またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年6月~2011年7月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

21
TFレジェンズの再販総選挙という名の希望アンケートが実施されてますねー
再販希望と同時に自由記述の意見を書くところもありましたので、思うところがあるひとは書いてみるのも良いかも。

と、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマー 最後の騎士王より、ハウンド(海外版)です。
P1860176.jpg
最後の騎士王系では初の海外版の紹介になりますなw

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1860247.jpgP1860249.jpg
ということで、今回はトランスフォーマー 最後の騎士王よりハウンド。
日本では来月発売ですが、今回はちょっと早めに出た海外版です。
今作のシリーズでは日本版と海外版の差は基本無い、とのことなので、ちょっと先取りみたいな感じになりますね。

P1860253.jpgP1860259.jpg
P1860262.jpgP1860266.jpg
ビークルモードでぐるっと。
今回のハウンドはウニモグという種類の車両に変形しています。メルセデス・ベンツ製の多目的作業車、だそうですよ。
ドアのところに描かれたディセプティコンの撃墜マークがいい感じに物騒ですw

P1860271.jpgP1860276.jpg
ロストエイジ版同様、今回のハウンドも付属の武器を搭載した状態が基本っぽい感じ。
実際に武装させてみるとこんな感じになります。
ミサイルランチャーを乗せたトラック、と言った雰囲気になりますね。

P1860280.jpgP1860286.jpg
P1860289.jpgP1860295.jpg
武装状態でぐるっと。
ロストエイジ版に比べると付属する武器が少ないので、武装状態でも割とスッキリした感じですね。
なお画像は説明書の指示通りの載せ方なんですが、荷台や側面後部には大量の5ミリ穴があります。
これを使えば武器をばらして載せたり、別アイテムの武器を載せたり…といろいろ遊ぶことも出来ますな。

P1860300.jpg
ところで、今回のハウンドなんですが。
発売前のCGモデルでは、ドアやロボットモードの頭などに赤十字(っぽい)マークが描かれていました。
ですが最近出ている画像や現物に関しては、赤十字はなし。
赤十字やそれに類するマークは赤十字社が権利関係きっちり管理してるようですし、面倒にならないように削除されたっぽいですね。

P1860337.jpg
さて、それではロボットモードへトランスフォーム。
武器は載せっぱなしでも問題なく変形できるんですが、みやすさのためにあえて外しています。
まず、運転席の天井部分から後ろを後方へ倒し、そのまま側面パーツの後ろ側ごと外へ開きます。
天井部分は折りたたみつつ、ロボ手首を出して運転席後方部分をまっすぐに伸ばし、ロボの腕に。
さらに、後輪周りのパーツを後方へちょっと動かしてロックを外し、後輪ごと上がわへ開きつつ後輪周りの外装を外側へ回転させます。

P1860341.jpg
車体を前側を下にして立てつつ、ロボ腕のくっついている側面外装を後輪のあったところへ180度開いて固定。
車体前側を左右に分割し、運転席を一旦持ち上げて下(ビークル時の前側)へ移動し、バンパーも持ち上げます。
そして前輪を根元のパーツごとバンパー側へ半回転。
更に90度横倒しにし、ビークルじ外側だった部分が真下を向くようにします。

P1860345.jpg
真下に向いた前輪のホイール部分を開き、ロボのつま先に。
フロントの外装、フェンダーあたりを前輪=ロボ足首側へ180度回転。
これで膝が曲がるようになり、脚部が出来上がります。
車体尾部のカバーを開いて中からロボ頭を出したら胴体の上下を縮めて固定、各部を微調整してやればロボットモードの出来上がり、ですね。

P1860351.jpgP1860356.jpg
ロボットモード。
ロストエイジ版は若い頃の体形、ということで劇中よりスマートでしたが…
今回はしっかり、デブったヒゲオヤジになっておりますよw

P1860361.jpgP1860366.jpg
P1860370.jpgP1860373.jpg
ぐるっとひと回り。
若干な足の形が独特ではありますが、この胴体の再現ぶりが…!
太ったオッサン体形になっているのが嬉しいキャラクター玩具ってのも珍しい気はしますが、ともかくいい感じの再現度合いですな(゚∀゚)

P1860379.jpgP1860384.jpg
顔周り。
見ての通りの、むさ苦しいメカヒゲオヤジですw
ロストエイジ版ではヒゲの関係か顔は軟質パーツ製でしたが、今回は普通の硬質なパーツになっておりますね。

P1860389.jpgP1860394.jpg
そしてこのハウンド、ちゃんと劇中通りにヘルメットが脱げますw
脱いだあとの頭のディテールも、ある程度シンプルにはなっている感じですが雰囲気はよく出ている感じですな。

P1860397.jpg
腕部。
ロストエイジ版ではベルト状のパーツの集合体になっていた部分の再現もあって前腕部が軟質素材で覆われていましたが、今回はここも硬質に。
というか、デザイン自体がちょっと変わったみたいですね。

P1860406.jpg
胴体。
やはりここの再現度の上がりっぷりが一番ですね…!
お腹や腰のところには手榴弾とかポーチだとか色々ありますが、流石にここはモールドだけ。
外せたりはしません(;´∀`)

P1860411.jpg
背面。
ビークルモードの荷台と、後輪周りですね。
見ての通り5ミリ穴がたくさんありますので、付属の物以外にも色々くっつけてやるのも楽しそう。
また、お尻のところにはスタンドに対応した3ミリ穴があいておりますよ。

P1860416.jpg
脚部。
フロントタイヤがパカっと開いて足首に、という面白いパーツ配置になっています。
更に面白いのがこの足首、ビークルモードの位置だと引っかかり無くスムーズに回転するのにロボットモードの位置に持ってくるとその回転部分にクリックがかかるようになっているという…
仕組み自体はシンプルですが、実際触ってみるとほんと面白いですよw

P1860420.jpg
付属武器その1、大型の銃です。
ロストエイジ版の武器はわりとリアル志向というか、実在の銃器っぽいデザインでしたが、今回はちょっと方向性の違うデザインに見えますな。

P1860425.jpg
武器その2、小型の銃。
こっちは小型のガトリング、と言った感じですね。

P1860430.jpg
そして、武器マウント用の台座。
基本的にはこんな感じで背中にくっつけておきます。

P1860436.jpg
そして、武器を搭載するとこんな感じに。
実はこれ、ビークルモードでの搭載状態そのまんまです。
背中周りはほとんど変形時にパーツが動かないので、荷台に搭載した武器がそのまま背中に背負った状態に変化するわけですな。

P1860440.jpgP1860442.jpg
そしてこのハウンド、太腿と脛の側面に穴があります。
実はこの穴、ロストエイジ版の武器から出ている軸にぴったりフィット。
さらに、ふくらはぎ部分に当たるビークルモードの運転席部分、この中にはロストエイジ版ハウンドの脚の中に収まっていたハンドガンをはめ込めるようになっています。
つまり、ロストエイジ版ハウンドの武器を全部搭載できるようになっているというわけです(゚∀゚)<ナイフはお尻のスタンド用の穴か、背中の土台の真ん中にセット可能
で、実際に全部くっつけてみたのが上の画像。
ただし説明書にはロストエイジ版武器装備について記載はないので、一例ということで。
いい感じに武器まみれになりましたw

P1860444.jpgP1860445.jpg
ビークルモードでも、ロストエイジ版の武器は装備可能。
画像はこれも一例として、シンプルに合体させた武器を荷台の武器の上に追加で載せてみた状態です。
なおこれ、一応単純に上に乗っけただけではなく、内側にくっついている小さい銃の取り付け向きを変えてあったり(そのままだとロストエイジ武器にひっかかるので…)。
このほかにも、ある程度バラバラにした武器をそれぞれ荷台の5ミリ穴にさしてナイフは土台の後ろにセット、なんてこともできますよ。

P1860449.jpg
可動に関して。
体形の割には結構動かしやすいですね。
まさに動けるデブと言った感じですw

P1860457.jpg
まずは腕周りから。肩は前後方向と横方向の二軸式です。
背中のパーツが腕の後ろに張り出しているので後方に腕を回すことはできませんが、体の前側に関しては問題なく腕を回せます。
横方向に関しては、水平まで腕を上げられますね。

P1860478.jpg
上腕部分にはロール軸があり、腕をひねれるようになっています。
上腕にくっついている弾丸の束のようなパーツも、腕とは別に後方に回すことが可能。
こちらは主に変形する際、パーツとの干渉を避けるために使うのがメインですかね。

P1860483.jpg
肘は二重関節になっています。
この為非常によく曲がり、ほぼ180度まで曲げることが可能。
充分すぎるくらいの曲がりっぷりですね( ´∀`)

P1860486.jpg
手首はひねることが可能です。
肩や肘・上腕の可動部分とあわせて、武器の取り回しがかなりやりやすい作りになっていますね。

P1860488.jpg
続いて下半身。
股関節は前後方向・横方向の二軸式ですな。
腰アーマーが前方向に跳ね上がるようになっているので、見た目の割には脚が上がりますよ。

P1860495.jpg
具体的には、前方向が水平より30度位下まで、後方はほんのちょっとだけ。
開脚方向はほぼ水平まで脚を開けます。
太腿の外側に少し薄めのパーツが出っ張っており、ここが他のパーツに引っかかりやすいです。
壊したりしないよう少し気をつけたほうが良いかもしれませんね。

P1860505.jpg
膝は90度に少し届かないくらい、70~80度位まで曲がります。
また、膝の位置がだいぶ高めなので、立て膝等は不可能。
やはり太っちょなのでしゃがんだりはキツいということでしょうか…w

P1860517.jpg
足首は横回転と爪先部分の曲げ伸ばし、そして足首全体を内側へ曲げることが可能。
横回転は10度位、つま先の曲げ伸ばしは20度弱くらいの刻みのクリック式になっていますね。
前後方向への曲げ伸ばしこそ無いものの、調整できる部分が多いので接地性はかなり良好です。

P1860535.jpg
頭部はボールジョイント接続。
髭があるので横方向は左右45~60度くらいまでが限界。
上は水平より30度位上まで、下は軽く顎を引くくらいまでならいけますね。
真横まで向けるとなお良かったかもしれませんが、意外と不便に感じることは少なかったりして。

P1860541.jpg
胴体は腰がひねれるようになっています。
一回転は無理で、左右60~70度位、といったところですかね。
さらに太腿が引っかかるので、多少ポーズによって腰が捻れたりひねれなかったりもします。
ですが、ちょっとだけでも胴がねじれるとやはりポージングの幅はだいぶ広がりますね。

P1860546.jpg
可動範囲としては以上のような感じ。
体形が体形なので、流石に多少は制限があるところはありますね。
ですが腕はよく動くので武器は構えやすいですし、足も接地性は良好。
やはり、ポーズは決めさせやすい方だと思いますよ。

P1860550.jpg
ロストエイジ版と、ビークルモードで。
ロストエイジ版アーミーカモver、今回のもの、ロストエイジの海外版…という並びです。
車種自体が別物になっているので、あまり比べる意味は無いかもですが…(;´∀`)

P1860551.jpg
ロボットモードでロストエイジ版と。並びはビークルモードと同じです。
見ての通り、なんかもう頭身から全然違いますw
今回のものと並べると、ロストエイジ版がキャ○テン翼のキャラみたいな状態に見えてきますな…

P1860552.jpg
こうやって並べると、今回ものすごい化けっぷりですよね…
ロストエイジ版もできが悪いわけではないんですが、劇中イメージからちょっと離れてしまっているのは否めませんしな。
なんだかんだ言って、やっぱりTFも日々進化してるなーというのを痛感させられます。

P1860626.jpg
以上、トランスフォーマー 最後の騎士王よりハウンドの海外版でした。
いやほんと、再現度の上がりっぷりがスゴイです…!
それでいて可動も割としっかりしてますし、実にグッドなブツですな(゚∀゚)!
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 ダークオプティマスプライム
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 スティールベイン(STEELBANE)
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 バンブルビー
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 ダイノボットスラッシュ
  • トランスフォーマー 最後の騎士王 オプティマスプライム


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマー最後の騎士王

     タグ: トランスフォーマー  海外  最後の騎士王  TheLastKnight  オートボット  ハウンド 


    Comments:5 

    さすりゅ~  

    前作で複数作られたハウンドの玩具全てが若い頃をイメージしたとかベストを脱いだデザインでの立体化だったので劇中イメージとはかなり違ってたんですよね
    今作の玩具はちゃんとベストを着込んだデザインというだけで既に満足です。これで今作の劇中でベスト脱ぐシーンがあったらどうしよう…
    欲を言えばパーシャルで前作ハウンドも出せたら最高なのですが

    2017/06/21 (Wed) 02:13 | EDIT |   

    ぽけ厨  

    ほー。前作の武器も全部搭載可能とは…
    今回は玩具オリジナルっぽいデザインの武器ばかりの理由が分かりました。

    あと一月ほどありますが国内版が楽しみです。

    2017/06/21 (Wed) 07:38 | EDIT |   

    できし  

    ハウンドのレビューお疲れ様でした。
    自分も何とか海外版を確保できましたが、コレ触ってると前作版の心残りだったところを全部やりきってやったぜ!的な意気込みを感じました。本当に素晴らしい逸品です…

    でも前作版の武器を乗っけられるのはなんとも罪作りな仕様ですねw前作版の相場が更に上がっちゃう!

    2017/06/21 (Wed) 20:46 | EDIT |   

    ベリリウム蒲鉾  

    No title

    ディセプティコンのエンブレムが扉にプリントされていたのは意外でした。
    仮にオンスロートを出すとしたらこのハウンドを基に...っていう流れになるんでしょうかね。車種全然違いますけど。

    2017/06/24 (Sat) 16:46 | EDIT |   

    Fネガ  

    海外で先行で発売されたハウンドかなり良いですな~
    さらにロストエイジの時に発売されたハウンドの武器が装備可能とは何気にニクイ仕様w
    これは日本での発売が楽しみな一品ですね(^^♪

    2017/06/24 (Sat) 22:02 | EDIT |   

    Leave a comment