またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

08
Twitterの方では先日報告しておりますが、以前から問い合わせしておりました
バクドーラの肘膝に関して回答をもらえました。
・肘はリップクローと同じようになるのが正解
・膝…というか腿はリップクローと逆が日本版の仕様
ということだそうです('A`)<腿…
つまり我が家に来た二個目のバクドーラはやっぱりエラー品ということになるんですが、
メーカーへの再入荷が最悪九月中旬なので、交換もそれ以降とのこと。
おっせえ…と思いましたが、これ逆に考えると九月中ごろにバクドーラの再販が…?
現在購入を迷われている場合は、これを狙うのも手かもですねw

…と、よく考えたらこれバクドーラの記事に追記すべき内容じゃね?
と気づきつつ今回のネタへ。
トランスフォーマーGo!の7月末発売組より、ゲキソウマルです。
_1070378.jpg
あとでバクドーラの記事にも同じ内容を追記しておきますかね(;´∀`)

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

_1080122.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーGo!より忍チーム1号・ゲキソウマル。
漢字で書いたら「激走丸」ですかねえ。
侍チームは3体まとめてでしたが、こちらはまずは1つだけ発売です。
で、最初は付属のカード。いまのところ、参乗合体可能なキャラにしかついてきてませんな。

_1080123.jpg_1080124.jpg
ゲキソウマル・ビーストモード。
ライオンですが、巷でよく言われるように少々顔がデカいですな…w
よく見ると顔そのものというより、鬣をイメージしている部分がデカいみたいなんですけどもね。

_1080125.jpg_1080126.jpg
_1080127.jpg_1080128.jpg
ぐるっと一回り。
上で「鬣部分がデカい」と書きましたが、あともう一つ、頭そのものの位置がちょっと低いのも
違和感の元ですかねー。さらに言えば、ライオン脚ももっとごつくてよかった気がします。
ゾイドのライガー系…まで行くとデカすぎかもしれませんがw

_1080129.jpg
ライオン顔回り。
顔だけで見ると、なかなか精悍なナイスライオンフェイスだと思います。
やはり、他の部分とのバランスの問題ですな~(;´∀`)

_1080130.jpg
ライオンの口は手動で開閉可能。
この手の動物メカのお約束みたいなものですねw

_1080131.jpg
さらに、額の部分を押し込むことでライト&サウンドギミックが発動。
ケンザンと同じく、単4電池3本が必要です。
ライオン頭がでかめなのは、この電池ボックスを兼ねているからでもあったり。
で、実際にギミックを発動するとこんな感じです。

直接動画ページでごらんになる場合はこちらから。
頭の右後ろにあるスイッチを入れると「シノビ忍法、目覚めの時!」
その後額を短押しするとライオンの咆哮、
長押しすると「うおお、燃えてきたぜー!」と台詞をしゃべります。
動画では頭の裏に指を入れてスイッチを入れていますが、
この様にやると正直なところ非常にやりづらいです(;´∀`)
きちんと全体を持ち上げて、前脚の付け根を開いて(合体用の関節で開閉可能)
スイッチを入れた方が無難ですなw

_1080133.jpg
ライオン状態では、口のほかにも前後の足が可動します。
後脚は前後回転と膝部分の曲げ伸ばしだけなんですが、前脚は
肩部分と膝部分がボールジョイントなので割と可動範囲が広め。
ある程度はそれっぽいポーズをとることも可能ですね。

_1080132.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
頭頂部の鬣パーツを二つ外し(武器になります)、前脚・後脚のひざ下部分を畳みます。
背中部分にロボ脚のつま先が固定されているので、
それを外すと↓こんな感じで変形音とともに「トランスフォーム!」の掛け声が。


直接動画ページでごらんになる場合はこちらから。
掛け声のスイッチが押された状態から復帰したときが発声のトリガーになっているようで、
その関係でロボ⇒ライオンの時は音声がならないようですね(うちのものが故障でなければw)。

_1080134.jpg
背中のジョイントを外したら、ライオンボディの後ろ半分を伸ばします。
伸ばし終わったら先端から合体時の手首を出してふくらはぎパーツを閉じ、
つま先パーツを折り曲げて脚部に。
脚部ができたらボディを折り曲げ、脚の付け根付近とライオン頭の裏側を連結します。

_1080135.jpg
ライオン頭と脚の付け根部分をジョイントしたら、
ライオン頭の頭頂部からロボ頭を引き出し。
前脚(=ロボ腕)の位置を整え、鬣パーツをできる限り後方に向けて
脚部の曲げ具合を整えてあげれば出来上がりです。

_1080136.jpg_1080137.jpg
ロボットモード。
侍チーム同様、ソードボット特有の独特な体型ですが…
今まで出たメンツの中では、比較的普通のロボっぽいかも、ですなw

_1080138.jpg_1080139.jpg
_1080140.jpg_1080141.jpg
ぐるっとひと回り。
いわゆる胸ライオンなロボですが、ライオン頭の比率がでかいので
どっちかというと胴体ライオン?

_1080142.jpg_1080143.jpg
顔周り。
なんだかやけにいい笑顔ですw
目はクリアパーツではないので、集光ギミックはなし。
基本ソードボットは集光ギミックないですね、そういえば。

_1080144.jpg
腕。
ライオンの前脚のうち、爪部分を肘側に折り込んで変形させています。
その変形ギミックの関係もあってか、少々独特なシルエットですね。

_1080145.jpg
胴体。
前述のとおり、ライオンの頭部分が大部分を占めています。
頭を引っ込めると、某グレンラガンのガンメンっぽい感じにも…w

_1080146.jpg
ビーストモードの時同様、ライオンの額部分を押すことによってライト&サウンドギミックが発動。
もちろん、ロボットモード専用のサウンドに切り替わりますよ。
実際に鳴らしてみると、↓こんな感じです。

直接動画ページでごらんになる場合はこちらから。
スイッチを押すたびに、
「俺は地の獅子忍、ゲキソウマル!」
「忍の秘伝、撃・翔・潜!覚えてくれよな!」
「シノビ忍法、鬼退治!」
の3つのセリフがローテーションします。
ボタン長押しすると合体用のサウンドがなりますが、それはまたのちほど。
しかし…「鬼退治」って、忍法(;´∀`)?

_1080147.jpg
背面。
例によって脚部は合体時の腕・脚になるため、足の付け根はだいぶ高い位置にあります。
そして、気になるのが真ん中のオートボットエンブレム。
実はここもスイッチになっていまして、ライオンの額と同じ機能を持っています。
さらにもう一つ、スイッチ上のクリアパーツ左右にあるくぼみ。
この中に、合体サウンド用のスイッチが有りまして。
ゲキソウマルの左手側のスイッチだけを押すとゴウゲキソウ、
右手側だけ押すとゴウヒショウ、両方同時に押すとゴウセンスイの合体サウンドが鳴ります。
つまり、音声だけなら割と簡単に三種とも再生可能ですw

_1080148.jpg
脚部。
ケンザン・ジンブ・ガンオウの三体と似た感じの作りになっております。
ただ、変形パターンの関係上脚部の付け根がちょっとだけ下寄りなので、
少しだけ扱い易くなってる感じですね。

_1080149.jpg
変形時取り外した尻尾とたてがみは、組み合わせて手持ち武器に。
製品には特に名前の説明等ないんですが、店頭配布されていた
「ビジュアルファンブック2」には「武器は百獣シノビクナイとビビットビュート」
と記載されています。

_1080150.jpg
パッケージや説明書では武器は合体状態が基本になっていますが、
もちろんバラでも武器として使えます。
まずたてがみ部分は百獣シノビクナイ。
…以前のホイルジャッククナイもそうでしたが、
クナイって言うにはさすがにデカくないですかね…w

_1080151.jpg
尻尾もそのまま手に持つことが可能。
鞭状の武器ですが、こっちをビビットビュートというのか
もしくはクナイと合体した状態をそういうのか、はいまいちはっきりしません(;´∀`)

_1080152.jpg_1080153.jpg
そして合体時に使用するカブト。
ゴウケンザンと違って、ほぼ完全に頭部分だけになってますね。
そのため、変形させて武器としてつかう…という用途は考えられていないようです。

_1080154.jpg
カブトはロボット時には背中に取り付けておくことが可能。
テレビマガジンの付録DVDに収録されているアニメを見る限り、
本来はこうやって背負っている状態が基本形みたいですね。

_1080155.jpg
ビーストモードでもカブトは取り付け可能。
頭頂部のたてがみを外して、その部分に装着しておけます。
外したたてがみは前足の肩部分に移動。

_1080156.jpg
さて、カブトも出てきた所で参乗合体!
…といきたいところですが、いかんせん残りのメンバーがまだ発売されておりません(;´∀`)
なので今回はとりあえず、説明書にも載っているゴウゲキソウの上半身だけ…w
腕をライオン状態に一旦戻し、そのまま肘部分を曲げてライオンの爪と上腕部分を
ジョイントして固定。
肩のオレンジのパーツを開き、腕パーツ全体を肩アーマーとします。
それが済んだら、避けておいたたてがみパーツは元の位置へ。

_1080157.jpg
脚部を根本から180度開き、首周りのパーツを一旦持ち上げ。
脚部根本のパーツをライオン頭側へ折り曲げ、中にあるジョイントで固定します。
首周りパーツはその後元に戻し、向きの変わった足の付根パーツとライオン頭でジョイント。
この状態でロボット時股関節として使う関節を90度折り曲げ、合体時の腕を作る準備をします。

_1080158.jpg
脚部を折り曲げたら、ライオン後ろ脚と腕のジョイントを一旦外し、
回転した上でロボ時の脛アーマー部分とジョイント。
さらにその脛パーツも半回転させ、肘側にロボ時のつま先が来るようにします。
あとはロボ時に踵として使っていた合体手首を腕に合わせて伸ばし、
各部を調節。

_1080159.jpg
で、完成形がこちらです。
あとはこれに兜をかぶせてやればOK。
この時、↓のように合体時の名乗りを上げてくれます。

直接動画ページでごらんになる場合はこちらから。
侍チームの合体同様、ただかぶせただけだと
「兜装着!参乗合体、ゴウゲキソウ!」としゃべり、
事前にスイッチ長押しをして
「ゲキソウマル!ヒショウマル!センスイマル!いくぜ、参乗合体!」
と合体時のサウンドを鳴らしておけなば、「兜装着!~」の後に
効果音が追加でなるようになっておりますよ。

_1080160.jpg_1080161.jpg
兜までかぶせた完成状態。
単体では大きめだったライオン顔も、この状態だとちょうどいいかんじです。
…残り二体の合体モードのバランス次第でもありますが…w
なお、ジョイントの大きさが全く違うため、侍チームとのごちゃ混ぜ合体は無理ですね。
せめてケンザンの代わりができる、とかだとなおよかったところですが…まーしゃーなしですな。
可動部分は腕のみになりますが、詳しくはまぁ後日3体出揃って
合体形態を紹介できるようになってから、ということで…(;´∀`)

_1080162.jpg
合体形態の頭部周り。
アニメの方では面頬がだいぶ大きめになっており、まさにニンジャの面頬でしたが
おもちゃの方ちょっと小さめになって、忍者装束といいつつ
若干コンボイ系っぽい感じもあるフェイスになっておりますね。

_1080163.jpg
兜の後頭部は、本体との接続部分も含めてまるっとクリアパーツ。
そのため、集光機能もあります。
ですが、これの本来の目的は背中中央にあるLEDの光を目まで通すこと。

_1080164.jpg
実際光らせてみると、こんな感じです。動画もこの下に。
写真だとそうでもないように見えますが、きちんと目まで光が回って
なかなか良い感じの光りっぷりです。


直接動画ページでごらんになる場合はこちらから。
スイッチ短押しで「参乗忍法!撃撃、激怒獣牙!」
長押しで「いくぜえ!超必殺、参乗忍法!撃撃、激土獣牙!」
と必殺技名を叫んでくれますよ。

_1080165.jpg
可動に関して。
他のソードボットと同じく、独特の体型からくる
ちょっとクセのある動きが特徴になっておりますね。

_1080166.jpg
まず腕周り、肩はボールジョイントです。
前後回転と、ほぼ真横まで腕を広げることが可能。
胴体から伸びるたてがみパーツが干渉しそうに見えますが、
たてがみ自体根本から動くようになっているため、
動かす際の邪魔にはならないですね。

_1080167.jpg
肘もボールジョイント。
上腕や手首のロール軸がないので、ここで捻る向きの可動もまかないます。
デザインの都合で、真っすぐ伸ばしても軽く肘を曲げているようなシルエットになるため、
気になる人は結構気になるかもしれません。

_1080168.jpg
手首は固定です。
上述のとおり肘がボールジョイントなので、そちらで
動きを引き受ける感じになっていますね。

_1080169.jpg
続いて下半身。
ソードボット系特有の独特なこうぞうのため、どこを股関節といっていいのか
ちょっと何とも言えないですが…とりあえず、背中側から見えている
脚部の一番根元の部分からw

_1080170.jpg
ここはクリック式の関節になっていまして、前後方向への回転と
ほぼ180度まで左右に開くことが可能です。
ただし、単体ロボットの時はここの前後回転を使うと
見た目の違和感が半端ないので、基本的に封印です(;´∀`)

_1080171.jpg
ですが、横方向への開閉は話が別。
ひとクリック程度なら違和感なく見えるので、
軽く開脚した状態を見せるのには非常に適しております。
実際、本記事の直立状態の写真はこの付け根部分をひとクリック広げた状態だったり。
ただ、ふたクリック広げるともう違和感バリバリになってしまうんですけどね(;´∀`)

_1080172.jpg
続いて、脚部中央の関節。
おそらく、ここが単体ロボット時の股関節を意図して設けられた部分になりますね。
また、合体して下半身を担当する際の膝にもなるようです。

_1080173.jpg
可動範囲としては、クリック式関節で20度程度刻みに
前後90度くらいまで曲げることが可能。
すぐ上にロール軸があり、ここで足をひねってやることで開脚方向の動きも兼ねる感じです。
ただし、開脚に関しては前述の脚部付け根も併用するとより良い感じですな。

_1080174.jpg
さらにもう一段下がったところに、単体時の膝、兼
合体(上半身担当)時に肘になる関節が。
ここもクリック式で、20度くらいの刻みで120度くらいまで曲げられます。
ここもすぐ上にロール軸があるので、ひねりを入れてやることも可能ですね。

_1080175.jpg
足首はつま先パーツと踵パーツ(合体時の手首)が可動。
どちらも、直立時(脚に対してほぼ直角)から、
脚とほぼ一直線になるまで曲げ伸ばし可能です。
横方向には動きませんが、それほど大きく開脚できない構造なので
あんまり気にはならなかったりw

_1080176.jpg
首は左右への回転のみ。
ただし、変形機構を使ってやることで前向きにうつむかせることは可能です。
ほどほどにしないと、胴体に頭が収まってしまいますが(;´∀`)
最後に、胴体は固定。
ギミック的にもデザイン的にも、動かせそうな場所ないですしなー…w
あ、ビースト時同様にライオンの顎は動きますよw

_1080177.jpg
全体的に見ると、腕は割と素直な構造ですが
やはり脚がちょっと独特。
とはいえ、そこまで動かすのに難儀する…ということはないですね。
ソードボットも4体目なので、慣れてきたということもあると思いますがw

_1080178.jpg
以上、トランスフォーマーGo!よりソードボット忍チーム1号・ゲキソウマルでした。
光ってしゃべって、で単体でもだいぶ遊べるお人ではあるんですが…
やっぱり、はやいところヒショウマル・センスイマルと揃えて参乗合体を楽しみたいところですねw
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーGo! センスイマル
  • トランスフォーマーGo! ヒショウマル
  • トランスフォーマーGo! ゴラードラ セット
  • トランスフォーマーGo! ブドーラ
  • トランスフォーマーGo! ハンタースモークスクリーン
  • トランスフォーマーGo! バクドーラ
  • トランスフォーマーGo! ガイドーラ
  • トランスフォーマーGo! ガンオウ


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーGo!

     タグ: トランスフォーマー  Go!  オートボット  ソードボット  忍チーム  ゲキソウマル  ゴウゲキソウ 


    Comments:5 

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2013/08/08 (Thu) 20:27 | EDIT |   

    tagoal  

    ゲキソウれす

    >匿名希望さん
    Σ(゚д゚|||)<変換ミスった!
    カードの画像も上げといてこれはないですな、われながら(;´∀`)
    早速激”土”に修正しておきました。
    ご指摘ありがとうございます!

    2013/08/08 (Thu) 20:45 | EDIT |   

    Fネガ  

    No Title

    こんばんは~ トランスフォーマーGo! ゲキソウマルのレビューお疲れ様です!
    ついに出ましたな!「地の獅子忍ゲキソウマル」
    全身の関節もよく動きますし武器も豊富で尚且つ音声ギミックもついててとても遊び応えのある商品に仕上がってるのがとてもいいですな~
    残りの「忍チーム」2体のメンバーも早く欲しい所ですね

    2013/08/09 (Fri) 00:29 | EDIT |   

    節足動物  

    No Title

    ゲキソウマルのレビューお疲れ様です。

    以前からビーストモードがブ○ードライガーに見えてしょうがないんですよね。
    色とフォルムが完全に被ってますし。

    しかしロボットモードを後ろから見ると完全に他の惨条合体製品と似たような構造してますね。
    要するにスパリン合体戦士に真ん中が追加されただけみたいな何とも言えない雰囲気を感じます。

    2013/08/09 (Fri) 12:30 | EDIT |   

    tagoal  

    ゲキソウれす2

    >Fネガさん
    いやほんと、3体合体なのに1つだけってのはもどかしいもんですな(;´∀`)
    はやいとこ残りプリーズ!ってなもんですw

    >節足動物さん
    ブレードラ○ガーとは…ぶっちゃけモチーフと色の系統しか被ってない気が(;´∀`)
    ロボットモードの構造に関しては、まーもとよりそういう仕様の製品ですからなあ。
    その制約の中でだいぶこなれてきたかな、という感じがw

    2013/08/17 (Sat) 12:13 | EDIT |   

    Leave a comment