またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

11
週末ー。
先月後半から巻き込まれていた仕事上の修羅場も一段落して、
久々に心底のんびりしております( ´∀`)
やっぱりいつもどおり過ごせるのはいいことですばい(゚∀゚)

と、リフレッシュしつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーのBOTCON2015限定、CYBERTORN:MOST WANTEDセットから
パックラットです。
_1250520.jpg
今年は珍しく(というか初めて)ボックスセットで購入…ということで
ついでに箱画像も上げておきます( ・∀・)<下のやつね
_1250064.jpg

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1250524.jpg_1250527.jpg
ということで、今回は今年のBOTCONの限定品、CYBERTRON:MOST WANTEDセットよりパックラット。
セットの5人のうち、「THE THIEF(盗賊)」に当たります。
GENERATIONS(レジェンズ)版ラットトラップ(ラットル)をベースにした、1997年のボットコンの限定品のリメイクですなw

_1250530.jpg_1250533.jpg
_1250536.jpg_1250540.jpg
ぐるっとひと回り。青いネズミですw
GENERATIONS/レジェンズ版ラットトラップ/ラットルのビーストモードはやり過ぎなくらい生っぽいわけですが、
今回は青いのですこし生度が低い…かも知れませんw

_1250542.jpg_1250543.jpg
ネズミの口は手動で開閉可能。
さらに、頭も上下に動きます。この頭の可動と脚の前後動を利用して後ろ脚2本で立つことも可能。
この時用に、首の内側にカバーがついてるのが芸コマなんですよねこのタイプ。

_1250549.jpg
さて、ここでバイオの話。
記事冒頭で載せたカードに記載されている話を、毎度のごとく雑に訳すとこんな感じです。
「”ナニがロボットを幸せにしてくれるかって?ただもう一つのレア物さ!”

パックラットは有能なコレクターである。
それが彼自身に合法的に得られるものどうかに関係なく、パックラットは欲するものを見逃さない。
エネルゴンポンプを何かの上に置いたなら、彼はそれを得るために手段を選ばない。
パックラットがそばにいる時、チームメイトはできるだけ貴重品をしまい込む。…効果はあまりないが。

パックラットは、彼がその役割・状況に応じた道具を作った時、
自分の貯蔵品がマクシマルを救ったのだと指摘するのが好きである。
しかし、その必要とされたアイテムは彼自身のコレクションのために
マクシマルの資産から手に入れたものであったりもする。

パックラットはマクシマルの主義に忠誠を誓っている。
が、自身の秘蔵品にも同じだけの忠誠を捧げている。
僚友か自身のコレクションの一部のいずれかしか救えない、というとき、
パックラットは内なる葛藤を引き起こされることになるだろう」

PACKRAT(物を貯めこんで捨てられない人)という名前の示すとおり、
極度のコレクターさんなわけですね…モラルをどっかに投げ捨て気味の(;´∀`)<アカンやつや

_1250575.jpg
さて、それではロボットモードへマキシマイズ。
体の側面を背中側へガバっと開き、胸のあたりからロボ腕を引き出します。
後ろ脚部分の引っ掛かりを外して、背中部分を持ち上げて頭の方へ移動。
尻部分は背中の下側に入り込むように折り曲げます。

_1250579.jpg
後ろ足を伸ばし、前後でたたんで固定。
胴体内に伸びていたロボ脚の前半分を真っ直ぐにしてネズミの後ろ脚にかぶせるようにし、
ロボのひざ下部分にして立たせてやります。
ロボ腕は根本から左右に広げ、付け根部分を頭側に折り曲げ。
肘から下を回転させて、つま先の向いている方を正面とします。

_1250586.jpg
ネズミの頭を胴体の空洞部分に折り曲げ、胸部に。
この時頭が露出しますので、位置を整えます。
さらに、背中のネズミ前脚を持ち上げて手のひらが真横を向くよう手首を回転。
あとは手足の位置を整えてあげれば完成ですね。

_1250589.jpg_1250596.jpg
ロボットモード。
特にリデコ等は施されていませんので、もうそのまんま青いラットルですw

_1250599.jpg_1250602.jpg
_1250606.jpg_1250609.jpg
ぐるっとひと回り。
前述のとおり青ラットルなわけですが、手足に配された金色が
ちょっぴりゴージャスな感じを醸し出して…いるかもしれませんw

_1250613.jpg_1250615.jpg
顔周り。
形状はやっぱりラットルのまま。
レジェンズ版みたいに口の中まで塗装されている、ということはないですね。
そのかわり?脳天部分が金色になっています。
脳天も目もガッツリ塗装されているため、集光ギミックは完全に死んじゃってますね。

_1250621.jpg_1250623.jpg
腕部。
左腕には後述の爆弾が収まっているので、左右非対称です。
と言っても正面からだと分かりませんけども(;´∀`)

_1250630.jpg
胴体。
大部分がネズミの頭ですな。
構造上ネズミの目がそのままなので、腹あたりに謎の眼力が…w

_1250633.jpg
背面。
ネズミのガワですね。
画像からははみ出ていますが、しっぽはラットル・ラットトラップと同じく
軟質素材&芯として針金が入っているのでグニグニ曲げることが可能ですよ。

_1250637.jpg
脚部。
金色部分は塗装ですね。
しかし、やはりこのネズミ脚をロボ脚に組み込む構造は上手いこと考えてるよなあと…
代償として足首動かなくなっちゃってはいますがw

_1250640.jpg
武器その1、銃ですね。
ラットルおよびラットトラップでは半透明でしたが、
今回は普通に不透明な素材になっております。真っ白ですがw

_1250643.jpg
武器その2、こちらも銃ですね。
ちなみにこのラットル/ラットトラップ型、左手の穴がキツ目の傾向があるので
武器をもたせる際にはちょっと怖いですね(;´∀`)親指折っちゃいそうで…

_1250645.jpg
2つの銃は合体して大型の銃に。
よく見ると銃身が綺麗につながるように出来てますな。
このへんの芸コマっぷりはさすがです。

_1250646.jpg
なおこの銃、ビーストモードでは連結状態でお腹の中に入れておけます。
ちょっとギチギチですが、余剰なくまとまるのは嬉しいですな( ´∀`)

_1250650.jpg
武器その3、爆弾。
ボックスセット付属のコミックでも使っている場面がありました。
他の武器同様、こいつもクリア素材から真っ白に。

_1250653.jpg
腕から取り出すとこんな感じ。
てには端っこの二股になってる部分をもたせるとちょうどいいですね。

_1250665.jpg
可動に関して。
といっても、リカラー品ですからラットトラップ及びラットルと
何ら変わる部分はないんですけどね(;´∀`)

_1250666.jpg
まずは腕周り。
肩はボールジョイント接続ですね。
背面にガワがあるので後方の一部の範囲は無理ですが、そこ以外は回転可能です。
横方向も、ほぼ真横くらいまで腕が上げられますね。
ただしちょっと保持力キツ目なので、動かす際には付け根をしっかり抑えたほうが良さげです。

_1250667.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れます。
海外版のラットトラップ程ではないんですが、こいつも結構
この部分固めの調整となっております(;´∀`)

_1250668.jpg
肘は60度くらいまで曲がります。
最近のものとしては割と曲がりが浅いのはちょっと残念なところ。
爆弾の収納ギミックがちょっと影響しちゃってる感じですね。

_1250669.jpg
手首は固定です。
ここも動いてくれればなお嬉しいところですが、上腕のひねりなどで
まあ概ね代替できますからそこまで不便はないですな。

_1250670.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
前方は水平よりだいぶ上まで、後方はガワがあるので45度位、
開脚方向は水平くらいまで脚が上がりますね。

_1250671.jpg
太もも部分は、ちょうど茶色と白の部分の境目からひねってやれるようになっています。
足首が動かせない関係上、ここでつま先の向きを変えることで
立たせる際の微妙な調整を行うことになりますな。

_1250672.jpg
膝は90度をちょっと超えるかな?くらいまで曲げられますね。
変形の関係で逆方向にも同じくらい曲がります。…使い道はあまりないですがw
なお、膝の位置が若干高め&足首が動かないため、立膝は少し難しいですね。

_1250673.jpg
足首は固定。
構造的に可動させるのは無理ですわな…(;´∀`)
その分、変形が面白いのでプラマイゼロということで(?)

_1250674.jpg
頭部はボールジョイント接続です。
横方向には一回転可能、上下は30度位の範囲で動きますね。
また、首の基部も上下に多少動かせますから、ここでも調節はいけますな。

_1250675.jpg
胴体は可動部分なし。
まあ、ここも構造的に動かすのは厳しいですね。
手足の動きでカモフラージュしてやりましょうw

_1250676.jpg
その他動かせる部分としては、しっぽですね。
うえのほうで触れたとおり、針金を芯にして軟質素材で出来ていますから、
任意にグネグネ曲げられます。また、根本は大きく上下に動かすことが可能です。
…ネズミの時は。ロボットの時は根本が折り込まれているので制限されてしまいますが、
まあそれほど気にはならないでしょうw

_1250677.jpg
と、可動としては以上のような感じです。
肘の曲げ伸ばしあたりはちょっと残念なところもありますが、
全体としてはそこそこ良く動く方かと思います。

_1250678.jpg
可動以外で気になるところとしては、ネズミの耳。
これがぴょこんと立っているので、斜めから見ると結構な確率で耳がロボ顔面に被りますw
デザイン的にはいい感じなんですけどね。

_1250679.jpg
また、上の方でも一度書きましたが、
このラットル/パックラット型は左手の穴が若干小さめらしく、武器をもたせる際にパーツに
結構な負荷がかかっている感じ。パックラットは手が塗装なので特に負荷がかかりそうです。
ここはちょっと気をつけたほうがいいですね。

_1250685.jpg
同型のラットル達と。
真っ青な分パックラットだけ異彩を放ってますなw

_1250686.jpg
そういえば、パックラットだけ目に白目がありますね。
リアルネズミはほとんど白目は見えない…ということで、このへんもコミック的表現重視な感じ。
…ですかねw

_1250687.jpg
ロボットモードでネズミ軍団。
成型色だけでなく、腕周りも若干塗装パターンに違いが見られますな。

_1250688.jpg
しかし、このパックラットって記事の最初のほうで触れましたとおり、
1997年のボットコン限定品のリメイクものでもあるわけですが。
97年ってもう18年前ですよ…年を食うわけで(ry よくまあこんなキャラ拾ってきたなあ、と
色んな意味で感心してしまいますな(;´∀`)<付属コミックにはモブとして昔のパチモノとか出てたみたいですし

_1250735.jpg
以上、BOTCON2015限定ボックスセットからパックラットでした。
まあ、ぶっちゃけモノとしては色違いラットルなわけですが…
ラットルのこういう同型色変え別人タイプってあんまりいいないので、その意味でも貴重かもですなw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー BOTCON2015 ガルバコンボイ(GALVA CONVOY)
  • トランスフォーマー TIMELINES ライオコンボイ(LIO CONVOY)
  • トランスフォーマー TIMELINES ノヴァプライム(NOVA PRIME)
  • トランスフォーマー BOTCON2010 ディセプティコンスライス(DECEPTICON SLICE)
  • トランスフォーマー BOTCON2013 ホイスト(HOIST)
  • トランスフォーマー BOTCON2014 ナイト エイプリンク(KNIGHT APELINQ)
  • トランスフォーマー BOTCON2009 レーザークロー(RAZORCLAW)
  • トランスフォーマー BOTCON2014 パイレーツ ブリムストーン(PIRATE BRIMESTONE)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーBOTCON・TCC等限定品

     タグ: トランスフォーマー  海外  限定  BOTCON  2015  CYBERTRON:MOST_WANTED  マクシマルズ  パックラット  ラットル  リカラー 


    Comments:4 

    さすりゅ~  

    No Title

    そう言えばパックラットってマキシマル(ビーストサイバトロン)だったのね
    盗賊って設定からずっとプレダコン(ビーストデストロン)だと思い込んでた
    フラクティル(BotCon97限定のテラザウラーリカラー)と対決カードを組ますには必然的にコイツがサイバトロンにならにゃいかんけども…

    ラットルの同型別人リカラーってパックラットくらいしかいないからここでパックラットというネタを使ってしまった以上今後この型でリカラー品のバリエーションが出しにくくなってしまったのはネックですね
    この型をラットル以外のキャラとして出して欲しいって人はいないとは思いますが

    2015/07/11 (Sat) 23:50 | EDIT |   

    名無し  

    No Title

    こんにちは、たごーるさん、

    今回はラットトラップの色変えの
    パックラットの紹介なのですか。

    1997年版も今回の2015年版も、
    どちらもラットルの色変えだから、
    印象が違うくらいしか、
    話せる話題がないですね。

    今回はボックスセットで購入したから、
    他のキャラ(サイバトロンステッパーとかメガトロンなど)の
    紹介も期待して、
    待ってます。

    2015/07/12 (Sun) 15:00 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマー・パックラットのレビューお疲れ様です。
    1997年のボットコンの限定品で出たパックラットが時が流れて同じラットル型のリメイクで再びボットコン2015の限定アイテムとして出るとは月日の流れを感じますなあ
    同じ型の海外版・レジェンズ版のラットルと3体比べてみるとパックラットの瞳の塗り分けがちゃんと瞳孔まで塗られてるのはポイント高いですな
    これは同じ1997年のボットコンの限定品「フラクティル」のリリースも期待したいところですな!

    2015/07/14 (Tue) 20:41 | EDIT |   

    tagoal  

    青ネズミれす

    >さすりゅ~さん
    そう、この人一応マクシマルなんですよw
    肩書が「盗賊」という正義陣営にあるまじきものなのでアレですが…w
    この型はあまりにラットルラットルしてますから、なかなか別キャラにしづらそうですよね。
    そもそも元ネタのBWからしてラットルの色違いがいないですからw

    >名無しさん
    わ、話題なしですかい(;´∀`)
    残りの連中は追い追いやっていきますよ。

    >Fネガさん
    ボットコンもリメイクの流れになってるあたり、ほんと長くやってるんだなあと…(;´∀`)
    フラクティルもきっと、何かのネタで来るでしょうな。
    ここまでやって見逃すとも思えませんしw

    2015/07/28 (Tue) 17:46 | EDIT |   

    Leave a comment