またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

13
週末です、ということでいろいろでっかいTFが来ましたねえ…
とりあえずデバスター・ガーディアンとも一通り遊びましたがさすがの手応え、というか
デバスターはメトロプレックス以来の変な笑いが出る大きさですなw
海外版のブルーティカス他も含めて、ブツがしこたま増えたので
ブログでも追い追い紹介できればなーと( ・∀・)

と、もはや追いつける気がしないネタの大渋滞を横目に今回のネタへ。
今年のBOTCONのカスタマイジングクラス、ガルバコンボイです。
P1380547.jpg
今回のものは紙の付属物が一切ないので、袋入り状態の画像で代用(;´∀`)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1390071.jpgP1390072.jpg
ということで、今回はガルバコンボイ。
今年のボットコンのカスタマイジングクラス(要は、TFの組み立て・塗装の体験イベント)にて
題材となったアイテムです。
ただし、今回紹介するのは、イベントで参加者が組み立てたものとは別に会場で販売された、
組み立てだけ完了してるもの。つまり、塗装は一切されていない総て成型色状態のものになります。
(体験イベントの方では塗装工程もあるので、参加した人が作ったものは塗装までちゃんとされています)

P1390077.jpgP1390080.jpg
P1390082.jpgP1390083.jpg
ビークルモードでぐるっと。
モノとしてはジェネレーションズ版オライオンパックスのリデコ品、もっというなら
前回のライオコンボイ及び前々回のノヴァプライムのカラバリ品、ということになりますね。
「ガルバ」コンボイ、という名前の示すとおり、BW版ガルバトロン風…というか、
BWセカンド放映時期にコミックボンボン誌上でプレゼントされたガルバトロンカラーのライオコンボイを
イメージした色になっておりますな。

P1390098.jpg
さてこのガルバコンボイ、一体何者?となるかとおもいますが。
この未彩色版のほうには前述のとおり紙製の付属品が全く無いので、こいつだけだと
そのへん全く不明です(;´∀`)
なお、参加者に配布された資料によると…やっぱり詳細は不明w
幾つかの説として、
・「ザ・コンボイ」と呼ばれる謎のグループの裏のエージェント
・前々回紹介したノヴァプライムの暗黒面
・前回紹介したライオコンボイの闇の映し身(SGライオコンボイってところですな)
・その他諸々
があり、その中でもライオコンボイの闇の映し身説が有力とされている…
という風に記載されているようですね。
とりあえず、「ノヴァプライムもしくはライオコンボイ似の悪いやつ」
というところだけは確かなようですw

P1390107.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
フロントグリルを前側へ開き、さらにボンネットから車体側面のガワにかけてを横に開きます。
同時に、車体後部上がわのパーツを外して運転席ごと上に持ち上げ。
開いたガワは後輪側にたたみ、車体後部を覆うように固定します。

P1390111.jpg
車体後部を真ん中から左右に分け、後輪の下からロボ足首を引き出し。
ボンネットの有る方につま先を向け、立たせてやります。
運転席周りを軸に車体上部を上に持ち上げてやり、前輪のつながっている
アームをくるっとボディの反対側へ。
あわせて、ロボットの腰部分を180度回転してやります。

P1390115.jpg
車体後部上部分を左右に広げ先端から手首を出してロボ腕に。
ロボ腕の付け根を運転席の横に持って行き、そこに有る出っ張りに引っ掛けて固定します。
運転席の天井を回してロボ頭を出したら、運転席周りをロボットの胴体にパチっとはめ込んで固定。
あとは手足の位置を整えて変形完了ですね。

P1390122.jpgP1390127.jpg
ロボットモード。
形状的にはノヴァプライム・ライオコンボイと同じですが、一切塗装無しなので顔とか真っ黒ですw
予備知識無しでこれだけ見たらパチモノ扱いされかねないですな…w

P1390130.jpgP1390133.jpg
P1390138.jpgP1390143.jpg
ぐるっとひと回り。
体型自体はオライオンパックス譲りの良いプロポーションですな。
成型色オンリーですが、成型色だけでも割といい感じに色分けはできている感じ。
もちろん、いろいろ色が足りない部分も多いですがw

P1390153.jpgP1390156.jpg
頭部。
真っ黒なのでちょっとわかりづらいですが、ノヴァプライム及びライオコンボイと
同じ顔なのがわかりますね。
調べてみたところによると、組み立て体験した場合の塗装の指示
マスクとおでこのところが青紫、目が赤の模様。

P1390165.jpg
腕部。
ここも塗装指示によればだいぶ塗るところがあったようですね。
肩と指に紫、前腕の板のモールド部分に黒が入るようです。
なお、前腕の板はブレードと設定されているようですな。

P1390169.jpg
胴体。
塗装指示によるとお腹と腰中央のモールドのところに赤、腰左右のモールドに黄色が入り、
胸にマクシマルズのインシグニアが入るみたいですね。
まあ、ここまでなんにもないと逆にすっきりもしますが…w

P1390176.jpg
背面。
こっち側は流石にあまり塗装は…w
成型色が分けてある分、ノヴァプライムやライオコンボイより
構造が見やすくなってますね。

P1390180.jpg
脚部。
形状的にはオライオン型そのもの…当たり前ですねw
そして塗装指示によれば、膝のビークル時フロントグリルになる所に青紫、
足首側のモールドに赤、フロントライト部分に青緑、つま先に金を塗るようですな。

P1390185.jpg
付属武器その1、銃。
フォトンブラスターということになっているようです。
この型の銃は皆黒一色の成型色なので、複数持っている場合混ざると
どれがどれだかわからなくなりますなw

P1390190.jpg
武器その2、斧です。
こちらも成型色オンリーなので、全体がクリアパープルに。
塗装指示によれば柄の部分は黒く塗るようですね。
設定上では、この斧の刃はダークエネルゴン、もしくはアンゴルモアエネルギー(!)
によって形作られているらしい、とのこと。

P1390281.jpgP1390284.jpg
ビークルモードでは、武器はそれぞれ車体の側面に取り付けておけます。
特にこのガルバコンボイは収納ケースなどもないので、パーツ紛失防止の意味でも大事ですねw

P1390333.jpg
可動に関して。
同型ですから、基本的に前回・前々回の記事と同じです…w

P1390334.jpg
まずは腕周り、肩はボールジョイントですね。
肩アーマーが別パーツで上腕の付け根を覆うように取り付けられているため、
若干可動域に制限がかかる形になっています。
と言ってもなにか支障があるわけではないんですけどもねw

P1390335.jpg
具体的な可動範囲ですが…
前後方向は背中のタイヤの基部が微妙に引っかかるものの一回転可能、
横方向に関してはほぼ水平まで腕を上げられますね。

P1390336.jpg
また、肩のところは変形機構の関係で後方に(一応)動かせます。
が、胴体から腕が離れてしまうのでちょっとだけにしたほうがいいでしょう…
というか、胴体から肩が勝手に離れちゃったりすることもままあるため
この型の数少ないちょっと面倒なポイント、だったりしますな(;´∀`)

P1390337.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕をひねれるようになっています。
前回前々回と同じ内容の繰り返しですが、
やはり、腕のひねりはあると便利ですよねw

P1390338.jpg
肘はクリック式ですね。
20度程度の刻みで、90度まで曲げられるようになっています。
変形の都合で逆向きにも曲がげられますが、さすがにロボットモードでは出番はないですねw

P1390339.jpg
手首はロール軸が有るためひねることが可能です。
また、変形機構を利用して手のひら側に折り曲げることも。
武器の取り回しが非常にやりやすい、いい感じの可動具合ですね。

P1390340.jpg
続いて下半身。股関節はボールジョイントですね。
可動とは関係ないですが、股関節部分と太もも部分で
成型色を変えてあるのが、なんかこいつには似合っている感じで
個人的に気に入っていたりしますw

P1390341.jpg
具体的な可動範囲としては、前方が水平より30度くらい下まで、
後方は前方向よりも少し上まで脚が上がりますね。
開脚方向は、水平より少し下くらいまで脚を上げられますよ。

P1390342.jpg
太もも部分にはロール軸が設けられており、脚をひねれるようになっています。
股関節の方でも若干ひねれるようになっているので、
合わせて使えばより良い感じですな。

P1390343.jpg
膝は60度位曲げたところで一旦引っかかりがあります。
おそらくここまでが本来の可動範囲ですが、力を入れて曲げると
この引っ掛かりを乗り越え、90度強まで大きく曲げ幅が広がります。
ただし膝周りのパーツに負荷がかかるので、気をつけないとですね。

P1390344.jpg
膝の上下のバランスは良いほうなので、
膝を大きく曲げてやれば立膝も自然に可能。
普通に曲がる範囲だけでも割とそれっぽいポースは取れますけどねw

P1390345.jpg
足首はボールジョイント接続で、さらに足首がつながっている
軸そのものが前後へ曲げられるようになっています。
この二箇所の可動部分をつかうことで、前後左右にかなり大きく
足首を曲げ伸ばししてやることが出来ますね。

P1390346.jpg
足首がよく動くため、接地性は良好です。
よほど無茶な姿勢でもない限りちゃんと足裏が接地しますし、
調整も比較的やりやすい方ですな( ´∀`)

P1390347.jpg
頭部はボールジョイント接続ですが、頭部形状の関係で
可動範囲はそれほど広くはないですな。
だいたい、左右60~70度くらいまで向かせるのが限界ですな。

P1390348.jpg
一応、力任せに捻じれば真横まで向けられなくもないんですが、
パーツに負担がかかるのであまりお薦めは出来ないですね。
限定品の首ねじ切った、とかもう泣くに泣けませんし(;´∀`)

P1390349.jpg
胴体は腰をひねれるようになっています。
毎度毎度同じことを書いてアレですが、やはり
腰が動いてくれるとポーズがつけやすくていいですなw

P1390350.jpg
可動範囲としては以上のような感じです。
うちのガルバコンボイは左肩のパーツが一部右肩のものになっており、そのせいで
ふつうのもの以上に肩の固定が弱い…と言うか胴体に密着しないんですが、
まあそこは個体差(っていうかエラーですな)ということで…(;´∀`)
可動そのものはこれまでの同型と同じく、よく動いてくれますよw

P1390380.jpg
ノヴァプライム・ライオコンボイと@ビークル。
三者三様、かなり印象の違う色になっております。
しかし青系のノヴァと赤系のライオコンボイ、そのどちらかの暗黒面or悪の並行存在
の可能性があるガルバコンボイが紫、というのはなかなか面白い組み合わせですな。

P1390381.jpg
ロボットモードで三体並んで。
こうやって見るとガルバコンボイ、塗装なくてもなかなか…w
顔が真っ黒でよく見えないのも、なんかこう影の存在っぽくて良いかもしれませんな。

P1390382.jpg
せっかくこの三体揃ったので…ということでノヴァプライムの箱絵っぽく。
画像加工して残像付けても良かったかもですなw
しかしあの箱、三色いるのは三種出るフラグだとかただのデザインだとかいろいろ言われていましたが、
結果的には本当に三色出ちゃいましたね…(;´∀`)

P1390383.jpg
先程の三体に、大元であるオライオンパックス2つ(日本版&海外版)を加えて5体組に。
なんだかんだでいっぱい出てますよねこのタイプも…半分以上限定ですが(;´∀`)

P1390384.jpg
ロボットモードで5体ずらっと。
流石に5体並ぶとなかなか壮観ですw
それぞれ結構色も違って、個性もでてますなー。

P1390385.jpg
今のところ、ジェネレーションズ版オライオンパックス形はこの5体で全部になりますかね。
このボディはなかなか汎用性高い感じですし、今後もまた何か出るかもしれませんが…w

P1390434.jpg
以上、BOTCON2015カスタマイジングクラスのガルバコンボイでした。
例によって元の良さを引き継いだなかなかのブツ、なんですが…今回はまあモノがモノなので、
ある種の変わり種紹介みたいな感じですな(;´∀`)<こんなのも有るよ、ということでひとつ
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー TIMELINES スカイワープ(SKYWARP)
  • トランスフォーマー BOTCON2013 ミラージュ(MIRAGE)
  • トランスフォーマー BOTCON2015 オイルマスター(OILMASTER)
  • トランスフォーマー TIMELINES ライオコンボイ(LIO CONVOY)
  • トランスフォーマー TIMELINES ノヴァプライム(NOVA PRIME)
  • トランスフォーマー BOTCON2010 ディセプティコンスライス(DECEPTICON SLICE)
  • トランスフォーマー BOTCON2015 パックラット(MAXIMAL PACKRAT)
  • トランスフォーマー BOTCON2013 ホイスト(HOIST)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーBOTCON・TCC等限定品

     タグ: トランスフォーマー  BOTCON  2015  限定  ガルバコンボイ  ノヴァプライム  ライオコンボイ  オライオンパックス  リデコ 


    Comments:4 

    ぽけ厨  

    No Title

    お疲れ様です。やはり合体戦士ラッシュはきつい…

    素体に関してはもう書くことなくなってきますが、三体も出すにあたって今回は塗装なしで差別化…驚きを通り越して感服ですw

    プライムアームズマイクロンでもこんな感じといえばこんな感じでしたが限定モノでこれやると安っぽさは目につかないので面白いですね(実際高いですが

    しかし…ライオコンボイのガルバトロンカラー、アキバジャングルのオークションを思い出します。…結局まだ次の大放出のアナウンスないですなー。

    2015/12/13 (Sun) 12:32 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    元ネタはガルバトロンカラーのライオコンボイと今思えばSGのはしりのような玩具でしたが
    モノが昔の懸賞品だけに元より世界で何個も存在しておらず、10年以上経った今やどれだけ現存してるのか…レベルなので当然入手ハードルが高過ぎるが故に
    全くの別商品のリカラーでもネタとして拾ってくれるだけ嬉しいです
    個人的には次に懸賞品ネタやるならアークユニクロンのリカラーで光のユニクロンとかやって欲しい

    塗装すれば当然見栄えよくなるだろうけどTFに塗装すると塗料の溶剤が浸透して割れたとかそもそも自分の稚拙な塗装技術で塗るには余りに勿体無いとかで
    実際組み立てイベントに参加しなければ寧ろ塗らない方が吉のような気もする…

    カスタマイジングクラスは一昨年のブラストチャージから未塗装完成品が頒布されるようになったので本体の入手難度こそ低くなったものの体験イベント版限定の付属品は付かないんですよね
    特に今回はBW世代には嬉しい「契約の書」やハンター(ショカラクト)に持たせられるらしい「征服のマトリクス」が付属したらしいので出来れば欲しいのですが
    原型氏によるとこれらの付属品もまた数十個程度しか生産されていないとか…
    去年一昨年の限定付属品は精精ステッカーかプラ棒にステッカー貼って作った旗だったのに羨ましい

    2015/12/13 (Sun) 14:51 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    かつてコミックボンボン誌上でプレゼントされたガルバライオコンボイがTCCのカスタマイズクラスでこういった形で再び世に出ようとは思いませんでしたな・・・(^_^;)
    本来はカスタマイジング用の商品ですので色味が成形色のままなんですよね自分で塗装すると思い入れが出て良いですよ

    2015/12/14 (Mon) 19:35 | EDIT |   

    tagoal  

    ガルバれす

    >ぽけ厨さん
    あ、いや、塗装無しなのは差別化というかなんというか…
    本来の組み立てイベントで使われた奴はちゃんと塗装まで込ですしねw

    あと、某ジャングルのガルバトロン色ライオコンボイは結局
    公開オークションに参加表明した二人の内高額の予算を提示していた方に
    既に売られてしまっているので、次はないです('A`)

    >さすりゅ~さん
    元ネタはとりあえず私の知る限り2個は現存が確認されていますが、
    残りはいったい…ってなもんですね。
    緑色のアークユニクロン、たしかに面白いかもですなw
    自前塗装は私も自信がないのと、もうこれは無塗装も一種の個性よね!ということで
    あえてこのままにしておくのが良かろうと思っていますw

    >Fネガさん
    レア物がまた別のややレアモノとして復活、と考えるとちょっと面白いですなw
    塗装はもう、これはこのままのほうがかえっていい気がしますw

    2015/12/28 (Mon) 17:09 | EDIT |   

    Leave a comment