またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

29
あつーい('A`)
さすがに7月も終わりに近付くと暑いですなー…
仕事中はオフィス内冷房効いてるのでまだいいんですが、外にでるともう、溶けますねw
熱射病なんかもありますし、気をつけたいところです。

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマーアドベンチャーより、サイドスワイプです。
_1260452.jpg
先月分は長引いちゃいましたし、今月分はさくさくやっていきましょうw

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1260964.jpgP1260968.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーアドベンチャーよりサイドスワイプ。
先日海外版は紹介していましたが、今回は先週末発売された日本版です。
これで、一応チームバンブルビーが日本版アドベンチャーシリーズのみでひと通り揃う形になりますね(;´∀`)<数名大きすぎたり小さかったりはしますが

P1260973.jpgP1260976.jpg
P1260982.jpgP1260987.jpg
ビークルモードでぐるっと。
角ばったデザインのスポーツカーですな。
リア部分の「瞬速」、ボンネットの「速」ともどもしっかり描かれております…
っていうか、劇中より目立ちますねw

P1260996.jpg
ところでこの「瞬速」なんですが、日本版と海外版でプリントされている角度が違うみたいですね。
(海外版の紹介をした記事と見比べていただけると一番わかり易いかと)もちろん、劇中に近いのは日本版。
海外版の『速』の下のほうが不自然に切れてますから、単に海外版の角度間違えな気はします(;´∀`)
うちのがエラー品?とも思ったんですが、よその画像でも同じ角度なんですよねw

P1270007.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
フロントライト~ドアまでの側面パーツを横に広げ、ジョイントを外します。
フロント部分はちょっとプラの弾性頼りっぽいので気をつけたほうがいいかもですな。
つづいて車体後部を左右に分割、リアフェンダー部分を後輪のあたりを軸に180度回転。
このときリアの天井部分を他の部分に引っかからないように合わせて回転させ、ロボ足首にします。

P1270010.jpg
リアフェンダーを回しきったら、下半身変形は完了。
立たせてやって、ボンネット~運転席あたりのパーツを下側へ下げます。
あわせて、最初に左右に広げた側面パーツのうち、前輪周りのパーツをぐるっと半回転。
フロントライト部分が中に隠れるようにします。

P1270014.jpg
その後、前輪部分を残ったドア部分=ロボ腕ともども中央に寄せます。
底面パーツを180度上側へ反転し、胴体中央パーツと中央に寄せた前輪部分をはめ込んで固定。
あとは各部の位置を整えてあげれば完成ですね。

P1270017.jpgP1270020.jpg
ロボットモード。
海外版の時も書きましたが、肩周りの変形が独特で面白いです。
ただ、それ故の問題もちょいとばかり…(;´∀`)

P1270023.jpgP1270027.jpg
P1270030.jpgP1270032.jpg
ぐるっとひと回り。
プロポーションはなかなかいい感じですね。
腕あたりにガワが若干残っているものの、劇中ではあからさまにパーツが伸び縮みしてますから。
ある程度はしゃーなしですw

P1270037.jpgP1270038.jpg
顔周り。
面長目の顔にスネオヘアー、もみあげとしっかりポイントは抑えてますな。
目は別パーツ、かつ後頭部がクリアパーツなので
日本版では集光入れてくるかな?と思っていたんですが…海外版同様の塗装ですね(;´∀`)

P1270042.jpg
腕部。
肩がタイヤなデザインをきっちり再現しているのはさすがですね。
が、これを再現するため…なのかはわかりませんが、肩の固定方法がちょっと独特な方式
(胸正面を覆うパーツに肩基部の出っ張りを差し込んで固定)に。
この固定用の軸がどうしても短くなってしまうため、ちょっと固定が甘いのがもったいないところですね。
といっても、海外版よりはだいぶしっかりしてるんですが…w

P1270046.jpg
胴体。
胸の「速」の字がチャームポイントですなw
海外版ではここ「速」だけでしたが、日本版ではオートボットのエンブレムも追加されておりますよ。

P1270052.jpg
背面。
ビークルのボンネットから運転席のパーツが回されています。
さすがに劇中のように縮めて収納とは行きませんでしたが、
後述の刀をマウントする部分を兼ねていたりと地味ーに便利だったり。

P1270055.jpg
脚部。
足首パーツが海外版では真っ黒だったところ、赤字に黒塗装となったことで
ビークル時に黒い部分が目立たないようになりました。
なお、形状が変わったわけではないので立たせる際にちょっぴり慣れがいるのは相変わらず。

P1270062.jpg
付属武器。
刀ですね。これ自体は海外版成型色含めて差がないようなので、混ざると大変ですw
また、先日紹介したオプティマス付属の刀をもたせるのもいいですよ。

P1270065.jpg
なおこの刀、背中のガワと胴体をつなぐアームの穴に刀身を通すことで
背負ってやることも可能です。
アーム部分に刃の形にあわせた左右非対称な形の穴が空いているため、グラつきもなく
綺麗に背負えるのは芸コマですね。

P1270067.jpg
ビークルモードでは、刀は天井部分に固定可能。
ちょっと後方に飛び出してしまいますが…w

P1270068.jpg
正式な方法ではないですが、実はビークルモードだとこんな感じで前輪の裏と
ロボ胸パーツの上に引っ掛けて底面に収めることも可能。
たまたま開いていたスペースに押し込んでるだけですが、一応このままでも転がし走行可能です。
タイヤの裏側と刀が擦れますが…w

P1270090.jpg
可動に関して。
まあ、海外版以前紹介しているのでアレと一緒、でだいたい済みますが…w
可動範囲自体は同じものの、ある程度調整されている感じではあります。

P1270093.jpg
まずは腕周り。
肩は前後回転と横方向の二軸式ですね。
肩の付け根と胸板との接続がやや外れやすいですから、
動かす際には前後から抑えたほうがいいですな。

P1270094.jpg
具体的な可動範囲は、前方向が真上まで、後方はだいたい真後ろくらいまで。
横方向は水平より30度位下まで腕を上げられるようになってますね。
また、構造の関係からか若干(30度位?)腕を内側に閉じることも可能。
つまり胴体の前に腕を持って来られます。
これにより、剣の両手持ちもできそう…なんですが、自前の刀では柄の長さが足りませんw

P1270095.jpg
肘はボールジョイントです。
少し大きく曲げることが可能で、120度位はいけますね。ついでに、逆向きにも若干曲がりますw
また、ボールジョイントですからここで腕をひねることも可能。上腕に軸がないので、代用できますね。

P1270096.jpg
手首は固定。
まあ、動いてもガワがあるのであまり…ということになりそうですがw
とりあえず、肩と肘で大部分カバーできますから特に不便は感じないですかね。

P1270097.jpg
続いて下半身。
股関節は、横方向・前後方向の二軸式ですね。
ボールジョイントではないので、かっちりしている反面
斜め方向への微調整は難しいですね。

P1270098.jpg
具体的な可動範囲としては、前方が水平より少し下、
後方が水平より30度程度下くらいまで脚が上がります。
腰と脚が若干引っかかるため、開脚方向はそれほど大きくは開けないですな。45~60度位です。

P1270099.jpg
膝は割と大きく曲げることが可能。
120度位はいけますね。立膝もできないことはないです。
さらに、ひざ下の変形用の可動部分を利用すれば更に深く曲がっているように
見せかけることも可能だったりしますw

P1270100.jpg
足首は前後に曲げ伸ばしできます。
上述した変形用の可動部分とある一緒に動かさないと引っかかってしまいますが、
後方は60度位、前方は足の甲がすねとくっつくくらいまでいけますね。

P1270101.jpg
なおこの足首、ビークル時のデザインの関係か
つま先側の内側が大きくくぼんでいます。
なので、少し重心を前によせてつま先側をしっかり接地させ、
踵がちょっと浮くくらいにしたほうが安定して立ってくれる感じです。

P1270102.jpg
逆に踵の方でどっしり立たせるという方法もありますが、やり過ぎると後ろにコケますw
個人的にはつま先をつけたほうが見た目にもいいかなー、と思っておりますよ。

P1270103.jpg
頭部はボールジョイント接続です。
横回転はもちろん一回転、上下方向にもある程度動きますね。
下は気持ち程度ですが、上は30~45度位は行ける感じです。
ただ、購入状態だと頭部パーツと軸の接続がゆるいのかなんか頭がプルプルしてました…w
後頭部にネジがあるので、それ締めればいいだけだったんですけどね。

P1270104.jpg
胴体は可動部分なし。
中央と左右の腕(の付け根)の3つのパーツを胸パーツで束ねている形ですし、
さすがにひねったりは無理でしたなw

P1270105.jpg
幸い手足の可動範囲は悪く無いですから、胴が動かないぶんは
手足の動きで十分カバーできる…と思いますよ( ´∀`)

P1270106.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
少し独特な形のところはあるものの、可動範囲自体は悪くないかな~と。
ヤンキーかつニンジャなポーズは十分行けると思いますよw

P1270107.jpg
ただやはり、ここまで何度か書きましたとおり胸と肩の接続が
取れやすいのは要注意ポイントですね。
放っておいたら勝手に外れる、とまでは行かないんですが…
肩を動かす際にはしっかり根本を抑えるか、いっそ外してから動かしてはめ直すか、ですねw

P1270151.jpg
海外版と@ビークル。
当然ながら形状は同じですが、赤の色味が大分違うことが分かりますね。
そして上の方で書いた「瞬速」の角度違いも…斜めからなので分かりづらいですがw

P1270152.jpg
ロボットモードで海外版と。
やはり色の違いが結構大きいですな。
日本版は普通の赤に近い感じ、海外版はどっちかというとワインレッド寄りです。
あと海外版はメタリック感の強めな色になってますね。

P1270153.jpg
一応、色合いとしては日本版のほうがアニメに近い、という感じではありますが
海外版の色も結構悪くないんですよねーこれ。
このへんはまあ、お好みしだいで…といったところでしょうw

P1270161.jpg
以上、トランスフォーマーアドベンチャーよりサイドスワイプでした。
肩周りあたりはちょっと癖がありますが、いろいろ工夫も見えますし面白いブツだと思います。
なによりも、これでアドベンチャーシリーズだけでチームバンブルビーが並べられますしねw
大きめのグリムロックとか小さいフィクシットも出るようなので、それらが揃うとなおよしですが(゚∀゚)<もうちょい待ち
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーアドベンチャー マイクロンシューターフラクチャーセット
  • トランスフォーマーアドベンチャー オーバーライド
  • トランスフォーマーアドベンチャー ディセプティコンラナバウト
  • トランスフォーマーアドベンチャー オートボットジャズ
  • トランスフォーマーアドベンチャー オプティマスプライム
  • トランスフォーマーアドベンチャー アダムス
  • トランスフォーマーアドベンチャー パワーグライド
  • トランスフォーマーアドベンチャー ファントムジョー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーアドベンチャー

     タグ: トランスフォーマー  アドベンチャー  TAV22  オートボット  サイドスワイプ  リカラー 


    Comments:6 

    ぽけ厨  

    No Title

    レビューお疲れ様です。今月は早くて助かります。
    やっと他から遅れて発売されたすわぴょんことサイドスワイプですが、なんか他のウォリアー組より明らかに変形も可動も凝ってますよね…(プライム期ぐらいには)
    もちろんいいことなんですがクリアパーツ使ってこの出来だとコスパが心配になるぐらいですw
    他のも悪いものではないんですがやっぱりもの足りないかな〜という思いがあるので。あとは他のディセプティコンがくれば…

    2015/07/29 (Wed) 12:48 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマーアドベンチャー サイドスワイプのレビューお疲れ様です。
    既に海外では先行して「ウォーリアクラス・サイドスワイプ」として発売されてたものの国内版アイテムになるTAVサイドスワイプですがタイヤの溝やボディの細かいモールドにも塗装が追加されていてアニメに近い雰囲気になってるのが素晴らしいですな
    ビークルモードの見た目もカウンタック風に近い形状になっていてこの型を使用した他のTFのリデコアイテムへの期待も高まりますね

    2015/07/29 (Wed) 21:16 | EDIT |   

    MKstsk  

    No Title

    レビューお疲れ様です!
    サイドスワイプ欲しかったけどお財布と相談したら買っちゃダメと言うことになりましたw
    ホイールの追加塗装が効いてていいですね!

    2015/07/30 (Thu) 04:30 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    レビューお疲れさまです
    サイドスワピョンはオートボット側では一番欲しかったので初期ラインナップでTEだけだったときはあれで済まされちゃうんじゃないかと不安でしたがちゃんとウォーリアクラスで発売されてよかった
    プロポーションも変形も可動範囲も良好でおおむね満足です
    こちらのレビューで見たときは海外版は塗装部の色が成形色と違っていたり塗装箇所が少なかったりと正直こだわりを感じませんでしたが国内版はその辺しっかりしていたので安心しました
    海外版のサイドの瞬速の文字はもしかしたらドアにかぶらないようにした結果なのかもしれませんね

    2015/07/31 (Fri) 15:42 | EDIT |   

    音波大好き高校生  

    No Title

    勇者パースかっけ~!

    2015/08/03 (Mon) 17:53 | EDIT |   

    tagoal  

    スワピョンれす

    >ぽけ厨さん
    だいぶ凝った変形しますよね、スワピョン。
    そのせいで若干固定が甘いところもありますが…(;´∀`)
    設計側もこなれてきた、のかもしれませんな。

    >Fネガさん
    海外版からはだいぶ変わって、色もだいぶ似せてきてますよね。
    ただこの形の別キャラへの流用は…だいぶ今回のイメージが強いので、
    ある程度間を開けたほうがいいのかもですw

    >Mkstskさん
    先立つモノはどうにもならないですからねえ(;´∀`)
    ホイールもそうですが、いろいろと細かいところもディテールアップされてていいですよ~

    >匿名さん
    スワピョンだけ後回しでしたからねえ…
    出るのわかっていたとはいえ、やはりアドベンチャーで揃うのは嬉しいですな。
    文字の角度は、確かにドアを避けたようにも見えますな…

    >音波大好き高校生さん
    ありがとうございます( ´∀`)

    2015/08/17 (Mon) 16:51 | EDIT |   

    Leave a comment