またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

23
メディアプレイヤーの老舗フリーソフト、Winampが来月で配布を終了するとか。
MP3の広まりの一翼を担った、といってもいいプレイヤーで、
私も大変お世話になってる(っていうかまだ使ってる)プレイヤーなんですけどねえ…
学生時代、まだWindows98とか使ってた頃はほとんどこれ一択って感じでしたし。
当分は最終バージョン使い続けるとして、その後は何に乗り換えて行くべきか…(;´Д`)

と、時代の流れを感じつつ今回のネタへ。
VooVの変わり種、ブーブガーディアンロボです。
_1190275.jpg
割とネタのつもりで買ってみたんですが(マテ、これが結構なかなか…!

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1190360.jpg_1190361.jpg
ということで、今回はブーブガーディアンロボ。
ブーブといえば車をくるっと裏返すと別の車に変身!な玩具なわけですが、
そこにまさかの合体ロボ登場ですw
モノとしては専用の5台のブーブ(ブーブガーディアン)とロボのコアになるユニット・ペンタクラウドからなるセット。
まずは車の1つめ、パトカーです。

_1190362.jpg_1190363.jpg
_1190364.jpg_1190365.jpg
ぐるっとひと回り。
このパトカー以外のガーディアンは通常製品の基本形+SFマシンの組み合わせなんですが、
こいつだけ変身前の車種が「パトカー」。実際、元車種がよくわからんのですよね…(;´∀`)
従来製品のカタログと見比べると、フェアレディZのパトカーのフロントを変えたものっぽくは見えるんですけども。

_1190367.jpg_1190368.jpg
ところでこのセット、ある程度塗装はされているんですが細かいところはシールで賄う形になっています。
…ということで、シールを貼る前のパトカーはこんな感じ。
むしろシールを貼る前よりモールドはしっかり見えますし、これはこれでw

_1190370.jpg
では、変身です。
サイドを開いてボディを持ち上げ、全体を裏返して元通り閉じてやればOK。
ほか2体の一般車両タイプも、手順は完全に同じです。

_1190380.jpg_1190381.jpg
パトカーから変身完了して、パトヘッダーに。
ガラリと雰囲気が変わって、特撮ヒーロー物系統のデザインにw
高性能コンピュータ及び分析機器を装備し、協力な通信機能を持つ多機能指揮車…という設定です。

_1190382.jpg_1190383.jpg
_1190384.jpg_1190385.jpg
ぐるっとひと回り。
ほんと、一気にSFなデザインになりましたなー…w
天井部分に銀のパーツが見えますが、ここにガーディアンロボの頭部が収まっておりますw

_1190387.jpg_1190388.jpg
シール無しのパトヘッダー。
側面にあったブーブガーディアンのマークが無くなりました。
ところでこのシール、食玩なんかによくついてくる紙シールなんですよね…
ちょーっと耐久面あたりでは不安があるかもしれません。

_1190390.jpg_1190391.jpg
続いて二台目、日本交通タクシー。
首都圏在住の方には割とおなじみのタクシーですなw
尾部に黒いパーツが有りますが、これはブーブのファーストライドシリーズ特有のパーツ。
構造の簡略化・共通化を図るもののようですが、今回はこれを合体ジョイントに使うという
ハジけたアイデアが炸裂しておりますよw

_1190392.jpg_1190393.jpg
_1190394.jpg_1190395.jpg
ぐるっとひと回り。
シールでの再現になりますが、ちゃんと車体側面に「NIHON KOTSU TAXI」の文字とマークがw
なお、車種的には多分セドリックになるかと思われます(公式ページより)。

_1190397.jpg_1190398.jpg
シール無し状態。
天井部分のNマークこそありますが、あんまり日本交通っぽくは…w
こいつに関しては、シールはあったほうがいいですな。

_1190400.jpg_1190401.jpg
日本交通タクシーをくるっと裏返して、パトハイヤーに変身。
ガーディアンロボの左腕担当となる装甲要撃車で、対物ライフルの弾に耐え
1000tの荷重にもびくともしないとか。
「乗客も絶対安全だ!」って書いてあるんですが、緊急時にお客乗せっぱなしですか…w

_1190402.jpg_1190403.jpg
_1190404.jpg_1190405.jpg
ぐるっとひと回り。
黄色かったタクシーのからブルーメインの色になり、シルエットもゴツくなりましたね。
このガラッと雰囲気が変わるさまはなかなか楽しいですw

_1190407.jpg_1190408.jpg
シール無しのパトハイヤー。
違いは側面のエンブレムの有無だけですね。

_1190410.jpg_1190411.jpg
続いて三台目。
RX-8です。
5台の中で唯一の、いわゆる「はたらく車」じゃない普通仕様の車になりますな。

_1190412.jpg_1190413.jpg
_1190414.jpg_1190415.jpg
ぐるっとひと回り。
変身後の青い部分がちょっと見えちゃってるのはアレですが、
まーそこまで精密さを求められるものではないですしね…w
ぱっと見でしっかりRX-8に見えますし、十分でしょうw

_1190420.jpg_1190421.jpg
クルッと裏返して、パトレーサーに変身。
ガーディアンロボの右腕となる高機動追跡車で、爆発的加速を得る
カートリッジ式ボルテクスチャージャーと垂直の壁さえ登れる
ハイパーグリップタイヤを装備、ターゲットをどこまでも追跡する
…と設定されておりますよ。

_1190422.jpg_1190423.jpg
_1190424.jpg_1190425.jpg
ぐるっとひと回り。
タクシー同様、こちらもボディカラーがガラッと変わって青白に。
しかしこのガーディアン状態、どことなくトミカレスキュー系を思い起こさせますな…バンダイ製ですけどもねw

_1190427.jpg_1190428.jpg
シール無しのパトレーサー。
側面のエンブレムがなくなっただけです。
…なんですが。他のやつと違って、こいつのシールだけは本体の塗装を全く考慮していない
真っ白にエンブレムのみなので、ちょっとシール貼ると浮いている感が…(;´∀`)
少し上下をカットするか、そもそも貼らないほうが見栄えはいいかも。

_1190430.jpg_1190431.jpg
4台目、いすゞのGIGAMAXです。
多分どこかしらで実際に使われているモデルがあるような気はするんですが…どこでしょうね(;´∀`)
見ての通りのトラックですので、ここまで紹介した三台よりは大きめになっておりますよ。

_1190432.jpg_1190433.jpg
_1190434.jpg_1190435.jpg
ぐるっとひと回り。
前述のとおり、どこ仕様の再現なのか、はちょっとわかりませんですな(;´∀`)
ただ、黄緑のキャブ自体は割と一般的なものみたいです…
調べた範囲だとちょっと色が綺麗すぎる気もしないでもないですがw
なお、このGIGAMAX状態に関してはシールはありません。

_1190439.jpg
では、クルッと裏返して変身。
運転席部分はまるごと入れ替わります。
トラックタイプは通常車タイプと微妙に違うので一応…w

_1190440.jpg_1190441.jpg
パトローダー。
ガーディアンロボの右足になる、遠隔転送車です。
荷台の外装が転送装置になっており、変身と同時に積んでいた荷物は転送、
その後は基地から装備を取り寄せる…ということです。
荷台の容積以上のものも転送可能だ装で、なんかめちゃくちゃ便利ですぞ…w

_1190442.jpg_1190443.jpg
_1190444.jpg_1190445.jpg
ぐるっとひと回り。
キャブの部分もまるごと入れ替わってますから、もう全然別物状態ですね。
荷台上面のデザインが後ほど紹介するパトキャリアーと似た感じになっており、
まさにロボの脚担当~と言った感じです。

_1190447.jpg_1190448.jpg
シール無しのパトローダー。
荷台に結構な量のシールを貼っていますので、
だいぶ雰囲気変わりますね。
シール無しだとかなりシンプル。

_1190450.jpg_1190451.jpg
5台目、日野レンジャー。
荷台側面にある「BLP」のロゴは、バンダイ系列の運送会社・バンダイロジパルのものですね。
ここはバンダイならでは、といったところでしょうかw

_1190452.jpg_1190453.jpg
_1190454.jpg_1190455.jpg
ぐるっとひと回り。
ロジパルのロゴは片一方だけに描かれています。
これ、実際の車はどーなんでしょうね…?

_1190460.jpg_1190461.jpg
クルッと裏返して、パトキャリアーに変身。
ガーディアンロボの左足になる慣性制御車で、荷台に慣性制御装置を装備。
ロボット時の着地の衝撃を和らげたり、逆に反動を強めてキック力を上げたり、といったことが可能だそうです。
つまりアレです、走るイナーシャルキャンセラー…!

_1190462.jpg_1190463.jpg
_1190464.jpg_1190465.jpg
ぐるっとひと回り。
シルエット自体はパトローダーと似通っていますが、
フロントガラスの分割何かを見ると、こちらのほうがよりSFチックな感じに…w

_1190467.jpg_1190468.jpg
シール無しのパトキャリアー。
5台の中で、一番シール貼ってますねこいつw
側面はかなりモールドをシールで潰すので、貼る際にはきちんとモールドに
シールを押しこむようにしてやるとだいぶ見た目に違いが…

_1190500.jpg_1190501.jpg
さて、5台紹介し終わったところで続いては合体の要であるコアパーツ、ペンタクラウドへ。
ロボットの他にも二つの形態を取ることが可能です。
まずは基地モード、ペンタステーションから。

_1190502.jpg_1190503.jpg
_1190504.jpg_1190505.jpg
ぐるっとひと回り。
四足で立っているような感じになっています。
また、中央の司令塔のようになっている部分は取り外してまっすぐに伸ばすと
独立したジェット機になりますよ。

_1190507.jpg_1190508.jpg
シール無しペンタステーション。
白かった部分は大体シールです。
そのため、シール無しだと真っ青に…w

_1190510.jpg
基地モードと言っても、車両が格納できたり…と言ったギミックはなし。
ですが、こうやって単に並べるだけでも結構雰囲気出ますよねw

_1190511.jpg
ペンタクラウドへ変身。
4つ脚のうち、手前に出ていた分の先端…ガウスキャノンと、側面のウイングパーツを取り外します。
前脚部分は閉じて根本の装甲を脚部側へ展開、後ろ脚部分は90度回して先端部分を前方に。
この状態でウイングパーツを左右逆に取り付け、
ガウスキャノンは砲口が前に向くように取り付け直します。
最後にジェットのコクピット部分を一旦上に伸ばした後、根元部分から
折り曲げて前方に向けてやれば、変身完了です。

_1190520.jpg_1190521.jpg
ジェット機モード・ペンタクラウド。
「ペンタクラウド」とは、実際にはこの形態のことを指します。
レスキューマシンのはずなんですが、割と物々しいデザインをしていたり…w

_1190522.jpg_1190523.jpg
_1190524.jpg_1190525.jpg
ぐるっとひと回り。
他の形態でも思いましたが、なんとなくアニメ系というよりは特撮ヒーロー系メカの雰囲気が…w
底面には車輪があるので、こいつも他のブーブと一緒に転がし走行させて遊ぶことも出来ますよ。
(;´∀`)<大きさに偉い差がありますけども

_1190527.jpg_1190528.jpg
シール無しペンタクラウド。
…コクピットの左右変形忘れてますね(;´∀`)
ペンタステーションと同じく、白い部分が少ないので非常に青々しいですw

_1190530.jpg
ところで、なんですが。
自動車5台に関しては変身後の設定がわりと細かく記載されていたんですが、
ペンタクラウドに関してはあんまり見当たらないような…?
とりあえず、空飛ぶ司令室!とは言われていますけどもね(;´∀`)

_1190550.jpg
さて、ペンタクラウドまで揃ったところでロボットへ合体。
まずパトローダー&キャリアーの脚担当組は一旦ボディを展開して
運転席部分を90度折り曲げ。ここがつま先になります。
そして前輪部分にガウスキャノンをくっつけて踵に。
ガウスキャノン、キャノン砲としてより足の一部として使うことが多いという…(;´∀`)

_1190551.jpg
続いてパトレーサー&ハイヤーの腕組。
こちらも一旦ボディを開くと、シャーシ部分に指パーツが隠れているので
それをフロントからだし、ボディは元に戻します。

_1190552.jpg
さらに、パトヘッダー。
こいつは天井から顔をだし、正面に向けてやればOKです。

_1190553.jpg
そしてペンタクラウド。
機体後部を展開し、マルチキャノン(翼の根本についてるキャノン砲)を90度立てます。
ジェットは一旦取り外して、機体を開いた部分を上に立てて…

_1190554.jpg
各手足担当の後部の土台パーツを、ペンタクラウドの手足の先に連結。
パトヘッダーは機体を展開した部分にまっすぐ収め、ペンタステーションの時と
同じ状態にしたジェットをパトヘッダーから引き出した顔パーツにかぶせます。
あとは手足の向きを調節してやれば出来上がり。

_1190560.jpg_1190561.jpg
ブーブガーディアンロボ。
青白でまとめられた、かっこいいロボットに仕上がっております。
しかしこれ、最早ブーブの面影が…w

_1190562.jpg_1190563.jpg
_1190564.jpg_1190565.jpg
ぐるっとひと回り。
ちょっと銅が短いかな?という気もしますが、体型としては
それほど無茶をしているわけでもない…ですよねw

_1190567.jpg_1190568.jpg
シール無しガーディアンロボ。
かなり青青しておりますw
ただ、これはこれで悪く無いとは思いますけどね。
モールドがしっかり彫られていますし、ここから追加塗装するというのも手かもしれません。

_1190570.jpg_1190571.jpg
顔周り。
目のゴーグルはクリアブラックになっていまして、よーく見ると中身の目が見えます。
パッケージ写真なんかだとほぼ透明で目がはっきり見えるので、ちょっと印象が違うかもですな。
なお、ヘルメット部分がパトヘッダーにガッツリ刺さって固定されているため、首の可動は皆無です。
(;´∀`)<最近のうち、このパターンのロボ多いですな

_1190572.jpg_1190573.jpg
腕。
肘から先がガーディアンたちですね。
設定上左右の担当がありますが、実際のところはジョイントが完全に共通なので、
別に左右ひっくり返しても全然問題はありません。

_1190574.jpg
ちなみにパトハイヤー&レーサーに限り、シャーシの裏側に
地味~に親指のモールドが…w
手指のパーツが入っているのはこの二台だけですから、他には不要ではありますがw

_1190575.jpg
胴体。
前述のとおり、ちょっと短めです。
もうちょっと対象年齢の高い玩具なら胴体の伸縮なんかを仕込むところでしょうけども、
対象年齢三歳ですからな…(;´∀`)
そもそもこの状態でもそんなに違和感あるわけでもないですし、まーこれはこれで。

_1190576.jpg
背中。
ペンタクラウドの時に転がし走行に使う車輪が見えていますね。
ロボット以外でも重に底面になるところなので、色わけもなく非常にシンプル。

_1190577.jpg
脚部。
膝から先がガーディアンです。
変形手順を見ると分かる通り、足首はまるっきり動かせません。
…が、後述しますが割りと他の部分が動くので…w

_1190580.jpg
手足になるガーディアンたちは、車体後部にある
土台パーツの延長になっている部分で合体しています。
そのため、通常の車の状態でも特に問題なく合体可能。
というか、合体したまま変身できますw
そしてこちらが手足を変身させた状態でのガーディアンロボ。これもこれであり…
というか、なんだか一気にトランスフォーマー系っぽくw

_1190581.jpg
さらに、合体ジョイントに使っている土台部分は
通常のブーブのうちFR(ファーストライド)シリーズのものと同一。
つまり、ファーストライドシリーズは手足にくっつきます。
ただしトラックタイプは脚限定、普通車は腕限定の他、
形状の関係で使いづらい・使えないものもある程度ある模様。
また、ロボ頭はパトヘッダーにしかないのでここも固定ですね。
パトヘッダーを腕にくっつけることも可能は可能なんですけどもね…w

_1190583.jpg
我が家のいろんなロボ玩具・模型と大きさ比べ。
大きさとしては、トランスフォーマーでいうところのヴォイジャークラスより
一回り大きい程度ですね。
何気に、同じ合体ロボであるTFのユナイテッドEx(もしくはパワーコアコンバイナー)
の合体形態と合わせるといい感じのサイズだったり。

_1190600.jpg
可動に関して。
せいぜいDX戦隊ロボくらいの動きっぷりだろう、と高をくくっていたんですが、
予想外なことに(動く部分は)そこそこ動くという…!

_1190601.jpg
まず腕周り。
肩は前後回転がクリック式(45度刻み)、横方向は
水平より30度くらい上まで腕が上げられます。
肩のウイングパーツを避けてやればもう少し、45度くらいまではいけますね。

_1190602.jpg
上腕部分にはロール軸あり。
実のところ変形のためでもある可動なんですが、かなり重宝します。
そして、肘は30度位ですが曲がります。
ほんのちょっととはいえ、任意で曲げられるってのは大きいですw

_1190603.jpg
手首は可動なし。
まぁ、そもそも手首らしい手首のないデザインですしね…w
腕担当を通常FRシリーズにしたりも出来ますし、
手首はもう考えるだけ詮ないという。

_1190604.jpg
続いて下半身。
股関節は二軸式の関節。
前方向は45度刻みに(と言っても結構中間でも止まりますがw)水平まで、
後方は前よりもう一段曲がるので45度上まで脚が上がります。

_1190605.jpg
開脚方向は45度位開くのが限界ですね。
太ももに出っ張りがあるので、そこで引っかかってしまいます。
また、脚のロールは一切ないので、
この股関節周りの動きである程度ごまかす形になりますね。

_1190606.jpg
前述のとおり、足首は固定。
首・胴体も同様です。
このへんはまぁ、対象年齢の問題なんかもありますわな。

_1190607.jpg
と、そこまでバリバリ動くよ!というわけではないんですが…
ある程度のポーズは決められますね。
あとは膝にも武器用と思われる穴があるんですが、どうも4ミリ径らしく
今のところ自身のマルチキャノンくらいしか刺せないのが
ちょっともったいないところですな。

_1190750.jpg_1190752.jpg_1190755.jpg
以上、ブーブガーディアンロボでした。
ほんとこれ、なかなかに予想外の伏兵ですw
ある程度とは言え動きますし、手足の付け替えも面白いですしね。
すべてのブーブが付けられるわけではないとはいえ、結構な数がある上
全部変身させることで実質数は倍という…
ガーディアンシリーズとしても新しい腕担当が今後出るそうですし、いろいろ楽しめそうですよw
amazon
    
関連記事一覧
  • ムゲンバイン DXムゲンファラオ(その2)
  • ムゲンバイン DXムゲンファラオ(その1)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:その他その他玩具

     タグ: ブーブ  ガーディアン  ロボ 


    Comments:3 

    |・ω・)<匿名さん  

    VooVの弱点とも言える実車と全く違う部分をジョイントにしてしまうとは、まさに発想の勝利。
    建機を付けたり青以外で統一したりと幾らでもバリエーションが出来ますし、単価も安い。
    トミカと戦うにはまだまだかも知れませんが、かなりの可能性を感じさせてくれますね。
    人気が出れば本体のバリエーションも期待したいところです。

    2013/11/23 (Sat) 20:08 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    No Title

    こんばんは~ ブーブガーディアンロボのレビューお疲れ様です!
    今までのVooVシリーズとは打って変わってこれはまた面白そうなシリーズが始まりましたね・・・
    二種類の異なる自動車や電車に変形するVooVを踏襲しつつも特撮やアニメ的な合体ロボの要素がさらに加わってるのが実にいいですね!
    しかも関節可動もある程度動くとはこれはもしかすると今後化けるシリーズかも・・・

    2013/11/24 (Sun) 23:08 | EDIT |   

    tagoal  

    ブーブれす

    >匿名さんその1
    ほんと、ジョイントのところはまさに逆転の発想ですよね。
    トミカとはまた違う方向で、ミニカーの遊ぶ幅を広げてくれている感じです。
    とりあえず腕担当が新たに2つでるみたいですが、
    これで胴体もいくつかあるとまた楽しそうですよね(゚∀゚)

    >匿名さんその2
    実車オンリーだったところにまさかのSF要素ですからねー。
    正直舐めてましたがこれはいい伏兵でしたw
    これだけで終わらず、新しい展開があるといいんですけどね。

    2013/11/28 (Thu) 19:05 | EDIT |   

    Leave a comment