またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

17
始まりましたな、ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン。
正直視聴前に想像していたものとは全然違ったのでアイエッ!?となりましたが、
何回か見返すうちアレはアレでなんか癖に…w
今のところ間違いなく見る人を超選ぶ作品になっちゃってますが、
まーもともと原作からしてそういうモノですしね。ある意味ブレてないなあと(;´∀`)<それがウケるかはともかく
というか、最初からFlash(風)アニメだと認識して見れば問題はなさ気な感じ?

と、なんだかんだいって1話結構な回数リピートしつつ今回のネタへ(゜∀。)アアー…イイ…
トランスフォーマーアドベンチャーより、グリムロックです。
_1130543.jpg
TFアドベンチャー第一弾(アドベンチャーシリーズ)、やっと02番までさかのぼってまいりました…!

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1160691.jpg_1160695.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーアドベンチャーよりグリムロック。
以前海外版を紹介済みですね。
元ディセプティコンの囚人…ということになっていますが、アニメ本編中では仮釈放扱いということで
まだ一応ディセプティコンのまんまですなw

_1160698.jpg_1160701.jpg
_1160705.jpg_1160708.jpg
ぐるっとひと回り。
グリムロックといえば、のティラノ型ですね。
アドベンチャー(RID2015)版は今どき珍しく、昔なつかしのゴジラ姿勢です。

_1160713.jpg_1160715.jpg
顔周り。
のちほど並べてみますが、海外版から眉毛あたりに塗装が増え、首の色も変わってますね。
また、後頭部のレバーを動かすことで、口を開閉するギミックは海外版と同じく装備されています。

_1160722.jpg
ところで今回のグリムロック、見ての通りの緑色。
なんでまた緑なんじゃろ…とおもいきや、海外版では同じタイトル(でも直接の続編ではないという…w)
のTFカーローボット(RID)、あれに登場するビルドハリケーン…海外名グリムロックの
オマージュではないか、という噂がありますな。
日本版だとグリジバーがいたり、ちょこちょことカーロボオマージュらしき要素が見える
アドベンチャー(とRID2015)、単にカーロボから15周年だからなのか、(海外で)不調だった
プライムからの復活を期して、BWリターンズの(海外での)大コケから復活を遂げた
カーロボ(RID)にあやかったのか…スタート地点はどっちなのか、少し気になるところではありますねw

_1160728.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
ティラノ脚部を基部のパーツごと左右にひらき、ティラノ腕の上にかぶせるように持っていきます。
その際ティラノ腕は脚部との干渉を避けるため下回りで後方へ回しておきましょう。
ティラノ腕部の上にティラノ脚部が来たら、その基部と胴体を接続してロボットの胸部に。

_1160736.jpg
ロボ胸部ができたら、ティラノ脚部の先端からロボ手首を出して膝のところで前後を反転。
これでロボ腕の出来上がりです。
次に背中部分の黒いパーツを立て、しっぽから背中にかけてのパーツを左右に分割。
尻尾の先端は内側に畳み込みます。

_1160739.jpg
背中パーツの上半分を外側にスライドして広げ、これを尻尾側に180度回転させ、
しっぽとジョイントするとロボの膝から下になり、ロボ脚部が完成。
ここで空いた背中部分に、恐竜頭を倒してやります。
あとは手足の位置を整えてあげれば出来上がり。

_1160742.jpg_1160745.jpg
ロボットモード。
海外版の時も書きましたが、背中パーツをクルッと回してしっぽと合体→ロボ脚という変形が
ちょっと面白いですね。

_1160748.jpg_1160751.jpg
_1160754.jpg_1160759.jpg
ぐるっとひと回り。
劇中のマッチョな体型をよく再現出来ていると思います。
…ウォーリアークラスに大きさ統一されちゃったせいで、他のメンツと
体格が合わなくなっちゃってるのがもったいないですねえ(´・ω・`)

_1160762.jpg_1160767.jpg
顔周り。
元デザインの関係で、割と小顔ですな。
目は集光ギミックなし。無いならないで、ちょっと寂しかったりw

_1160771.jpg
腕部。
ティラノ脚がほぼそのまんま、なのでなかなかのゴツさ。
後ろにティラノ腕がちょこんと出ているのがちょっとかわいいですなw

_1160774.jpg
胴体。
ティラノ時の腰を上に持ってきて胸部の幅増しに使う、という方法はいいですね。
スチールジョーなんかも似た感じの変形してましたし、今回のシリーズの特徴かも知れませんw

_1160778.jpg
背面。
ティラノ頭とティラノ腕はこちらに回されています。
ティラノ頭も腕も、この状態で(腕はある程度、ですが)前にも回せるので
謎のクリーチャー状態にも…w

_1160780.jpg
脚部。
うえのほうでも触れましたが、個人的にここの変形が一番関心しましたね。
使ってるパーツ自体はコレまでの歴代グリムロックとあんまり変わらないんですが、
そのパーツ移動方法はちょっと新しい感じです。

_1160796.jpg
可動に関して。
海外版と同じ、って当たり前ですがw
若干独特な構造もありますが、それなりに動いてくれますな。

_1160800.jpg
まずは腕周り。
肩は前後方向・横方向の二軸式です。
胴体から出た軸が前後回転、そこにくっついた肩パーツが横方向への可動を担う感じですな。

_1160806.jpg
具体的には、前後方向は一回転可能、横方向は、左右30度位まで腕を広げるのが精一杯ですね。
ただし体の内側向きの方にも同じような感じで動くので、動く範囲そのものはそれほど狭くはないです。

_1160810.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れるようになっています。
横に腕を広げづらい分、ここからひねることでその代わりにする…ということもありますな。

_1160820.jpg
肘はクリック式になっており、30度位の刻みで90度くらいまで曲げ伸ばし可能ですね。
クリック式になっているのは恐竜時の膝を兼ねているためでしょうか。
もうちょっと微調整できればもっと良かったんですが、まあ贅沢言えば…レベルの話ですかねw

_1160823.jpg
手首は変形機構を使えば手のひら側に180度回転可能ですが、
基本使い道ないのでもう固定と考えていいでしょうw
一応、5ミリ径の持ち手の武器を持つことができるようになってはいますよ。
付属武器ないですけど(;´∀`)

_1160829.jpg
続いて下半身、股関節は前後方向・開脚方向の二軸式になっています。
前・後方向ともに水平よりやや下、開脚方向は水平よりやや上くらいまで
脚を上げることができますよ。

_1160832.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れるようになっています。
股関節部分が軸関節でひねりを入れられるようにはなっていないので、
ここのひねりは重宝します。

_1160835.jpg
膝はクリック式関節です。
20度弱くらいの刻みで、70~80度くらいまで曲げることが可能です。
90度曲がらないので、立膝は無理ですな(;´∀`)

_1160842.jpg
足首は変形機構を利用し、つま先をまっすぐに伸ばすことが可能です。
伸ばしきった状態と完全に曲げた状態、のどっちか選択式に近い状態ですが、意外とコレが効きますw
また、かかとがしっかりしているため、安定して立ってくれますな。

_1160845.jpg
首は横回転のみで、左右60度位まで動かせます。
真横くらいまで言ってくれると嬉しかったんですが…まあ、腕が真横に行かないので
そこまで不便はないかも。

_1160848.jpg
胴体は可動部分なしです。
腰から胸に動くパーツがあるので、その移動用のアームがネックですな。
とりあえず、他の部分の動きでごまかしましょうw

_1160855.jpg
トータルとしては、まあ動かないということはないかなー?と言った感じ。
多少くせのある部分はありますが、それなりにポーズを付けて
ブンドドしてやることは出来ますなw

_1160859.jpg
他に気になる…というかもったいないなーと思うのは、付属武器がないこと。
まあ、劇中でも実際素手で殴る蹴るして戦うキャラですから、設定上から考えれば
手ぶらでも問題ないんですけどねw
玩具的には、やっぱり手になにか持たせたくなっちゃいます。

_1160864.jpg
あとは、やはり大きさが…
今回玩具みんなの大きさが揃えられた結果、大柄なグリムロックが割りを食っちゃった感がありますな。
造形自体はこのままでいいので、1.5倍位にでかくなってくれるとうれしいんですがw

_1160890.jpg
海外版と@ティラノ。
日本版はまゆ毛が塗装され、首の成型色が黒くなってより劇中に近く…
というか、なんか可愛くなった気がしますw

_1160891.jpg
ロボットモードで海外版と。
この状態だと案外塗装部位の増減なんかはない感じですな。
ただし見ての通り、緑色の色味が大分違ってます。

_1160892.jpg
日本版が黄緑色なのに対し、海外版は若干青緑によった緑。
一応、日本版のほうが劇中の緑に近いですかね。
海外版はそれこそ、カーロボット版のビルドハリケーン…すなわちRID(2001年の方)版の
グリムロックに近い緑色じゃないかと思います( ´∀`)<近いだけで、いっしょではないですがw

_1160905.jpg
以上、トランスフォーマーアドベンチャーよりグリムロックでした。
見た目は似てますし動きぶりもそこそこ、単体での出来自体はいいほうだと思います。
それだけに、これでもうワンサイズ大きければ…と思ってしまいますな(;´∀`)<上の繰り返しになっちゃってますがw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーアドベンチャー ロックダウン
  • トランスフォーマーアドベンチャー ウルトラマグナス
  • トランスフォーマーアドベンチャー ネメシスプライム
  • トランスフォーマーアドベンチャー バンブルビー
  • トランスフォーマーアドベンチャー ストロングアーム
  • トランスフォーマーアドベンチャー スチールジョー
  • トランスフォーマーアドベンチャー フィクシット
  • トランスフォーマーアドベンチャー アンダーバイト


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーアドベンチャー

     タグ:   トランスフォーマー  アドベンチャー  TAV02  オートボット  ダイノボット  グリムロック 


    Comments:3 

    さすりゅ~  

    No Title

    今回のレギュラーキャラでは何だかんだで一番好きです
    歴代グリムロックと比べればまともな喋り方だけども中身は従来通りアホの子ってのが愛らしい
    しかしホントコイツのディセップ時代が全く想像できん

    劇中サイズ的には少し前の今よりちょっと大きめのデラックスクラスくらいが丁度いいでしょうか
    今やフィギュア自体のサイズが全体的に縮小傾向にあるから一人だけ皆よりちょっと大きいってのが出来ないのが融通利かないなぁ

    グリムロックが緑になった事とグリジバーがリメイクされたのが日本と海外で別々の出来事なのでそれにカーロボが絡んでいるかはちょっと眉唾ですね
    後々グリムロックが地球ビークルをスキャンしてパワーショベルにでもなったら完全にクロですがw

    2015/04/17 (Fri) 21:58 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマーアドベンチャー グリムロックのレビューお疲れ様です。
    国内版グリムロックは海外のRID・ウォーリアクラスのグリムロックの緑色のカラーリングが劇中に近づいていて大分印象が違って見えますなあ
    劇中でも戦闘スタイルが格闘メインのキャラなので武器がないのが少しさびしい感じなので剣や銃を装備させるとバッチリ決まってカッコいいかもしれません

    2015/04/18 (Sat) 20:57 | EDIT |   

    tagoal  

    グリれす

    >さすりゅ~さん
    方向性は若干違いますが、やっぱりアホの子ですよねw
    ディセプティコン時代に関しては…一部資料だと見た目が怖がられたとか身も蓋もない話がw
    カーロボ関係に関しては、多分後追い的ににくっつけている感じではありますね(;´∀`)<たまたまなったのをそれっぽくとか

    >Fネガさん
    結構緑の色味が違ってますよねー。
    武器は劇中スタイル的に、鈍器系が良さそうですw

    2015/04/26 (Sun) 03:38 | EDIT |   

    Leave a comment