またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

18
年の瀬も近いということで、ちょっと仕事のほうがドタバタしまくっております。
こういう時に限って、他の関係ないことやりたくなりますよねー…w
私もこっちのブログ書くほどに時間は取れないまでも…ということで
ヤフブロ出張所の方ちまちま書いてみたりw

と、宿題たまってる時に限って部屋の掃除をやりだす
学生みたいな状態(何 で今回のネタへ。
トランスフォーマーレジェンズより、ホワールです。
_1000836.jpg
そろそろレジェンズ12月組発売も見えてきたので、その前にw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1000838.jpg_1000839.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーレジェンズよりホワール。
11月発売組のラスト、3つ目ですね。
海外版はすでに紹介済みですが、今回は国内版ということになります。

_1000843.jpg_1000846.jpg
_1000849.jpg_1000853.jpg
ビークルモードでぐるっと。
海外版ではマーキングの大部分がシールという仕様でしたが、国内版はすべて塗装になりました。
その分、量は減っていますけどね。
色合いなんかも結構違ってますが、そのへんは後で並べてみた時にでも。

_1000858.jpg
このホワール、大本のネタをたどれば(付属マンガでほぼモロ出ししちゃっている通り)
「特捜機兵ドルバック」のオベロンガゼット。もともとはタカトクトイスから玩具が出ていたもの
なわけですが、巡り巡ってタカラトミーからリメイク版(あくまでトランスフォーマーとして、ですが)
が出ちゃう…というのはなんというか、不思議な感じですなw

_1000869.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
機体側面の上部を横に開き、それによりロックの外れた側面下部パーツをグルッと回して先端を機首側に。
先端側の青いパーツのうち、ビークル時外側にあった分をちょっと広げた状態で内側にあったパーツを
スライドさせ、その状態で外側パーツを限界まで開き、固定することで足首になります。
足首ができたら、中程の膝部分を一端後方へ曲げ→その下の関節を前方に曲げて逆関節にし、
そのまま起立。

_1000872.jpg
最初に展開した機体側面のパーツを本体から引き離し、先端から爪を出して腕に。
あわせて、ローターを片側に寄せて合体、胴体を中央部分から折り曲げてロボ顔を露出、
顔の上に被さっていた外装を左右に展開します。

_1000875.jpg
左右に開いた外装の間に、テールローター部分を移動。
ローター基部を90度曲げて左右の橋渡しになるような感じに配置、あわせて
左右のガワとテールローター部分をジョイントして固定した上しつつ、背中側に折り曲げてやります。
最後に両肩の軸を胴体内に押し込み、ロボ頭部のアンテナをまっすぐ立て、各部を調節してあげれば完成ですね。

_1000883.jpg_1000886.jpg
ロボットモード。
やはり他のTF連中とは若干毛色の違うスタイルですね。
元ネタが別のアニメのロボなので、さもありなん…な感じではありますがw

_1000893.jpg_1000900.jpg
_1000903.jpg_1000906.jpg
ぐるっとひと回り。
細身のボディに鉤爪状の手、逆関節…と特殊形状のオンパレード。
まあ、実写版デザインを経由した今となってはそこまで極端に突飛…
というわけでもなくなってるかもしれませんけどねw

_1000908.jpg_1000909.jpg
顔周り。
モノアイが特徴的な、無機質な顔ですね。
この顔…と言うか目が決め手になったんでしょう、TFクラウドでは色を変えてショックウェーブに…
(;´∀`)<クラウドも時期を見て紹介したいですねえ

_1000910.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミックもあります。
集光窓がやや小さめなので、ちょっと光らせにくいかも…
また、アンテナの角度を変えることで後頭部のカバーが連動し、
集光ギミックをオン・オフできるという仕組みも備わってますね。

_1000922.jpg_1000925.jpg
腕部。
クロー状の手が特にインパクトありますね。
この腕の肩部分、海外版では特に指示なく引っ張りだされた状態(可動範囲は広いんですが、
いかんせん保持力が…)でしたが、今回の国内版では正式にボディ内に軸を押しこむよう
指示が追加されていましたね。これにより可動範囲は若干狭まるものの、
位置の固定は格段にやりやすくなりました。

_1000930.jpg
胴体。
ヘリのコクピット部分がそのまんまですね。
キャノピー部分のオートボットマークだとかは概ね海外版と同じ場所にありますが、
キャノピーの窓枠が塗装された関係かちょっとだけサイズが小さめに。

_1000933.jpg
背面。
ローターの基部の位置が、海外版では片側に寄せたままだったんですが
国内版では画像のように横に渡す形にするよう指示されています。
こうすると綺麗にローターが真ん中に来るんですが、ちょっとぷらぷらするんですよねー(;´∀`)

_1000937.jpg
脚部。
見事に逆関節になっております。
また、つま先が斜めにカットされているので、ちょっと足を開いた状態がデフォルトになりますね。

_1000940.jpg
ここから武器の話。
国内版では武器にアルファベットを振って区別できるようにしてあるので、その順で行きます。
まずは武器A。腕に被せるタイプです。
基本は右手に装着するようになってますが、もちろん左手にも付けられますよ。

_1000941.jpg
武器B。
ミサイルポッド的な武器ですね。
ホワールの武器は海外版では装着場所も支持されていませんでしたが、
国内版ではとりあえず脚にくっつけるように、と指示されてますな。

_1000942.jpg
武器C、ガトリング銃ですね。
これは左腕が基本の位置となっています。
ビークル時には機首にくっつけると似合いますが、地面に置くと
おもいっきり傾いちゃうように…(;´∀`)

_1000943.jpg
武器D。
ミサイルランチャーっぽい武器ですね。
こちらは脚部に取り付けます。
ただこの脚部の武器取り付け、セットするバーが塗装されているので
余り頻繁に付け外しすると塗料が剥がれそうでちょっと心配ですw

_1000947.jpg
フル装備状態。
各武器には5ミリの軸とCジョイント相当の接続部分があるので、
説明書に指定された以外の場所にも取付可能です。
お互いにドッキングさせ合うことも可能ですね。

_1000949.jpg
ビークル時のフル装備はこんな感じ。
武器A・BとC・DをCジョイントで一体化し、機体側面の
ロボット時かかとになる部分にくっつけます。

_1000950.jpg
付属のマンガ。
ロードバスターの話からの続きですね。
幼女につられたホワールの離反によりロードバスターと二人になったタンカー課長、
やけっぱち気味に80年代になるビームを乱射。
アイちゃんがビキニアーマーになったりラットルがメタルスになったり(80年代ちがう…w)
もうしっちゃかめっちゃかなところ、ラットルの説得でちょっと揺らいだスキを突いて、
(しれっと説明書から消えた中間形態になった)ホワールとラットルの合体攻撃により
ロードバスターとタンカーは撃退…かとおもいきや、なんか秋葉原にいついちゃいました、
というお話です。
…これ、タンカーさん結果的にアクサロン商事クビになったんですかね…(;´∀`)
ちなみに?中間形態への変形は海外版の方参照ということで
ロボットから胴体だけヘリに戻して、股関節パーツをコクピット真下にスライド、
その後テールローター部分だけ底面に180度回転、で終了ではありますがw


_1000959.jpg
可動に関して。
海外版から構造は変わりませんから、基本的には一緒ですが…
肩の軸をきちんと押しこむようになったので、そこはちょっと違う(といっていのか微妙ですが)
形になっていますな。

_1000961.jpg
ということで早速その差のある部分、肩周りから。
胴体にボールジョイントでつながっている軸が伸び、その先端に腕がくっついている…
という構造は変わりませんが、そのボールジョイント部分はどう体内奥深くに押しこむようになったので、
肩全体のスイング可動はほぼできなくなっています。

_1000962.jpg
が、腕との接続部分は健在のため、前後方向には特に問題なく
一回転させることが可能です。
横方向の可動に関しては、腕と肩の軸の接続部分に一箇所だけ大きく曲げ伸ばしできる
部分があるんですが、肩の軸を回転することでこの曲がる方向をコントロール可能になります。

_1000963.jpg
基本的にはこの曲がる向きを真上に向けておいたほうが扱いやすい感じですね。
説明書の指示だとちょうど上下逆さになっているため、横方向には全く腕が上がらない、という状態に…w
なお、ビークルモードから軸をひねらずに変形させると曲がる方向は上向きになるようになっています。

_1000964.jpg
この曲がる部分、真上に向けていれば腕は真横まで広がりますし、
正面に向ければ簡単に胴体の正面まで腕を持ってこられるようになります。
一旦軸を引き出し、曲がる向きを腕を真げたい方向に合わせて…と都度やってやれば、
肩周りの可動範囲は相当広いものになりますよ。…ちょっと面倒ですけどねw

_1000965.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れるようになっています。
肩と、後述の肘の可動範囲の広さもあって、腕の可動の自由度は
かなりのものがありますね。

_1000966.jpg
肘は二重関節になっており、180度曲げることが可能です。
肩、上腕の動きと組み合わせれば、まさに自由自在といった感じの動きが可能ですね。

_1000967.jpg
手首…はデザイン上存在しませんが、爪の開閉が可能です。
連動して開閉するので、ちょっと面白いですね。

_1000968.jpg
続いて下半身。
股関節は前後方向・開脚方向の二軸式です。
後方は45度位、前方は足首が真上を向くくらいまで、
開脚方向は水平より少し下くらいまで脚を上げられますな。

_1000969.jpg
太もも部分にはロール軸があり、脚を捻れます。
膝が逆関節だったり、足首(?)の形状が独特だったりでなれるまで
若干バランスを取りにくい脚なんですが、ここのおかげで微調整もバッチリ可能です。

_1000970.jpg
膝は逆関節なのでいまいち表現しづらいものがありますが…、
角度的には、直立状態から前方・後方とも45度強くらいの曲げ伸ばしは可能です。
二重関節っぽい構造ではあるものの、クリック関節の刻み幅的に実質下側の関節のみ
膝扱いと考えたほうが扱いやすい感じですかね。

_1000971.jpg
足首はデザイン上動く部分は存在せず。
膝より上の部分の曲げ伸ばし達ひねったりして接地を調節する形になりますな。
形状が独特なので若干慣れはいるものの、一度慣れれば結構しっかり安定して立ってくれますね。

_1000972.jpg
首はボールジョイント接続。
左右回転と、上下30~40度くらいの範囲で視線を振ることができます。
また、首の基部がまるごと上に持ち上がるギミックがあるんですが、
頭が胴体からものすごく浮き上がるので使い道は限られそうです(;´∀`)

_1000973.jpg
胴体は可動部分なし。
まあ、このデザインだと動かしようもないですがw
とりあえずは、手足の動きでそれっぽく見せる方向になりますな。

_1000974.jpg
トータルでは、やはり体型が若干独特なので作りを把握するまでが多少手間かもしれませんが、
可動範囲(特に腕)はなかなかに良好です。
保持力もしっかりしてますし、ポーズ付けがかなり楽しい部類ではありますw

_1000975.jpg
他に気になる点ですが…可動とは別の点で一つ。
すでに各所で話題になっておりますが、このホワール…なんか独特のケミカルなにおいがします(;´∀`)
なんというか、夏のプールのような、理科準備室の薬品棚のような…個人的には嫌いなにおいではないんですが
パッケージ開封時点では結構においも強かったので、この手のにおいが苦手な人はちょっときついかも。
新聞紙にでも包んで、風通しのいい所にしばらく放っておけばある程度においも抜ける…と思うんですけどね。
とりあえず、ウチのものはただ開けて置いといただけですがだいぶにおいは消えました。

_1010001.jpg
海外版と@ビークル。
海外版のほうが全体的に色が濃い目ですね。
窓枠の塗装の有無で、コクピット付近の印象も結構違った感じに。

_1010002.jpg
海外版と@ロボット。
シールがあるので、海外版の方の情報量がやや多目かな?という感じですが…
ロードバスターほどマーキングが極端に増えているわけでもないので、
正直色味の差のほうが大きい感じがしますw

_1010003.jpg
可動に関しては、もちろん一緒です。
今回海外版で曖昧だった肩の軸の押し込みの有無や、
各武器の(一応の)定位置がはっきりしたので助かりましたなw

_1010005.jpg
80年代風軍団集合@ビークル。
要するにレジェンズ二弾集合、ってことですが…(;´∀`)
出典が違うので当然といえば当然ですが、やはりタンカー隊長が若干浮き気味ですw

_1010006.jpg
ロボットモードで80年代風軍団。
ロボットになってみると、タンカーも割りととけ込めてますね…
やっぱり、タルカスの代わりにするにはちっちゃいんですがw

_1010007.jpg
しかし、見ているとこれはこれでいい感じのトリオではありますよね。
ちっちゃい親玉にマッチョ(?)とノッポ、と。
なんかもうトランスフォーマー関係ない視点になってきつつありますがw

_1010010.jpg
以上、トランスフォーマーレジェンズよりホワールでした。
やっぱり色々独特なところはありますが、よく動きますし遊べるいい感じのヤツです。
そして、薬品系のにおいフェチな方にもお勧めですよ(マテヤ
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーレジェンズ スワーブ&テイルゲイト その2(スワーブ)
  • トランスフォーマーレジェンズ スワーブ&テイルゲイト その1(テイルゲイト)
  • トランスフォーマーレジェンズ ジェットファイアー
  • トランスフォーマーレジェンズ ゲルシャーク
  • トランスフォーマーレジェンズ ロードバスター
  • トランスフォーマーレジェンズ タンカー
  • トランスフォーマーレジェンズ コンボイ
  • トランスフォーマーレジェンズ ラットル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーレジェンズ

     タグ: トランスフォーマー  レジェンズ  LG-05  ホワール  オートボット  レッカーズ  星のピアス  虹のバンダナ  眩しすぎる  地球にI_love_you 


    Comments:4 

    さすりゅ~  

    No Title

    訳あってクラウドショックウェーブが買えていない為
    ホワールを買った時は通しナンバー無視で真っ先に開けたのでコミックの展開に驚きました
    薬品フェチではないですがへそフェチではあるのでアイちゃんのビキニアーマーは嬉しかったです

    そう言えばガウォークモドキモードはコミックでは登場したものの説明書には載ってないですね
    原典のホワールにもオベロンガゼットにも存在しない形態だから別に無い事にしても構わないのですが…
    強いて言えばこの状態でロボ顔が出せればちょっぴりコミックでのデザインっぽいかも?

    G1ホワールの正統リメイクとしては申し分ないのですが、IDWコミックのホワールとはまた違うデザインなので
    ホワールが再リメイクされる時がくればそちらのデザインで立体化して欲しいですね
    ただでさえFoCボルテックスのリデコで出たのにまたホワールかよ!ってなりそうだから暫く先になりそうですが

    2014/12/18 (Thu) 02:31 | EDIT |   

    pyoro  

    No Title

     肩から生えている軸にでっぱりがあって、軸の向きを変えるのに使えるとか、爪を動かすと連動してもう片方も動くので中途半端な角度にならないとか、武器の持たせ方のバリエーションが多いとか、細かいところの配慮で遊びやすくなっているのが嬉しい商品です。
     明るい場所限定ですが、頭部のレバーを上げると集光窓が開いて目が光るのが変形バンクシーンっぽくて気に入っています。

    2014/12/18 (Thu) 17:27 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ レジェンズ・ホワールの更新お疲れ様です。
    もともと国内で別のアニメのロボットだったホワールがこうして海外でTFの一キャラクターとして今日タカラトミーから新たな解釈でこうして商品化された経緯は本当に不思議な縁を感じずにはいられませんよね
    レジェンズ版のホワールは海外版と比べるとボディが明るめの水色になっていて武装も豊富でヘリコプターとしてでなくクラウドショックと同じく第3形態のオルタネイトモードや砲撃形態のショックブラストモードにも変形できますからものすごく遊び応えのある一品になってることは間違いないですね

    2014/12/18 (Thu) 21:42 | EDIT |   

    tagoal  

    ホワアアアア(違 れす

    >さすりゅ~さん
    漫画の方は続き物になってますからねえー。
    途中からだと面食らう所ありますなw
    中間形態に関しては今回漫画オンリーの謎モードが多発してるので、
    そっち扱いになっちゃった感じですねー(;´∀`)
    IDWコミック版ホワール…アレはアレでたしかにほしいかもですw

    >pyoroさん
    なにげに細かいところの気配りが効いてますよね、この人( ´∀`)
    色々遊べていい玩具だと思います。
    明るいところで集光ギミック開放→目ピカーン!は私もやりましたw

    >Fネガさん
    ほんと、こいつといいロードバスターと言いそのまんまに近い形で
    タカトミから出る時が来るとはw
    普通に遊びの幅も広いですし、いいものに仕上がっていると思います( ´∀`)

    2015/01/07 (Wed) 09:43 | EDIT |   

    Leave a comment