またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

28
年末ー。
ということで、昨日はたいていの職場では仕事納めだったんではないかと思います。
私のところもそうでした…が、最後の最後で追い込みが('A`)<最終日に半徹夜→早朝仕事とかもうね
ともあれ、今年のお仕事ももう終わりなのであとはだらだらして帰省してー、といったところですw

さて、そんなこんなで今回のネタへ。
トランスフォーマーのGENERATIONSより、ドレッドウイングです。
_1230569.jpg
今年中の更新は今回とあと1~2回、ってところですかねー。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1230580.jpg_1230584.jpg
と、いうことで今回はトランスフォーマーGENERATIONSよりドレッドウイング。
以前うちで海外版を紹介し、すでに国内版でメガトロナスとして発売もされている
IDW版準拠メガトロンのりデコアイテムになりますね。

_1230590.jpg_1230591.jpg
_1230592.jpg_1230599.jpg
ビークルでぐるっと。
メガトロンの同型ということで、ステルス機になっております。
ステルス機つながりで、カラーリングはG2版ドレッドウイングを意識した感じに。
元ネタと比べると、いささか紫よりですけどね。
なお、コクピット横にあるインシグニアもきちんとG2版準拠になっておりますよw

_1230616.jpg
ここで、パッケージ裏の話に。
超ざっくり訳するとこんな感じです。
”ドレッドウイングは昔からディセプティコンに仕え、その力を捧げてきた。
 ディセプティコンに決定的な勝利をもたらすための重要な実験について
 ショックウェーブが話を持ちかけてきた時、ドレッドウイングは異論なく彼に付き従った。
 自身に待ち受ける運命に何の疑念を持つこともなく…”
なーんか嫌なフラグ立ってますが、これ付属のコミックを踏まえた話になってますね。
そしてそのフラグはしっかりと…(;´∀`)

_1230625.jpg
それでは、ロボットモードへトランスフォーム。
まず左右の翼を取り外し。ここは後で武器になりますね。
翼を外したら、機体の一番外側のブロックを左右へ開き、先端にある手首を引き出します。

_1230629.jpg
次に、更にもう一段内側のブロックを展開。
折れ曲がっている部分をひねって反転しつつ、真っすぐ伸ばします。
その後つま先と膝アーマーを展開、付け根にある腰パーツを機体尾部側へ移動。
ロボの下半身にします。

_1230632.jpg
下半身ができたら立たせて、コクピット左右のブロックを左右に展開→さらに上下にも分割します。
そのままコクピット部分を折り曲げ、顔を出しつつ腰パーツとジョイント。
コクピット左右のブロックのうち、上側のパーツを顔の横辺りに接続、固定します。
あとは各部を調節してあげれば出来上がり。

_1230642.jpg_1230645.jpg
ロボットモード。
手足の水色の部分がはっきり出てきて、よりG2風味に近づきましたね。
G2ドレッドウイングとしては、かなりスマートな体型してますがw

_1230648.jpg_1230654.jpg
_1230658.jpg_1230661.jpg
ぐるっとひと回り。
頭が新規パーツになっていますが、胴体はメガトロン(国内版メガトロナス)の色ちがい。
元ネタのG2ドレッドウイングが後にメガトロンとして流用される予定があった(そしてポシャった)
わけですが、今回は逆パターンにw

_1230663.jpg_1230664.jpg
顔周り。
G2ドレッドウイングに風味の顔にリデコされております。
これがなかなかいい感じの雰囲気ですw

_1230667.jpg
目はクリアパーツで、集光ギミックあり。
大きなゴーグル目ですから、集光ギミックの効果は抜群ですねw

_1230676.jpg
腕周り。
当然ながらメガトロンから形状は変わっていないわけですが、
色分け自体が派手目だったり肩の色分けも変わっていたり、とちょっと感じが変わってますね。
そういえば、メガトロンの時「肩の後ろのパーツが動くけど扱いがわからない」と
書いていたんですが…問題のパーツ、今回の説明書ではもう完全に無視されてますw

_1230679.jpg
胴体。
正面からだとわかりにくいですが、胸の左右にG2仕様のディセプティコンインシグニアが。
さらに左右の胸パーツの前面が銀で塗られていたりと、
メガトロンよりちょっとだけ豪華になっているような気も…w

_1230685.jpg
背面。
ビークルが全翼機ということも一因ではあるんですが、
背負いものがない非常にスッキリした背中です。

_1230688.jpg
脚部。
例によってメガトロンと同じ形状なので、当時ここも気になっていた
ふくらはぎの開閉ギミックも当然健在…なんですが。
メガトロンと比べるとかなりキツ目になっているらしく、ほぼ動かなくなっています。
半端に動くから気になったわけで、こうやってほぼ固定状態であれば安心ですなw

_1230691.jpg
変形時に取り外した翼の一部は左右を合体させてブラスターに。
変形の際上部のレバーを引くと連動してニョキッと砲身が伸びるギミックは
なんだか癖になりますw

_1230695.jpg
このドレッドウイング、海外でのTF30周年記念シリーズの一体ですので
他の同シリーズのもの同様にコミックブックがついてきます。
今回ついてきているのはIDW版トランスフォーマーの現行シリーズの一つ、
Robots In Disguiseの第17話。
以前紹介したゴールドファイアの付属コミックの一話前になります…
といっても話に直接のつながりはないですがw
内容ですが、ショックウェーブがドレッドウイングを伴ってかつて自らが住んでいた
クリスタルシティ…の廃墟を訪れるところから始まっています。
ここに私の求める答えがある、的なことを言いつつ、ショックウェーブはドレッドウイングを射殺
そして自らの過去、クリスタルシティが健在だった頃の回想に入ります。
…ここまでで始まって3ページです。
このあとドレッドウイングは最後のページになるまで出てきません(;´∀`)

_1230699.jpg
回想の中身ですが、かつてのショックウェーブは<●>←こんな顔ではなく、
割とイケメンの普通の顔したロボットでした。
そしてIDW版TF界屈指の?マッドサイエンティスト、ジアクサスの弟子。
オメガスプリーム対巨大兵士、モンストラクター(ジアクサス製)の戦闘を見て何かを思いつつ、
少し時代が飛んでジアクサスたちが外界へ探査に向かった後(これはまた別シリーズの過去話)、
サイバトロン評議員のダイアトラスと仲良くなり、併せて同じ評議員のプロテウスとは反目したり。
さらに少し後、ダイアトラスにサイバトロン星のエネルギー資源には限界が有ることを説きます。

_1230702.jpg
そんなこんなしている一方で、強烈な保守派であるプロテウスと当時の指導者・ノミナスプライムの
コンビを嫌いつつ、後の指導者候補・オライオンパックスと知り合ったり。
そんななか、ノミナスはマトリクスに相応しくないと考えたプロテウスがノミナスを謀殺。
後釜に自らの傀儡としてセンチネルを据えます。
これに激しく反発したショックウェーブは反逆者とされ、EMPURATA(読めないので原語まんまでw)
という刑に処されることに。具体的には、体のパーツを強制的にしょぼいのに交換させられる刑です。
さらに、シャドウプレイという頭の中をいじられる刑まで追加。これにより<●>顔で無感情な、
今のショックウェーブの姿になってしまったという流れ。

_1230705.jpg
その後評議会の場でダイアトラスとプロテウスの「サイバトロンのエネルギーは無尽蔵か否か」
という論争であえてプロテウスに付き、上の監視から逃れたところでディセプティコンからスカウト。
かつて師匠・ジアクサスが作り上げたモンストラクターのような巨大合体兵士がほしい、
というメガトロンに求められ、研究に従事するうちに師匠同様のマッドサイエンティストに…
そしてオライオンと決別したりもしつつ、ディセプティコンの拠点がある都市・ケイオンに
評議会メンバーがやってくるのでそこを襲撃して決起の狼煙としたい、
ついてはいい腕くっつけてやるから合体兵はよ!と急かすメガトロンに
片手だけ普通のいい腕、もう片手はブラスターにしてもらってかつての友にして評議員の一人、
ダイアトラスの元を訪れ、自宅で重症を負わせます。
負傷させることでケイオン行きを中止させ、決起に巻き込まれないようにしたわけです。
(ここで「これが私の最後の感傷だった」と…)

_1230708.jpg
その後はディセプティコンとして最前線で闘いつつ研究を続行。
<●>になる前から研究していた「種」と彼が呼ぶ特殊な鉱石?をいろいろな惑星で育て、
いろいろな効果を持った鉱石を生み出していたのですが、実はクリスタルシティにもそれがあり、
しかも最も効果の高いものができていた、と…ここでようやく話が冒頭に戻りますw
射殺されたドレッドウイングが、胴体の半分くらいある大穴が空いているままで息を吹き返します。
これこそがクリスタルシティの「種」、再生の力を持つ鉱石の力。
これを確かめるためにドレッドウイングを連れてきて殺したということのようです。
効果を確かめたショックウェーブは「最後の変革は我が手の中に…!」とほくそ笑むのでした。
…と、こんな感じです。
ええ、もう完全にショックウェーブが主役で、ドレッドウイングは脇も脇ですw
まーそもそも、この話ってサブタイトルが「Shockwaves」なんですよ…ほんとなんでこれを付けたんだとw

_1230714.jpg
かなり長々とコミックの方の話をしちゃいましたが、ここから可動の話。
とは言っても、メガトロンと基本的には同じになるんですけどね。

_1230718.jpg
まず腕回り、肩はボールジョイント。
前後方向は一回転可能、横方向は水平より少し下くらいまで広げられます。
また、変形機構の関係で若干上下に肩をスイングすることも可能ですね。

_1230721.jpg
上腕にはロール軸が設けられています。
肩と上腕の境目辺りで捻れるようになっていますね。
付属武器が直接腕にくっつけるタイプですから、ここのの捻りはなにげに大事ですw

_1230724.jpg
肘は90度曲げられます。
メガトロンの時はここが硬すぎて曲げるのに一苦労でしたが、
今回は程々でいいかんじですね。

_1230731.jpg
手首は変形機構を使っての曲げ伸ばしのみ可能です。
動く向き的にも、あまりポージングには使いでが…そもそも変形用ですしねw

_1230734.jpg
続いて下半身。
股関節はボールジョイント接続です。
前後方向は胴体と足がぶつかるまで、水平よりだいぶ上、
開脚方向は真横まで、とかなり高いところまで脚を上げられるようになっていますよ。

_1230740.jpg
太もも、と言うか膝のすぐ上のところにはロール軸。
ここで足を捻ってやることが可能です。
もうこのへんは完全に定番状態ですが、やっぱりあると便利です。

_1230746.jpg
膝は180度近く曲げることが可能。
もともと変形の時に180度曲げているわけですし、当たり前といえば当たり前ですかねw

_1230749.jpg
足首はつま先と踵をそれぞれ曲げ伸ばし可能です。
横方向には可動軸がないため、開脚すると足の外側側面がある程度浮いてしまいますが…
脚の捻りでごまかしも効きますし、形状的に案外目立たなかったりしますなw

_1230752.jpg
頭部はボールジョイント接続です。
左右方向へは特に引っかかる部分もなく一回転でき、
上下方向にも視線を振れるようになっています。
メガトロンより頭が丸っこいせいか、頭を傾ける動きがだいぶやりやすいですね。

_1230759.jpg
胴体には可動軸なし。
この変形パターンの場合、可動軸をしこめという方が無茶ですかねw
手足がかなり大きく動かせますから、そっちの動きでごまかしていきましょう。

_1230763.jpg
全体的には、胴体は動かないけど手足頭はよく動く…
という、割と最近のデラックスクラスの標準のような動きっぷりと言っていいんでないでしょうか。
関節の保持力はちょっと固めかな?というくらいですが、このくらいなら問題ないかとw

_1230764.jpg
リデコ元のメガトロンと@ビークル。
この状態だと、もう色だけの違いですね。
とは言えドレッドウイングはかなり派手目で、G2風の特徴がよく出ておりますw

_1230765.jpg
ロボットモードでメガトロンと。
こうやって見ると、やっぱりG2のドレッドウイングとしては細身ですな。
付属のコミック見ると体系的にはこんなものなので、
IDW版としてはいい感じの再現度合いではありますけどもねw

_1230766.jpg
まぁ、そもそも単体で見れば十分いい感じ…というか、
ふっつーにカッコいいロボットではありますしね。
顔なんかがなまじ似ているだけに、ちょっと元ネタのイメージに引っ張られやすいのかもしれません(;´∀`)

_1230767.jpg
以上、トランスフォーマーGENERATIONSよりドレッドウイングでした。
ベースになっているメガトロン同様、出来自体は実にいい感じですよw

amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー GENERATIONS スカイワープ(SKYWARP)
  • トランスフォーマー GENERATIONS スクープ(AUTOBOT SCOOP)
  • トランスフォーマー GENERATIONS アルマダスタースクリーム(ARMADA STARSCREAM)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ミニコンアサルトチーム(MINI-CON ASSAULT TEAM)
  • トランスフォーマー GENERATIONS スキッズ(AUTOBOT SKIDS)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ゴールドファイア(GOLDFIRE)
  • トランスフォーマー GENERATIONS サンダークラッカー(THUNDERCRACKER)
  • トランスフォーマー GENERATIONS ホイスト(HOIST)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGENERATIONS(Thrilling30)

     タグ: トランスフォーマー  海外  GENERATIONS  ディセプティコン  ドレッドウイング  メガトロン  リデコ  IDW 


    Comments:5 

    さすりゅ~  

    No Title

    IDWコミックの設定とは言えショックウェーブが生まれつきモノアイ顔でなかった事が一番ビックリしましたね
    恐らくラットバット議員以上に玩具で出されると誰てめぇ状態に…
    腹に風穴開けられたドレッドウイングはプライムのドレッドウイングの最期のオマージュでしょうか?

    メガトロナスと比較して武器に若干の改修があった事に気づきました
    武器を展開させるレバーの裏なんですがメガトロナスのは真っ平らだったのにドレッドウイングのは若干削られています
    メガトロナスを初めて触った時武器を元のウイングに戻す時引っ掛かって戻すのに苦労した事があったのでその対策かもしれません

    しかしコミックで登場すらしなかったとは言えドレッドウイング一人だけリメイクってのもちょっとさみしいです
    G2スモークスクリーンも何らかの形でリメイクして欲しいのですが…

    2013/12/28 (Sat) 11:29 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマー GENERATIONS ドレッドウイング(DREADWING)のレビューお疲れ様です!
    トランスフォーマーG2以来のまさかの「ドレッドウィング」が海外のジェネレーションズのラインナップに登場ですな!
    国内では一度ムービーの頃に「マインドワイプ」のリペで登場しましたがこっちはステルスメガトロンのリデコで当時品のやつよりもスリムなスタイルになってるのがまたw
    リデコされた頭部と胸の両側にあるG2ディセプティコンマークがステルスメガトロンとまた違うキャラクター性を演出していて可動性も合わせて良リデコな一品に仕上がってると思います。

    2013/12/29 (Sun) 02:01 | EDIT |   

    Aquness  

    No Title

    こんにちは

    このタイプは細身ながらマッシブな体型でかっこいいですね
    ブラスターもSFチックな造形でいいです
    並べて見るとメガ様は黒騎士っぽく見えます
    IDW版で剣闘士設定があるのかは知りませんが

    コミックの内容は完全にショックさんが主役で「ドレッドウィングとは何だったのか」となりますね(ぇ
    でも「大体のTFが普通の顔なのに何故ショックウェーブだけ<●>なレトロなロボ顔なのか」という補完は納得できます
    それにしても身体のパーツを劣化版に置き換える刑とか、なかなかエグい…
    ショックさんの科学力なら自力で上位互換パーツに取り替えてそうですがw

    一年間お仕事お疲れ様でした
    失礼しました

    2013/12/29 (Sun) 11:40 | EDIT |   

    さすりゅ~  

    No Title

    ※追記

    この型を触った事がある人はとっくに気付いてるかもしれませんが
    引っ掛かった理由がレバーではなく収納された5mmジョイントが引っ掛かって伸縮できなくなると言う事に今になって気付きました
    じゃあどうしてレバー側に改修を…?

    2013/12/31 (Tue) 21:18 | EDIT |   

    tagoal  

    ドレッドれす

    >さすりゅ~さん
    若ショックウェーブは<●>の面影がかけらもないですからねえw
    腹の風穴はどうでしょう…確かにIDW版は過去作のオマージュよく突っ込んでくるので、ありえるかもですなw
    改修部分に関しては全く気付いてなかったですな~…あとで見てみます(;´∀`)

    >Fネガさん
    G2時代の没ネタを再び!ということで、ある意味予想外ですが予想通りでもある、みたいなブツですねw
    G2版はほんとに色変えだけの予定だったようなのですが、今回は
    ちゃんと区別がつくのもうれしい部分です(ソコカイ

    >Aqunessさん
    うほっ!いい細マッチョ(殴
    元剣闘士設定はIDW版でも…むしろこっちが元祖だったような気もします。
    剣闘士というか、地下格闘場の闘士というか(ソレハ バキ
    コミックの内容がショックさん主役なのはほんと吹きますが、かといって
    ドレッドウイング主役の話ってあったっけ?という話も…w
    パーツ取り換えの刑に関しては、自分で元通りにやれないこともないんでしょうけども…
    当時のサイバトロン社会はその辺のパーツ構成とかオルトモードの種類とかで身分が決まるので、おそらく勝手に替えるとさらに罪状が上乗せされちゃうんでしょうね。

    2014/01/09 (Thu) 18:57 | EDIT |   

    Leave a comment