またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

30
10月ももうすぐ終わりですなー。
そして今日を乗り切ればまた週末です。
ここで英気を養って、冬本番にそなえたいもんですな( ´∀`)
P1340040.jpg

と、それはそれとして今回のネタへ。
コトブキヤのゾイド系新シリーズ、ZAよりムラサメライガーです。
P1330842.jpg
すごく久しぶりのゾイド系ネタになりますな(゚∀゚)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1330883.jpgP1330887.jpg
ということで、今回はコトブキヤから新たに始まるゾイド系シリーズ、
ZA(ズィーエー、ZOIDS AGGRESSIVEの略だそうで)の第一弾であるムラサメライガーです。
コトブキヤ版ゾイドといえばプラモデルのHMMシリーズ、なわけですが、
今回のZAはあれとはまたガラッと趣を変えて、完成品のアクションフィギュアになっておりますよ。

P1330890.jpg
箱の中身はこんな感じ。
ムラサメライガー本体と、ムラサメブレード・尻尾・交換用の腹部パーツの
二段構造で箱に収まっておりましたよ。

P1330892.jpgP1330895.jpg
P1330898.jpgP1330905.jpg
では中身を出して組み立てて、ぐるっとひと回り。
HMMよりはだいぶすっきりした感じの、アニメ劇中イメージに近い感じのディテールの具合ですな。
カラーリングはタカラトミー版ムラサメライガーのキットのほうですけどね。
なお、今回はスケールが100分の1になっているため従来のゾイドのキットと比べると二回り以上小さめです。
ガンプラのMGと並べるとちょうどいいサイズ比になるようになりましたねw

P1330908.jpgP1330912.jpg
ゾイドなので(?)上下からも。
動力ユニットを仕込む必要が無いためか、胴体がかなり細身になってますね。
このため、だけではないんですが、全体的にすごくスラっとした感じで格好いいですな( ´∀`)

P1330915.jpg
顔周り。
対象年齢も15才以上ということで、エッジの効いたいい感じのトゲトゲぶりですw
目の周りが白い?と思ったんですが、改めて劇中CG見てみると案外こんな感じでいいみたいですな。
タカラトミー版のほうの目の周りのパーツが黒っぽいので、そっちのイメージが強かったみたいです。
まーでもこいつのカラーは劇中というよりタカトミ版なので、そっちに寄せても?という気も若干w

P1330918.jpg
なおこの頭部、いろいろ動きます。
まず、口は開閉可能。しっかり吠えられますなw

P1330920.jpgP1330921.jpg
次にたてがみ、これは頭部左右のものと喉元のものが可動します。
頭頂部は固定。頭の向き次第で前脚とたてがみが干渉しやすいですし、
特に頭部側面のたてがみは動いてくれて非常に助かりますw

P1330927.jpg
さらに、コクピットも開閉可能。
ちゃんと斜め前側に開くようになっていますよ。

P1330933.jpg
なお、コクピット内部はある程度の色分けとディテールはありますが、
さすがにルージ君は乗っておりませんw

P1330939.jpg
前脚。
ポリキャップはきっちり別パーツみたいですね。
そして、ちゃんとポリキャップの所が可動軸になっておりますよw

P1330944.jpg
ところで、ムラサメライガーの前脚後部にはパイルバンカーが装備されているわけですが、
ZAでもそこはきっちり再現。
それだけでなく…

P1330945.jpg
手動ではありますが、ちゃんと杭を打ち出すことが可能ですw
この辺の細かい再現っぷりは嬉しいところですね(゚∀゚)

P1330952.jpg
後ろ足。
こちらは前脚のパイルバンカーのようなものはないですが、
塗装&パーツの色分けでばっちり再現できておりますな。
もちろん、こっちも主にポリキャップ部分でよく動きますw

P1330957.jpg
尻尾。
ベンダブル仕様になっており、手でグネグネ曲げてやることが可能です。
設定上もこういうツルッとした尻尾ですし再現度としてはバッチリですが、
あまり曲げまくっていると将来的に(と言っても何年も先でしょうけどw)内部の銅線が
断線する可能性はあるよなあ、というところはありますな。

P1330962.jpg
胴体。
上の方でも書きましたが、胴体そのものはかなり細身になっています。
ブレードのレールがくっついているのであまり気にはなりませんけどねw

P1330964.jpg
で、ブレードを取っ払ってしまうとこんな感じです。
ちょっと頼りないくらい細身ですなw

P1330968.jpg
胴体の腹がわ。
ブレードのレールのちょっとうしろに隙間がありますね。
ここのあたりが取り外し可能になっており、付属する交換パーツに
取り替えられるようになっております。

P1330970.jpg
で、取り替えるとこうなります。
ディスプレイスタンド用の穴が空くわけですね。
お腹の下で殆ど目立ちませんから、もういっそこっちをつけっぱなしでも
問題無いんじゃないか?という気も若干…w

P1330981.jpg
ムラサメライガーといえばこれ、のムラサメブレード。
設定通り折りたたまれて背中にセットされています。
刀身部分、特に先端も鋭く造形されており、非常に格好いいのですが
さすがに薄いので扱うときにはちょっとドキドキ。

P1330984.jpg
で、このムラサメブレード、設定通りに展開可能です。
刀を180度回して、根元の柄部分を引っ張って伸ばせば…

P1330988.jpg
ご覧のとおりシャキーンと屹立。
このまま根元のレールにそって側面に持って行きます。

P1330991.jpg
ブレード展開状態。
実はタカラトミー版のブレードとあまり変わらないくらいの長さがあるので、
ものすごいハッタリの効いた感じにw

P1330994.jpg
そして反対側にも展開可能。
ブレードの根元はひねったり多少傾けたりもできるので、
かなりブレードの自由度は高いです。

P1330996.jpg
もちろん正面向きに突き出すことも可能。
この時に綺麗に正面にむけるため…なのかはわかりませんが、
ブレードの刀身は柄部分と一直線状態から更にもうちょっと
(横に展開している状態で言うと、少し前向きに傾くくらい)回転させることが可能だったりしますね。

P1340000.jpg
今回、このムラサメライガーは秋葉原のコトブキヤで購入。
ということで、コトブキヤショップ限定のおまけも付いてきました。
専用のディスプレイベースとマーキングステッカーになります。

P1340001.jpg
ディスプレイスタンドはこんな感じ。
台座の「村雨」がいい感じですなー( ´∀`)

P1340002.jpg
そしてこちらがマーキングステッカー。
タカラトミー版に付属していたシールを再現プラスアルファ、と言った感じのものですな。
なお今回は世界観的にあんまアルファベット書かれてるのもなー、というのと
グリグリいじって遊びたかったのでシール貼ると剥がれが気になるし…ということで
あえてステッカーは使っておりません。せっかくもらったんですけどね。

P1340020.jpg
さて、それでは可動の方の話に…といきたいところですが。
その前に、間接の引き出し機構についてちょっと書いておきます。
このムラサメライガー、見た目と可動の両立のためか
足の付根と首、腰が引き出し式になっていたりします。

P1340015.jpg
で、こちらが素の状態…引き出せる関節を全部押し込んだ状態です。
(見づらくなるのでブレードと尻尾は外しています)
実は首に限っては箱に入ってる時点ですでに引き出された状態なので、
逆に「押し込んで固定できる」といったほうがいいような気もしないではないんですけどね…w

P1340016.jpg
そして引き出せる関節を全部引っ張りだすとこうなります。
特に脚部の付け根に隙間が開いたのがわかりますな。
この引き出し関節自体、ヒンジを折りたたむことで実現しているようで、
引き出すことで曲がる部分が増えたりもしています。
見た目と動きを考えて、適宜引っ込めたり伸ばしたりするといいですよ。

P1340021.jpg
と、それでは可動の方に行きましょう。
最初に脚部、前脚から。
上で書きました付け根部分がヒンジとボールジョイントの複合、
その先のポリキャップ部分は軸関節で前後に曲げ伸ばし可能、
先の爪の部分はボールジョイントで曲げ伸ばし&ひねりが可能、となっています。

P1340022.jpg
まず付け根部分ですが、引き伸ばしなしの状態では
前後方向への回転が可能。横方向にはほぼ開きません。
ほとんど直立状態ですな。

P1340023.jpg
ここから引き出し部分を引っ張りだすと、最大で45度~60度くらいは脚を開けるようになり、
さらに引き出し関節の付け根が前後に回るようになっているの左右にひねりを入れられるようになります。
引き出し前の状態からは格段に動き具合が変わってきますよw

P1340024.jpg
ポリキャップの軸関節部分は前後方向にのみ可動。
前方向に全開まで曲げると足裏を真正面に見せられるくらい、
後ろ方向は肩部分を一切動かさずにパイルバンカーを真後ろに向けられるくらい
までは動かせますね。
かなり大きく曲げ伸ばしできるので、うずくまったり伏せたりもやりやすいですな。

P1340025.jpg
ツメ部分は上下に45~60度位まで曲げ伸ばしたり、無制限にひねったりが可能。
ここのおかげで、接地性は非常に高いですね。
非常に立たせやすくて助かります( ´∀`)

P1340026.jpg
続いて後脚。
基本的な構造は前脚と一緒です。
形状は違うので、可動範囲はちょっと違ってきますけどね。

P1340027.jpg
付け根部分は前脚と同じく、縮めた状態ではほぼ前後回転のみで
引き出すとハの字に開いたりひねったりが可能になります。
まわりの形状の関係か、後脚のほうが大きく開けますね。

P1340029.jpg
ポリキャップ部分が前後に曲げられるのも前脚と同じ。
ただし、後ろ脚のほうが曲げられる部分は一箇所多いです。
おかげで、さらに柔軟に動いてくれますな。

P1340030.jpg
爪部分は前脚と完全に一緒。
こちらも接地性は良好なので、非常に立たせやすいです( ´∀`)

P1340040.jpg
次に頭部。
ここは頭と首がボールジョイントでつながっており、さらにその首が
引き出し式で押し込まれていると固定、引き出されていると
横方向にある程度動くようになる、という構造になっています。

P1340041.jpg
ボールジョイント部分である程度上下左右に首が振れるものの、
首のほうが左右のみの可動なので、横はともかくとして
上下方向へ頭を動かすのは少し苦手ですね。
咆哮ポーズとかやる場合に、首が上下動してくれるとかなり助かるんですが…(;´∀`)
ここはちょっともったいないポイントですな。

P1340042.jpg
胴体は胸のところと腰のところでそれぞれ可動。
胸のところは左右、腰は(引き出してやれば)上下に曲げ伸ばし可能です。
強度の関係などあるのかもしれませんが、ここは両方で上下左右に動いてくると
ポージングしやすかったかもしれないですね。

P1340043.jpg
しっぽ部分は前述のとおり全体がベンダブル仕様ですが、
それ以外にも付け根の取り付け部分が上下に大きく動くようになっています。
ここだけでも結構表情付けはいけますが、流石に尻尾がまっすぐ一直線というわけにも
行きませんし、横方向には曲げてやらないと動かしようがないので
この辺は適宜考えて…という感じですね。

P1340044.jpg
可動としては以上のような感じです。
たてがみや肩の出っ張りが他の場所に干渉しやすいので
そこは気をつけないといけませんが、まーもともとのデザイン的な問題でもありますしねw
少なくとも、これまでに登場したゾイドの可動フィギュアとしては随一の動きっぷりであることは
間違いないかと思います( ´∀`)

P1340050.jpg
最後に、本家タカラトミー版のムラサメライガーと。
ただ、通常バージョンが非常に取り出しにくかったので色違いのSPエディションの方ですが…(;´∀`)
なので色は参考になりませんが、大きさとフォルムの比較程度に。
ZA版は100分の1スケールですので、だいぶ小さいですね。
またここまで何度か触れましたが、胴体に動力を仕込まないでいいぶんボディがスマートになっておりますw

P1340051.jpg
ブレード展開状態でタカトミ版と。
本家はギミックの都合上左側にしかブレード展開できないんですよねー…
ただ、このボタン一発でシャキン!とブレードが開く気持ちよさもなかなか捨てがたいですw

P1340052.jpg
ブレードの長さ比べ。
流石に本家のほうがでかいぶん長いんですが、本体のサイズ差ほど長さの差はなかったり。
つまり、ZA版は体に対してかなりなが~い、ということですw

P1340053.jpg
以上、ZAムラサメライガーでした。
もう一息、と言いたくなる部分もなくはないものの、よく動いてグリグリ遊べる
ナイスなアクションフィギュアだと思いますよ。
あとは一緒に絡められるように、シリーズが続いてくれれば…!ですなw
amazon
    
関連記事一覧
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA004 ブレードライガーAB
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA003 ムゲンライガー
  • ZA(ZOIDS AGGRESSIVE) ZA002 ハヤテライガー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSZA

     タグ: ゾイド  ZA  ジェネシス  ZA001  ムラサメライガー  コトブキヤ 


    Comments:8 

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2015/10/30 (Fri) 10:19 | EDIT |   

    tane23  

    こんにちは

    ムラサメライガーなかなかいいですね。
    私はゾイドの中では、ライトニングサイクスが好きだったのですが、こっちもいいですね。

    2015/10/30 (Fri) 18:20 | EDIT |   

    マスター東方  

    No Title

    1/100はゾイドスケールじゃないからガッカリだったのですが
    かっこいいとしか言えない
    まあ、本家もいろんなサイズ出してましたから問題はないのですが
    問題は1/72以外は廃れる気がすること
    武器屋頑張れ、そしてウルトラザウルスを!
    二万くらいなら考えるから(笑)

    2015/10/31 (Sat) 09:12 | EDIT |   

    なす  

    No Title

    このブログを見始めて初めてのゾイド更新でした

    ゾイドはそこまで詳しくないのですがムラサメライガーのレビューを見て興味を持ってしまいました
    プラモデルが僕は苦手なので完成品のZAシリーズが続くなら購入を検討してみたいと思います

    2015/11/01 (Sun) 00:02 | EDIT |   

    pyoro  

    No Title

     HMMも含めてゾイドの可動フィギュアも色々でてきましたが、HMMは大型サイズになるとアクションフィギュアとして扱うにはサイズが大きすぎて遊びにくいところがあったので、今回のZAはちょうど手になじむサイズになって遊びやすいものになった思います。
     ただ、ムラサメライガーとしてはちょっと脚が細いのと首回りが大きく動かせないところが難点でしょうか。咆哮ポーズをやるには首が真上に向くくらい動かせないと厳しいところがあるんですが、他のモンスターや怪獣の可動フィギュアでもそこまでできるものがなかなかないので、シリーズが続くなら頑張ってほしいところです。
     もうジェネシスも10年前ですが、ゾイドもなんだかんだで続いたなぁという感慨があります。

    2015/11/02 (Mon) 17:42 | EDIT |   

    BLACKさん  

    No Title

    個人的には普通にHMMで出して欲しかったのでスルーしましたが、素直にかっこいいですね。ただ顔はいくらなんでも白過ぎな気がしますがw
    完成可動モデルで1/100と超大爆死した稼動王ライガーゼロを思い出してしまうので不安で不安でしょうがないのですが、上の方のコメにもあるようにデスとかウルトラをこのし様で見てみたいですね。(1/72ほどデカくはないのでハードルも低い・・・か?)

    2015/11/05 (Thu) 19:53 | EDIT |   

    名無し  

    No Title

    今回紹介するのはひさしぶりに、
    非トランスフォマー系の玩具ですね。

    このムラサメライガーは、
    電動ギミックが無いので、
    色々なポーズがとれて、
    楽しめそうですね。

    次に紹介する非トランスフォーマー系の玩具で、
    株式会社ホビーベースの
    「ミニスポットLED」を
    買ってみてレビューしてみるとか、
    どうでしょうか?

    2015/11/10 (Tue) 23:33 | EDIT |   

    tagoal  

    むちゃくちゃ動きまくるぜ!レス

    >匿名希望さん
    えー…っと、それをあまり関係のないこの記事のコメントで言われても…
    とりあえず、もう気にしてはいませんので(;´∀`)

    >tane23さん
    すごくできが良いのでいじっていてほんと楽しいんですが、確かに
    72分の1でないので本家と絡められないってのはありますね。
    ただですな、実は本家のバイオゾイドがノンスケールだったので
    バイオメガラプトルとかとの大きさ比が何気にちょうどよかったりするんですよこれがw

    >マスター東方さん
    鎧を着込んだようなデザインが素敵ですよね(゚∀゚)
    同型集合はまあ、カーチャン違うんだ!案件の典型ですから…w

    >なすさん
    最近は殆どゾイドネタ出来てませんからなー…TF多すぎてw
    ZAはほんといい感じのシリーズになりそうなので、今後に期待なのですよ( ´∀`)

    >pyoroさん
    HMMはすごく精密でいいんですが、精密故に華奢でもありますからねー…
    ガシガシ遊べる、という意味では今回のZAはすごくいいですよw
    あとはほんと、首が少しでも上に動けば…!

    >BLACKさん
    ZAででたからHMMではでないってこともなさそうなのでぜひw
    顔はぱっと見白く見えるんですが、でも本編見てみると実際白の割合はこのくらいだったり。
    輪郭線がない分、かもしれませんけどねw
    デスザウラーやウルトラザウルスは…アニメ版設定だとさすがにこのスケールでも無茶ですが、
    バトスト設定ならまだ行けそうですなw

    >名無しさん
    可動はかなり良好なので、いじっていて楽しいですよ( ´∀`)
    で、申し訳ないですがうちはリクエストのたぐいは受け付けていません。キリがなくなるので。
    そもそもうちで扱っているブツと全くの別系統のものですし…

    2015/11/11 (Wed) 00:30 | EDIT |   

    Leave a comment