またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

13
なーんとなく、ブログのバナーを作り替えてみました。
古いのが↓こんなので、
matari_logo (旧)
新しいのが↓こんなのです。
matari_logo
一応リンクを貼ってもらう際にバナーが必要な場合に備えて…と作ってはいるものの
実際問題あんまり使われていない(作った当人も時々存在を忘れて…w)バナーですが、
まぁたまには気分転換に、ということでw

と、ブログに超微妙な変更を入れつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーロストエイジ・ムービーアドバンスドシリーズより、クロスヘアーズです。
_1360516.jpg
ムービーアドバンスドシリーズ第二弾発売までに、なんとか01番まで遡りたいところですw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1410274.jpg_1410277.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーロストエイジ・ムービーアドバンスドシリーズよりクロスヘアーズ。
オートボット側新キャラの一人になりますね。
はじめに公開されたトレーラーでばさーっと裾を翻して宙に舞う姿が印象的でしたな。

_1410280.jpg_1410283.jpg
_1410286.jpg_1410290.jpg
ビークルモードでぐるっと。
車種はコルベット・スティングレイ(のコンセプトモデル)ですな。
緑のボディに左右非対称のペイントがなかなかに特徴的です。
でもちょっと思うのは、フロントのエンブレム、ここ銀で塗っちゃいかんかったのかなーと…w

_1410296.jpg
そういえば、今回のシリーズでは国内独自アイテム以外はパッケ裏の英文もそのまんまなんですよね。
一応、他の雑誌媒体なんかに日本語での説明も載ってはいますが…
日本仕様にするにあたってパッケージにも色々シール貼って日本語の記述を追加しているわけですし、
解説部分もシールにしちゃえばよかったのに、とは思いますなw

_1410299.jpg
と、それではロボットモードへトランスフォーム。
底面の武器を外し(はずさなくても変形できますが、ほぼ確実に吹っ飛んでいくので…w)、
ドアの下部から後輪にかけてを左右に展開、さらにドアの上部からフロントライトにかけても
左右にひろげてやります。
合わせて、リア部分を斜め上前方へ移動。

_1410303.jpg
フロントを下側に車体を立ててやり、後輪部分を更に下に押し下げ。
後輪自体は後方に展開し、内側にある腕部を自由にしてやります。
フロント部分は左右に分割し、ボンネットからルーフにかけての部分は少し後方へ展開。

_1410306.jpg
左右に分けたフロント部分をそれぞれ90度回し、先端から
つま先・踵のパーツを出してロボ脚部に。
左右のドア~フロントライトのガワの内側から軟質パーツを引き出し、
中央のロボ胴体に差し込みます。
あとは手足及びガワの位置を整えてあげれば出来上がり。

_1410308.jpg_1410313.jpg
ロボットモード。
変形自体は結構なガワ変形なんですが、そのガワをロングコートのように見立てるという
発想の転換は素晴らしいですな( ´∀`)

_1410316.jpg_1410319.jpg
_1410321.jpg_1410325.jpg
ぐるっとひと回り。
ガワを胴体と軟質パーツで接続することで、外套を着ているような独特のスタイルを再現しています。
さすがにトレイラーのようにヒラヒラする…とまではいきませんがw
上でも書きましたが、ほんとこの逆転の発想は素晴らしいですな。

_1410331.jpg_1410336.jpg
顔周り。
ちょっとニヒルなニヤケ顔のおっさんですなw
おでこのところのゴーグルはパッケージでは左右色が異なっていましたが、玩具本体の方では両方共緑。
また、塗装されている関係で瞳の強調されている目も印象的です。
ところでこの瞳、塗装の位置がちょっと奥まっているんですが、これがなにげに重要ポイント。
この顔面との微妙な位置関係により、どの角度から見ても視線がこっち側を向いているようにみえるのですw

_1410338.jpg
目はクリアパーツで、集光ギミックもあり。
…ですが、前述のとおり黒目部分は塗装されているので光る部分は主に白目部分です。
おかげでちょっと怖いです(;´∀`)

_1410340.jpg_1410343.jpg
腕部。
左右ともディテールが違うので両方載っけておりますw
見た感じ、左がスピードメーター、右がプレイヤーか何か…ともかく、ダッシュボードっぽい
デザインが割り振られておりますなw

_1410345.jpg
胴体。
ここがこのクロスヘアーズ最大の特徴点ですな。
ガワと胴体を軟質パーツでつなぐことで、ちょうどロングコートを着ているようなデザインにまとめられています。
更にこのガワは横方向(と若干後方にも)に大きく動かせるようになっており、可動範囲の確保とともに
裾を翻したようなポーズも取れる仕組みになっておりますよ。

_1410349.jpg
なお、軟質パーツの中身はこんな感じになっております。
脱ぐと結構スマートなボディですw

_1410354.jpg
背面。
ビークルのルーフからボンネットにかけてがだらーんと下がってますね。
普通なら雑な処理、と言われそうなところを、こいつの場合は逆に
コートの裾として取り込んじゃったのがつくづくナイスですね。
まあ、できればこの状態の時は窓のクリアパーツを何とか隠せていれば
よりパーフェクトだったんですが(ムリ

_1410358.jpg
脚部。
カラーリングの関係か、なんだか地下足袋みたいなのを履いているようにも…w

_1410359.jpg_1410362.jpg
付属武器その1、短銃タイプのブラスター。こちらは2つ付属しますね。
先日公式サイトのほうで公開されたデザイナーズレビューにて、実は銃身部分を持たせることで
スティックボムとしても扱えることが判明しましたな。
改めて見ると、たしかに側面にそれっぽいディテールが…w

_1410365.jpg
ちなみにこの短銃兼スティックボム、ボディ側面のガワの中に収めておくことが可能。
コートの中に武器を潜ませているイメージですな(゚∀゚)

_1410369.jpg
付属武器その2、ライフルタイプのブラスター。
サブグリップな感じで5ミリ軸が突き出ているので、両手持ちも
割と楽にできるようになっていたり。

_1410372.jpg
なお、こっちのブラスターは側面に出ている3ミリ軸を使って
膝の横に取り付けることが可能です。
この状態で横のガワをぴったり閉じてあげれば、(若干はみ出てますが)
コートの中にすべての武器を忍ばせている感じに。

_1410374.jpg
また、ビークル時にも同じ部分のジョイントを使って片付けておくことが可能です。
あまりパーツがでないというのは、片付けにおいて非常に助かりますね( ´∀`)

_1410379.jpg
可動に関して。
全体的にガワの多いデザインですし、実際色々と引っかかりやすいんですが…
その辺回避策もいろいろ考えられている、よく練られた作りになっていますよ。

_1410386.jpg
まず腕まわり。
肩なんですが、ちょっと特殊な構造になっていますね。
具体的には、腕から軸間接(上下に動きます)が階段状に生えており、
その先端のボールジョイントが胴体の側面、人間で言うと
あばらの中ほどくらいにある軸受けに刺さっている形です。

_1410389.jpg
この回転軸のずれたボールジョイントと腕側の軸関節により、
変形時の幅詰めを実現しているわけです。
で、こんな妙な形状なので可動にも影響が…とおもったらそうでもなく。
前後方向は(多少ガワに引っかかることはありますが)360度回転させることが可能ですよ。

_1410395.jpg
横方向に関しては、そのままでは水平より45度位下までが限界。
ですが、ここまで腕を上げた状態になると、上腕後ろのタイヤパーツが
もう一段後方に曲げられるようになります(気をつけ状態では無理)。
このタイヤパーツを後方に倒せるだけ倒してやることで可動範囲が広がり、
ほぼ真横まで腕を上げられるようになりますよ。

_1410398.jpg
上腕部分、肘のすぐ上にはロール軸あり。
先ほどのタイヤパーツの動きとは干渉しないあたり、ナイスな配置ですw
他の部分と合わせて、武器の取り回しなんかに非常に重宝しますね。

_1410400.jpg
肘は二重関節になっており、160度位まで曲げることが可能。
前述の肩や上腕、後述の手首の動きと組み合わせることで
非常に柔軟なポージングが可能です。

_1410415.jpg
手首はある程度…気をつけ状態から内向き回転・外向き回転とも
90度位は回転させることが可能です。
外側にガワがあるので、武器持ち状態ではほぼ内向き回転のみになりますが
それでもポージングにはすごく便利ですよ( ´∀`)

_1410418.jpg
つづいて下半身、股関節は二軸式の関節です。
コートがあるので干渉しそうですが、コートの方も良く動くので(後述)特に気にする必要はなし。
前方向は腰パーツの形状の関係で水平より30度位下まで、
後方と開脚方向はほぼ水平まで足をあげることができるようになっていますよ。

_1410424.jpg
膝部分は微妙~にクリックが入った感じの軸間接。
90度強、100度位までは曲がりますね。
また、膝のすぐ上にはロール軸もあるので、ここから足を捻ってやることも可能です。

_1410428.jpg
足首は変形の都合で前方向にのみ曲げ伸ばし可能。
また、踵は別途角度調節可能です。
横方向には動きませんが、このかかとのお陰で接地性や
安定度合いはそこそこ良好ですな。

_1410431.jpg
頭部はボールジョイント接続。
ですが、見ての通り首周りが色々出っ張っていますからそれほどは動きません。
左右方向に45度位、上下に気持ち程度…といったところですね。
ただし、前述の瞳のギミック(ギミックというか、トリックアート的な仕掛け?)があるので、
実際の可動範囲よりも視線の動きはかなり広く感じられますなw

_1410435.jpg
胴体は可動部分なし。
ですが、周りのガワ…コート的な部分が大きく動くため、
あまり気にはならないですね。

_1410438.jpg
そしてそのコート部分ですが、左右の側面と背面部分が独立して可動するところと
連動する部分の組み合わせになっていますね。
まず側面部分ですが、横方向に大きく開くことが可能。
具体的には、水平より20度位下までは開きますね。
また、背面パーツの動きに合わせて45度位までは前方にも動くようになっています。

_1410443.jpg
背面側は、まず全体が頭側を頂点に30度位の範囲で開閉可能。
さらに、ビークルのフロントガラスとルーフ部分の境目で軸可動するようになっており、
真下に垂れた状態からほぼ地面と水平くらいまでの範囲で上下に動かせるようになっています。
これらを組み合わせることで、手足の動きのじゃまにならないように避けてやったり
はためかせて動きを出したり…といろいろ便利に扱えるようになっておりますよ。

_1410458.jpg
トータルでは、見た目とは裏腹になかなかの良可動であると言っていいでしょうね。
ガン=カタもどきなポーズもしっかりイケますw
ただ、気になるというか不安点というか…なのが胴体とガワをつなぐ軟質パーツ。
現時点では非常に柔軟性も高く扱いやすいんですが…問題はこの先。程度の差こそあれ、
軟質パーツというのは年月を経ることで柔軟性を失い、最終的にはひび割れたりちぎれたりします。
TFだとリベンジのサイドスワイプの股間パーツだとかは割とすぐにダメになる話を聞きますね。
あれらとこの軟質パーツは触った感じからして違うのは確かですが、どのくらい経年劣化に
強い素材を選んだのか…時間が経ってみないとわからない、ってのがちょっとだけ不安ですな(;´∀`)

_1410463.jpg
以上、トランスフォーマーロストエイジ・ムービーアドバンスドシリーズよりクロスヘアーズでした。
やはりこのガワの処理がピカイチですなあ…プライムのビーコンとは逆の意味で、アイデア賞モノですw
上述の通り経年劣化に関する不安はあるものの、まー今それ考えてもしょうがないし~…
ではありますしね(゚∀゚)<どうせなんだって何時かは壊れるんだし

amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ クラシックバンブルビー
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ ダイノボットスコーン
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ ダークサイドサウンドウェーブ
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ オートボットディーノ
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ スラッグ
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ バトルブレードバンブルビー
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ プロトフォームオプティマスプライム
  • トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ デバステーター


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーロストエイジ/MOVIE ADVANCED

     タグ: トランスフォーマー  実写版  ロストエイジ  AgeOfExtinction  ムービーアドバンスドシリーズ  AD06  オートボット  クロスヘアーズ 


    Comments:7 

    ズッツトン  

    No Title

    ビークルのボンネット、人型の時180度回転出来たらフロントガラス軽く隠して裾がよりコートっぽいかな。と無理な事思ったりして。
    あとゴーグルが降りたらとか・・・まさかゴーグルではなく第3第4の眼ではあるまいな。

    2014/06/13 (Fri) 19:08 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマー ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ クロスヘアーズの更新お疲れ様です!
    実写版クロスへアーズは映画の公開されたトレーラーからその姿がかなり印象的なキャラクターでしたなー
    今回そのクロスへアーズの玩具の登場なんですが変形の過程がまた見事でビークル部分のパーツがロボットモードではゴムパーツと組み合わせることで「トレンチコート」みたいな意匠になってまたお見事
    付属武器の2丁銃がまさか手投げ爆弾にもなってるというのにも驚きました!

    2014/06/13 (Fri) 20:18 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    シンプルな変形を上手く逆手に取った形で面白いですねー
    今回の玩具コンセプトを高レベルで体現した逸品だと思います。
    欲を言えばライフルとか帽子が欲しいかな…w

    2014/06/14 (Sat) 00:06 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    あえて大味なガワ処理をトレンチコートのデザインに生かしてる所がトリッキーだな~と思いました。
    ただサブキャラに対して珍しくタカトミの開発陣があれこれ熱く語ってる所を見ると言わなかったら見向きもされない事を分かっててやってるんだろうか?

    個体差があるのか家のは軟質パーツの片方だけキッチリはまりません。
    まあ、それはいいとしてもビークル時の詰め込み時のギチギチすがねぇ・・・

    2014/06/14 (Sat) 01:10 | EDIT |   

    でん  

    No Title

    Gold Plastic Syndromeの恐怖再びですな
    ま、今回はblackですが・・・・

    2014/06/14 (Sat) 16:30 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    リベンジの頃は設計に妙に爆弾抱えた奴が居ましたよね
    サイドスワイプの股間チューブとか、デモリッシャーのキャタピラとか、ランページのキャタピラとか、ブラジオンのキャタピラとか…
    その原因の全てが軟質パーツの劣化による物なので同型リデコで素材を改めてマシになった例もありますが…
    破損報告があっても尚軟質パーツを使い続けている辺り余程設計に自信があるのか買い直させる為に業と壊れやすい素材使っているのか…

    2014/06/14 (Sat) 23:24 | EDIT |   

    tagoal  

    十字れす

    >ズッツトンさん
    なんとかしてクリア部分を隠せればよりそれっぽいんですが…さすがに無理ですなw
    ゴーグル的なところは多分ゴーグルで間違いないとは思いますが、たまにぶっ飛んでくるのがTFなので油断は出来ませんね(゚∀゚)

    >Fネガさん
    ハンドボムに関しては、言われるまではとんと気づきませんでしたな…w
    いろいろこだわりも見えて、実に楽しいやつですw

    >匿名さん
    ガワ変形をこう上手く利用してくる、というのがほんとすごいですよね。
    ライフルと帽子は…さすがにそこまでやるとやり過ぎ感がw

    >ヌエベさん
    大味さを逆に取る、というのはうまいやり方ですよねー。
    気付かれないようなコネタを仕込むのは昔っからですし、もう癖のようなもんでしょうw
    今回はバラす場があるからここぞとしゃべっているだけで…w

    >でんさん
    いえ、そこまで深刻な話では…
    金プラのアレはただでさえ脆い+経年劣化で超もろくなるという話で、
    今回のは脆くなるのかどうなのか、時間が経ってみないとなんとも言えない…という話ですからね。

    >さすりゅ~さん
    あの頃の軟質素材はまだこなれてなかった、と言ったとこですかねw
    買いなおさせるために…と言うのはアレですな、私達のような連中視点になっちゃってるので
    それは違うでしょうなー。小さい子向けのおもちゃであることが第一であることを考えるなら、本来
    そんなに何年も保つ必要がない、とw

    2014/07/03 (Thu) 02:18 | EDIT |   

    Leave a comment