またーりといくよ。
ゾイドとトランスフォーマーを中心に、レビュー的なことをやってます。

PREV | NEXT

SD三国伝 Brave Battle Warriors 真・董卓ザク
2010/05/11 07:49

先日からの風邪、一応完治したはずなんですが。
まだ地味ーにゲフンゲフンいっております(;´∀`)<熱とかはもうないんですけどね
今のところ咳だけですが、ぶり返さないように気をつけねば……
また寝込むのはごめんです(;´Д`)

さて、今回のネタですね。
今回はSD三国伝のBraveBattleWarriorsの新製品、真・董卓ザクを紹介します。
画像
珍しくSDガンダムが続きます……前回の謙信がちょいと予定外だったんですがw
なお、既にイツキさんのところでも紹介済みです。
あちらは製品そのままなので、合わせてみてみると良いかも。

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
 たまに重いときがありますが、そのときはじっくり待ってください・・・(;´∀`)

画像画像
というわけで、今回は董卓ザク。
英雄激突編、およびアニメ版の現状の敵側のボスキャラになりますね。
今回、BraveBattleWarriors版として新規に発売となりました。

画像画像
前後から。
演者はMS-05 ザクT。いわゆる旧ザクということになっています。
黒ベースなので、黒い三連星仕様もモチーフに入っているかも。
といっても、もう何となくしか面影残ってませんが……w

画像画像
左右から。
頭から大きく後ろに伸びたパーツは冠のイメージでしょうね。
また、両肩からぶら下がった各3門の大砲が目を引きます。
この肩パーツが腕と一緒にしか動かないので、ポージングの際邪魔になることがあるのが残念ポイントだったりします。

画像
顔周り。
良い感じにゴージャス兼悪そうな顔ですw
赤いパーツは長〜い顎髭。
特徴的で非常によいのですが、可動の際はものすっごい邪魔w
特徴兼残念ポイントかも。

画像
顔面のプロテクター的な金のパーツを外したところ。
軽装モードの設定がないので、外す必要も実はないんですが……
こうなるとある程度旧ザクらしい顔が見えてきますね。
眼帯っぽく隠れていた右側にも一応モノアイレールは存在しています。
ちなみに、今回は目の部分にシールは使わず、H-アイズに置き換えています。
これやるとモノアイ系のキャラはだいぶ良い感じに変わるので、一手間掛けたい方はオススメですよ。

画像
さらに顎髭を外したところ。
実際は一度つけたら外すようにはできていないので、無闇に外すのはやめましょう(;´∀`)<壊れかねません
顎髭の下はこんな感じのマッチョボディが隠れていたのでした。
というか、ほんとマッシブですなこの人w
モデルである三国志の董卓は、若い頃はいっぱしの武人であったといわれていますから、
その辺からのイメージでしょうか?

画像
この董卓ザク、手持ち武器はありません。
武器は上でもちょっと触れました肩の大砲のみとなります。
大砲自体は付け根の所で上下可動するんですが、土台になっている肩鎧が肩と一体化している構造。
そのため肩を回すとどうしても一緒に回ってしまいます。

画像
換え手首は右手だけですが、平手が付属。
ポージングの際の表情つけに重宝します。
贅沢を言えば両手分欲しかったところですが、まぁしょうがありますまいw

画像
そして、武器ではありませんが董卓といえば……の玉璽も付属。
付属はするんですが……何故か成形色が黒いです(;´∀`)<金で塗っちゃいました
金ランナーあるのに、何故あえて黒くするのかとw
後の司馬懿一派が使う暗黒玉璽だ、ということにして、真・呂布(通常呂布でも良いですが)に付く方を
通常の玉璽として遊ぶのもいいかもですね。

画像
なお、ちゃんと玉璽はスタンプ状になってます。
「帝」の文字が見えますね。

画像
さらに、董卓にはオプションパーツとしてクリアエフェクトパーツが付属。
必殺技「滅殺爆煉弾」を再現することが可能です。
こういうのは遊びの幅が広がって楽しいですねw

画像
可動に関して。
以前紹介した玄武装呂布ほどではないですが、こいつも結構動く方です。
もう「アンタボスなんだからもっとどーんと構えとけよ!」といいたくなるくらいにw

画像
まず、腕は肩がボールジョイント+引き出し式の関節。ある程度肩の付け根自体がスイングします。
肩と上腕の間・手首はお馴染みの三国伝方式のボールジョイント。
ただ、これまでよりだいぶかっちりとした噛み合わせになっています。
これならなかなか緩くなることはなさそう。

画像
さらに肘が90度くらいまで曲がります。
この肘の構造が三国伝のポリ製ボールジョイントを応用した独特の構造になっています。
適度な硬さと保持力で実に良い感じ。

画像
下半身は股関節自体が左右スイングし、接続はボールジョイント。
足首もボールジョイントである程度の角度調整が可能です。
足が大きいので安定感はバッチリです。

画像
そして、特筆すべきは「膝がある」ことでしょうか。
こいつ、SDなのに膝が曲がりますw
もっとも、腰アーマーが固定なせいで脚全体があまり前に出せないんですけどね。
それでも、膝が曲がるというのはなかなかに衝撃的でしたw

画像
腰にも回転軸があり、首もボールジョイント。
髭も前後可動しますし、腰のサイドアーマーもボールジョイント接続でグリグリ動きます。
前述の通り大砲も上下動しますし、個々のパーツで見るともの凄くよく動くんです。

画像
んが。
やっぱりトゲトゲしたデザインなこともあって、特に顎髭と腕・肩はかなり干渉しあいます。
前述の通り肩の大砲と肩が連動しちゃうこともあって、可動には結構癖がありますね。

画像
ところで書き忘れていましたが、今回も組み立てに際し部分的に塗装を行っています。
墨入れ以外では、金色部分を塗装しています。
ただこいつ、塗装しなくてもほぼこの通りのカラーリングになるんですよねw
シールも全部使えば、再現されないのは腕と腰側面、後は背中側の金色部分位なものです。
肩なんてパーツ分けで設定通りに色分けされてますからね。バンダイ恐るべしですよw

画像
最後に大きさ比べ。
この董卓ザク、通常の三国伝キットに比べてかなり大柄です。
合体しない単体のキャラとしては最大クラスじゃないでしょうか?
とりあえず、玄武装呂布より一回りは大きいです。
というわけで、通常サイズ三国伝代表公孫瓚にTF代表アニメイテッド版アーシー、ゾイド代表でジェノブレイカージェットと並べて一枚。
…流石にジェノブレイカーは大きすぎましたね(;´∀`)
ただやっぱり、この大きさで1000円で済んでるあたり流石バンダイ恐r(ry

画像
以上、真・董卓ザクでした。
可動には若干癖がありますし、手持ち武器無し、特に目立ったギミックは無し、なキットですが…
極めて高い設定の再現度合いと、その大きさで十分にオススメできる一品です。
でーんと置いておくだけでもかなり絵になりますよ、この人は……!

PREV | NEXT

COMMENT VIEW(6)
COMMENT WRITE
TRACK BACK(0)
BLOG TOP


LOG IN


Powered By FC2 BLOG
Designed By REVELATION 2nd.




  1. 無料アクセス解析
PV: