またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

20
8/20になりました。
今日はトランスフォーマーロストエイジ限定前売り券に付属していた、
G1カラーグリムロック引き換え券の引き換え開始日ですね。
私も仕事帰りに受け取ってこようかなーと…会社の近所のローソンで発券したものでw
しかし、先日からTwitterなどで見る限り、ものすごく遠くの店で発券してしまった人も
ちらほらいらっしゃるようで…(;´∀`)
とりあえず半年は受け取り猶予があるようなので、諦めずに受け取りに行ってほしいものですw

と、自分も忘れないように引換券のチェックをしながら今回のネタへ。
トランスフォーマーロストエイジより、トイザらス限定エボリューション2パック版のグリムロックです。
_1490654.jpg
せっかくなので?別カラーのグリムロックですw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1530170.jpg_1530172.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーロストエイジよりグリムロックのトイザらス限定エボリューション2パック。
これまでに紹介したエボリューション2パック同様、G1版(に見立てた過去作のもの)とロストエイジ版のセットです。
(説明書上の表記に倣い、以降ロストエイジ版をグリムロック(新)、G1風版をグリムロック(旧)と表記します)
では、まずはロストエイジ版のグリムロック(新)から。

_1530174.jpg_1530177.jpg
_1530181.jpg_1530192.jpg
グリムロック(新)の恐竜モードをぐるっと。
先日紹介した通常版グリムロックやトランスフォーマー博のネメシスグリムロックと形状は同じものです。
カラーリングが海外版準拠なので、通常版より銀色の部分が多めになっておりますな。

_1530195.jpg_1530197.jpg
恐竜モード頭部。
顔の大部分が銀色、目も色が違うので結構雰囲気違いますね。
構造そのものは一緒なので、首のスイッチを押すと口が閉じるギミックも同じように装備されています。

_1530204.jpg_1530207.jpg
そして今回はいつもとちょっと順番を変えて、グリムロック(旧)の恐竜モード。
今回はスーパーリンクの頃に海外で発売された二体合体して「メガダイノボット」とになるダイノボットのセットのうち、
上半分担当のグリムロックのみを引っ張ってきてG1風に塗装を変えたものになります。
また変わったところから持ってきたもんです…(;´∀`)

_1530217.jpg_1530220.jpg
_1530225.jpg_1530228.jpg
グリムロック(旧)の恐竜モードをぐるっと。
説明書通りだともうちょっと体を倒したいまどきのティラノな姿勢なんですが、せっかくのG1風ですから
あえてちょっと体を立てて若干ゴジラな姿勢で撮影しておりますw
こうしてみると、割とそれっぽい雰囲気出てますね。

_1530235.jpg_1530236.jpg
恐竜モード頭部(旧)。
手動で口が(多少ですが)開閉可能です。
口の中には今回使い道のない合体モード用の頭があるので、あまり見ないであげましょうw

_1530238.jpg_1530241.jpg
また、変形の関係もあって、かなり大きク頭を上下させることが可能です。
このため、今風の姿勢も昔ながらの姿勢も自在にとれるのですw

_1530249.jpg
恐竜モードでの可動は、(新)のほうは腕の付け根がボールジョイントで各方向に動かせるのと
脚部付け根の前後回転及び開脚、膝の曲げ伸ばしといったところですね。
通常グリムロックの色違いなので、可動も一緒。

_1530258.jpg
対して(旧)のほうは、腕は前後方向に軸可動し、脚は付け根のところで前後一回転可能。
開脚も、クリック式で幅が大きいですが可能。
膝も曲げ伸ばし出来、足の爪も開閉します。
恐竜モードだけで見れば、最新版と遜色ない程度に動かすことができますよ。

_1530261.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
背中の上面、首側のパーツを跳ね上げ、しっぽと胴体の固定を外します。
尻尾を左右にわけて先端を折り曲げ、ロボ脚部にし、恐竜の胸部・腕部を畳んでロボ脚部に固定。
その上でぐりっと恐竜頭側にロボ脚部を回転し、立たせます。

_1530266.jpg
次に恐竜脚部の関節を真っすぐ伸ばし、かかとを畳んで足首部分全体を回転しロボ手首を出します。
この状態でロボ手首を回転、固定できる部分があるのでそこに恐竜足首を固定した後、
ロボの肘を回転させて親指を正面向きに。
そしてロボ腕を変形させつつ、恐竜の背中パーツを胴体正面パーツとして固定します。

_1530270.jpg
腰の後ろにある恐竜ヘッドのうち上顎部分を左右に分割、恐竜モードの時ロボ頭を隠していたパーツと
入れ替えるような感じで持ち上げて背中に固定。
あとは各部の位置を調整してあげれば完成ですね。

_1530274.jpg_1530277.jpg
ロボットモード。
塗装パターンが通常の国内版と異なるので、微妙に感じが違って見えますね。

_1530281.jpg_1530283.jpg
_1530287.jpg_1530290.jpg
ぐるっとひと回り。
国内通常版と比べると黒い部分が多めですね。
塗装パターンが違うのでちょっと比べにくいですが、塗装量そのものはそんなに差がない気がします。

_1530297.jpg_1530300.jpg
顔周り。
頭中央の角というかモヒカンというか、とにかく真ん中の突起が黒で塗られています。
胸も黒くなっているため、若干ブラックナイト感が…w

_1530304.jpg
腕部。
手首、と言うか恐竜時の足首の塗装部分が銀から黒になっており、
また模様の形状自体も違ってますな。

_1530306.jpg
手首のロックを外して可動範囲を広げられるのは国内通常版同様。
まあ、作りは一緒ですからねw

_1530310.jpg
胴体。
胴体のメタリックブラウン部分の色合いもちょっとこちらのほうが明るいんですが、
やはり胸が黒く、お腹が銀色なのが一番の違いですね。

_1530314.jpg
背面。
こちらは成型色の色味の違いくらいですかねー。
どっちの色がいいかは、おこのみで…ということでw

_1530318.jpg
脚部。
ここも塗装のパターンが違いますね。
膝の塗装部分が広く、その代わりにふくらはぎの黒がなくなっています。

_1530322.jpg
付属武器のメイス。
これ単体で見ると、ほとんど通常版と見分けつきません(;´∀`)

_1530323.jpg
そして、恐竜時のしっぽへの装着も相変わらず。
なが~いですw

_1530328.jpg
と、ここで再びグリムロック(旧)もロボットモードへトランスフォーム。
尻尾を左右に開いて胴体に沿わせ、胴体の後ろ半分をぐるっと後方へ反転させ、左右に分割。
中身にあるかかとパーツを出して、ロボ脚とします。

_1530332.jpg
脚ができたら立たせて、背面を観音開きにオープン。
開いたスペースに、ティラノの頭から胸辺りまでを畳んで収めます。

_1530334.jpg
ティラノ脚の爪のうち、前向き二本は真っすぐ伸ばし、後ろ向き一本は畳んでしまいます。
ティラノ脚内側にある摘みをスライドするとロボ手首が出てきますから、あとは手首の向きを合わせて
各部の位置を調節すれば出来上がり。

_1530339.jpg_1530342.jpg
グリムロック(旧)のロボットモード。
もともと二体合体前提なので体型が独特…と言うか腰がないんですがw、
なんだか全体的に丸っこくてちょっと可愛げのある感じに…w

_1530344.jpg_1530347.jpg
_1530351.jpg_1530353.jpg
ぐるっとひと回り。
前述のとおり腰がないのと、手が大きめなのでちょっとゴリラ体型でもありますね。
でも、何気に本家G1グリムロックの玩具とパーツ配置そのものはかなり似通っていたりします。

_1530356.jpg_1530359.jpg
顔周り。
ゴーグル目にマスク顔、頭の両サイドのトンガリ…とG1グリムロックの特徴を抑えているはずなのに、
なんか全体的に丸っこいのでだいぶ雰囲気がw

_1530364.jpg
腕部。
ティラノ時の脚部がほぼそのまま腕になっています。
実は二体合体の時もここがそのまま腕になります。
単体状態だとちょっと大きめなのはそのせい。

_1530367.jpg
胴体。
みてのとおり、腰がありませんw
真ん中に走る分割線は、合体モード用の変形をする部分になりますね。

_1530370.jpg
背面。
ティラノの首から上がまるっと…w
本来のG1グリムロックもパーツは位置的にはこんなもんですが、
大きさが違うので結構目立ちますなw

_1530373.jpg
脚部。
ティラノの胴体の後ろ半分で構成されてます。
変形時、かかとのパーツを出してやらないと後ろにすっ転ぶので要注意ですw

_1530374.jpg
付属武器の剣。
ティラノモードの時は余剰になっちゃいます。

_1530379.jpg_1530380.jpg
ちなみに両者とも手の穴の径は一緒なので、お互いの武器を交換可能。
剣持ちのロストエイジグリムロック、ってのもいいですなw

_1530383.jpg
グリムロック(旧)は二体合体の機構自体は生きているので、一応合体モードにすることも可能です。
ティラのモードで頭を畳んで中から合体頭を出し、胴体を左右に開けばOKです。
合体頭部もきちんと塗装してあるのがまた…w
せっかくですから、相方のスワープをストレイフだと言いはって
ストレイフの2パックセットとして出してやっても良かった気はしますけどねw

_1530386.jpg

可動に関して。
まずはグリムロック(新)からですが…
こちらは色違いですから、通常版と一緒ですw

_1530387.jpg
まず腕周り、肩は前後方向、横方向の二軸式で、前後方向に関しては360度回転可能、
横方向は水平より20度程度上まで腕を上げられますね。
肩アーマーになっているティラノヘッドは腕とは別にほぼ垂直まで立てることが可能です。
これにより、腕の可動に支障をきたさないように避けてやれますね。

_1530388.jpg
上腕部分にはロール軸が設けられており、腕がひねれます。
こいつの場合は変形機構としても使いますね。
他の同型と同様若干固いので、肘を曲げた状態でひねったほうがやりやすい感じですな。

_1530389.jpg
肘は90度曲がりますね。
例によって、手首のロックを外して回せるようにしておかないと
曲がる向きがアレですが(;´∀`)

_1530390.jpg
手首は変形時に固定する恐竜足首のロックを外すことで、回転できるようになります。
ここを回すかどうかで可動の自由度が段違いですから、ブンドドの際には外しておいたほうがいいですねw

_1530391.jpg
つづいて下半身、股関節は前後方向&開脚方向のニ軸式関節です。
前方向は(太もも横の装甲を避けてやれば)水平より45度くらい上、
後方は45度位、開脚方向は60度位まで脚をあげられるようになっておりますよ。

_1530392.jpg
太ももにはロール軸あり。
回転軸が上手いこと装甲に隠れているのが
また上手いデザインですよね~( ´∀`)

_1530393.jpg
膝は90度くらいの曲げ伸ばしが可能。
足首を少し伸ばす必要はありますが、立膝も何とかイケますね。

_1530432.jpg
足首は直立状態から、脚と一直線になるくらいまでの範囲では曲げ伸ばしが可能。
また、スネの中ほどから横に曲げることも可能です。
見た目に違和感が出るので、ほどほどにまげないとですが(;´∀`)

_1530433.jpg
首は横回転のみですが、変形の関係で首の基部自体が前後に軸可動できるので
そこを使ってある程度視線を上下に振ることが可能ですね。

_1530434.jpg
胴体は可動なし。
まあ、ここは変形機構上どうしようもないですからね(;´∀`)

_1530407.jpg
続いてグリムロック(旧)のほう。
元々合体前提というのもあってか、ちょーっとばかり癖がありますな。

_1530412.jpg
まず腕周り、肩は前後に一回転可能。
横方向はクリック式で、30度程度の刻みで水平より30度程度植まで腕が上がります。
ただ、その横方向に腕を上げる軸が前後回転の軸と高さがずれているので
見た目に少々違和感が出ちゃいますね。

_1530416.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕を捻れるようになっています。
また、肘のすぐしたにも同じようなロール軸が。こちらは変形用なんですが、
この変形用のほうが回転しやすいので上腕からひねる場合は
きちんと回転部分のそばを握っていないとダメですね(;´∀`)

_1530417.jpg
肘は90度曲がります。
ティラノモードの膝でもあるので、逆向きにも90度曲がります(;´∀`)

_1530423.jpg
手首は可動なし。
ですが、前述のひじ下の回転軸があるので
そちらで代用可能です。
また、手首から生えている爪は変形機構を使って角度調節ができますな。

_1530428.jpg
つづいて下半身。
股関節はボールジョイントですね。
前方は水平よりやや上、後方は45度位までは脚を上げられますが、
開脚方向は構造の関係上気持ち程度開けるだけになっています。

_1530429.jpg
また、太もも部分…というか、脚全体にひねれる部分がないので
脚部の可動範囲は結構制限が出てしまいますね。

_1530435.jpg
膝はクリック式間接。
20度程度の刻みで、150度位まで曲げられます。
元々180度曲げて変形するところなので、かかとパーツを引っ込めれば
普通に180度曲げられますけどねw

_1530436.jpg
足首は可動部なし。
というか、デザイン的に足首に相当する部分が無いですなw
一応、かかとパーツは角度の調節が可能ですが、下手にいじると
後ろにすてーんと…(;´∀`)

_1530437.jpg
首は左右回転のみ。
上下方向に少し動くとなおよかったですが、さすがに10年近く前の型を
このためだけに改修してもなんですしね…

_1530440.jpg
胴体は可動部分なし。
さすがにこのデザインだとどこ動かすんだよ、という話ではありますがw

_1530448.jpg
両者比べてみると、さすがに最新のものだけあってグリムロック(新)のほうが
格段に動かしやすくはありますね。
しかし、(旧)のほうの妙な可愛げも捨てがたいものがありますw

_1530518.jpg
以上、トランスフォーマーロストエイジよりトイザらス限定・グリムロックのエボリューション2パックでした。
(新)の方は色のお好みしだいで…という感じですが、(旧)の方もコレはコレで味が…w
でもどうせですから、合体の相方も何かの形で再販(というか復刻というか…)してくれると嬉しいですね( ´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック オプティマスプライム
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック バンブルビー
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック スラッグ
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック ストレイフ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーロストエイジ/エボリューション 2-パック

     タグ: トランスフォーマー  実写版  ロストエイジ  AgeOfExtinction  オートボット  ダイノボット  グリムロック  トイザらス  限定  エボリューション2パック 


    Comments:5 

    さすりゅ~  

    No Title

    ENERGON/スーパーリンクからはダイノボットに続いて2体目の流用ですね
    特にENERGONグリムロックは今日まで日本未発売だったため中々のサプライズではないでしょうか

    因みにメガダイノボットの設計にタカラトミー(当時タカラ)は関わっていなかったらしく
    同時期の製品に比べて造型がタルかったり合体規格が独自の物だったりするのもその辺が関係ありそうですね
    何よりこれらが日本未発売に終わった一番の理由かも

    尚、旧グリムロックは元々武器が付属しておらず剣はG1レーザークローの流用のようです
    何故か海外ストア限定品って過去製品から流用してでも何らかの武器を付けたがるよなぁ
    日本オリジナル商品も見習って欲しいくらいだ

    でもやっぱりスワープも何らかの形で出して欲しいですよね
    実写TFの世界にスワープってのがいないんだしいっそ実写スワープ扱いでENERGONスワープを出すのはどうだろうか?
    デザインラインの違う過去製品を実写キャラとして出すというのも実写1作目からやってた事ですし

    2014/08/20 (Wed) 13:05 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ エボリューション 2-パック グリムロックのレビューお疲れ様です。
    かの「TFエナジョン」時に海外で発売されたメガダイノボットの片割れのグリムロック型がようやく国内でもトイザらス限定商品で発売される形になったのはうれしいですよね~
    でも相棒の「スワープ」がいないがちと残念ではありますが・・・
    付属の赤い剣はG1時に発売された当時のグリムロックの「エネルゴンソード」を彷彿とする仕様なのがいいですね
    もう片方のMVグリムロックもこのセット特有のカラー配色になっていて通常版とはまた違った雰囲気のグリムロックなのもまたいい!

    2014/08/20 (Wed) 20:42 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    新版のカラーリングは海外のリーダークラスを意識したものでしょうか?
    単に他のバリエを出し過ぎて弄る所が無いからとりあえず足しとくかって感じもするけど

    旧版はさすりゅ~さんのおっしゃられる通りですと要するにマーベルTFやスターウォーズTFの前身と言うべきか。

    スワープがいないのは単に合体するから「てめぇはだめだ!!」って事だと思います。
    外装削除するだけのレスキューフォースやモーターベイダーならともかく内蔵してる子らはジョイント部を削るしかないし・・・それやると変に金型弄って面倒になるかんな。

    2014/08/22 (Fri) 22:11 | EDIT |   

    tagoal  

    グリグリれす

    >さすりゅ~さん
    テラーコンダイノボットのグリムロックは海外のみなので、
    一応まんまとはいえこいつと同カウントにしてしまうのは若干アレですが…
    メガダイノボットなグリムロックはほんと「なぜいきなりこれ持ってきたーΣ(゚д゚ )?!」
    てな感じでしたなw
    武器の剣はなるほど…とりあえずなんかつけとけ、てのは国内だとあんまやりませんもんねw
    スワープは、どーもその名前自体がアカンという話も…
    てか、元の色合いも青っぽいですしもう旧ストレイフ扱いでもよかたんじゃね?という気はしますw

    >Fネガさん
    単体でもまあこれはこれで…ではあるものの、やはり相方ほしいですよねコレw
    新グリムロックのほうは、完全に色違いなのでおこのみで、ではありますが(;´∀`)

    >ヌエベさん
    海外リーダークラスを意識したものっていうか、海外カラーそのまんまですね。
    2パックセットは海外仕様そのまんまなので…w
    合体に関しては、来年のスーパー合体大戦状態を見るに海外では合体不人気、ってのも
    眉唾モンっぽいのでダメってことはなさそうですが…まあ、色いろあるんでしょうw

    2014/09/01 (Mon) 10:52 | EDIT |   

    えびとろあなご蒸し  

    驚き!!タカトミノータッチ!!

    >因みにメガダイノボットの設計にタカラトミー(当時タカラ)は関わっていなかったらしく

     いやはや、記事途中まで読んでた時は「これスカイマックスとかと同じ構造にすれば腰作れたはずじゃ…」と思っていたんですが、なんと!!設計段階でタカトミノータッチの製品だったとは!!…じゃあ刻印はHASBROオンリーなのかな?

    >スワープは、どーもその名前自体がアカンという話も…

     検索したらswoop.jpはじめ「Swoop」名前のって会社名がゴロゴロと…「スワープ」もいろいろな商品名で使用されていますね。すでに完全な登録商標になっているようで恐らくそのせいじゃないんでしょうか。

    2014/09/03 (Wed) 23:11 | EDIT |   

    Leave a comment