またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

18
最近更新頻度が高いせいか、なんか前振りの話題も尽き気味ですな…
なんか今月は2日に1回以上更新してますからねえ(;´∀`)
別に暇ではない、というかむしろ仕事とか忙しくなってるんですが、
多分試験勉強中にゲームが捗るとか、そういうのと同じ現象ですね(殴

と、ダメ人間ぶりを露呈しつつ今回のネタへ。
キュートランスフォーマーより、ランボルです。
_1020146.jpg
また例によって、昨日アニメに出てきたからという安直な理由ですw


※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1080922.jpg_1080926.jpg
ということで、今回はキュートランスフォーマーよりランボル。
昨日放送・配信された最新話にてゲスト登場しましたね。
セットでサンストリーカーも登場しましたが、彼は今週末の発売なのでまた後日w

_1080927.jpg_1080933.jpg
_1080937.jpg_1080944.jpg
ぐるっとひと回り。
チョロQ系デザインにデフォルメされた、ランボルギーニ・カウンタックですな。
だいぶ簡略化されているものの、カラーリング等はMPランボルがベースになっているようです…
私MPランボルは未所持なのでアレですが(;´∀`)

_1080949.jpg
ところで今回のランボル、前述のとおりサンストリーカーとセットでの出演で、
双子ということで声優さんは同じ方の二役でした。
そして御存知の通り、キュートランスフォーマーのアニメは毎回
後半は台本なしの完全アドリブ大喜利タイムなわけですが、その段になっても
ちゃんと声色使い分けて二役でアドリブされてましたね( ´∀`)<さすが、プロの技術!

_1080952.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
まあ例によって、他の連中と手順は一緒ですけどねw
まずは底面から脚を引き出します。

_1080955.jpg
次に車体後部を左右に分割、前輪の横くらいまで斜め前に移動し、
後輪の裏側からロボ腕を回して出してやります。

_1080957.jpg
最後に、運転席周りを背中へ移動すれば連動して頭が出てきます。
あとは手足の位置を整えてあげれば完成ですね。

_1080974.jpg_1080977.jpg
ロボットモード。
例によって、ずんぐりした体型ですなw
ただ本家ランボルも(向きは違いますが)胸にボンネットが来ますから、
なんとなく本家との共通感はありますね。

_1080978.jpg_1080982.jpg
_1080986.jpg_1080990.jpg
ぐるっとひと回り。
キュートランスフォーマー紹介の際毎度書いておりますが(;´∀`)、こいつらって全部構造が同じように見えて
実は内部フレームに当たる部分が若干違ってるわけなんですが、このランボルの場合はホイルジャックやロディマス、
ロックダウンと同系統のタイプですね。ビークルの天井が頭の後ろにかかるタイプです。

_1080993.jpg_1080997.jpg
顔周り。
基本的に玩具版キュートランスフォーマーの顔はアニメデザインより幼い感じになってますが、
ランボルもまただいぶショタい顔になってますな…w特徴は掴んでると思いますけどね。

_1090003.jpg
腕部。
まっすぐのアームが伸びているタイプですが、根本が後ろよりなのか
だいぶ前側へ斜めに伸びてる感じですね。

_1090007.jpg
胴体。
キュートランスフォーマー共通のフォーマットとして、ボンネット部分がまんま来ています。
前述のとおり、もともとランボルは胸の所にボンネットが来ますから
そこまで極端に変わった感じはしない…かも?

_1090011.jpg
脚部。
ここもキュートランスフォーマーの常として、元ネタに似せたディテールになっていますね。
ランボルの場合普通にロボ脚なので、あまり面白いことには…(マテ

_1090020.jpg
キュートランスフォーマーたち同様、ランボルもパッケージに記載されているコードを入力することで
Android/iPhone用のゲーム「キュートランスフォーマー コンボイの謎」にてプレイヤーキャラとして使用可能です。
自覚のない方向音痴ですが、今回のコンボイの謎は一方通行なので迷う心配なしですw

_1090021.jpg
実際に使ってみるとこんな感じに。
毎度のことながら、ゲームキャラのデザインはアニメ準拠なのでちょっと玩具と違います。
主に顔が…w

_1090022.jpg
プレイヤーキャラとしての特徴ですが、三段階で速度が最大、勇気最低、火力が並となっています。
スピードアップアイテムを取ったりすると、ちょっと持て余すくらい速いですなw
私的には、速度は並くらいが一番やりやすいです(;´∀`)

_1090023.jpg
なおこのゲーム画面、毎回開始10秒位のところですが…
スクリーンショットを撮るとその保存動作中画面が見えない→確実に死ぬので
あまり先にいってもしょうがない、かつある程度長い平地がないとそもそもスクリーンショットが撮れない、
といった理由があったりします(;´∀`)<ランボルみたいな足速いキャラだとなおさら…

_1090030.jpg
可動に関して。
まあ、いつものキュートラクオリティなのでほぼ書くことは一緒なんですが…(;´∀`)

_1090031.jpg
まずは腕部から。
肩はボールジョイントで、変形の関係で肩全体を後方へスイングすることも可能です。
ランボルは腕の軸が元から斜め前に傾き気味なので、スイング幅が大きめですね。

_1090032.jpg
肩自体の可動範囲は、前後には一回転可能、そして横方向は30度位腕を開けますね。
ジョイントの受けに変形用に一部切り欠きがありますから、そこを利用すると
内側へ大きく腕をひねることも可能です。

_1090033.jpg
肘に相当する部分は、変形用の軸を使って前後に回転が可能。
ほぼ真上向きから真後ろ向きまで、270度位は回せますよ。

_1090034.jpg
続いて下半身、脚部は股関節と膝がそれぞれボールジョイントです。
まず、股関節部分は前方90度まで足を上げられ、さらに若干の開脚が可能です。
ボールジョイントですから、もちろんひねることも可能ですね。

_1090035.jpg
膝は90度の曲げ伸ばし、およびひねりが可能です。
あいかわらず、前方向にはかなり広い可動域を誇りますw
他のキュートランスフォーマーだと立て膝も出来たりしますが、ランボルは爪先部分が長いのか
上手くバランスが取れないみたいです。

_1090036.jpg
首は横に一回転可能。
動かす際には背中のパーツが邪魔なので、少し後ろに倒してあげましょう。

_1090037.jpg
胴体は可動部分なし。
そもそも、動かせるような部分が初めから無いデザインですけどもねw

_1090038.jpg
トータルでは、やっぱり毎度おなじみな感じの可動範囲ですな。
ただ若干形状の違いからくる差はありますけども…

_1090039.jpg
劇中ぽく並べてみたり。
サンストリーカーがまだいないので、とりあえず色の近いバンブルを代役においていますw
劇中デザインより玩具のほうが横幅広いので、どうしても画像も横長になっちゃいますね。

_1090040.jpg
以上、キュートランスフォーマーよりランボルでした。
ある意味安定の出来、ですなw
最初の方でも書きましたが、この週末にはサンストリーカーも出ますから、
揃えて並べるのも乙なもんですよ( ´∀`)

amazon
    
関連記事一覧
  • キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎 早期購入特典 アニメデザインVer.塩化ビニール人形
  • キュートランスフォーマー バンブル
  • キュートランスフォーマー オートボットマイスター
  • キュートランスフォーマー サンストリーカー
  • キュートランスフォーマー ホイルジャック
  • キュートランスフォーマー プロール
  • キュートランスフォーマー ロックダウン
  • キュートランスフォーマー ホットロディマス


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーキュートランスフォーマー

     タグ: トランスフォーマー  キュートランスフォーマー  QT-05  帰ってきた  コンボイの謎  オートボット  ランボル 


    Comments:7 

    オダワラプライム  

    彼のモチーフであるカウンタックLP500Sは恐らく日本で最も有名なスーパーカーかと思いますが、それが個人資産家のオーダーメイドモデルだと知ったときは驚きました。
    市販モデルのLP400のエンジンを試作車の高出力タイプに換装し、市販モデルでオミットされたリアウイングを復活させて高速時の安定性を図った、ロマン溢れるモンスターマシーンだったようです。
    つまりジムをガンダムに改造するみたいな(何
    ランボルの前身であるニューカウンタックロボ
    のベースに選ばれたのも、その辺のロマンが理由かも。
    そしてキューTFでは…ランボル、サンストリーカー、ロックダウンと新旧ランボルギーニが揃い踏みするのが面白いです。

    2015/02/18 (Wed) 18:51 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~
    昨日のキュートラのアニメの方でもランボルとサンストリーカーの兄弟が同時に登場してたのには少し驚かされましたが玩具の方もG1アニメを踏襲した端正な顔立ちとランボルギーニ・カウンタックの赤いボディが見事にマッチしていてカッコいいですな
    サンストリーカーの発売ももうすぐですしこっちも楽しみです!

    2015/02/18 (Wed) 19:50 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    No Title

    水を差すようですがqtfのサンストリーカーはFDですよ

    2015/02/19 (Thu) 11:24 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    QTFでもプロールとランボルはG1と同様の往年の名車がモチーフですが
    実写TFを筆頭にG1キャラでも車種が変わって比較的最近~最新の車種の物と並べると若干浮くようなそうでもないような…
    ランボル(カウンタック)、ロックダウン(アヴェンタドール)、メガトロン(ヴェネーノ)のように歴代ランボルギーニ車が揃うということにはなるのですが
    次はディアブロに変形するマッハアラートとかどうだろう?名前はアラート、見た目はプロールと被るけど…
    そういや兄弟のサンストリーカーはカウンタックでなくマツダRX-7 FD3Sなんですよね
    元玩具がランボルと同型でないからか、或いは旧カウンタックロボ譲りの電子推進ブースターなる架空のパーツが取り付けられている故にG1ロディマスのような架空ビークルと判断されたからか…
    一方で兄弟だったりそうでなかったりするアラートはしっかりランボルのリデコなんですよね

    2015/02/19 (Thu) 15:57 | EDIT |   

    Dis-Gnew  

    LP500Sついに

    > LP500S
    > 1982年には4,754ccの市販車種であるLP500Sが登場し323台が生産された。
    > ちなみに北米仕様はLP5000Sとなっている。
    資産…家…?

    2015/02/22 (Sun) 12:18 | EDIT |   

    Dis-Gnew  

    No Title

    資産家の方は「ウルフ・カウンタック」。

    2015/02/22 (Sun) 12:22 | EDIT |   

    tagoal  

    双子(その1)れす

    今回は一部変則的に回答します。
    >オダワラプライムさん
    >Dis-Gnewさん
    の、車種の件。
    「LP500S」と呼ばれたカウンタックは2つありまして、
    ・カナダの資産家、ウォルター・ウルフのオーダーにより生まれた、LP400にそのプロトタイプであるLP500のエンジンを搭載しそれに合わせて外装を改造したもの、俗にいう「ウルフカウンタック」。当時は通称「LP500S」と呼ばれました。
    ・1982年に登場した、4754ccのエンジンを搭載した市販モデル。こちらが正式な「LP500S」。
    がそれにあたります。フェンダーの形とか違うので、見分け自体は割と容易。
    で、ランボル…というか、ダイアクロン・ニューカウンタックロボのモデルになったのは「ウルフ・カウンタックのほうのLP500S」なんですよ。
    今回のキュートランスフォーマー版のデザイン元になったと思しきMPでも、ウルフカウンタックの方のLP500Sがベース、と明記がありますな。
    …ということで、オダワラプライムさんのほうが正解だったりします。
    ものすごいややこしいですけどね(;´∀`)
    以降は普通通りで…
    >Fネガさん
    ちっちゃいながらも特徴をとらえたナイスデフォルメですよね( ´∀`)
    >匿名さん
    ですな、サンストリーカーは今回FDですね。
    アラートの方は同じカウンタックなのに…w
    >さすりゅ~さん
    まあ、ハチロクのマイスターとかいますから数が揃えば大丈夫でしょうw
    サンストリーカーの車種が変わったのは、単純に使いまわし過ぎなのを避けただけのような気がします(;´∀`)

    2015/02/23 (Mon) 01:34 | EDIT |   

    Leave a comment