またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

08
今回のゾイド集中週間(?)も今日でお終い。
てか、今後はあんまり意識して固めるのはやめておくことにします・・・
TFの方が飽和状態にw
かといってまたTF集中やると今度はゾイドが飽和しますし(;´∀`)
てきとーに、気の向くままにが一番ですねw

何はともあれ、今回は1月末発売ゾイドのトリ。
リバースセンチュリーから、クリムゾンホーンです。
P1080469.jpg
箱がでかいんですよね、これ・・・w

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください(;´∀`)

P1080520.jpg
というわけで、今回はクリムゾンホーン。
ゼネバス帝国がレッドホーンを改修して誕生した、惑星Zi大異変後の磁気嵐に対応した
唯一の大型ゾイドです。
キングゴジュラス由来のオーバーテクノロジーをつぎ込まれた高性能機・・・ということですが、
リヴァースセンチュリーの50年後が舞台の新バトストではレッドホーンに戻っちゃってるのは何故にw
ティガゴドスといい、もう新バトストにつなげる気無いのかもしれませんけどね・・・

P1080523.jpg
右から。
物としては、往年の名ゾイド・レッドホーンのリデコになります。
カラーリングおよび頭部と背中の武装が変更になっただけなんですが、
変更部分のボリュームがものすごいため見た目はほとんど別物に。

P1080525.jpg
左から。
真横から見ると、まだレッドホーンの名残があるんですけどね。足とか尻尾とか。

P1080530.jpg
正面から。
頭が巨大化しているので、胴体がほとんど見えませんw

P1080533.jpg
後ろから。
この角度からだと、レッドホーンと共通のパーツが多く見えています。

P1080536.jpg
上から。
背中の武装が目を引きます。
レッドホーンに比べてかなり重装備に。

P1080537.jpg
下から。
腹回りはレッドホーンから変化はありません。

P1080540.jpg
顔のアップ。
かなりいかつい顔です。レッドホーンよりも面長になってたりします。
顔のまわりの金色のパーツは、六連装加速荷電粒子偏向砲。
ついにレッドホーン系列に荷電粒子砲装備です((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
・・・なんで50年後は装備やめちゃったんだろうw

P1080543.jpg
メインコクピットは頭部。かなり天井が高く、快適そうです。
レッドホーンより目が大きく、クリアパーツの色も明るめなので、キャノピーを閉じても
目から中がうっすうら見えて良い感じ。

P1080544.jpg
六連装加速荷電粒子偏向砲は、手動にて可動。
真っ正面は向けないんですが、「偏向砲」というだけに曲げてくるんじゃないでしょうか、
荷電粒子砲。ホーミングレーザーな感じで格好良いかもしれません。

P1080547.jpg
尻尾まわりはレッドホーンのまま。
他の部分はあれだけがっちり重装甲化しているのに、尻尾の先の銃座は相変わらず野ざらしw
ゾイド伝統のパイロットに優しくない座席は健在です(;´∀`)

P1080546.jpg
クリムゾンホーン最大の特徴の一つ、背中の武装ユニット。
合計16門の砲塔を搭載し、まさに歩く要塞と化しております。
前方・中央・左右の砲塔は歩行時に連動して動きます。
それも、旋回後少し間をおいて逆方向に・・・というなんとも重厚感のある動作。いいですよこれはw
さらに・・・

P1080550.jpg
手動で両サイドの対ゾイド3連リニアキャノンが展開、格闘専用のアームに!
これがゆくゆくはジェノブレイカーのフリーラウンドシールドに発展していくのかなー、などと
想像をかき立てられますが・・・なんでレッドホーンにもd(ry

P1080552.jpg
このアーム、結構可動範囲は広いです。
一応、顔の前まで腕が伸びます。
正面は角で対応すればいいわけなので、両面にアームを伸ばして格闘することはないとは
思いますけどねw

P1080555.jpg
保持力もけっこうなもの。
見ての通り、ドスゴドスくらいなら首根っこつかんで持ち上げられます。
ちゃんと浮いてるんですよこれ。

P1080556.jpg
今回のリデコのおかげで、レッドホーン系のくせに(失礼)なんだかボスクラスの威厳と強さを
得てしまった感じがしますw
実際ストーリー上も何だかボスキャラっぽいですし。

では、恒例の動画ですw

高画質版はこちら
背中の砲塔が動いているのが見え・・・づらいですねw
高画質版で見るとはっきり分かるんですが・・・

P1080557.jpg
P1080558.jpg
このクリムゾンホーン、ちゃんとレッドホーンのパーツも全部入っており、レッドホーンとしても
組み立てられます。この場合、名称はレッドホーンカスタムということに。
比較用に、下にクリムゾンホーンの写真も並べてみました。
顔も完全に変わってますし、もはや別物w

P1080559.jpg
以上、クリムゾンホーンでした。
毎度毎度渋いところをついてきてうれしい&お勧めなリバースセンチュリー系ではありますが、
お値段が・・・レッドホーンカスタムとのコンパチであることを考えても5000円は結構財布にキますw
もちょっと安ければ、2体買ってクリムゾンとレッドホーンで組んで遊ぶんですが・・・
amazon
    
関連記事一覧
  • ZOIDS マーダTS(暗黒軍仕様)
  • ZOIDS GRZ-013 ガルタイガーGC
  • ZOIDS HRZ-012 キングライガー
  • ZOIDS HRZ-010 ティガゴドス
  • ZOIDS GRZ-009 ヴァルガ 共和国仕様 (e-Hobby限定 Z-02)
  • ZOIDS HRZ-005 ドスゴドス オールドカラーバージョン(e-Hobby限定 Z-01)
  • ZOIDS HRZ-008 バリゲーターTS
  • ZOIDS GRZ-009 ヴァルガ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:ZOIDSリヴァースセンチュリー

     タグ: ゾイド  リヴァースセンチュリー 


    Comments:3 

    れっど あらあと  

    クリムゾンホーン、なかなかカッコイイですね。
    いちおう、補足ですが、新バトストのレッドホーンは赤いダークホーンで、武装以外はダークホーンと同等の性能だそうです。
    新バトスト初期は平和な時代ゆえに、武装を省略していたとも考えられますが・・・
    新バトストに繋がらない可能性もありますね。

    2009/02/08 (Sun) 20:19 | EDIT |   

    鉄人00  

    紅蓮

    本当に別物ですね コレは。
    ドレッドヘアのオッサンに見えて仕方ありませんが。
    デッドリーみたいな隠し腕も面白いっす。
    後は値段が…千円安ければすぐに買いますよ…

    2009/02/08 (Sun) 22:15 | EDIT |   

    tagoal  

    レスレス

    >れっど あらあとさん
    まずは、相互リンクありがとうございますm(__)m
    ダークホーン・・・記事書いてる最中すっぱり忘れてました(マテ
    そういえば、ガイロス製なのになぜダークホーンベースじゃないんでしょうか(;´∀`)
    キット的にはどっちでも同じですがw
    多分クリホに関しては、ガンダム0083のGPシリーズ的扱いになる
    んじゃないかと予想してます。
    オーバーテクノロジー絡みで難癖付けて無かったことに・・・
    >鉄人00さん
    ギミック満載でお勧めですよ。
    値段は・・・量販店で買えば最初から2割引くらいにはなってるので
    そこで何とか・・・w

    2009/02/08 (Sun) 23:21 | EDIT |   

    Leave a comment