またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

14
うちのブログ、画面左をずーっと下に見ていくと記事のカテゴリ一覧があります。
そこにはカテゴリごとの記事数と、最後に全記事の数も記録されているんですが…
前回のダークスティールの記事でちょうど1000記事目だったようですw
いやはや、ぜんっぜん気づいておりませんでした(;´∀`)<記事番号と記事数が一致してないもので

…と、なんか締まらない感じで1001記事目へw
昨日の全日本模型ホビーショーで買ってきた、フレームアームズの
フレームアーキテクトTYPE001 クリアverです。
_1140267.jpg
何気に初フレームアームズだったりしますw

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1140270.jpg_1140273.jpg
ということで、今回はフレームアームズのフレームアーキテクトTYPE001、
そのクリアバージョンです。
前述のとおり、昨日いってきた全日本模型ホビーショーで(衝動的に)買ってきたものですw

_1140275.jpg_1140276.jpg
_1140277.jpg_1140278.jpg
ぐるっとひと回り。
このフレームアーキテクト、ご存じない方にざっくり説明しますと、いわゆる「素体」でして。
これにいろいろな外装をつけることで、各種ロボットになっていくという
フレームアームズの基礎になるもの…といったところですね。
そしてこのフレーム自体、完成品版と組み立て版(形状は一緒で素材が違います)がありまして、
今回のものは組み立て版のクリアカラーバージョン、というわけです。

_1140288.jpg_1140290.jpg
顔周り。
アーマードコアとかそちら系の顔なんですが…無色クリアなのでディテールが良くわかりませんなw
非クリア版だとちゃんと分かるんですが(;´∀`)
ちなみに、目に当たる部分はゴーグル風とモノアイ風が選択できるようになっていますよ。
写真だとほとんど区別つかなかったのでサボゲフンゲフン省略しちゃいましたが…
いずれ色付きを紹介する時があれば(;´∀`)

_1140293.jpg
腕周り。
ひょろっとしてますが、前述のとおりこれはいわゆる骨組みなので…w
クリアカラーなので、若干向こうが透けて見えてますな。

_1140300.jpg
なお、手首は三種類から選択して付け替えられるようになっています。
ここまでの写真でつけていた握りこぶしと…

_1140303.jpg
武器持ちように穴の開いた拳。

_1140307.jpg
そして、平手の三種類です。
アーマーによっては(というか、次回紹介予定のものがまさにそれなのですが)
指のパーツ「だけ」流用しないといけなかったり、地味に面倒なところが(;´∀`)

_1140311.jpg
胴体。
ほっそりしておりますw
まぁ、元来ここに装甲を追加でつけていくものですからね。
…といいつつ、胸には専用の装甲パーツがついていたりします。

_1140314.jpg
背中。
腰回りの可動軸がよく見えますな。
中央にある透明のパーツ、これも胸のものと同じく
専用の装甲板になります。

_1140317.jpg
脚部。
骨組みなので…(以下略
足首がただの板状態ですが、逆にこの薄い形状のおお陰で
とんでもなく接地性が良かったりしますw

_1140318.jpg
可動に関して。
見ての通りの骨組みのみ状態ですから、
非常~~によく動きますw

_1140319.jpg
まず腕周り。
肩は軸関節で、前後回転と真横まで腕を広げることが可能です。
これに加えて、肩から胸に兼ねてのブロックが可動するようになっています。

_1140320.jpg
胸のところがボールジョイント接続になっており、
肩部分の前後・上下へのスイング可動ができるようになっています。
これのおかげで、肩の可動範囲はとんでもなく広いですw

_1140321.jpg
上腕にはロール軸あり。
そして肘部分は二重関節になっており、150度程度まで曲がります。
保持力は強い…というかちょっと硬過ぎで破損が怖いレベルですが、
まーこいつは組み立てモデルですからねえ。調整はいかようにもw

_1140322.jpg
手首は肩と同じポリキャップ(というか、ポリキャップは1種類しかないんですけどね)で、
回転と曲げ伸ばしが可能です。
非常によく動くので、ついぐにぐに…とw

_1140332.jpg
続いて下半身。
ここも基本的には肩に近い作りですね。
とはいえ、肩のように180度真横まで足が上がる…とまではいきません。
ただし、前後はもう見ての通りの構造なので( ´∀`)
踵落としの体勢も余裕でこなせます。ついでに言えばその姿勢で自立しますw

_1140334.jpg
太ももにはロール軸が設けられています。
そして、膝も二重関節になっており、150度くらいまでは曲げられますね。
大きさに差はありますが、肘とよく似た構造になっています。

_1140344.jpg
足首は他軸式の複合関節。
前後左右に大きく曲げ伸ばしが可能です。
前述のとおり、足が板状態なことが幸いして、接地性は超抜群。
たいていの姿勢で、足の裏が地面に付けられますw

_1140347.jpg
頭部はボールジョイント。
前に大きく張り出したデザインなので、多少胸に引っかかることもありますが…
基本的には、各方向に大きく可動させることが出来ます。

_1140350.jpg
胴体は多軸式の関節が腰部分に仕込まれています。
このため、腰のひねり・上体の反らし、及び屈み込みが可能。
特に反らしと屈みは90度近くまで曲がりますね。
おかげで、非常にポージングしやすくなっております。

_1140359.jpg
と、さすがに素体なだけあり、可動範囲は非常に優秀。
硬い部分もありますが、そこは各人調整すればいいや、ということでw

_1140384.jpg
ほんとうによく動くフレームなわけですが、ここに装甲を取り付けていくと
どうしても可動範囲に制限が出てきてしまいます。
しかたのないところではありますが、残念…と言うよりはちょっと勿体無いなー、
と思ってしまいますなw

_1140564.jpg
以上、フレームアームズのフレームアーキテクトTYPE001・クリアバージョンでした。
これはこれで、単体でもなかなか面白いですなw
とはいえさすがに素体だけだと寂しい物が…ということで、次回の更新で装甲をくっつけようと思います。
そんなわけで、次回に続く!なのですw
amazon
    
関連記事一覧
  • FRAME ARMS クリアアーマーセット02(YSX-24 バーゼラルド対応)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:コトブキヤFRAME ARMS

     タグ: FRAMEARMS  フレームアームズ  フレームアーキテクト  コトブキヤ  クリア  全日本模型ホビーショー  限定 


    Comments:3 

    マスター東方  

    遂にフレームアームズですか(笑)
    面白いデザインが多いですし
    武器が豊富なのが素晴らしい
    素体が共通なので組み替えて楽しめます

    サイズによってはTFにも合います
    世界観変わりますが(^_^;)

    2013/10/15 (Tue) 12:31 | EDIT |   

    三郎  

    No Title

    msgも買えよ!(宣伝

    2013/10/15 (Tue) 18:48 | EDIT |   

    tagoal  

    フレームれす

    >マスター東方さん
    まぁなんというか、イベント会場のノリでw
    TFとの絡みはおいておいても、そのままでもよし組み替えるもよし、ななかなかにナイスなアイテムですやね。
    とりあえずクリアフレスベルグを何とか入手したいところです( ´∀`)<店頭販売待ち

    >三郎さん
    MSGはフレームアームズ抜きでもいろいろ重宝しますからねえ。
    武器が欲しい時の強い味方ですw

    2013/10/29 (Tue) 15:57 | EDIT |   

    Leave a comment