海外版故か、この再販版までアラートやらタイガートラックやらG2版やらで
金型が酷使されてきた故か、肩なんかよりなーんとなく保持力が弱い気が。

P1400961.jpg
可動範囲としては、前方がほぼ水平まで、後方はお尻のパーツに引っかかるので
45度位、開脚方向は水平よりやや上くらいまで脚を上げられますね。
後方への可動範囲がちょっと狭いですが、実際の人体も
後方にはそこまで脚上がらないですしね。ポージングにはあまり不便はないですな。

P1400964.jpg
また、前方向も脚を上げると腰アーマーに太ももがぶつかるんですが、
前側のアーマーは変形の関係もあって開閉するので邪魔にはなりません。
ただ、前面がまるごと持ち上がるのでポーズによっては気になるかもですな(;´∀`)

P1400973.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚をひねれるようになっています。
ここはデザイン的にもパーツが分かれている部分なので、
自然ないい感じの見た目になっておりますw

P1400982.jpg
ただ、これはほぼ間違いなく個体差だとは思うんですが、
うちのものは左足のこの部分の保持力がだいぶ弱くてですね…
ちょっと補強しないと扱いづらかったですな(;´∀`)

P1400988.jpg
膝は90度程度の曲げ伸ばしが可能です。
曲がり幅としてはまあ充分、といったところですね。
二重関節などにしてもっと曲がってくれればポージングの幅は広がるでしょうが、
まあ、贅沢を言うなら…レベルの話ですw

P1400991.jpg
足首は、つま先・踵それぞれの開閉と左右に若干曲げることが可能。
横方向の可動はほんのちょっと、30度あるかな?くらいですが、
これが案外効果は大きいですねw
つま先・踵と合わせることで、接地性能はなかなかに高いです。

P1400996.jpg
頭部は首の所が二軸式関節になっています。
横方向に一回転可能で、30度程度ですが上を向かせることも可能。
ここもそれほど大きく動くわけではないですが、地味ーに効いてきますな( ´∀`)

P1400997.jpg
胴体は腰をひねることが可能です。
胴体を折りたたむ部分がある変形なのに、よく仕込んだものです…w
ただし、ひねりすぎると背中のガワにちょっと干渉するので、
そこは少し気をつけてやったほうがいいですね。

P1400998.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
もう一息!なところがないとは言いませんが、
このスタイルでこれだけ動いてくれればもうほぼ満足に近いくらいですねw

P1410016.jpg
以上、トランスフォーマー・マスターピースよりランボルでした。
今更言うのもなんですが、いいもんですよねこのタイプ( ´∀`)<いろいろ使いまわされまくるのもなっとく

amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー マスターピース ホットロディマス
  • トランスフォーマー マスターピース バンブル レッドボディ
  • トランスフォーマー マスターピース ロードレイジ
  • トランスフォーマー マスターピース クランプダウン
  • トランスフォーマー マスターピース トラックス
  • トランスフォーマー マスターピース ブルーストリーク
  • トランスフォーマー マスターピース エグゾースト
  • トランスフォーマー マスターピース ウルトラマグナス


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーマスターピース(TF)

     タグ: トランスフォーマー  マスターピース  MP-12  サイバトロン  オートボット  ランボル  サイドスワイプ  海外  限定 


    Comments:6 

    ぽけ厨  

    No Title

    お。スーフェスで買ってたやつじゃないですかー。…あと約2週間でスーフェスですねそういえば。

    今月末にもまたこの型が使われたクランプダウンが届くようですが、MPもリデコ製品が増えまくってますね…1日にMPのリデコ品が3つとかなんなんでしょうw

    ニューカーロボMPの幕開けを担ったランボルですが、やはり素晴らしいですねー。アニメの箱体型をきちんと表してよく動く!良いことです。

    2015/12/25 (Fri) 08:25 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    アジア限定特典でおなじみのコインがスリーブから出せないのは初耳です
    まぁスリーブも凝ったデザインだしスリーブごと保管しておきたいのならその方が都合がいいっちゃあいいのですが
    しかしこのコイン、仮に全部集めたらそこそこの数になりそうですね…

    何度も再販される名作ではあるのですが日本の初回限定特典が本体と絡められるオプションだったので以後の再販品がほんの少し物足りなく感じてしまいます
    コインとかだったら別にあってもなくても構わないのですが…

    2015/12/25 (Fri) 12:16 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    これが初だったのですか。てっきり初版はいずれやるのかと・・・
    またはTF博の奴を出したりするのかとも。

    これでもかとつかわれ今度はコインケース付きで出すとかどんだけ特別な存在になってるのやら

    2015/12/25 (Fri) 20:18 | EDIT |   

    BLACKさん  

    No Title

    おお、ランボルいいですね~、この見事なG1ランボルっぷり(だから何
    こんなに細かくガワ畳んでいるとは知りませんでした。

    しかし、ランボルの大きな特徴である背中のロケットブースター、玩具じゃなかなか再現される機会がないのが惜しいですね…MPでも無理ってことは構造上厳しいんでしょうけど、着脱式でもいいんで付属してくれると嬉しいんですが…

    2015/12/26 (Sat) 00:02 | EDIT |   

    アウトキャスト  

    No Title

     レビューお疲れ様です★
     やはりカウンタックみたいなスーパーカーには今でも目を奪われます♪ アラート共々、日本でも再販してくれると嬉しいのですが…(^^;)

    2015/12/26 (Sat) 17:01 | EDIT |   

    tagoal  

    ランボれす

    >ぽけ厨さん
    ようやくブログに使えるタイミングを得た!ということで…w
    MPのリデコ物に関しては、MP-2の時点で色違いのウルトラマグナスだったんですし、
    もはや無いほうがおかしいレベルですなw

    >さすりゅ~さん
    私もてっきり簡単に出せるものだと思っていたんですが、いざ現物を見てみると
    しっかり接着されてました(;´∀`)
    もう一種類のパイルドライバーはまあ、なくても致命傷ではないとはいえ…あったら欲しかったかも、ですな。

    >ヌエベさん
    プロール買うまで、MPには手を出してなかったですからねえ。
    なんでだか最近になってランボル型に縁が出始めてはいますがw
    コインに関しては(海外の)初版でも付属はしていたんですが、今回新しくなってるんですよね。
    なんというか、破格の扱いですなw

    >BLACKさん
    ほんといい感じのランボル具合ですよw
    MPは見た目以上にこまかーくたたんだり伸ばしたりがあるので、手間はかかりますが
    そこが面白くもあったりします。
    ロケットブースターはまあ、つけたらつけたで司令官に貸せと言ってるだろうが!されるので…w

    >アウトキャストさん
    スーパーカーブーム世代というわけではないですが、やはりこのフォルムは惹かれますよね…( ´∀`)
    再販に関しては、噂はたまに出ますが…そろそろもう一回くらいやってくれても、ではありますな。

    2015/12/31 (Thu) 07:03 | EDIT |   

    Leave a comment