またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2012年4月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

18
各所でTFロストエイジ玩具の予約が始まりましたねー。
私も取捨選択を熟考したのち予約済みでございますw
んが、今回珍しくAmazonが(この記事を書きだした時点では)出遅れている感じ。
先日の税率アップ対応でかなりごたついてた様子ですが、まだ引きずってるんですかねー…

と、大丈夫かアマゾンとか思いつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーRobots In Disguiseより、デストラクティコン・ブラジオンです。
_1330967.jpg
古めのやつ引っ張りだしその3…ええ、今月はなるべくいろんなシリーズから
引っ張ってくるようにしておりますw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1330970.jpg_1330974.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーカーロボットの海外版、RIDより
デストラクティコンブラジオン(以降長いのでブラジオンで)。
海外ではKay Beeというチェーン店、日本国内ではトイザらス限定で(USAエディションとして)
販売された玩具オリジナルキャラクターになりますね。

_1330978.jpg_1330981.jpg
_1330984.jpg_1330988.jpg
ビークルでぐるっと。
モノとしては、G2のメガトロン(ミサイルタンクの方)のリカラーですね。
こいつ以前に出たブラジオンといえばプリテンダーになるわけなんですが、
アレのアウターシェルに近い感じのカラーリングになっております。
戦車メガトロンが流用されたのはプリテンダーの中の人のビークルが戦車だから、でしょうなw

_1330999.jpg
海外モノなので、ここらでパケ裏説明文のざっくり訳…といきたいところなのですが。
実はこのブラジオン、その手のものがなーんも書かれておりません(;´∀`)<ギミックの説明だけ
説明書の変形手順もなんか一コマで全部済まされていたり、ところどころにやっつけ仕g…ゲフンゲフン。

_1340004.jpg
さて、それではトランスフォームさせましょう。
砲台の側面部分を90度回転、車体の側面に持っていき、残った砲身部分から
後にくっついているポンプをいったん外します。

_1340008.jpg
車体の後ろ半分のガワを展開してロボ脚にし、
中にあるロボ胴体を90度下向きに折り曲げ。
砲身部分は右サイドにスライド移動させておきます。

_1340011.jpg
砲台の側面パーツを下に向け、回転させてロボ腕に。
車体の前中央部分からロボ頭を出して固定したら、
手足の位置を調節してポンプを元の場所に(上下逆に)くっつければ出来上がりです。

_1340014.jpg_1340018.jpg
ロボットモード。
当然ながら、黄色いG2メガトロンですねw
メガトロンではかなりシールが多用されていたところ、こちらは塗装メインなので
ちょっとだけ扱いやすいかもしれません…w

_1340023.jpg_1340027.jpg
_1340030.jpg_1340033.jpg
ぐるっと一回り。
形状はもう完全にG2メガトロンそのものです。
プロポーションは悪くないんですが、後からの写真見てわかる通り踵が(つま先もですがw)
まるっきりないんですよねーこのタイプ…そこがちょっと厄介さんだったり。

_1340036.jpg_1340039.jpg
顔回り。
塗装により左右の目がつながっており、ゴーグル目のような感じに…
いや、これはもはや目線ですねw

_1340045.jpg
腕周り。
砲台の側面部分がほぼそのまんま腕になっています。
変形自体はシンプル(位置移動して捻るだけ)ですが、可動部分は
結構しっかり設けられてますな。

_1340048.jpg
胴体。
戦車を真ん中から折り曲げているわけなんですが、この折り曲げ部分の固定が
他の同型TF(あとで並べてみます)と比べるとちょっと弱い気が…(;´∀`)

_1340051.jpg
背中。
割と豪快にスカスカですw
脚の方も似た状態、かつ肩の大砲なんかもありますから
重心をできるだけ前の方に寄せる意味もある…のかもしれませんね。

_1340054.jpg
脚部。
戦車の後部ガワがほぼそのままひざ下になっております…
おかげで前述のとおり踵がないという状況に。
G2系TFって踵ない人結構いますよね…(;´∀`)
安定性アップのためにプラ版なんかを足裏にくっつけてやるのもいいかも、ですな。

_1340060.jpg
付属武器の銃。
手に持たせてやることが可能です。
ビークル時には砲塔の横っちょに装着できるので、余剰にならずに安心ですw

_1340061.jpg
ミサイル。
腕のカバーを開いて、そこにはめ込む形で固定します。
ビークルの時も同じ部分を使って、砲塔の左右にマウントする形になりますね。

_1340062.jpg
肩の大砲。
後部にはポンプがついています。
これは先ほどのミサイルを砲身にかぶせて、空気圧で発射するためのもの。
付けっぱなしでも発射はできますが、砲身の可動(上下動します)の邪魔になるのと
単純に押しやすい、という点からミサイル発射時は外した方がいろいろ楽ですね。

_1340063.jpg
ミサイルを装填するとこんな感じに。
ミサイルはこう見えて装填する向きが決まっているので要注意、ですな。
(;´∀`)<最初、穴の形が真ん丸じゃないことに気付かずに力押しでねじ込もうと…

_1340064.jpg
ビークルで武器フル装備状態。
かなり物々しい感じに…
しかし、それよりも全部のパーツをひとまとめにできるという便利さも重要ですw

_1340065.jpg
ミサイル発射ギミックはビークルでも使用可能。
むしろ、ビークル時の方が接地面積が圧倒的に広いこともあって
安定して発射ができますなw

_1340072.jpg
可動に関して。
モノ的にG2時代のものなので、可動範囲もそれ相応ですね。

_1340075.jpg
まずは腕周りから。
クリック式の関節で、前後方向への回転が可能です。なお、クリック感はちと弱め。
まあ、変形機構を利用して横向きに水平まで腕を上げられます…が、保持力は強くないですね。
横に広げるための関節は別途設けられてますから、そちらの方が無難ですw

_1340078.jpg
ということで、上腕中ほどには横方向に曲がる関節があります。
45度刻みで、ほぼ真横まで行けますね。
特に右腕の方は肩のすぐそばに砲台がありますから、
肩の角度を変えずに横に腕を広げられるこの関節が非常に便利。

_1340083.jpg
肘は90度曲がります。
ここもクリックがあり、45度刻みくらいになっています。
もうちょっと、細かく曲げられたらなー…といったところですね。

_1340085.jpg
また、肘のところにはロール軸もあるため、ここで腕をひねることも可能です。
手首が固定ですから、結構重宝しますよ。

_1340087.jpg
続いて下半身。
股関節は二軸式の関節です。
前後方向にのみクリックがあり、30度くらいの刻みで水平よりやや下くらいまでは
脚を上げられますね。

_1340089.jpg
開脚方向も脚の上がる高さは似たようなものですが、こっちはクリックなし。
うちの個体はこの開脚方向がプランプランで、ちょっと立たせづらいのが玉にきずでした。
調整して何とかなりましたが…(;´∀`)

_1340091.jpg
膝は変形の関係で180度曲げられます。
立て膝はもちろん、正座もたぶんやれなくはないかと…w

_1340097.jpg
足首は可動せず。
というか、可動以前に足首が存在しません(;´∀`)
一応、つま先っぽいでっぱりはありますけどね。

_1340100.jpg
前の方でも書きましたが、踵がないので後方に重さがよると
あっという間にひっくりかえってしまいます。
そのため、スタンドなしの状態では地面に立たせられるポーズには
著しい制限が…手に持って遊んだり、スタンド使って浮かせる分には影響ないんですけどねえ。

_1340103.jpg
他に気になるところとしては、脚部にはひねれる部分が皆無というところでしょうか。
太ももあたりにロール軸があって脚をひねれるようになっている、とかがあれば、
踵がないなりに調整して立たせることもできるんですが…
それがないので、直立以外で立たせるのは若干手間ですね。

_1340106.jpg
首は左右回転のみ。
一応、変形機構を使えば視線を下に振れますが…
首が丸ごと浮く形になるので、あまり意味はないかもしれません(;´∀`)

_1340109.jpg
胴体は腰がひねれるようになっています。
ポージングの際にはもちろん役に立ちますが…
前述のとおり踵がない分コケやすいので、ポージングの際は要注意ですね。

_1340113.jpg
と、いうことでやはり足首周りがネックですかねー。
直立状態ではそれほど気を遣わなくても問題なく立てるんですが…
ポーズを付けて立たせるのは少し手間がかかります(;´∀`)

_1340125.jpg
我が家の同タイプと。
ロボットマスターズのリバースコンボイ(メガトロン)と、G2版のメガトロン(ミサイルタンク)です。
リバースコンボイは砲塔のギミックが変更されているので、だいぶ形も違ってますね。

_1340126.jpg
ロボットモード。
胴体から下は同じ形なのがよくわかりますね。
撮影前にはメガストームも一緒に撮ろうかなーとも思っていたんですが、
大きさがあまりに違うので省きました(;´∀`)

_1340127.jpg
それぞれ武器もちで…といってもうちのメガトロンは武器全部欠品なので、
ブラジオンのものを分けて持ってもらっておりますw
しかし、この空気圧発射ミサイルって後の世代では採用されませんでしたよねー。
やっぱりかさばるのが問題なんでしょうか(;´∀`)<デカいですよねこのミサイル

_1340130.jpg
以上、トランスフォーマーRobots In Disuguiseよりデストラクティコン・ブラジオンでした。
さすがに設計の古さを感じるところもありますが、なんだかんだでおもしろい奴なのです。
空気圧発射のミサイルとか、割と癖になりますよw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーカーロボット インディーヒート
  • トランスフォーマー ROBOTS IN DISGUISE サイバトロン3体セットその3 スカベンジャー(SCAVENGER)
  • トランスフォーマー ROBOTS IN DISGUISE サイバトロン3体セットその2 ミラージュGT(MIRAGE GT)
  • トランスフォーマー ROBOTS IN DISGUISE サイバトロン3体セットその1 ナイトクルーズ(NIGHTCRUZ)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーカーロボット&RID

     タグ: トランスフォーマー  海外  RID  限定  ディセプティコン  ブラジオン  メガトロン  リカラー 


    Comments:5 

    E4コウジカビ  

    No Title

    あれ?メガストームのリペイントだとおもったらリバースコンボイ系列の型だった...このかたはほぼ同じシルエットのメガストーム型があるので大きさがわからなくなってしまいます...比較画像見るまでもっと大きいんだと思い込んでしまった。
    とはいえこうやって比較画像を提示してくださるとそういった大きさの詳細等も分かるのでありがたいです。最近は妙にムービーシリーズ以前のG1に近いデザインのTFが恋しいのでこういったシリーズにも手を出してみようかな..お手軽なサイズのメガトロン型だし。

    2014/04/18 (Fri) 15:18 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    思えばリベンジででブラジオンが出るまで唯一のブラジオンのリメイクだったんですよね
    今でこそそれなりにリメイクされるようにはなったものの当時はまだ知る人ぞ知るキャラだったんだろうか…
    後のリメイクでは概ね引き継いでいる骸骨武者ですらないですし

    最近ではこれとは逆にメガトロンがブラジオンのリデコで出た事は何かの因果を感じるなぁ…
    勿論ブラジオンとメガトロンは同型でなければならないという決まりはないので
    ショックウェーブやレッケージがベースのブラジオンも存在しますが

    ところでSGブラジオンはこれと同じ姿をしているらしい…
    反転世界のブラジオンは正義のサムライでなく何故かカウボーイキャラらしいですが
    ttp://tfwiki.net/wiki/Bludgeon_(SG)

    2014/04/18 (Fri) 16:15 | EDIT |   

    ふじ  

    No Title

    レビューお疲れ様です。

    カーロボットはほぼほぼスルーしてしまっていたので
    恥ずかしながらこいつはたごーるさんのこの記事が初見なのですが、
    ドラゴンメガトロンのリカラーのクライオテックと言いこれと言い
    海外版カーロボットのラインナップはなかなかバラエティ豊かですねぇ…(^_^;)

    アニメ登場組も未登場組も出来の良い奴が多いようなので、
    自分も何か探してみようかなぁと思います(5月を待たずして死亡するフラグ)

    2014/04/20 (Sun) 00:35 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんにちは~ トランスフォーマー ROBOTS IN DISGUISE デストラクティコン ブラジオン(DESTRUCTICON BLUDGEON)のレビューお疲れ様です。
    G2期に国内でも発売されたタンクメガトロンのリペイントになるデストラクティコン・ブラジオンなんですが昔、地元のトイざらすで少量だけ入荷してまして私はそれを当時購入しましたね
    G2当時「全身フル可動を実現したスーパーポーザブルロボット」ということでG1期の商品と比べてその可動性に当時驚いた記憶があります。
    このブラジオンもそのタンクメガのカラーバリエーションとして今でも大切にしてます!

    2014/04/20 (Sun) 11:56 | EDIT |   

    tagoal  

    ブラれす

    >E4コウジカビさん
    この型はでっかいのと小さいので差が殆ど無いですから、写真だけだと
    どっちだかわかんなくなりますねたしかにw
    ものとしてはG2系になるんでうsが、このへんのやつもなかなか楽しいですよ…
    かかと無いからすんごい立たせるの大変ですがw

    >さすりゅ~さん
    そーいえば、確かに長い間唯一のリメイクブラジオンだったってことになりますね~…
    ジェネレーションズ&クラウドのメガトロンがブラジオン型リデコなのは、
    やっぱりこの人を 意識しているのは明らかですなw

    >ふじさん
    海外におけるカーロボ…RIDは死にかけていたトランスフォーマーブランドを復活させた功労者ですからねえ。
    色々売りたかったのか、過去シリーズからなんだかんだともってきていますw
    ちょうど変形の複雑さが極まってきた時期でもあるので、
    色々触ってみると面白いかもですよ…と追い打ちw

    >Fネガさん
    当時も入荷量は多くなかったみたいですなー…一応限定版扱いですしねw
    G2やビーストあたりは、一気に可動面での進化が進みましたね。
    G1期が流用スタートで、このへんは一から…ってのも影響していそうです。

    2014/05/06 (Tue) 18:11 | EDIT |   

    Leave a comment