またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

05
今回は特に前フリなしで~。
…ここのところ更新頻度を上げまくっている関係で、さすがに話題が尽きましたw
だいたい3日に一回位の頻度で不定期更新してるのに、最近は興がノッているとはいえ
4日に3回くらいのペースですからねえ…いや、ネタが多いのは私としても嬉しいんですがw

と、それはそれとして今回のネタへ。
トランスフォーマーロストエイジより、トイザラス限定エボリューション2パック版スラッグです。
_1390607.jpg
前回のムービーアドバンスド版スラッグの続き…のようなそうでもないようなw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1400278.jpg_1400282.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーロストエイジよりスラッグ。
トイザラス限定の2パックセットの方になります。
最後のほうで比較していますが、セットになっているミニコン版を除けば、違いは色だけですw

_1400286.jpg_1400292.jpg
_1400296.jpg_1400300.jpg
トリケラトプスモードをぐるっと。
2パック版はムービーアドバンスド版とは仕様違いで、海外版と同じ仕様になっています。
基本的には、メタリックカラーか否かですなw

_1400306.jpg_1400313.jpg
トリケラトプスの口は手動で開閉が可能です。
また、頭自体も変形機構の利用によって上下動が可能。
このへんはまあ、ムービーアドバンスド版と同じですw

_1400327.jpg_1400330.jpg
ここでスラッグ本体から離れて、セットのちっちゃいスラッグの方へ。
ストレイフの時同様、便宜的にこちらを旧スラッグ、大きい方を新スラッグと記載しますね。

_1400333.jpg_1400337.jpg
_1400341.jpg_1400343.jpg
旧スラッグのトリケラモードをぐるっと。
モノとしては、恐竜マイクロンのバリエーションのうちダークサイド・ムーンの時に出た
トリケラドンと同じカラーになっているようですな。
そうそう、このモードにする際ロボ頭がフリルの一部になっているんですが、この頭が
やたら奥まで押し込めるようになっていまして。
程々のところで止めておかなきと綺麗にツライチにならないので、そこだけ要注意ですなw

_1400345.jpg
今回の旧スラッグも、似たミニコンを強引に「そういうこと」にしちゃってるわけですが…
まあ、ストレイフに比べれば無理矢理感はないですねw
あっちはそもそも別種のトランスフォーマーから名前持ってきてるせいで面倒なことになったわけですから(;´∀`)

_1400347.jpg
なお、ストレイフ同様、パッケージの横には旧キャラの当時の箱絵が。
スラッグはもともとダイノボットでしたから、普通にG1スラッグのイラストが描かれておりますよw

_1400384.jpg
ここで新スラッグに戻って、ロボットモードへトランスフォーム。
…まあ、手順は前回と一緒ですけども(;´∀`)
背中パーツと後ろ脚のジョイントを外し、背中パーツを持ち上げます。
この状態で後ろ脚の爪をたたみ、後方に伸ばしてつま先を出し、ロボ脚部を形成します。

_1400385.jpg
脚部ができたら、背中パーツは元の位置に。
この時尻尾部分は背中の上に折りたたんでおきましょう。
次に、脇腹のパーツの固定を外し、前脚側へ回転。
それと入れ替えるように、前脚は後方に向けます。
ここまで来たら、全体を立ててやります。

_1400386.jpg
立った状態で、前脚~顔面にかけてを左右に展開。
脇腹パーツの中から手首を出し、脇腹自体は畳んでロボットの肘から先に。
トリケラ前脚は胴体の側面に固定し、脇腹及び腰アーマーにします。
トリケラ頭は肩に沿わせて肩アーマーとし、フリルの一部を畳んで前方に。
あとは手足の位置を調節してあげればOKです。

_1400387.jpg_1400388.jpg
ロボットモード。
やはりマッシブですねー…
ふと思ったんですが、この体型って80年台のスーパーロボットっぽくもありますなw

_1400389.jpg_1400390.jpg
_1400391.jpg_1400392.jpg
ぐるっとひと回り。
当然ながら、形状的にはムービーアドバンスド版とは差はありません(;´∀`)
ただ、メタリックでなくなったことで若干雰囲気は変わってますな。

_1400393.jpg_1400394.jpg
顔周り。
例によって騎士甲冑風のシンプルな顔立ちです。
ゴーグル目なので集光ギミックがあると映えそうなんですが、残念ながら
最初からそういう想定はないようで塗装のみ。

_1400395.jpg
腕部。
オートボットのエンブレムがあるのは左腕だけですね。
こちらは右腕なのでマークはなし。

_1400396.jpg
胴体。
やはり、トリケラモードの前脚を使って胴体の幅を増すというやり方が面白いところですな。
それでいてしっかり腰の可動もあったりするのがさらにグッド。



_1400397.jpg
背面。
個人的に、この背面に突き出た前脚のトゲトゲがちょっと好みだったりしますw
こっちのバージョンだとトゲ部分だけメタリックなので、余計に目立つんですよね。

_1400398.jpg
脚部。
足先になるに従って太くなっていく、いわゆる末端肥大型のデザインですが
コレがまたハッタリ効いてていい感じですw

_1400399.jpg
武器は二本の剣。
ムービーアドバンスド版とまるっきり一緒…と言いたいところなんですが、
よ~~く見比べてみるとほんのちょっとだけ成型色が違うような気がしないでもないような…
…多分気のせいですがw

_1400400.jpg
もちろん、こちらのバージョンでも剣はトリケラトプスの脇腹にセットできるようになっています。
そういえばこの装備形態、説明書だと切っ先が下むいてるんですよね…
それじゃあただのつっかえ棒じゃないか、と言いたくなりますなw

_1400410.jpg
ここで再度旧スラッグの方に。
こちらもロボットモードへトランスフォームです。
フリル中央からロボ顔を出し、鼻先を反転。
前脚を縦に開き、その付け根部分を下に引き出したら、胴体の後ろ半分を左右に開いて
後ろ脚を裏表裏返せば出来上がりです。

_1400411.jpg_1400412.jpg
旧スラッグのロボットモード。
パーツの配置…特に左右に分割した尻尾とか、胸のトリケラ顔あたりを見ると
G1スラッグというか、アニメイテッドのスナールっぽい感じもしますねw

_1400413.jpg_1400414.jpg
_1400415.jpg_1400416.jpg
ぐるっとひと回り。
前脚を展開してロボ脚にする、という変形によって、割と足の長いスタイルになってますな。
しかしまーそれ以上に、左右に分割した後半身のお陰でものすごいゴツさになっておりますがw

_1400417.jpg
顔周りはこんな感じ。
小さいですが、ちゃ~んと顔面のモールドもありますね。

_1400418.jpg
トリケラトプス状態ではまったくもって可動しないこの旧スラッグですが、
ロボットモードでは肩から腕を前に出したり、脚部を股関節部分から前後したりが可能です。
マイクロンサイズとしては、まぁ十分な可動域と言っていいかと。

_1400468.jpg
可動に関して。
可動する部位や可動域自体は前回のムービーアドバンスド版と完全に一緒ですが、
やはり成型色がちょっと違うせいか関節の硬さが違う部分が多いですね。

_1400472.jpg
まずは腕周り。
肩はボールジョイント接続ですね。
肩上にトリケラ頭があるので、前後方向は水平より少し上くらいまでが腕を上げる限界。
横方向は水平くらいまで腕が上がります。
ここに関しては、保持力的にもムービーアドバンスド版と特に差はない感じ。

_1400476.jpg
上腕部分にはロール軸あり。
ここはムービーアドバンスド版(長いので以降はAD版でw)よりもちょっとゆるい感じ。
とはいえ、AD版はちょっときついくらいなので、こっちのほうが程良いかもしれませんw

_1400484.jpg
肘は90度ほど曲げ伸ばしが可能です。
AD版と比べると、気持ち程度曲げ伸ばししやすいかもしれません。
とはいえ、個体差もありますから…ほぼ一緒という認識でいいような気も(;´∀`)

_1400492.jpg
手首は手の甲側/手のひら側に曲げ伸ばしが可能です。
ここはAD版よりだいぶ緩めの保持力になってますな。
上腕同様AD版の手首はちょっときつすぎるくらいなので、こっちくらいのほうが扱いやすい気はしますが…w

_1400496.jpg
つづいて下半身、股関節はボールジョイント接続です。
前方は胴体に水平より45度以上上まで、後方はほぼ水平まで、
開脚方向は45度(腰を捻ってやれば80度位まで)脚が上がりますね。
ここも、保持力はAD版よりやや弱いかな?と言った感じです。
十分自重を支えられる程度ではあるので、問題はないですがw

_1400499.jpg
太もも部分にはロール軸あり。
AD版より気持ち程度キツ目になっている…かもしれません(;´∀`)
どっちにしても、特に違和感は感じない程度ではありますね。

_1400504.jpg
膝は90度強、100度~110度位までは曲げられます。
脛のちょっと上側にある変形用の関節を併用することで180度近く曲げられるのもAD版同様。
ここはもう完全にAD版とおなじ感覚で扱って問題無いですなw

_1400508.jpg
足首はつま先の角度調節のみ。
AD版と比べるとだいぶ緩くなっていますが、正直こっちが適正な硬さだと思います(;´∀`)
AD版は結構関節がきつめに調整されていますからねえ…w

_1400512.jpg
頭部はボールジョイント接続。
左右45度位までの横回転と、上下30度位までの上下への可動がありますね。
ここもAD版よりちょっと保持力弱めで、かえって動かしやすかったりします(;´∀`)

_1400516.jpg
胴体は腰が捻れるようになっています。
この部分に関しては、珍しくAD版よりキツ目になっていましたね。
それでもやっぱり気持程度のちがい、ではあるんですがw

_1400522.jpg
全体的にはやはりAD版と同じ動きなわけですが、
すこしだけ関節の保持力がゆるめな分、若干ですが
こっちのほうがボーズはつけやすいかもしれません。

_1400529.jpg
ただし、AD版も2パック版も個体差があるので、今回記載したことが
完全には当てはまらない個体もそれなりにあるかと思われます。
…とはいっても、これまで触ってきたTFの海外版と国内版の違いから鑑みるに
海外仕様→関節緩め、国内仕様→関節キツ目、という傾向は多分間違いないと思いますよ。

_1400537.jpg
なお、旧スラッグの方に関してですが。
可動する部分に関してはすでに触れたのでいいとして、保持力の方ですね。
ロボ時の腕部…トリケラ時の後ろ脚ですが、ここがえらくきつかったです。

_1400545.jpg
正直なところ買ったままではいつ関節をねじ切ってしまうか心配なレベルでしたので、
可動部分にシリコンスプレーを吹いて若干ゆるめにした上で撮影していたり。
接着剤とシリコンスプレーは、こういった可動フィギュアの関節の調節に非常に重宝するので
用意しておくことをおすすめしたいところです、はい( ´∀`)

_1400558.jpg
旧スラッグの肩に関しては以上のように要調整でしたが、
足の方は実に程よい保持力。
体型的にバランス取りづらいので、そもそもあんまり動かさないから緩くっても硬くても…
という気もしないではないですが(マテ

_1400565.jpg
AD版と@トリケラトプス。
画像向かって左がAD版になります。
こうやって並べてみると、メタリックカラーの有無がはっきりわかりますね。

_1400566.jpg
ロボットモードでAD版と。
今度は画像向かって右側がAD版になります。
今回色が違うのは紫部分だけで、他は塗装も含めて一緒…だと思います。
軟質パーツ部分もな~んとなく色が違う気もしないではないんですが、自信ないです(;´∀`)

_1400567.jpg
両者の可動に関しては、上で触れたとおりです。
可動範囲・部位は完全に一緒ですが、AD版のほうがが保持力強めなところが多いですね。
ただ強すぎて破損が怖いレベルのところもありますし、2パック版も別に自重を支える分には
十分な保持力は有しているので、特に問題ということはないですなw

_1400569.jpg
以上、トランスフォーマーロストエイジより、トイザらス限定2パック版のスラッグでした。
ムービーアドバンスド版とはメタリックの有無・旧スラッグの有無・関節の硬さ…
あたりが違いになりますが、まーいずれもお好みしだいと言った感じですなw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック オプティマスプライム
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック グリムロック
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック バンブルビー
  • トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック ストレイフ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーロストエイジ/エボリューション 2-パック

     タグ: トランスフォーマー  実写版  ロストエイジ  AgeOfExtinction  オートボット  ダイノボット  スラッグ  限定  トイザらス  エボリューション2パック 


    Comments:3 

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマー ロストエイジ エボリューション 2-パック スラッグのレビューお疲れ様です。
    まさか海外のトイザらす限定のはずのエボリューション2パックがまさか日本のトイザラスでも発売されることになろうとは思いもよりませんでしたが・・・
    国内版との違いといえば画像の通り紫部分の色合いの違いとか関節の固さが若干の違いですが大きな違いはやはりミニコン・スラッグの存在でしょうか
    このカラー仕様のトリケラトプス型ミニコンはDOTM時に国内では発売されなかったので今回の2パック発売でリリースされた意味は大きいと思います!

    2014/06/05 (Thu) 22:07 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    ストレイフと違い日本版とすぐ横で比べられる状況にあるのでどちらにするか結構迷いますね…
    カラーリングは日本版の方が好きなので前作のダイノボットミニコンを持っていれば迷わず日本版を買ってたのですが

    前作ではレイヴ(旧ストレイフ)、トリケラドン(旧スラッグ)と同時にもう2体G1ダイノボットカラーのミニコンが出てたものの
    グリムロックとモチーフが同じ筈のデュアラーはセットになれず、キャティラに至ってはモチーフが同じキャラがいないんですよね。そもそも恐竜じゃなくて虎だし
    ただ、予告映像で新たにダイノボットとは違う獣型のTFが登場していたのでまだチャンスはありそうな気もしますが…
    いっそ配布とかしてくれないかなー

    ttp://www.tfw2005.com/transformers-news/transformers-generations-classics-30-35/upcoming-shared-online-exclusive-mini-con-exclusive-three-pack-cancelled-171595/
    そういや同時期に企画されていたミニコンで発売中止になったのがありましたよね
    どの発売中止商品にも言える事だけどもこいつらもまたいつかどこかで日の目を見ればいいのに

    2014/06/05 (Thu) 23:30 | EDIT |   

    tagoal  

    スラれす(紫)

    >Fネガさん
    ちっこい方はこの色では出てませんからねー…その意味でもちょっとお得ですなw
    でっかい方はもう、完全にお好みですがw

    >さすりゅ~さん
    こいつはもうAD版でてますしね。
    どっちか、となると悩ましいところですw
    ミニコン組は、まだ出ないとは言えないかもですよ。
    ほら、一定額お買い上げでおまk(マテ

    2014/06/06 (Fri) 13:04 | EDIT |   

    Leave a comment