またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

11
弄ったのは数日前なので、ちょっといまさらなのですが…
最近またスパムコメントが増えてきた(コメント自体は書き込まれ次第速攻で削除・通報しているので
ほとんど皆さんの目には止まっていないはずですw)ので、ブログのコメント欄の仕様を幾つか変えました。
わかりやすいところとしては、コメント本文にURLを書くとエラーになる…と思います(´∀`)<その他は内緒
これで、多少はスパム消しの手間が省ければいいなあ…といったところですね。

と、お知らせしつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーのGENERATIONSより、ラットトラップです。
_1400613.jpg
次回更新からはまたTFロストエイジ系に戻りますw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1400947.jpg_1400950.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーのGENERATIONSよりラットトラップ。
日本版の名前でいうところのラットルくんですな。
今月の新作ですが、日本国内でも10月からスタートの新シリーズ、TFレジェンズの第一弾として
発売されることが公表されたばかりですね( ´∀`)<ゴリラと一緒に発売

_1400953.jpg_1400956.jpg
_1400960.jpg_1400963.jpg
ビーストモードでぐるっとひと回り。
同じビーストウォーズからのリメイクであるライノックスの時も思いましたが、なんというかこう…むやみにリアルですね(;´∀`)
変形用の分割線や穴が空いているからまだいいものの、これらがなかったら正直ちょっと気持ちわr(ry
(;´∀`)<ライノックスと違って、大きさ的にもリアルネズミそのものですしね…

_1400970.jpg_1400971.jpg
ネズミの口は手動で開閉可能です。
しかしまー、近くで見るとますますリアルなネズミフェイスで…(;´∀`)

_1400973.jpg_1400977.jpg
ネズミ状態では前足の付け根と後ろ足首、頭部、しっぽが可動します。
特に頭部は頭を曲げた際にできる体との隙間を埋めるパーツまで内蔵されているこだわりっぷり。
しっぽは付け根を動かせる他、中に針金が仕込まれた軟質素材製なので任意の形にうねうねっと固定できます。
これらをフル活用することで、劇中でもよくやっていた後ろ脚二本での立ち上がりポーズも再現可能。
この状態だとお腹のロボットパーツが見えるので、生々しさが若干軽減されますよw

_1400982.jpg
さて、ここで恒例のパッケージ裏のお話。
これまた例によって激しく大雑把に訳すとこんな感じです。
”他の誰もが行きたがらないゴミ溜めのようなところにも行く気があるため、このマクシマルのスパイは
どんな場所にでも潜入することが可能である。
ゴミやガレキの中に潜り込むことで、ラットトラップは敵の射線上にはいることはない。
あなたはそれを勇敢ではない、ということもできるだろう。
しかし、あなたはおそらくそのゴミの臭いを嗅いだことがないのだ”
いわゆる汚れ役も辞さないプロフェッショナル、と言った感じですね。
海外設定だとラットルは歴戦の古強者ですし、そっちのイメージですな( ´∀`)<海外アイテムなので当然ではありますが

_1400985.jpg
さて、それではロボットモードへマキシマイズ。
体内中央に武器があるのでとりあえずそれを外してやり、体の側面から前足にかけての
ガワを左右へガバっと開いたうえで、お尻から背中にかけてのガワを頭側へスライド。
あわせて、胴体内に収まっているロボ腕を外へ引っ張り出します。

_1400988.jpg
引っ張りだしたロボ腕は根本から左右に展開。
その後ロボ腕の更に奥に収まっていたロボ脚部を引っ張りだし、伸ばします。
ネズミの後ろ脚を半分に折りたたみ、ロボ脚部のふくらはぎ部分にドッキング。
これでロボ足部分は完成なので、まっすぐ立たせてやりましょう。

_1400993.jpg
ネズミヘッドをロボ腕とロボ脚が収まっていた胴体の空洞部分に折り曲げると、ロボ頭が出てきます。
後は肩の基部および腕の向きをととのえ、背中のガワを定位置まで押し上げ、
ネズミ前足の手のひら部分が上を向くようにひねってやり、全体的なバランスを微調整してやれば出来上がりです。

_1410001.jpg_1410005.jpg
ロボットモード。
ライノックスの時もそうでしたが、なんだかだいぶスタイルが良くなっているような…w

_1410008.jpg_1410013.jpg
_1410016.jpg_1410019.jpg
ぐるっとひと回り。
今回デラックスクラスになったことで、旧版よりもちょっと大きくなった…みたいです(;´∀`)<現在旧版未所持なので、記憶だよりですが
昨今のTFは同じクラスでもだいぶちっちゃくなっちゃっていますが、この人に限っては
小さくなったことがプラスに働いているかもしれませんね(他キャラとのバランス的にw)。

_1410022.jpg_1410025.jpg
顔周り。
当時の雰囲気をよく再現してるんではないかと思います。
若干げっ歯類風味が減ってロボロボしい感じによっている気もしないではないですが…w

_1410027.jpg
後頭部から目にかけてはクリア成型…なんですが、目は塗装されているので集光ギミックはほぼ無効。
そのかわり?頭頂部の脳みそ部分がえらくよく光りますw

_1410035.jpg
腕周り。
前腕部分に小さくマクシマルズのインシグニアがありますね。
前腕部分は左右で若干形状が違い、左腕には武器が仕込まれておりますよ(後述)。

_1410038.jpg
胴体。
主にネズミヘッドですw
劇中CGではロボットモードではネズミ目は赤くなっていたと思うんですが、
さすがにそこまでは再現されず。
10月発売の国内版ではロボットモード重視なのか、ネズミ目が赤で塗られるようですね。

_1410041.jpg
背面。
ネズミの開きですw
しっぽ(画像の枠外ですが…w)は真っ直ぐな状態だと地面にくっついて前のめりになってしまうので、
適度に曲げてやってバランスをとる必要がありますね。
うまいことぎりぎり地面に接するようにすれば、三本目の脚としての使い道も…w

_1410045.jpg
脚部。
前半分はロボット専用のパーツですが、後ろ半分を
畳んだネズミの後ろ足で形作るという構造が面白いですね。
ただ、この構造のせいで足首が可動なしに…(;´∀`)

_1410048.jpg
付属武器の銃。
ビースト時はお腹の中に納めておけます。
その関係か、グリップ部分がちょっと短めですな(持たせる分には問題なし)。
しかし、なんでまた無色クリアなんでしょうね…w

_1410051.jpg_1410056.jpg
銃は中程から二丁に分割も可能です。
劇中でこういうギミックあったっけ…?な感じはありますが、玩具的には面白いのでありでしょうw

_1410061.jpg
また、上でも少し触れましたが、左腕の中にも武器が仕込まれています。
こんな感じでカバーを開いて、下から押して取り出します。

_1410065.jpg
で、取り出すとこんな感じ。
国内版の説明を見るに、小型爆弾だそうです。
形状的には、双眼鏡っぽく遊ぶのもありかもしれませんw

_1410070.jpg
前回のタンカー同様、ラットトラップにもコミック本が付属。
内容はDARK CYBERTRONの5話、そうタンカーのコミックの一個前の話です(;´∀`)
例によって宇宙船ロストライト号組、サイバトロン星組、オライオンパックス組の三者の話が
入れ替わりで進んでいきますが、今回はロストライト組に関しては1ページのみ登場で話も進まないので割愛。
※追記:どうもこのロストライト組の一ページも乱丁の模様…前後でつながらない上、4話に完全に同じページが有ります(;´∀`)
そうそう、このコミックなんですが、タンカー付属のものと同じ乱丁になっておりまして…
他の方数名に聞いたところ皆さんタンカー・ラットトラップとも最初のページ二枚が最後の方に来ているようで、
どうもこれは今回出荷分全部が乱丁になっているようですね('A`)

_1410073.jpg
コミックの中身ですが、まずはサイバトロン星組から。
クリスタルシティにて、今まさにノヴァプライムとガルバトロンが通常世界に(メガトロンの体をゲートとして)
戻ろうとしているさなか、バンブルビーとサウンドウェーブの率いるオートボット・ディセプティコン連合軍が
それを阻止するべく攻め入ってきます。
サウンドウェーブ対ショックウェーブに(オトボ組視点では)死んだはずのメタルホークが出てきてバンブルビーが
驚いたり(ここで、ゴールドファイアのあのマスク顔が本当にただのマスクで、手で簡単に外して国内版バンブルビーゴールドバグな
スタイルにもなれることがことが地味に判明したりw)、
スカイワープがメガトロンを開放しようと思ったら
テレポート機能が壊れていて非実体化状態固定になったり(この状態のお陰で攻撃がすり抜けて命拾いしたり)
なかなかの混戦状態に。

_1410078.jpg
そのさなか、ショックウェーブはワスピネーターからスティンガーガンを受け取り、左手に装着。
ネクロタイタンはこの銃で操られているので、ショックウェーブが彼のコントロールを握った状態になります。
これによってネクロタイタンが戦場に突入、事態はさらなる混乱状態に。
このゴタゴタの中で、アイアンハイドはノヴァプライムをデッドユニバースに追い返すことに成功しますが、
タイタン大暴れに巻き込まれてノックアウト、開放されたメガトロンに連れられてバンブルビーたちの元へ。
メガトロンはオートボットが何かネクロタイタンに有効な手段を持っていることを期待しますが、
このすきを突いてガルバトロンがメガトロンを背後から襲い、哀れメガトロンは真っ二つ。
さらにネクロタイタンも襲ってきて大ピンチ!というところでサイバトロン組はおしまい。

_1410081.jpg
一方デッドユニバースのオライオン組ですが、突如現れたナイトビートが本物かどうか信じかねている状況。
しかし、自身が死んだ経緯(ノヴァプライムに洗脳されていることに気づいて、ハードヘッドに
介錯してもらった)を話したことでとりあえず本人だと納得。
オライオンはナイトビートにサイクロナスを紹介しますが、ナイトビートはサイクロナスの
かなり私的なレベルのことまでペラペラ話しだし、サイクロナスをキレさせます。
その場はオライオンがひとまず制止し、ナイトビートの案内に従って再出発。

_1410084.jpg
ロディマス「どーやって生き返ったん?」
ナイトビート「そもそも死んでなかったみたい」
ハードヘッド「サイクロナスに触るなってなんで?」
ナイトビート「実はサイクロナスのフォースフィールド発生装置ぶっ壊れてるの知ってた。
もうデッドユニバースの大気に感染しちゃってるから触るとやヴぁいよ」
などと会話しつつデッドユニバースを進んでいた一行ですが、
突如エネルギーキューブが発生しナイトビート以外のメンバーはその中に囚われの身に。
事ここに至り、オライオンはナイトビートがまだノヴァプライムの洗脳下にあること、
自分たちを案内してきたのはこうやって捕らえるためだということに気づきます。
さらに、そこにノヴァプライムが通常世界より戻ってきた(っていうか、アイアンハイドに追い返されてきただけのよーな…w)
のでした…というところで6話、タンカーのコミックに続く、となります。
さて、ここでお気づきの方も多いことでしょう。

ラットトラップ、一コマも出てきてねえ…(;´∀`)

_1410087.jpg
さて、毎度のごとく長々とコミックの話を書いたところで可動の話に行きましょう。
構造上ちょっと可動範囲狭めのところもありますが、それほど癖は強くない…ような?

_1410090.jpg
まずは腕周り、肩はボールジョイント接続。
背面にはガワがあるので後方45度位は腕をもっていけませんが、各方向に回転が可能。
横方向もほぼ真横くらいまで腕が上がりますね。

_1410093.jpg
上腕部分にはロール軸があります。
ここで腕をひねることができますが、ここがえらくきつくてですね…
そのままではねじ切るのも時間の問題、な感じだったので
早々にシリコンスプレーを吹いております(;´∀`)<それでもかなりキッツキツ

_1410097.jpg
肘は曲がりますが、角度がちょっと浅め。
真っ直ぐの状態から60度位まで曲げるのが限界ですね。
武器収納の関係か下腕部の下側がちょっと膨らみ気味で、そこが邪魔になってしまっている感じです。

_1410101.jpg
手首は固定。
一応腕のロールでカバーはできますから、それほど不自由は感じません…関節の硬さ以外は(;´∀`)
また、手の穴もキツ目なので武器を握らせる際にちょっと骨が折れますな。

_1410104.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
前方は水平よりかなり上まで、後方は45度位、開脚方向はほぼ水平くらいまで
脚をあげられるようになっておりますよ。

_1410107.jpg
なお、この股関節部分のみ妙に保持力が弱かったため、
撮影前に瞬間接着剤で補強をしていたり。
まぁ、個体差もあるとは思いますが…w
他の部分がキツすぎるくらいなので、逆に目立ってしまった感じです。

_1410110.jpg
太もも部分にはロール軸あり。
ここから足をひねることが可能です。
前述のとおり、このラットトラップは足首の可動が死んでいるため
うまいこと立たせる際の微調整にはこの脚のひねりが非常に重宝しますw

_1410115.jpg
膝はだいたい90度曲げることが可能ですね。
ただし、変形の関係で逆方向にも90度曲げられるようになっていますw

_1410119.jpg
足首は可動なし。
膝から下が前後分割されている構造上、しょうがないといえばしょうがないですな。
ネズミの足首が踵として機能する、という構造はすごく面白い作りなんですけどね~( ´∀`)

_1410126.jpg
首は左右回転のみ。
ですが、変形の都合で首の基部自体が上下に可動するため
これを首の上下動の代わりにすることはできますね。
程々にしないと胴体に頭がめり込んだり首が宙に浮いたり、もありえますけどもw

_1410129.jpg
胴体は可動部分なし。
構造的には、回転軸仕込めないこともないような気はしますが…
小さめのボディですし、強度を考えれば固定で正解なんでしょうね。

_1410136.jpg
全体的には、肘と足首が(あまり)動かないくらいで後はまあそこそこ。
トータルでまぁまぁ…といったところです(曖昧

_1410139.jpg
とりあえず動かす際に気をつけたいところとしては、やはりネズミの皮を
大部分背負っているので重心が若干背中側に寄りやすい点がありますな。
生ネズミ踵が割としっかりしているのでひっくり返ることはあまりないと思うんですが、
踵だけで立っている状態になりやすいです。

_1410142.jpg
そこで、だいぶ上のほうでもちょっと触れましたが、しっぽをうまいこと
つっかえ棒にしてやることでより安定して立たせる…という手もありですね。
もちろん、尻尾を地面に付けなくても姿勢を調節すればきちんとまっすぐ立たせることは可能ですよ。

_1410153.jpg
他に気になるところとしては…関節部分の肌色パーツでしょうか。
ネズミの手足も露出しているうえ同じ肌色なため、
ナマモノっぽさがかなり強く…(;´∀`)上腕部なんかはだいぶキツ目に組まれているので、
そのへんもちょっと注意したほうがいかもですね。

_1410166.jpg
以上、トランスフォーマーのGENERATIONSよりラットトラップでした。
ライノックスに続き、なかなかのグッド生ビーストリメイクだと思います。
最初の方にも書きましたが、大きさ的に生ネズミに近いので
ある意味ではタチの悪いブツとも言えますけどね…w
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー GENERATIONS クロスカット(CROSSCUT)
  • トランスフォーマー GENERATIONS スカイバイト(SKY-BYTE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS クリフジャンパー&サプレッサー(CLIFFJUMPER & SUPPRESSOR)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ネメシスプライム&スピニスター(NEMESIS PRIME & SPINISTER)
  • トランスフォーマー GENERATIONS タンカー(TANKOR)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ダブルディーラー(DECEPTICON DOUBLEDEALER)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ワスピネーター(WASPINATOR)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ホワール(AUTOBOT WHIRL)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGENERATIONS(Thrilling30)

     タグ: トランスフォーマー  海外  GENERATIONS  マクシマルズ  サイバトロン  ラットトラップ  ラットル 


    Comments:8 

    さすりゅ~  

    対ド○えもん用兵器

    URL貼ると弾かれるのはてっきり俺が今までURL貼りまくったからかと…
    タンカーのコメントにも2つほど貼るつもりだった

    ライノックスから続くリアルな造型のビーストモードですよね
    日本版はロボットモード優先で赤目になったから若干リアルネズミ度が落ちた気がするけど
    そういや何気に唯一のビースト顔が黒目のラットルですね(旧玩具は初期版が黄、後期版が赤)

    ビーストコンボイも完成度高かったけどこれと一緒に出すと流石に古さが露呈するんじゃないだろうか…頭部がリデコされてるとは言え
    トランスフォーマーレジェンズ、勿論日本未発売のジェネレーションズ玩具をメインに出して欲しいのですが
    公式のマンガや初期ラインナップがビースト推しだから人によってはテレもちゃのようなビースト再販ラインと勘違いするんじゃないだろうか?
    まぁ、それはそれで個人的には悪くないのですが。スコルポスとかリメイクされておらずテレもちゃで再販もされてない奴が出れば!

    2014/06/11 (Wed) 20:42 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマー GENERATIONS ラットトラップ(RATTRAP)のレビューお疲れ様です!
    いいですな!ジェネレーションズ版ラットラップ
    BW当時のラットルでは再現できなかった劇中アニメでのネズミモードでの立ち姿や口の開閉ギミック・ロボットモード時の腕に爆弾が収納されてあったりと劇中の装備が玩具に再現されてるのはGOOD!
    腕の上腕部分のロール軸の方のキツさが気になる所ですがそれでもこのラットラップの再現度はスゴイ!

    2014/06/11 (Wed) 21:20 | EDIT |   

    ズッツトン  

    No Title

    表紙に出ても本編には出ず・・・どこぞのアニメ化決定した漫画の様だ。

    待ちに待ったラットル君。テレもちゃの時再販されなくて悲しかったですよ。ザリガニよりネズミが良かったもの。金型に問題が・・・って聞いたけど、是非旧商品も再販考えてほしいです。一から金型作り直した事もあるんだし。

    2014/06/12 (Thu) 00:51 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    ここまでリアル度が増すとこの時点ですでに陰獣だな。
    リターンズで散々言ってたのが皮肉ネタになってると思う。

    国内版ではレジェンズの名義で出ますけど、あれでゴリラコンボイ出せるくらいなら他の奴も出してほしいくらいですね。緑にしたライオコンボイやユニクロン名義のガルバトロンとか
    実際やることがユナイテッドとたいして変わらないわけですし・・・でもどうせイボンコみたいに超人気じゃないと無理なんだろうね。

    2014/06/12 (Thu) 20:20 | EDIT |   

    pyoro  

    No Title

     実にボイジャークラスのシマシマ恐竜が欲しくなるラットルですね。
     ビーストウォーズは日本のアニメや特撮ではあまり見られない動物が変形していたのも良いところの一つだったと思うので、レジェンズでも頑張ってほしいですね。

    2014/06/14 (Sat) 21:47 | EDIT |   

    えびとろあなご蒸し  

    二丁拳銃

     記憶が定かなら無印終盤のアーク攻防戦の折に1カットだけ出ていたと思います。
     当時はそれで「あれ? こいつ二丁拳銃なんて持ってたかな?」と思った記憶が…もっとも、旧製品にはぶっといのが一本しか付いていなかったのでアニメの細い拳銃には違和感を覚えていましたが。

    2014/07/01 (Tue) 13:44 | EDIT |   

    tagoal  

    ネズれす

    >さすりゅ~さん
    ライノックスもそうでしたが、むやみにリアルになってますよね…
    こればっかりは技術の進歩が良かったのか悪かったのかw
    眼の色に関してはロボットを取るかネズミをとるかで難しいとこですな。
    切り替えギミックとかあればよかったんですがw
    レジェンズに関しては現状やたらビースト推しではありますが、多分ジェネのリメイクから1つ、
    元ネタから復刻一つって感じで行くような気はしますな~

    >Fネガさん
    腕のロールのきつさはほんとちょっと恐怖を覚えるレベルです(;´∀`)
    国内版ではもちっと緩くなっててもいいんですけどね…とか言ってたらこんどはゆるっゆるだったりしてw

    >ズッツトンさん
    現在の付属コミックは以前のやつみたいに個人をフィーチャーした話を引っ張ってきてるわけではないですからねえ…
    しかしさすがに全く出てこない話を割り振ってくるとは(;´∀`)
    旧版は確かに復刻とかなかったですね。さすがに今から出せっというのもなんですがw

    >ヌエベさん
    上でも書きましたが、多分レジェンズは新しいの1つ+復刻一つ、な流れで行くんじゃないかなと。
    そうなると直近で来そうなのはやはりスカイバイトが出るからカーロボ…
    だったりすると面白いんですけどねw

    >pyoroさん
    とりあえずはヘケヘケで…(小さい
    レジェンズは基本海外ジェネレーションズからの流れになると思うので、
    まずはそっちで色々出ることに期待ですなw

    >えびとろあなご蒸しさん
    おー、二丁もちやってましたか…全然覚えがw
    ジェネレーションズの場合完全に新ネタ、ってのも考えにくいですからそこからなんでしょうねえ。

    2014/07/02 (Wed) 00:30 | EDIT |   

    えびとろあなご蒸し  

    No Title

     こいつ買って近所のにゃあさんの近くに置いたら…

     匂いに慣れたら一発で持っていかれそうな気がする(^_^;)

    2014/08/21 (Thu) 14:33 | EDIT |   

    Leave a comment