またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

28
あれよあれよという間にもう2月も終わりですな。
光陰矢のごとし…ってなんかちょくちょく言っている気もしないでもないですが、
やっぱり歳を食うと体感時間が早く…('A`)

と、自分で言っておきながら軽く凹みつつ今回のネタへ。
トランスフォーマー ロストエイジより、オプティマスプライム プレミアエディションです。
P1290401.jpg
以前海外版を紹介していますので、そちらも参考程度に…
というか、実のところほぼ変わりは…(;´∀`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1290414.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーの実写四作目、ロストエイジより
公開決定記念アイテムであるオプティマスププライム・プレミアエディション。
先の旭川冬まつりで先行販売されたものですね。
また、海外では更にもうちょっと早く発売されていたので、うちではすでにそちらの方
紹介済みだったりします。
…ということで、まずは箱の正面扉を開けた状態。
海外版同様(というか、同じ箱なんですけどね)、内部が見られるようになっていますよ。

P1290438.jpgP1290443.jpg
では、まずはビークルモードから。
今作に登場するTFたちのうち、前作からの続投組はデザインがリニューアル。
オプティマスも、トレーラーキャブであることには変わりないものの、違うメーカーの車になりました。

P1290446.jpgP1290449.jpg
P1290452.jpgP1290455.jpg
ぐるっとひと回り。
ところどころ目立つ隙間があったりフロントの窓の中になんか見えてたり
(まぁ、これは他シリーズでも時々ある窓のメカモールドみたいにあえて見せている、という気も…)
しますが、全体的なシルエットはかなり綺麗。
これはこいつがバリバリのガワ変形だから、というのも一因だったりしますけどもね…w

P1290458.jpg
上のほうでも触れましたが、今回のこのオプティマスは海外版の
ファーストエディション・オプティマスプライムの日本仕様。
いつものパターンだと、日本仕様は海外仕様とは大小の差はあれど違いがあったわけですが…
今回のファースト&プレミアエディションに限っては、本体仕様は同じ
とのアナウンスが発売前にありました。
で、実際その通りで本体だけ見るともうまるっきり同じものですw
あとで一応比較をしますが、今回の記事はもう実質同じものの二回目、といった感じに…(;´∀`)

P1290471.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
車体の真ん中下部にあるジョイントを外して後輪部分を90度回転、
地面に対してまっすぐにし、そこに運転席部分の天井をめくって固定します。

P1290474.jpg
次に左右の外装を180度後方へ展開したのち、中ほどで折り返して固定。
中にいるロボ上半身の背中側にまとめられていた腕を側面に回して胴体に固定し、
まっすぐに伸ばします。
その後上半身を後方に移動し、後輪周りのパーツとジョイントして固定。

P1290478.jpg
車体前側のパーツを中央から左右に分割、根元から90度回転させて胴体と一直線に。
この状態でフロントグリルからボンネットにかけてのガワパーツをぐるっと後方へ回しつつ、
中身に収まっているロボ足首の固定を外します。
あとは手足の位置を調節してあげれば出来上がり。

P1290502.jpgP1290504.jpg
ロボットモード。
最近稀に見るレベルの豪快なガワ変形ではあるんですが、
これはこれで姿の変わりっぷりがちょっと面白かったりもします。
それにこの人のガワ変形、コツをつかむと小気味よくガワが組みあがっていくので
個人的には割と好きだったりします( ´∀`)
ちなみに、ロボット→ビークルは説明書通りやるよりも上半身周りと脚部周りを別々に変形させたうえで、
最後に股関節を曲げてフロントガラス部分を合わせる、とした方がおさまりが良かったり…


P1290508.jpgP1290514.jpg
P1290517.jpgP1290521.jpg
ぐるっと一回り。
ロボット自体のボディは結構すらっとしているんですよねー。
ごっつい背負い物はまあ、ジェットパックとかとの手の類のブツ
…みたいな感じで脳内補完しちゃいましょうw

P1290531.jpgP1290533.jpg
顔回り。
海外版と同仕様ということで、マスクオフ顔です。
マスクオン顔は本公開後のシリーズを待て、といったところですね。

P1290538.jpg
目はクリアパーツ製で、集光ギミックもアリ。
ですが、背負い物が大きいので真正面向きの状態では
ちょっと光らせにくいですな(;´∀`)

P1290540.jpgP1290546.jpg
腕周り。
肘から先が左右非対称になっており、左腕の方にだけ
盾取付用の穴が開いています。
右手に盾を持たせたい場合は、直接手持ちになりますね。

P1290556.jpg
胴体。
メッキ加工でギンギラギンですなw
メッキ自体はかなりきれいで、今回の撮影時には映り込みが厄介でした(;´∀`)
しかし海外版の時も思いましたが、もうここまでくればグレーパーツ全部メッキ、
とかでもよかったんじゃね?という気はしますw

P1290563.jpg
背面。
いわゆるガワががっつり集まっている部分なわけですが、できるだけコンパクトに
まとめようとしているのが見て取れたり、背面に回したガワパーツ同士で
お互い固定するようになっていたり、と地味~にいろいろ考えられているようです。

P1290567.jpg
脚部。
うちのものは若干ハズレなブツを引いてしまったようで、脛の塗装面に傷がorz
ただ今回に限っては、海外版との見分け用にこの傷が非常に役立っておりますw

P1290570.jpg
付属武器その1、剣。
箱裏の説明は海外版と一緒…ということで、国内版でも名前は
ソード・オブ・ジャッジメントということになりますね。
名前同様、成形色や塗装も海外版と差はありません…ゆえに、混ざると大変面倒なことに(;´∀`)

P1290573.jpg
付属武器の2、盾。
センチネルシールド、ですね。
前作のおじいちゃんとの関連性に関しては、国内版でもやっぱり不明。
別に説明等が増えているわけでもないので、当たり前ではありますが…w

P1290574.jpgP1290575.jpg
剣と盾はビークル時にも取り付けが可能。
というか、この武器取り付けまでが変形手順に含まれております。
そのため、説明書上の表記は15ステップ変形ですが本体の変形は実質13ステップ。

P1290576.jpg
上のビークルの写真では盾しか見えていませんが、剣はこんな感じで
底面に取り付ける形になります。
専用のジョイントなので、ぐらつきもなくしっかり保持。

P1290577.jpg
可動に関して。
…といっても、海外版と同仕様なのでこちら参照、おしまい!でもおkではあるんですよね(;´∀`)
成形色が違ったりする(=プラ中の材質が微妙に違う)と保持力なんかの面で
少し差が出るんですが、今回はその辺も含めてまるっきり一緒という…w

P1290580.jpg
…と、何はともあれ上半身から。
腕周り、肩は前後方向および横方向の二軸式になっています。
前後方向は背負い物があるのでほぼ前方180度の範囲(若干クリック感あり)、
横方向は20度程度の刻みのクリック式でほぼ真横まで腕を上げられますよ。

P1290581.jpg
上腕部分、肘のすぐ上にはロール軸が設けられています。
今回のオプティマスは手首が固定になっているので、この腕のひねりは
非常に重宝しますね。

P1290582.jpg
肘は二重関節になっており、おのおの90度くらいずつ…
合わせて180度曲がるようになっています。
どちらかというと手首側の方が曲がりやすいんですが、やはり
両方バランスよく曲げてあげた方が見た目にもいい感じ。

P1290583.jpg
手首は固定。
上述の腕の捻りである程度は代替できますが、やはり得物が剣と盾ですから
ある程度動いてくれればもっとポージングやりやすかったなー…というところはありますね。

P1290584.jpg
続いて下半身。
股関節は前後・開脚方向の二軸式です。なおどちらもクリック入り。
前方向は15度位の刻みで水平まで、後方はガワパーツがあるの気持ち程度、
開脚方向は15度程度の刻みで真横まで脚を上げられるようになっていますよ。

P1290585.jpg
膝のすぐ上にはロール軸あり。
上腕部のロール軸同様、ここの足のひねりはポージングの際重宝しますね。

P1290586.jpg
膝はクリック式になっており、15度ほどの刻みで90度曲がります。
膝の位置が若干高めなのと足首周りのデザインの関係で、
立膝はできなくもないけど結構面倒、といった感じに。

P1290589.jpg
足首はボールジョイント接続になっています。
各方向に30度程度の範囲で曲げ伸ばしできますね。
足首だけでも立たせる際の調整には結構役立ってくれますが、
あわせてふくらはぎ部分にあるガワを適宜開閉して避けてやったり
支えにしてやったりすることで、立たせられるポーズの幅がぐぐぐっと広がりますよ。

P1290590.jpg
首は左右回転のみ。
これで上下にも動けばもっといい感じでしたが…
まぁぜいたくを言うなら、といったくらいのところですかねw

P1290591.jpg
胴体は可動軸なし。
ただし、変形時の腰のロックを意図的に外すことで、
ほんのちょっとだけ前かがみ風にしてやることも…
あんまりやると見た目の違和感がすごいので、ちょっとだけですがw

P1290592.jpg
と、いうことで可動範囲はまあまあ…といったところでしょうね。
肩アーマーや腰のフロントアーマーあたりは跳ね上げることで
手足の動きを阻害しないようになっていますし、普通にブンドドする分には
おおむね問題ないんではないかなーと。

P1290600.jpg
海外版ファーストエディションと@ビークル。
写真向かって左が海外版、右が今回の国内版です。
…はい、ここまで何度か触れました通り完全な同仕様なので、差はありません(;´∀`)

P1290601.jpg
ロボットモードでファーストエディションと。
ビークル時と同様、向かって左が海外版右が国内版です。
前述しましたが、私の国内版は若干ハズレ個体で塗装が荒れている部分があり、
そこだけが唯一の判別ポイントと化しております…(;´∀`)

P1290602.jpg
ということで、ファーストエディションとプレミアエディションは
玩具本体の仕様においては全く差がありません。
うちに来たプレミアエディションの個体にたまたま塗装の荒れている部分があったから
いいものの(ほんとはよくないんですがw)、それがなければ
正直どっちがどっちかわからなくなっていましたね…(;´∀`)
で、じゃあどこが違うのさ!となるかと思いますが。
箱と説明書に若干の違いがあるのです。
ということで以下箱・説明書の比較。

P1290610.jpg
まず箱の正面。
向かって左が海外版ファーストエディション、右が今回のプレミアエディションです。
プレミアムエディションの方には、向かって左下側に
日本仕様のシールが貼られているのがわかりますね。
これが違いその1。

P1290611.jpg
続いて箱の裏面。
先ほど同様向かって左がファースエディション、右がプレミアエディションです。
向かって右下、ファーストエディションだとTRANSFORMRES.comとiphone・Android対応の
ロゴが記載されている部分にタカラトミーのTF公式サイトについて記載したシールが。
また、プレミアエディションの箱のほうが色が暗めですね…狙ってやっているのか、
印刷の個体差なのかはよくわかりませんが(;´∀`)

P1290612.jpg
さらに、箱の下面。
上がファーストエディション、下がプレミアエディションです。
プレミアエディションは下面ほぼ全域に日本仕様のシールがはられていますね。
側面にと内箱に関しては全く一緒なので割愛。

P1290613.jpg
P1290614.jpg
P1290615.jpg
最後に、説明書の比較です。
向かって左のほうがファーストエディション付属のもので、右がプレミアエディションのもの。
海外版は紙の大きさこそ国内版の半分ですが、両面印刷&カラー。
プレミアエディションのものには日本語の説明がちょっと追加されていますが、
よくよく見てみると説明に使われている画像そのものは同じですね。
また、片面に全て印刷されているので全手順をひと目で見渡せる、という利点があります。
…なんですが、海外版のほうが絵が大きく、色もついて見やすいので
どっちがいいか?と言われると私としては海外版のほうが…w

P1290637.jpg
以上、トランスフォーマー ロストエイジより、オプティマスプライム プレミアエディションでした。
繰り返しになりますが、モノとしては海外版のファーストエディションそのものですw
こちらの場合箱のシールがちょっとギラつくので、箱もインテリアとして利用したい…
もしくは現在海外在住、な~んて場合はファーストエディション、
そうでなければプレミアエディション…という感じで選ぶといいかもしれませんな(マテ
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー ロストエイジ スロッグ G1カラーVer. (GENERATION 1 SLOG)
  • トランスフォーマー ロストエイジ ハウンド(AUTOBOT HOUND)
  • トランスフォーマー ロストエイジ バンブルビー&ストレイフ(BUMBLEBEE&STRAFE)
  • トランスフォーマー ロストエイジ オプティマスプライム&グリムロック(OPTIMUS PRIME & GRIMLOCK)
  • トランスフォーマー ロストエイジ ドリフト(AUTOBOT DRIFT)
  • トランスフォーマー ロストエイジ FLIP AND CHANGE! グリムロック(GRIMLOCK)
  • トランスフォーマー ロストエイジ ファーストエディション オプティマスプライム(FIRST EDITION OPTIMUS PRIME)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーロストエイジ

     タグ: トランスフォーマー  ロストエイジ  AgeOfExtinction  オプティマスプライム  プレミアエディション  ファーストエディション 


    Comments:4 

    食玩レビュー.com ちゃぼ  

    相互リンクのお願い

    はじめまして、突然失礼いたします。
    食玩レビュー.com<http://shokuganreview.com/>というサイトをやってます、ちゃぼと申します。
    よろしければ相互リンクしていただけないでしょうか?

    2014/03/01 (Sat) 17:19 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマー ロストエイジ オプティマスプライムPEのレビューお疲れ様です。
    私もこのPE買いました!
    実際に手に取って見るとロボット・ビークルともに遊びやすくていいですな
    この新デザインのオプが映画「TF4」でどういう風な活躍をするのか今から楽しみです。

    2014/03/02 (Sun) 01:51 | EDIT |   

    tagoal  

    オプれす

    >ちゃぼさん
    リンクの件了解です。
    反応が遅くなってしまって申し訳ないです(;´∀`)
    すでに、追加作業の方は済ませておりますですよー。

    >Fネガさん
    たしかにガワ変形だし構造も簡単になってはいるんですが、扱いやすいのは間違いないんですよねw
    あとはこいつをいじりながら5月組の発売&本編の公開を待つとしましょう(゚∀゚)

    2014/03/08 (Sat) 20:10 | EDIT |   

    食玩レビュー.com ちゃぼ  

    相互リンクの件

    相互リンクありがとうございます!
    まだまだ駆け出しですが、これからもよろしくお願いします。

    2014/03/09 (Sun) 19:04 | EDIT |   

    Leave a comment