またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

10
今回はリンク先追加のお知らせから。
voyageman6037さんの「Bon Voyage! -TFと読書とゲームと人生と-
を、相互リンク先に追加しました。
自由気ままに雑多に気になったものをご紹介…ということだそうで、TF系の紹介もされていますが
最近はゲーム系の話が多いようですね。
今後共どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、お知らせも済んだところで今回のネタへ。
トランスフォーマーGo!の忍チーム、ゲキソウマル・ヒショウマル・センスイマルの
各参乗合体形態になります。
_1170400.jpg
一応、今週末に出たゲキソウマル黒獅子verの前振り…
のつもりだったんですが(;´∀`)<なんか無茶なボリュームに

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1170405.jpg
ということで、今回は新しいものの紹介、ではなく過去のものの補完記事
(かつ、次回以降への前振り)的なものになります。
以前紹介しましたソードボット忍チーム、ゲキソウマルヒショウマルセンスイマル
参乗合体形態ですね。
あとで纏めて…といいつつ、ずるずるーっと先延ばしになっていたものですw

_1170410.jpg
では早速、ゴウゲキソウから組み立てていきましょう。
まずは上担当のゲキソウマル。
単体ロボットモードの腕を畳んで、肩の基部を展開して前面に開きます。
この状態から…

_1170411.jpg
脚部を左右に全開しつつ、側面についていたビースト脚パーツを単体ロボの脛に。
背中部分を一度展開し、脚部パーツの付け根を一段畳んで再固定します。
あとはかかとになっていた大手首を伸ばして、単体ロボ時に股関節相当として使っていた部分から
単体ロボ脚部を90度曲げて手首を下にむけてやれば出来上がり。

_1170412.jpg
ゲキソウマル・ゴウゲキソウ合体形態。
胸と腕ですね。
大きなライオン頭がここにきて活かされますw

_1170413.jpg
続いてヒショウマル。
ロボットモードから腕をビースト状態に戻し、頭を引っ込め。
胴体装甲は上に持ち上げておきます。

_1170414.jpg
ビースト足パーツの固定を外して脛パーツを反転させ、
単体ロボ脚部の前後も反転、左右を連結します。
その脚部を単体ロボ時の正面に当たるがわからぐいっと持ち上げ、
ビーストの翼を下方に持っていけばOKです。

_1170415.jpg
ヒショウマル・ゴウゲキソウ合体形態。
腹と背中に相当しますね。
見ての通り、大部分が背中に行ってしまい、胴体のかさがあまり増えないので
忍チームの合体は侍チームのそれより胴長感が薄いんですよね。

_1170416.jpg
最後にセンスイマル。
頭を引っ込めて合体ジョイントもビースト時の位置に戻し、
腕は正面に水平に上げた形にします。
脚部の方は、前後反転してつま先を背中側に。

_1170417.jpg
腕は水平のまま折り曲げて肩の先端同士を接続し、
下腕についていたヒレは上向きに移動。
単体での脛パーツを反転、つま先を折り曲げて膝ガードに、
脛にくっついているでかいパーツを脚部先端へ移動、
連結してゲタ(というか足首そのもの)にしてあげれば完成です。

_1170418.jpg
センスイマル・ゴウゲキソウ合体モード。
下半身を構成します。
この形態、各合体モードの中でも変形手順が一番簡単かも知れません…w

_1170419.jpg
変形させた三体を組み合わせると、こんな感じに。
これに兜を装着して、出来上がりです。


直接動画ページからごらんになる場合はこちらで
カブト装着時のサウンドギミックです。
…まぁ、ゴウゲキソウに限ってはゲキソウマル単体の時に紹介済みではあるんですがw
ゲキソウマルの背中にあるスイッチにカブトの出っ張りが嵌り込むことで、
合体サウンドが発生します。
その際、前もってボタンを長押しして合体待機音を発生させておくと、合体サウンドに効果音が追加されますよ。

_1170420.jpg_1170421.jpg
ゴウゲキソウ完成版。
胸ライオンがものすごく印象強いですが、
よくよく見るとちゃーんと?忍者っぽい意匠も残ってはいますね。

_1170422.jpg_1170423.jpg
_1170424.jpg_1170425.jpg
ぐるっとひと回り。
若干トップヘビーかな?という感じもしないではないですが、
体型のバランス的にはまぁそこそこ…と言った感じでしょうか。
しかしさすがにヴォイジャー三体合体、存在感が半端ないですねw

_1170426.jpg_1170427.jpg
顔周り。
頭巾に鉢金、面頬と、側面のツノ以外は割と忍者ちっく。
後頭部から伸びるクリアパーツはゲキソウマルのLEDにつながり、
ギミック発動時に目を発光ささせてくれますよ。

_1170428.jpg
で、光っている状態だとこんな感じ。
ゲキソウマル単体の時と同様に、ライオンの頭のところを押して発動させます。
暗いところで見ると、クリアパーツ全体が光って非常にキレイです(゚∀゚)


動画ページで直接ごらんになる場合はこちらから
実際に合体状態でスイッチを押した時の動画になります。
…これもゲキソウマルの時に同じことやりましたねw
一応説明すると、ボタン短押しで「参乗忍法!撃撃!撃土獣牙!」
長押しで「いくぜええ!超必殺!参乗忍法!撃撃!撃土獣牙!」と喋ってくれますよ。

_1170429.jpg
腕。
ゲキソウマルの脚ですね。
肩・肘ともクリック関節で非常にしっかりしているんですが…
手の穴がゆるめで、少々武器をもたせにくいのが残念なところ。

_1170430.jpg
胴体。
ゲキソウマルのライオンヘッドとセンスイマル・ヒショウマルの腕で
構成されている感じですな。
ここで腰前部担っているセンスイマルの腕、ここの連結が若干
外れやすいので要注意です。
…外れても、見た目以外には影響ないですけどもw

_1170431.jpg
背面。
ヒショウマルの脚部がまるっと背負われています。
写真では見えませんが、実はこの脚部とカブトを連結することで
非常にガッチリ固定されていたりしますよ。
そして、お尻のサメはチャームポイントですなw

_1170432.jpg
脚部。
ほぼセンスイマルで構成されていますね。
忍チームの下半身モードは構造が割と共通しているので
(脛を回転させてひざ下にくっついているブロック状パーツを足首に)、
どの形態でもわりとわかりやすかったりしますw

_1170433.jpg_1170434.jpg
付属武器…というか、合体武器ですね。
ヒショウマルの飛翔扇を軸に、左右に百獣シノビクナイ、
中央にビビットビュートと大鰭十字手裏剣…という組み合わせです。
アニメ劇中にも出ては来ますが、結局単体の武器も使っていること、
あとこの状態結構パーツに負荷が(特にクナイ)かかっているので、常時この状態には
しておかなくてもいいかなーと…w

_1170435.jpg
持たせてみるとこんな感じです。
ビビットビュートが真っ直ぐにできないこともあって、
ちょっと何処で殴ったらいいのかわかりづらいかも…w

_1170436.jpg_1170437.jpg
ゴウゲキソウでは使わないゴウヒショウ・ゴウセンスイのカブトは組み合わせて武器に。
大型の銃、もしくは盾…といったところでしょうか。
上手いことカブトの顔が隠れて、武器らしく見えますなw

_1170438.jpg
持たせてみるとこんな感じです。
前述のとおりゴウゲキソウの手が緩いので、
ちょっと扱いづらいですなあ(´・ω・`)

_1170439.jpg
可動に関して。
基本的に参乗合体は胴体・首固定なのは共通。
手足に関しては、担当者の単体ロボ時の脚部可動依存、
と言った感じですね。

_1170440.jpg
つまり、ゴウゲキソウの場合は、腕はゲキソウマルの脚部、
脚はセンスイマルの脚部に依存するといったところ。
もともと脚部の占める度合いの大きい独特な体型であるソードボット、
どいつも脚部の可動範囲はなかなかに広いですw

_1170441.jpg
参乗合体形態では実のところ可動範囲よりも
その自重に対する足首のサイズから来る自立の難しさが問題かもしれません。
直立するぶんには全く問題ないんですけどねー。
あとは首が回ってくれれば…なんですが、構造上どうしようもないですなw

_1170450.jpg
と、ここで一旦三体をばらして、次はゴウヒショウに行きましょう。
まずは上担当のヒショウマル。
腕はビースト状態に戻し、上に持ち上げて根本を90度折り曲げます。

_1170451.jpg
脚部側面にくっついているビースト脚を一旦外し、くるっと回して内股側へ。
左右の足を水平まで大開脚→途中で90度曲げ、踵にしている
合体用手首を下に向けます。
あとは手首を正面に向けてあげれば出来上がり。

_1170452.jpg
ヒショウマル・ゴウヒショウ合体モード。
翼が肩アーマー相当になっているため、
横幅が妙に…w

_1170453.jpg
続いて真ん中担当、センスイマル。
頭を引っ込めて腕を持ち上げておき、脚部を大きく開いて
サメフェイス側の方に水平になるまで持ち上げます。

_1170454.jpg
単体時の股関節と脚部そのものの付け根の関節を使い、
ちょうど鮫フェイスを囲むように脚部を曲げて行きます。
単体時の膝部分だけ上側に曲げ、脛のパーツを上部に。
左右の脚部を連結し、腕をそれに沿わせれば完成です。

_1170455.jpg
センスイマル・ゴウヒショウ合体形態。
脚部を上に持ち上げる、という点ではヒショウマルが真ん中をやる時と一緒ですが、
その足を持ち上げるまでの過程が変則的になっておりますw

_1170456.jpg
最後に下担当のゲキソウマル。
ライオンのたてがみを裏返してライオンの顔面側に倒し、
ライオンフェイスを隠します。
併せて、ビースト状態に戻したロボ腕を畳んで、
ひとかたまりのブロック状に。

_1170457.jpg
脛パーツを回転させて、ビースト足パーツを脚部先端に移動、
足首にしつつ前後を反転させます。
股間部分をゴウゲキソウの上半身をやった時のように畳み込み、
スイッチのあるパーツとの隙間を詰めてやれば出来上がり。

_1170458.jpg
ゲキソウマル・ゴウヒショウ合体モード。
割と正統派な感じのデザインな下半身になっておりますねw

_1170459.jpg
で、3体を組み上げるとこうなります。
この状態から、株をと取り付けるとゴウヒショウの完成ですね。


動画ページから直接ごらんになる場合はこちらから。
実際にカブトを装着した際の動画です。
事前に待機音を発生させておくか否かで効果音が増減するのは他と同じ。
ゴウヒショウの場合、鳥の鳴き声のようなサウンドが鳴りますね。

_1170460.jpg_1170461.jpg
ゴウヒショウ完成形。
肩の翼と背中のエンジン風パーツで、いかにも空中戦仕様!
と言った感じでいいですな(゚∀゚)

_1170462.jpg_1170463.jpg
_1170464.jpg_1170465.jpg
ぐるっとひと回り。
一番ごついゲキソウマルが下に回っているので、
ゴウゲキソウよりはスリムな印象ですな。
各部のデザイン的にはより尖った感じもしなくはないですが…w

_1170466.jpg_1170467.jpg
顔周り。
いかにも鳥メカ!という感じですなw
なおこの状態ではさすがにLEDとの連結はムリなので、
発光ギミックはなしです。

_1170468.jpg
腕。
ヒショウマルの脚ですね。
他の二体より足が細いぶん、腕になってもちょっとスマート。

_1170469.jpg
胴体。
前面はほぼカブトで覆われます。
内部ではヒショウマルの胴体装甲がうまいことセンスイマルのボディと連結されるため、
見た目よりガッチリ組みあわさっている感じですね。
そして、股間部分にスイッチが。
ここを押すことで腹部分が発光し、参乗忍法サウンドが発動します。


直接動画ページからごらんになる場合はこちらから。
参乗忍法のサウンドです。
ボタン短押しで「参乗忍法!翔翔!翔風乱舞!」
長押しで「いっけええ!超必殺!参乗忍法!翔翔!翔風乱舞!」
と喋ってくれますよ。

_1170470.jpg
背中。
完全ではないものの、鮫とライオンの顔が隠れているあたりは
芸が細かいですなw

_1170471.jpg
脚部。
前述のとおり、ほぼゲキソウマルですw
一番重たいゲキソウマルが一番下にあるので、安定感は高い…かも知れませんw

_1170472.jpg_1170473.jpg
余ったカブトを合わせた武器。
ゴウゲキソウのカブトは小さいので、ほぼゴウセンスイカブトですな。
そしてゴウゲキソウフェイスがわりと丸見えですが、そこは気にしない方向で…(;´∀`)

_1170474.jpg
持たせてみるとこんな感じに。
ゴウゲキソウの手よりは、もたせやすいかな~?
といったところですな。

_1170475.jpg
可動に関して…は、ゴウゲキソウ同様
単体時の脚部可動に準じる感じですね。
例によって胴と首が動きませんが、それ以外はなかなかの可動範囲です。

_1170476.jpg
ただ、この形態で気になるのは肩。
ヒショウマルの脚部の付け根はクリック式でないので保持力が弱く、
なで肩になりがちです。
単体の時は十分な保持力なんですが、さすがに合体常態だと重いようですな(;´∀`)

_1170477.jpg
しかし、クリック関節ではないぶん動きに柔軟性があるのもまた事実。
動かしやすさと強靭さ、どっちを取るか…というやつですな(;´∀`)

_1170500.jpg
さて、続いてラスト、ゴウセンスイに行きましょう。
まず上担当のセンスイマル、腕を胴体後方へ、首を前方へ
おもいっきり伸ばした状態で、鮫ヘッドをくるっと上下反転させます。

_1170501.jpg
サメヘッドをひっくり返した状態で、脚部を大開脚。
足の中に収まっている手首を出して、下に向けてあげればOKです。

_1170502.jpg
センスイマル・ゴウセンスイ合体モード。
この人、下半身モード以外はなかなか奇抜な変形っぷりで
愉しませてくれますなw

_1170503.jpg
続いて真ん中担当、ゲキソウマル。
下半身の時同様、たてがみでライオンフェイスを隠し、
ロボ腕をたたみます。

_1170504.jpg
股関節をたたみ込むところまでは下半身の時と一緒ですが、
ここで胴を閉じず、ちょうどライオン頭の裏側に脚部が立つような感じに折り曲げてやります。
両足を連結して固定したら、ライオンフェイスを下にしてやれば出来上がり。

_1170505.jpg
ゲキソウマル・ゴウセンスイ合体形態。
真ん中担当になると、忍チームはみな
独創的な変形をかましてきますなw

_1170506.jpg
続いて下担当、ヒショウマル。
腕をビーストに戻して、下におろします。
そしてこの状態で前後反転。

_1170507.jpg
脛パーツを反転させて、ビースト足パーツを足首部分へ持ってきつつ
中から踵パーツを引き出してやります。
あわせて、足パーツ自体もひねって前後を反転。
ロボット時の背中を正面にしてやればOKです。

_1170508.jpg
ヒショウマル・ゴウセンスイ合体モード。
こいつだけ、かかと側に大きくパーツを引き出せるようになってるんですよねえ…
真ん中にゲキソウマルが来て、後方に重心が寄るから、というのもあるでしょうね。

_1170509.jpg
各々変形させた3体を合体させると、こんな感じに。
これに兜を装着して、完成です。


直接動画ページからごらんになる場合はこちらから。
実際に装着してみた際の動画です。
待機音からの効果音追加に関しては、やはり他の形態と同様ですね。
さすがにサメは鳴かないので、金属音ですなw

_1170510.jpg_1170511.jpg
ゴウセンスイ完成形。
胸の鮫を活かしたカブトの形状がナイスですなw

_1170512.jpg_1170513.jpg
_1170514.jpg_1170515.jpg
ぐるっとひと回り。
忍参乗合体三種の中では、一番体型のバランスがいいかもしれませんね。
ただし、背中にゲキソウマル(の電池ボックス)が来てしまっているので
後ろに重心が寄っているのがちょっと怖いところではあります(;´∀`)

_1170516.jpg_1170517.jpg
顔周り。
トゲトゲしてますが、忍者頭巾っぽいですなw
ちなみにこのひと、センスイマルの頭部形状が吉と出て
カブトの後頭部まで綺麗に穴が塞がるようなデザインになっておりますw

_1170518.jpg
腕。
センスイマルの脚ですな。
手首がちょっと小さめ…というか、下腕がぶっといんですねw

_1170519.jpg
胴体。
こちらもゴウヒショウ並みにカブトがボディの前を覆っていますなw
この状態では腹の中央辺りにスイッチが見えており、ここを押すとその下にあるLEDが発光、
参乗忍法のサウンドが発動します。


直接動画ページからごらんになる場合はこちらから
基本の仕組みは他と同じですね。
ボタン短押しで「参乗忍法!潜潜!潜水烈掌!」
長押しで「行くぞ!超必殺!参乗忍法!潜潜!潜水烈掌!」
と喋ります。

_1170520.jpg
背中。
ゲキソウマルの脚部ですな。
この脚部はまだいいんですが、問題はお尻のライオン頭。
ここに一番重い電池が来るので、踵パーツがなければ
おそらく自立は不可能だったでしょう(;´∀`)

_1170521.jpg
脚部。
前述の踵パーツで、背中の電池を支えている感じになっております。
しかしこのかかと、他の形態にもあればかなり立たせやすくなるんですけどねw

_1170522.jpg_1170523.jpg
あまりカブト武器。
ヒショウマルのもの+ゲキソウマルのもの…なわけですが、
ゲキソウマルカブトが丸見えですなw

_1170524.jpg
装備するとこんな感じ。
腕の形状の都合で、腕に直接据え付ける形になります。
…やっぱりゴウゲキソウの顔が…w

_1170525.jpg
可動に関しては、例によって単体脚部依存。
ヒショウマルの脚部の付け根がクリック式ではないので、
下半身の柔軟性は三形態で随一ですな。

_1170526.jpg
ただし、ゴウヒショウの時も書きましたとおり
他の部分に比べて保持力がかなり弱いため、姿勢によっては…
というか、ほとんどの体勢で自重を支えきれません。
きっちりダイナミックなポーズを決めたければ、補強必須ですな。

_1170527.jpg
まぁ、ヴォイジャー3体なんてどうしても重くなりますし、
ある程度はどうしようもないところはありますやね(;´∀`)
どちらかと言うとこのものすごい存在感を楽しむべき、なんでしょうw

_1170550.jpg_1170560.jpg_1170570.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりソードボット忍チームの参乗合体でした。
やー、ようやくのびのびになっていたネタを消化出来ましたw
しかしこの参乗合体、関節の保持力とか気になる部分は確かにあるんですが、
でかいの3つがっちゃがっちゃ組んでばらして…とやってるだけでも楽しいんですよね…w
もうこの合体遊びの楽しさだけで、十分元はとれている気はしますw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ハンターネメシスプライム
  • トランスフォーマーGo! ゴウプライム
  • トランスフォーマーGo! ケンザン 黒武者ver.
  • トランスフォーマーGo! ゲキソウマル 黒獅子Ver.
  • トランスフォーマーGo! グレンドラゴトロン
  • トランスフォーマーGo! ハンターアーシー
  • トランスフォーマーGo! ジュドーラ
  • トランスフォーマーGo! センスイマル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  オートボット  ソードボット  忍チーム  ゴウゲキソウ  ゴウヒショウ  ゴウセンスイ 


    Comments:4 

    voyageman6037  

    No Title

    相互リンクありがとうございます!
    こちらこそよろしくお願いします。

    合体系のTFは、変形させたり合体させたりと様々な遊びが出来るのが魅力ですよね。
    ゴウゲキソウが予想以上にカッコイイですねw

    2013/11/11 (Mon) 17:39 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    No Title

    オリジナル?二体合体で
    ゲキソウマルの背中にヒショウマルが合体できたような・・・・

    2013/11/11 (Mon) 17:47 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~トランスフォーマーGo! ソードボット忍チーム参乗合体(ゴウゲキソウ・ゴウヒショウ・ゴウセンスイ)の更新お疲れ様です!
    ソードボット忍チームの参乗合体の全パターンの紹介とはご苦労様です・・・(^_^;)
    でもふと説明書が見当たらないときにこうしてたごーるさんのレビューを見るとわかりやすくてとても助かってます!

    2013/11/12 (Tue) 00:46 | EDIT |   

    tagoal  

    参乗れす

    >voyageman6037さん
    いえいえこちらこそ…(以降ループ
    遊べるパターンが多い分、こうやって紹介しようとすると大変なことに…w
    楽しいのでいいんですけどもさw

    >匿名さん
    ゲキソウマル単体の場合、参乗合体の時にヒショウマルと
    合体するためのジョイントが背中に出ますもんね。
    そこを使えば、いい感じに背負えそうですなw

    >Fネガさん
    三体まとめて出ていれば、侍チームのように三分割できたんですけどね(;´∀`)
    夏休みの宿題のごとく、まとめてやると分量がすごいことになりますなw

    2013/11/12 (Tue) 17:47 | EDIT |   

    Leave a comment