またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年5月~2011年8月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

25
('A`)ウボァー
…えー、いきなり何かと申しますとですな。
この記事、書くの2回めなのです…orz
今朝8割方書いたところで仕事に行って、帰ってきてさあ残りをささっと書き上げようぜ!
→何故か記事そのものが消失(゚Д゚)ハァ?
という。いったい何があったのか…(´・ω・`)

と、どういうことなの…と思いつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーGo!より、センスイマルです。
_1120223.jpg
忍チームは合体だけでひと記事にまとめる予定なので、今回は単体オンリーで。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1120678.jpg
そんなこんなで、今回はトランスフォーマーGo!よりセンスイマル。
忍チーム3号・「水の鮫忍」ですな。
例のごとく、まずは付属のカード3枚から。
結局のところ、このカードはイマイチ使い道がないですのう…(;´∀`)

_1120681.jpg_1120684.jpg
ビーストモード。
鮫忍の名の通り、鮫メカですね。
変形時の都合で尾びれが二枚ありますが、これはこれでなかなか。

_1120691.jpg_1120694.jpg
_1120697.jpg_1120701.jpg
ぐるっとひと回り。
下部魚雷発射管というか水中モーターというか、そんな感じのメカがあるのが特徴的ですな。
これのお陰で、サメ型潜水艇と言った趣も感じられます。

_1120705.jpg_1120706.jpg
口は手動で開閉が可能。
この形態では唯一の可動部位だったり…(;´∀`)

_1120717.jpg
上述のとおり、このモードでは口の開閉以外は特に可動部分はなし。
まあ、サカナですしね…w
潜水艇的なものだと思えば、むしろ動かないほうがいいのかも。

_1120724.jpg
では、ロボットモードへトランスフォーム。
背びれ後ろの背中部分と、尾びれ部分をそれぞれ左右に展開。
尾びれは先っちょの部分を外します(後で武器にします)。
そして、下部のメカ部分を胴体から放し、左右に分割。
サメ顔の下に収まっているロボ腹・前垂れパーツを引き出します。

_1120731.jpg
胴体下部のガワを、尾びれ側を軸に180度後方に展開。
この伸ばした部分が脚部になります。
くっついているメカ部分を180度回転させ、赤いパーツが先端側に来るようにします。
この赤いトンガリパーツがつま先ですね。
その後鮫の背中だった方のカバーを閉じ、脚部とサメ頭が直角になるように
付け根から曲げてやります。

_1120734.jpg
脚部を中程から180度回転させ、つま先パーツをサメ頭の鼻先側に向けます。
その後サメ頭の上の部分を立ち上げてロボ頭を出し、
背びれ部分を左右に分割、それぞれ伸ばして腕にします。
あとは腕を下に向け、各部を調節すれば出来上がり。

_1120740.jpg_1120744.jpg
ロボットモード。
ソードボットは合体のための機構からくる独特な体型をしていますが、
こいつは特にその傾向が強く出ている感じですねえ…

_1120749.jpg_1120753.jpg
_1120757.jpg_1120762.jpg
ロボットモードでぐるっと。
前述のとおり、ソードボットは肩口から脚部が伸びているというかなり独特な構造。
他のソードボットは胴体と見立てる部分は他の胴パーツと連結するなど、
できるだけ一般的な人型に近づけようとしているんですが…
このセンスイマルに限っては、そのへんあんまり気にしてない気が(;´∀`)

_1120764.jpg_1120771.jpg
頭部。
顔自体はかなり精悍な顔つきで格好いいんですが、写真でも分かる通り
ちょっと上に浮いたような構造になってしまっています。
ここがもう少し下、胴体の凹みに首の黒いパーツが埋まるくらいの感じだと
もっと良かったんだけどなあ、という感じですね。

_1120775.jpg
腕周り。
ビースト時には背びれのあたりを構成していました。
パッと見シンプルですが、二重関節だったり変形時に背びれが大きく移動したり、
何気にいい仕事していますw

_1120777.jpg
胴体。
変形時の腹パーツと前垂れの収め方はなかなか見事。
なお、この状態でもサメの口は開閉可能です。

_1120785.jpg
背中。
アニメデザインでは後述のカブトを背負った状態が基本なこともあって、
素の状態だと脚部の付け根が丸出しでちょっとさびし目。

_1120789.jpg
脚部。
センスイマルのパーツで最も個性的と言っていい部分でしょうなw
後方にいろいろ盛るロボットは数あれど、前っかわにこれほどがっつり
パーツを持ってくる奴はそんなに多くはないですなw

_1120793.jpg
手持ち武器の大鰭十字手裏剣。
変形時に取り外した尾鰭を2つくっつけて手裏剣としたものです。
見ての通りどちらのパーツにも持ち手があるので、合体させずに
2つのつるはし状の武器として持たせてもなかなかいい感じですよ。

_1120796.jpg
カブト。
合体時用の状態ですね。
ヒショウマルのそれ同様、合体の際ゲキソウマルのスイッチを
押してやらなければいけない関係上カブトと言いつつ
胴体前面を覆う感じのものになっています。

_1120805.jpg
単体時に使用する場合は、こんな感じで畳んで
背中になるジョイントに取り付けます。
ちょうど顔のサイドから銛がのぞくような感じですね。

_1120815.jpg_1120818.jpg
兜装備状態だとこんな感じに。
背面の寂しさがなくなりますね。
上の方でも触れましたが、アニメではこのカブトを背負った状態が基本。
…といっても、アニメのカブトはなんか伸び縮みしてますから全く同じとはいきませんけども…w

_1120819.jpg_1120820.jpg
ビーストモードでカブトを装備。
合体時の頭部だけ折りたたんで、鮫の下部に取り付けます。
ディスプレイスタンドみたいな状態になるので、あんまり目立ちませんな…w

_1120825.jpg
可動に関して。
ソードボット随一の独特な体型(主に足)をしているだけあって、
若干クセのある感じ(主に足)ですねえ。

_1120828.jpg
まず先に腕回り、肩はボールジョイント接続です。
前後方向への回転と、真横まで腕を上げられるようになっています。
また、肩の付け根部分は前後にスイング可動するようになっていますよ。

_1120832.jpg
上腕部分にはロール軸あり。
肘がボールジョイント式ではないので、これがあるとないとではだいぶ違いますな。
ちなみに、腕のデザイン上ロール軸の存在が非常にわかりにくかったりします(;´∀`)

_1120836.jpg
肘は二重関節で、180度曲がります。
なんというか、脚部が独特で癖がある代わりなのか
腕周りに関してはわかりやすく広い可動範囲持ってますよね、ソードボット。

_1120839.jpg
続いて下半身。
…ソードボットの場合、下半身と言いつつも
だいぶ上の方から動いたりするのでアレですがw

_1120842.jpg
脚部の一番根っこ部分、肩のところはクリック式関節。
基本的にはここは単体時には動かすべきではない部分です。
ただ、センスイマルは足の内側に大きな部品が突き出ていて
足を真っ直ぐ閉じられないため、常時ひとクリック分は広げている状態だったり。

_1120846.jpg
次に一段下の関節、ここがセンスイマルの腰辺りになります。
つまり股関節相当ですね。
ここには横ロール軸とクリック式に関節が設けられています。

_1120850.jpg
まずはクリック関節の方ですが、
前後方向各90度まで、20度弱の刻みで曲げることが可能です。
ただし、前方に脚を上げる際は脛パーツとサメ頭が干渉するため、
ちょこっとロール軸で横に逃がしてやる必要ありですね。

_1120854.jpg
ロール軸に関しては、普通に360度回転可能です。
特に特徴のあるところというわけではないんですが、
膝横のガワの干渉を避けるためには何気に必須の可動だったり。

_1120858.jpg
更にもう一段下がって、センスイマルの膝に当たるところの関節。
ここも、ロール軸とクリック式関節で構成されており、15度程度の刻みで90度曲げることが可能。
変形の関係で、逆方向にもひとクリックだけ曲げられる余地があります。
クリック式の膝としては、そんなに奇をてらっているわけではない
一般的な作りですな。

_1120862.jpg
ロール軸の方は、特に制限なく380度回転します。
股関節相当部分とあわせて、膝横のガワの干渉を避けるためには
非常に重要だったりします(;´∀`)

_1120866.jpg
足首は、つま先の角度調節が可能。
脛パーツに埋もれてさほど目立ちませんが、立っている際の安定感は
このつま先の調節次第でだいぶ変わります。
きちんと調節してやれば、かなり安定して立ってくれますなw

_1120871.jpg
頭部は横回転のみですが、変形機構の関係上大きく前後に傾けることも可能です。
一応真っ直ぐな状態で固定できるような作りなので、
前後に向ける場合はちょこっと基部を持ち上げる必要が。

_1120875.jpg
胴体は可動部位なし。
…っていうか、胴体に相当するパーツがないですからね(;´∀`)
股関節相当部位の脚部のロールを使って、胴体をひねっている感じを
出すことは出来ますな。

_1120879.jpg
と、可動範囲自体は割と広いんですが、やはり脚部…
特に膝横に出っ張っているガワ(鮫の尾鰭周りだった部分)がちょっと厄介ですね。
ここ、もう一段たたむことができればそれだけで大分違うんですが…。

_1120887.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりセンスイマルでした。
良くも悪くも、ソードボットならでは…という感じの強い一品ですな。
そのため若干クセはありますが、面白いブツではあると思いますよ( ´∀`)<合体もありますしね
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! ソードボット忍チーム参乗合体(ゴウゲキソウ・ゴウヒショウ・ゴウセンスイ)
  • トランスフォーマーGo! グレンドラゴトロン
  • トランスフォーマーGo! ハンターアーシー
  • トランスフォーマーGo! ジュドーラ
  • トランスフォーマーGo! ヒショウマル
  • トランスフォーマーGo! ゴラードラ セット
  • トランスフォーマーGo! ブドーラ
  • トランスフォーマーGo! ゲキソウマル


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  オートボット  ソードボット  忍チーム  センスイマル  ゴウセンスイ 


    Comments:2 

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマーGo! センスイマルのレビューお疲れ様です!
    紫のボディに鮫の意匠がとても映えるセンスイマルがようやく登場ですね
    今までもTFでは「鮫」のイメージで作られたキャラクターも結構いましたけどこのセンスイマルのビーストモードもまたカッコいいですなあ・・・・
    可動は言われる通り若干クセがあるもののよく動きますし手にとってみるとこの「センスイマル」の魅力がよく伝わってきますね

    2013/09/27 (Fri) 21:53 | EDIT |   

    tagoal  

    センスイれす

    >Fネガさん
    ビーストモードのまとまりっぷりはすごいんですよねえ、この人w
    なんやかんやでロボットモードも見慣れてくるとこれはこれで…w

    2013/10/11 (Fri) 18:31 | EDIT |   

    Leave a comment