またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

15
気がつけばもう4月も半ばですなー。
新たに就職・進学された方もそろそろ慣れ…るにはまだ早いですかねw
私個人としては会社(の自分の部署)には新人も来ませんでしたし、まーなんというか
良くも悪くもかわりなく…だったりします(;´∀`)

と、どうでもいいことを書きつつ今回のネタへ。
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズのハイパーモーションズより、
スパイダーマンです。
_1330781.jpg
スパイダーマンが出てきたら何でも鉄十字キラーネタにするのはどうよ、
…という意見もあるので、あえてダーマネタは封印の方向で一つw


※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)


_1330787.jpg
ということで、今回はディスク・ウォーズ:アベンジャーズ・ハイパーモーションズより
スパイダーマンです。
まずは箱の中身ですが、スパイダーマン本体と交換用の腕、
そしてバチ魂ディスク1枚…という構成になっております。
本体+ディスク+武器や差し替えパーツ1セット、というのがこのシリーズの
基本フォーマットになってますね。

_1330790.jpg_1330795.jpg
では、スパイダーマン本体から。
言わずと知れた、クモの力(というにはハテナ?な能力もありますが、まー一応w)を身につけた
マーベル世界屈指のメジャーヒーロー(作中世界では評判良くないことが多いですが)ですね。
ディスク・ウォーズではヒーローたちの中で唯一ディスク化をまぬがれ、主人公たちの
サポート役になるんだそうで。
スパイダーマンはコミックの方でもなかなかアベンジャーズには加入しなかった(出来なかった)
ヒーローなので(正式に参加したのが2004年、1963年からマーベル世界でヒーローしてるのに…)、
ほかのメンバーとはちょっと違うスタンスに立たせるにはちょうどいいキャラでもあるんですよね。
なにより、性格的に子どもたちと絡めやすいでしょうしw

_1330800.jpg_1330803.jpg
_1330806.jpg_1330809.jpg
ぐるっとひと回り。
全身の蜘蛛の巣模様が直線的なので、実写版をベースにアニメ用に簡略化したような印象を受けます。
コミックのデザインの方だと、蜘蛛の巣の横糸が波打っている感じなんですよね。

_1330813.jpg_1330817.jpg
顔周り。
ソーもでしたが、目が塗装のみでモールドがないのがちょっと気になるところですかねー。
ちょっとだけ実写版変態仮面をおm(ヤメレ

_1330819.jpg
ところで、このスパイダーマンの頭頂部には空気抜き用の穴が開いているわけですが…
(っていうか、なんでソーには開いていなかったのか…頭はめ込みにくいのこのせいですよな)
この穴がちょうど魂ステージのアームの凸ジョイントと径がぴったり同じ。
多分偶然の産物でしょうけども…w
この穴を使えば、逆さ吊り状態の再現なんかも可能ではありますよ。
なにかウェブの代わりになるものを用意しないと、写真のように謎のポーズと化しますがw

_1330822.jpg
腕周り。
形状自体にはそんなに問題はないと思います…が、
肩の関節パーツが青いところ、これだけはちょっと勿体無いですね。
肘や膝との兼ね合い上がるのはわかりますが、アイアンマンあたりと
上手いこと合わせて肩だけでも赤にできたら良かったんですけどねえ。

_1330826.jpg
胴体。
スパイダーマンのコスチュームはぶっちゃけただの全身タイツですから、
ほぼ素体のような状態ですなw

_1330831.jpg
背中。
背中の蜘蛛マークもどっちかというと実写より…ですかね?
一応、コミック版だともっとまん丸いですしな。

_1330834.jpg
脚部。
やっぱり全身タイツ…ということで、スッキリしたシルエット。
しかしやはりこいつも足首関節がないんですよねえ…(´・ω・`)

_1330837.jpg
付属武器…はありませんが、肘から先を取り替えることで
ウェブ射出状態を再現可能。
写真は片手だけ取り替えていますが、両手分きちんとありますよ。

_1330838.jpg
ちなみに、通常の腕の方の手首をよーく見てみると、
ちゃんとウェブの射出口が造形されていたりします。
小さいのに、こういうところは芸が細かいですw

_1330839.jpg
ここでスパイダーマン本体は一旦おいて、バチ魂ディスクの方へ。
劇中ではスパイダーマンはディスク化されないようですが、バチ魂バット的には
さすがにないとアレですからね…w
エフェクト(特殊効果)がディフェンス側なので表示はありませんが、色から見て
属性はアニマルみたいですね。蜘蛛ですがw

_1330844.jpg
裏から見るとこんな感じ。
ソーのそれと色以外は一緒ですw

_1330849.jpg
前回も紹介しました、関連商品購入特典の方のスパイダーマンのディスクと。
エフェクトがハイパーモーションズ付属のものが「マシンガンシャッフル」、
特典のものが「スパイダーセンス」になっています…って、
これどうせなら特典と付属品逆のほうがしっくり来る気がします(;´∀`)

_1330854.jpg
前回紹介したソーと。
スパイダーマンのほうが少し背が低いかな?というくらいで、だいたい同じ大きさですね。
できれば、もうちょっと身長差があったほうが良かったかもしれませんが…
まあ、商品の規格上厳しいところですかねw

_1330857.jpg
可動に関して。
体型的に一番シンプルですから、ハイパーモーションズの可動の
一番スタンダードな形…と言ってもいいのかもしれませんw

_1330863.jpg
まずは腕周り。
肩は二軸式の関節で、前後方向への回転と
水平より45度くらい上まで腕を上げることが可能です。
肩にプロテクターのたぐいがない分、非常に素直に動きますw

_1330866.jpg
肘は70度位まで曲げるのが精一杯ですね。
ただし、肘の関節パーツは割と引き抜きやすいので、
あえて途中まで引っ張りだすことで多少曲がり幅を増やすこともできます。
やり過ぎると腕がすっぽ抜けますけどね。

_1330871.jpg
また、腕関節パーツと腕の接続は丸い軸によってなされているため、
肘のすぐ上側とすぐ下側、両方で腕をひねることが可能です。
これも地味~にポージングに効いてきますw

_1330875.jpg
手首は(通常腕、ウェブ射出腕ともに)固定。
ですが上述の腕のひねりがありますので、そこまで不便は感じませんかね。
むしろ、ソーのように手に穴がないので物が持てないことのほうが
気になるかもしれませんw

_1330879.jpg
つづいて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
前方はほぼ水平まで、後方は30度位、横方向は45度位まで脚が上げられますね。
この足の可動、普通のキャラクターなら割とこんなもんかな~で
済むんですが…悲しいかなこいつはスパイダーマン。

_1330883.jpg
足を大きく開いたり上げたりするポースが非常に多いこのキャラにおいては、
並みの可動範囲ではちと厳しいところがあるのも事実、なんですよねえ…(´・ω・`)
まあ、そうするには引き出し式の股関節とかで構造が複雑化して
低年齢層向けの枠をはみ出しちゃうので、しょうがないといえばしょうがないんですけどさ。

_1330888.jpg
膝は90度程度まで曲げることが可能。
立膝もしっかり可能ですし、やはり普通のフィギュア的にはこれはこれでOKなんですが…
スパイダーマンとしては、二重関節にでもしてもっとぐねぐね曲がる脚が欲しかったかなー
といったところですな。

_1330890.jpg
また、この膝は肘と同様に
丸い軸で接続されているので、上下の接続部分で
それぞれひねってやることが可能。
ここに関しては非常にグッドですw

_1330897.jpg
足首は固定。
ここがこのシリーズで残念なところなんですよねえ(´・ω・`)
幸い柔らか目の素材で出来ていますから、自前で関節パーツを仕込んじゃうのも
この際一つの手として考えておくのもいいかもしれません。

_1330900.jpg
首はボールジョイント接続。
左右回転と若干の上下動が可能ですが、例によって
スパイダーマンとしてはもっと動いて欲しかったかなーと…w

_1330915.jpg
特に上向き方向の可動が欲しかったところですね。
スパイダーマンらしいアクションをさせようとすると、かなり
あっちこっちに首を向ける必要が出てきますからw

_1330920.jpg
胴体は、胸と腹の境目のところでボールジョイント接続されています。
左右の回転と、ある程度の前屈&反らしが可能です。
この部分はかなりいい感じに屈んだり反ったりが可能ですな。

_1330923.jpg
と、普通の可動フィギュアという点で見れば
そこそこ良好な可動をしてくれると思います。
ただ、やはりそこそこ良好、位の可動だとスパイダーマンらしい
ポージングをさせるにはところどころ厳しい物がありまして。

_1330926.jpg
ある程度まではいけるんですが…壁を這うポーズだとかはちょっときついですね。
(;´∀`)<平手とかもないですし…
まあそうは言っても、完璧にスパイダーマンの動きをトレースさせるのは
もっと高価な可動フィギュアでもまだムリがある、ってくらいですし、
さすがに完全再現は贅沢言い過ぎというものですねw

_1330937.jpg
むしろ、こいつの場合は比較的簡単な構造でここまで動かせるなら逆に上出来、といってもいいかも。
ひとむかし昔の海外製可動フィギュアなんかに比べれば、段違いにによく動いているわけですしw
なんだかんだで扱いやすいので、ついぐりぐりといじってしまいます(゚∀゚)

_1330944.jpg
以上、ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ・ハイパーモーションズよりスパイダーマンでした。
上述の通りアクションの完全再現まで求めるとさすがにきついですが、
大きさやお値段、対象年齢を考えれば十二分にいい仕事をしているブツだと思いますよ( ´∀`)
amazon
    
関連記事一覧
  • ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ ハイパーモーションズ ハルク
  • ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ ハイパーモーションズ キャプテン・アメリカ
  • ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ ハイパーモーションズ アイアンマン
  • ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ ハイパーモーションズ ソー


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:MARVELディスク・ウォーズ:アベンジャーズ

     タグ: ディスクウォーズ  アベンジャーズ  MARVEL  ハイパーモーションズ  スパイダーマン  バチ魂バット 


    Comments:4 

    ズッツトン  

    No Title

    地元でやってないアニメ(アニメだよな)なので何とも分かりませんが、そこそこのお値段でアメコミヒーローが手に入るのは嬉しいですね。
    ただこの人型玩具の方はオマケで立体化っぽいのですでに発表になったキャラ以外出るかちょっと不安。
    特に敵キャラ。

    2014/04/17 (Thu) 01:18 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ ハイパーモーションズ スパイダーマンのレビューお疲れ様です!
    ハイパーモーションズ版スパイダーマンはアニメ的なヒロイックさが上手く表現出来ていてカッコいいですな!
    所々の表現は実写版に近い仕様になっていて取り換え式でスパイダーマン必殺の「ウェブ射出」ギミックも再現されているのもポイント高いです!

    2014/04/17 (Thu) 20:41 | EDIT |   

    ヌエベ  

    No Title

    このシリーズディスクが誰得以外は中々いい感じですね。
    最近こうゆうのが多くなってる気が・・・
    どうでもいいけど、さりげなく超合金レオパルドンのそばに置いておきたいですな。

    2014/04/17 (Thu) 21:06 | EDIT |   

    tagoal  

    スパイディれす

    >ズッツトンさん
    そうなんですよねえ~…あくまでもバチ魂バットのほうがメインっぽいんですよなあ。
    やたらマニアックなヴィラン出してきてるので、あのへんもフィギュア化されると
    すごくいいんですがw

    >Fネガさん
    アニメ版はコミック版準拠デザインも多かったですからねー。
    日本国内で実写風アニメデザインが出た、ってのはちょっぴり貴重かもですw

    >ヌエベさん
    ディスクはまあ…うん…(;´∀`)
    小さめなぶん、巨大ロボ玩具との相性はいいかもですなw

    2014/05/06 (Tue) 17:59 | EDIT |   

    Leave a comment