またーりといくよ。

ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。
※現在、 2009年4月~2011年12月の間 の記事の画像ファイルが多数見られなくなっています。順次復旧中ですので、すいませんがお待ちいただけるようお願いします。

21
TF映画版新作、最後の騎士王の玩具が発表&予約等々始まりましたねー。
前作からの流用組はともかくとして、新規組はこれがなかなか…!
ワンダーフェスティバルの会場でメガトロンは見てきましたが、アレは期待できますよほんと(゚∀゚)

と、それでは今回のネタへ。
トランスフォーマーレジェンズより、ヘッドマスターセットです。
P1780169.jpgP1780174.jpg
今回は箱自体も特殊仕様(両面に窓があってロボットと頭部モードの両方を見られる作り)で面白いので、裏と表からそれぞれ撮っておきました( ´∀`)

※画像をクリックすると、全体画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはしばしお待ちを…(;´∀`)

P1780208.jpgP1780212.jpg
ということで、今回はトランスフォーマーレジェンズのヘッドマスターセット。
まずは先日のワンダーフェスティバル会場、そして今週末から全国のサイバトロンサテライトで発売される限定品(タカラトミーモールでの販売も検討中とか)で、日本国内でこれまで使われなかった型のヘッドマスターを6種まとめたものになりますな。
で、まずは一体目のクロームドームから。

P1780215.jpgP1780221.jpg
P1780223.jpgP1780227.jpg
クロームドームをロボットモードでぐるっと。
当然ながら、形状的には海外版のタイタンマスター・スタイラーと同じです。
成型色および塗装はTFレジェンズ版クロームドームのヘッドマスターと合わせてあるようなので、特に正面から見るとほぼそのまんま、ですねw

P1780237.jpg
では、頭部モードへトランスフォーム。
腕を胴に添えて固定、脚を胴体前へコの字に折り曲げたら全体の上下をひっくり返し、背中の顔を正面に向ければ完了です。
なお、このあとの5体に関しても手順は全く一緒なので以降は変形手順については割愛しますw
( ´∀`)<ちなみに、このセットには説明書は付属しませんが変形手順は箱のベロのところにちょこっと書いてあります

P1780241.jpgP1780244.jpg
頭部モード。
色が日本版と合わせてあるため、海外版よりビビッドな色合いになってますなー。

P1780246.jpgP1780251.jpg
P1780254.jpgP1780258.jpg
頭部モードでぐるっと。
海外版フェイスなので、ゴーグル目にマスク顔。
それ以外のパーツのバランスもだいぶ違うんですよねー。

P1780259.jpgP1780260.jpg
レジェンズ版付属のクロームドーム、および海外版のスタイラーと。
色はレジェンズ版と、形はスタイラーと一緒なので、ちょうど両者の中間みたいな状態になってますねw

P1780261.jpg
頭部モードでさらし首三体並べて。
もともとは同じ顔(G1版玩具)の解釈違いから派生しただけに、構成されているパーツ自体は似通ってますが…
バランスぜんぜん違うのが面白いところですなw

P1780271.jpgP1780276.jpg
実際にヘッドオンしてみるとこんな感じ。
隣は通常のレジェンズ版クロームドームです。
色は一緒なんですが、顔のデザインだけがらっと変わっていますw

P1780284.jpg
海外版のクロームドームと。
こちらは胴体も別なのでまとめて撮れています(;´∀`)
頭が変わったことで形状的には全く同じになったわけですが、やはり色と塗装が違うぶん差別化はしっかり出来てる感じですかね。

P1780287.jpg
胴体付きで頭三種。
クロームドームの胴体が一個足りないので、同型ボディの海外タイタンズリターン版ブレイクアウェイの体を拝借w
なので比較としてはあんまり意味は無いですな(;´∀`)<とりあえず並べたかっただけです

P1780290.jpg
頭が海外版準拠になったことで、カラーリングはアニメ版風、形状は旧玩具…
IDW版といったほうが良いかもですが、まあともかくいろんなバージョンの折衷みたいなことになりましたな。
まーこれはこれで割りと似合ってますし、組み換え遊び的には面白くてよしと言っていいでしょうw

P1780297.jpgP1780300.jpg
続いて二人目、ハードヘッドです。
こちらも海外版の形状で日本版の色、という組合わせ。

P1780303.jpgP1780307.jpg
P1780311.jpgP1780314.jpg
ぐるっとひと回り。
日本版の口ありの顔は背中に張り付いた状態だとやや生々しいので、比較的無機質な海外版フェイスのほうが落ち着いた感じに見える…かもしれませんなw

P1780334.jpgP1780338.jpg
トランスフォームして、頭部モードに。
こちらもマスクにゴーグルなフェイスですな。

P1780343.jpgP1780345.jpg
P1780347.jpgP1780354.jpg
ぐるっとひと回り。
クロームドーム同様色は日本版と同じになっていますから、横や後ろ…特に後ろからだとほぼ区別はつかないですね。

P1780356.jpgP1780357.jpg
レジェンズ版ハードヘッドと、海外版のフュロスと@ロボットモード。
こちらも、今回のバージョンがレジェンズ版と海外版の中間みたいな状態に。

P1780358.jpg
頭部モードでずらっと。
デザインの差ではあるんですが、今回のセット版&海外版のほうがモールドがはっきりしてますね。
ある意味、彫りが深いと言うんでしょうか…w

P1780363.jpgP1780367.jpg
実際にヘッドオンするとこんな感じに。
ハードヘッドの場合目が同じゴーグル状なので、バトルマスクのオン・オフみたいに見えないこともないかも、ですね。

P1780371.jpg
海外版と一緒に。
今回胴体のある3人のなかでは、比較的海外版との雰囲気の差が少ない方ですかね。
とは言っても海外版でグレーのところが茶色になっていたり、だいぶ変化はあるんですけどな。

P1780375.jpg
海外版のクウェイクからボディを拝借して、胴体付きで三人。
大砲背負ってるのが3人なので、なかなか壮観ですな。
(;´∀`)<しかしクウェイクを先に胴体だけ使うことになるとは…w

P1780380.jpg
当たり前のことではありますが、すげ変わっているのは頭だけ(もっといえば、顔面パーツだけ)なので、ロボットモードの可動には(先程のクロームドームも、このあとのブレインストームも)一切影響はなし。
ポーズを付けて遊ぶぶんには全く違和感はないですな。

P1780383.jpgP1780391.jpg
3人目、ブレインストーム。
仕様的にはここまでの二人同様、海外版の形状に日本版のカラーリング、ということになりますね。

P1780395.jpgP1780400.jpg
P1780403.jpgP1780407.jpg
ぐるっとひと回り。
今回胴体のあるクロームドーム・ハードヘッド・ブレインストームの中では一番大きく顔のデザイン(と、色)がに変わっているため、別物感が特に強いですな…!
ただやはり正面から見ると日本版そのものなんですがw

P1780420.jpgP1780424.jpg
頭部モード。
例によって海外版デザインに日本版の色、という組み合わせですが…
前述の通り日本版と海外版の差が特に大きいものですからね。
別キャラと言っても通りそうなくらいですなw

P1780428.jpgP1780429.jpg
P1780437.jpgP1780440.jpg
ぐるっとひと回り。
あとで並べてみますが、この人に限っては顔面のデザインが日本版と海外版で完全に別物ですからねー…w

P1780444.jpgP1780445.jpg
日本版と、海外版のテスラーと3体で。
正面からだとそうでもない(クロームドームと同じ形状でもありますしな)んですが、背負ってる顔がw
また、海外版とも色がぜんぜん違っているのでだいぶ違った印象を受けますね。

P1780446.jpg
頭部モードでずらっと。
なんでこの人に限ってはここまで面影ないレベルでデザインに差が出たんでしょうな…w
それをしっかりフォローしてくれるあたり、ここ最近のタカトミは頑張ってるなーと思うんですけどね( ´∀`)

P1780448.jpgP1780453.jpg
ヘッドオン状態。
これ、数年前ならほんとに別キャラで通りますよなw

P1780455.jpg
海外版と。
ブレインストームは特に海外版との色の差が顕著ですから、こちらももはや別キャラ状態ですw

P1780458.jpg
胴体つき3人。
足りない分は同型のブラーで…ちょっと翼とか無いのでアレですが(;´∀`)

P1780462.jpg
今回の頭に変えることで、アニメカラーの旧玩具風デザイン、という形になるんですよねえこの人も。
ブレインストームはここまで見たとおり一番極端に変わって見えるので、ある意味一番挿げ替えの妙を楽しめる…のかもしれませんな。

P1780481.jpgP1780487.jpg
4体目、ゴング。
ここからは特定の胴体がいないヘッドマスターになりますね。
このゴングは、モノとしては海外版のブローンの色変えということになります。
まあ結局のところゴングですw

P1780489.jpgP1780496.jpg
P1780499.jpgP1780502.jpg
ロボットモードでぐるっと。
ロボットモードの形状は、G1版の玩具がデザインモチーフになっているそうで。
ただし色はアニメのゴングに寄せている感じですね。

P1780511.jpgP1780515.jpg
頭部モード。
ちょっと角ばったものが後ろに出ちゃいますが、ヘッドマスターの仕様上そこはしゃーないですな。

P1780518.jpgP1780523.jpg
P1780527.jpgP1780530.jpg
ぐるっとひと回り。
ロボットモードの影響で、ちょっと後頭部が派手に。
元ネタの頭の後ろにも黄色い板がそそり立ってますから、アレだと思えば割とアリ…ですかねw

P1780533.jpgP1780534.jpg
海外版のブローンと。
海外版のほうが全体的に濃い色合いになっています。
ただロボット時に色がないので、そのへんは今回のもののほうが見栄えはいいですな。

P1780535.jpg
頭部モードで海外版と。
海外版は頭がガンメタで、今回のものは多分アニメ版を意識したと思われるグレーですね。
今回のものはブルーがかったグレーになっているので、もっとフラットなグレーでも良かったかなーという気はしますね。

P1780538.jpgP1780539.jpg
このゴングには特定の胴体はないので、適当にヘッドオン。
海外版のカップと、先程使ったハードヘッドにくっつけてみました。
元の胴体に色合いが近いかなー…と思ったんですが、そうでもなかったですな(;´∀`)

P1780562.jpg
ちなみに、海外ではタイタンズリターン版のゴングはタイタンマスターだけでなく、レジェンズクラスでちゃんと胴体のあるやつも出ておりまして。
こっちの方はまた別途日本でも出るんだろうなーという感じですね。
タイタンズリターン系のレジェンズクラスはビークルモードでタイタンマスターが中に乗れるため、ゴングにゴングが乗るというなかなかカオスな遊び方もできますからな…w

P1780567.jpgP1780571.jpg
5体目、グリムロックです。
海外でクロバーとして出たものの色変えになりますね。

P1780574.jpgP1780577.jpg
P1780580.jpgP1780584.jpg
ロボットモードでぐるっと。
色でそれっぽくなってはいますが、細かい形状をよくよく見ると(G1)グリムロックっぽさはそれほどでもなかったり。

P1780595.jpgP1780601.jpg
頭部モード。
ある程度アレンジは入っているものの、これはたしかにグリムロックの顔ですなw

P1780604.jpgP1780609.jpg
P1780612.jpgP1780613.jpg
頭部モードでぐるっと。
ロボット時の両腕がちょうどよく頭の横のトンガリの役目を果たしてくれていますね。

P1780615.jpgP1780616.jpg
元になったクロバーと。
違うのは色と塗装だけなんですが、パッと見ちゃんとグリムロックに見えるように変わっているあたりさすがの色のマジック、ですな…w

P1780617.jpg
胴部モードでクロバーと。
クロバーの方は全体がガンメタで、グリムロックは真っ黒です。
このへんはもう、お好み次第って感じですね。

P1780627.jpgP1780631.jpg
適当なやつにヘッドオン。
海外版のツインフェルノと、先程使ったレジェンズ版のブレインストームにくっつけています。
色が近いせいか、ツインフェルノボディはなかなか似合いますねw

P1780635.jpg
公式サイトのwebコミックではグリムロックはスカルの相方・バトラと合体(拘束)することで恐竜モードを(一時的に)取り戻しています。
もちろん玩具でも再現可能ですが、せっかくなので色がよりそれっぽい&同じ形のクロバーのミニビークルと合体。
ちょっと小さい&黄色いですが、まあなんとなくそれらしくはなりますねw

P1780645.jpgP1780650.jpg
最後の一人、フライホイール。
今回のセットの中で唯一のデストロンということになりますな。

P1780654.jpgP1780657.jpg
P1780665.jpgP1780668.jpg
ロボットモードでぐるっと。
こちらのもとになったのは、海外版のスカイトレッド。
海外版の時点でフライホイールモチーフだと言われていたので、今回は収まるところに収まった、という感じですねw

P1780681.jpgP1780686.jpg
頭部モード。
パッと見た感じではもうほぼそのままスカイトレッド、という感じですね。
並べて見比べると若干色等違ってはいるんですけども…

P1780689.jpgP1780693.jpg
P1780696.jpgP1780702.jpg
ぐるっとひと回り。
口出しゴーグル顔、とTFには割とよくいる感じ?の顔ですな。
実際、割と何にでも合わせやすい顔じゃないかなーと( ´∀`)

P1780703.jpgP1780704.jpg
スカイトレッドと、ロボットモードで。
微妙にですが、今回のもののほうが色が明るめです。
そしてロボット時の塗装が増えているのはさすがの日本版、といったところですな。

P1780705.jpg
頭部モードでスカイトレッドと。
目の色が若干違いますな。スカイトレッドはやや紫よりです。

P1780710.jpgP1780711.jpg
適当にヘッドオン。
海外版のパーセプターと、これまた先程使ったクロームドームにセットしています。
クロームドームに関してはもう単純に色が近いから、というだけのチョイスですw

P1780720.jpg
今回のメンバーの中で特に馴染みが薄いよね…というのとちょうどよく当時版持ってたから、ということでG1版フライホイールと今回のフライホイールで。
webコミック中でダブルヘッドオンを果たした面々を見て「これはまさに…2IN1!」と言っていたのは、このG1版フライホイールが「ツーインワン」という種類のトランスフォーマーなことに由来するネタだったりします。

P1780732.jpg
頭部モードでG1版の顔と比較。
おでこの出っ張りとか、細かいポイントがちゃんと拾われてるのが分かりますなw

P1780745.jpg
だいたいコミック再現、な感じで。
グリムロックと合体しているドローンがスカルの相方・バトラではなくワイプのサーバントの方になってますがまあ(゚ε゚)キニシナイ!!
(;´∀`)<間違えて持ってきたんですが、同型だしもういいかなって…
なお、画像では見えていませんが、ハードヘッドとクロームドームも一応ダブルヘッドオン状態にしてはあります。
クロームドームに関してはコクピットにヘッドマスターが居ると背中のパーツが閉まらないので、かなり無理矢理ではありますが(;´∀`)

P1780759.jpg
そういえば、今回のコミックで日本版としてははじめてちゃんと頭部モードのヘッドマスターとミニビークルの合体が描かれてましたな(バトラの恐竜モード拘束は特例として置いといて…)。
タンケッテ以来、ずーっと本当は頭部モードで合体させるモードでも人型で乗せてましたから、やっとちゃんと全機能を使い切ったなという感じがw

P1780767.jpgP1780859.jpg
以上、トランスフォーマーレジェンズより、ヘッドマスターセットでした。
名前の通りヘッドマスターだけなのですが、胴体を持っている人への拡張セットとしては面白いブツとなっていますね。
しかしまーこうなると、汎用胴体みたいなのもちょっとほしく…w
amazon
    
関連記事一覧
  • トランスフォーマーレジェンズ コンドル & エイプフェイス
  • トランスフォーマーレジェンズ コンボバット
  • トランスフォーマーレジェンズ クロームドーム
  • トランスフォーマーレジェンズ スカル
  • トランスフォーマーレジェンズ ショックウェーブ & キャンサー
  • トランスフォーマーレジェンズ ハードヘッド
  • トランスフォーマーレジェンズ ワスピーター
  • トランスフォーマーレジェンズ ラットル(限定版)


  • 管理人のモチベーションアップのため、よろしければクリックをお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

    web拍手


     Category:トランスフォーマーレジェンズ

     タグ: トランスフォーマー  レジェンズ  LGEX  ヘッドマスター  クロームドーム  ハードヘッド  ブレインストーム  ゴング  グリムロック  フライホイール 


    Comments:5 

    さすりゅ~  

    このセットで日本初導入の型はゴングのみですが、これを以ってタイタンマスタークラスwave1~2の日本版が出揃った事になりますね
    海外でタイタンマスタークラスとして発売されていた玩具はドローンはザ☆ヘッドマスターズ組に、ヘッドマスターはメトロマスタークラスに振り分けられてたので
    ザ☆ヘッドマスターズ組を出し切った今wave3以降の日本版の販売形式が気になりますね

    しかしここでゴングを出してしまったので日本版のメトロマスタークラスのゴングとセットになるヘッドマスターもゴングという可能性が断たれてしまったのはちょっと残念です

    グリムロック/クロバーにツインフェルノのボディという組み合わせは自分もよくやるお気に入りの組み合わせです
    欲を言えばツインフェルノは両腕がドラゴン頭なのでグリムロックにしては両腕のボリュームが足りないかなってのが惜しいですが
    Webコミックではエイプフェイスと同じく「ボディなんかいらない」と言わされましたが(同じ台詞でも意味合いはかなり異なっていましたが)
    やはりユーザー的には専用のボディも欲しくなるものです

    2017/02/22 (Wed) 10:18 | EDIT |   

    通りすがりのTF  

    No title

    自分はアニメ準拠の顔が嫌で海外版を買った身ですが、こういうのはいいですね。
    大型アイテムの賑やかしにもできますしね。

    ちなみにジャンク品のTF買い漁って改造してトランステクター作って遊んでますが、すっげー楽しいですよ。

    2017/02/22 (Wed) 22:46 | EDIT |   

    |・ω・)<匿名さん  

    日本では生首の単品売りがなく、メトロマスタークラスのアイテムのセットでもすぐに完売してしまうという状態でなかなか基地遊びを海外版のように手軽にやるのは難しい部分もありましたが、ようやく単品売りが出ましたね。

    これぐらいの限定品ならば別に問題はないと思うのでまた別弾が欲しいところです。

    2017/02/23 (Thu) 14:51 | EDIT |   

    Fネガ  

    国内で海外のオートボット・タイタンマスターがレジェンズでどう関係してくるのだろうと思っていたらまさかの「ザ・リバース」ネタとは予想外でしたなw
    グリムロックとゴングのヘッドマスター形態も海外のTRクロバー・ブローンの組み合わせ再現をスカルとブレインストームのドローンとの組み合わせでやるとは流石です。

    2017/02/23 (Thu) 22:55 | EDIT |   

    tagoal  

    頭れす

    >さすりゅ~さん
    日本で置き換えちゃったやつはどうするのか、と思ったらまとめてきちゃいましたからなー。
    ゴングにゴング(頭)は海外版で遊べということですなw
    グリムロックとツインフェルノは色が割とにてますからねー。みんな考えることは同じですねw

    >通りすがりのTFさん
    お好みで挿げ替えるもよし、小型キャラとしてわちゃわちゃ配置するのもよし、ですよねー。
    自前でボディ作るのも悪くないんですが、公式にもちょっとほしいなーとw

    >匿名さん
    一気に6つセットで賑やかになりましたよねー。
    単体で出せそうなのはまだ残ってますし、第二弾もあると嬉しいところですな。

    >Fネガさん
    箱のデザインがスケスケで説明書なしでしたから今回は漫画無しかなー…
    と思いきや、思いっきり予想外の方向できましたからねえw

    2017/03/15 (Wed) 16:55 | EDIT |   

    Leave a comment